今季的なハットのブリム幅は8cm程度がベスト

昨今、ファッショニスタの間ではロングブリムのハットがマストアイテムになっています。では “ロングブリム” とは何なのか? 具体的な数値から着用例までを一気に網羅!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2016.03.04

今さら聞けない! ブリムって何?

今さら聞けない! ブリムって何?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“ブリム” とは帽子の “縁辺” のこと。“ツバ” とも呼ばれています。ちなみに、帽子のボディ部分は“クラウン”という名称。 ツバの幅が長いのがロングブリムで、ワイドブリムやツバ広などという別名も。そんな形状のハットが人気を高めています。

ライターが提案! 8cm前後のブリム幅が旬なワケ

ライターが提案! 8cm前後のブリム幅が旬なワケ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かぶるだけでおしゃれ感が高まるハットですが、ロングブリムなら存在感が強まって一層センスアップ。広いツバとの対比で小顔に見えるという利点もあります。ワイド過ぎると目障りなので、ブリム幅は8cm前後が適正。絶妙なサイズ感は、かぶってみれば明白です。

この春ほしい! ブリム幅8cm程度の旬なハット

ここでさっそく、ブリム幅8cm前後のもっとも使えるツバ広ハットをセレクト! この春シーズンの新作からピックアップしました。

アイテム1

『ラカル』×『ミスターオリーブ』スィン ウール ロングブリム フェルトハット

『ラカル』×『ミスターオリーブ』スィン ウール ロングブリム フェルトハット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

薄めのウール帽体を採用することで、季節を問わず使えるように配慮。ブリム幅はやや短めの7cmでフラットな形状がシンプルな印象ですが、ブリムの傾斜を下に傾けてかぶることも可能です。別注したのは頭頂部のセンタークリースと細めのリボン。着用するうちにフィット感や風合いが高まり、こなれたムードが漂います。

アイテム2

『マージン』ウールフェルト ロングブリム ハット

『マージン』ウールフェルト ロングブリム ハット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウールフェルト生地を用いたロングブリムハット。装飾を省いたミニマルなデザインで、幅広いコーディネートにマッチします。ブリム幅は9cmとややワイドですが、シンプルなデザインなので悪目立ちしません。春らしいキャメルカラーに加えてブラックも展開していますので、クールに仕上げたい時はブラックもおすすめです。

アイテム3

『グラム』デップハット

『グラム』デップハット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

角ばったフォルムと涙型に隆起したクラウンが特徴のティアドロップタイプの帽体を起用。フェザー&レザーコード、焦がしや汚しといったエイジング加工が、こなれた男っぽさを加速しています。また、ブリム幅はジャスト8cm。形状が整えやすいようにワイヤーを潜ませるなど、細部まで抜かりない出来栄えです。

アイテム4

『ラカル』×『ミスターオリーブ』ファー フェドラ ロングブリム ハット

『ラカル』×『ミスターオリーブ』ファー フェドラ ロングブリム ハット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポルトガル産の高級ラビットファーを起用。アンテロープという毛足の短いタイプで、洗練された高級感が匂い立ちます。ブリム幅は比較的ショートな7cmですが、今季らしいキャメルカラーなら存在感も抜群です。頭頂部のセンタークリースやリボン代わりのレザーロープが、男っぽさをさり気なくアピールしてくれます。

アイテム5

『コードナンバーエイト』ロングブリム ボーラーハット

『コードナンバーエイト』ロングブリム ボーラーハット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルなフォルムのボーラーハットがベース。ブリムをやや長めの7cmに設定することで、新鮮味と存在感を高めています。またリボンには、オリジナルのグラフィックを用いたバンダナ柄の抜染生地を採用。さり気なくロックなムードですが、アウトドテイストのスタイルをはじめ、意外なほど多様な着こなしにハマります。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方

ここからはロングブリムハットを使ったコーディネートの実例を紹介。その魅力が理解してもらえるはずです。肌寒さが残る時期はダークなハットが重宝しますが、春に向けて明るいトーンのハットを揃えておくのもおすすめ。人気のキャメルカラーがイチ押しです!

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ステンカラーコートがメインのシンプルなコーディネートですが、ツバ広ハットを着用しているので何気なくスタイリッシュ。ベーシックなカラーで定番的なデザインのアイテムをセレクトしているだけでも、あか抜けて見えます。ダークカラーのハットは品格も兼備。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タートルネックのニット、ややワイドなパンツ、淡いトーンのスニーカーという今季らしくも定番的なスタイリングがベース。そこにロングブリムのポーラーハットを合わせることで、大人な新鮮味を上乗せしています。スニーカーによる抜け感も絶妙です。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

黒いアイテムを中心にしてコーディネートを構築。ワイドブリムのポーラーハットに加え、ノーカラー仕様のアウターも今季らしいイメージ作りに貢献しています。また、インナーをボーダー柄にすることで爽快感を加味。大人カジュアルスタイルの好例です。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グランジ調のスタイリングにワイドブリムのハットをセット。ブラックのハットを選ぶことで、着こなし全体を大人っぽく昇華することに成功しています。ラフなコーディネートを大人っぽく見せる際にも旬なハットが活用できるというお手本です。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

季節を問わずかぶることができるのはグレーのハット。どんな着こなしにもマッチします。ダークなインナー&パンツでカーキのステンカラーコートを引き立てたシンプルなコーディネートにもお似合い! 白いスニーカーでクリーンに着崩しているのもポイントです。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップスが淡いトーンの場合、ブラックのハットだとヘビーに映ってしまいますが、グレーなら難なく似合います。その実例がこの装い。白いタートルネックに淡いベージュのアウターを重ねたトップスの春っぽさと、グレーハットの軽快感がうまく調和しています。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

温かいシーズンになると、明るいトーンのハットが重宝。今季ならライトなベージュやキャメルが狙い目です。マイルドかつ上品なムードを備えているため、MA-1やチェックシャツを用いた男っぽいコーディネートもソフトに中和。春らしさも匂い立ちます。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 8枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ケーブル柄のニットとツバ広ハットをブラウン系カラーで統一し、大人なムードを醸し出すことに成功した着こなしです。そこにスラックスを合わせることで、落ち着きあるカジュアルスタイルが完成! 白いスニーカーでクリーンな抜け感も加味しています。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 9枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タートルネックのニットにインナーダウンベストを合わせたレイヤードスタイルがベース。トップスをホワイトで揃え、今っぽさと清潔感を演出しています。そんなコーディネートには明るいベージュのハットが打ってつけ。新鮮味は損なわず品格を高めてくれます。

参考にしたい! 春にかぶるブリムハットの着こなし方 10枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイトに近い明るいグレーを採用したワイドブリムハットを用いた上級者向けコーデ。このように全身をモノトーンで統一したスタイルならコーディネートしやすいはずです。旬なホワイトのアイテムをベースにしつつ、ブラックのパンツで大人な落ち着きも確保!

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP