病みつきになる着心地。フィルメランジェで作る大人の上質コーデ

病みつきになる着心地。フィルメランジェで作る大人の上質コーデ

ベーシックな大人の着こなしを楽しむためには、品質の高さを際立たせるシンプルなデザインが重要。そんなニーズに応える大人のブランド『フィルメランジェ』を紹介します。

牟田神 佑介

牟田神 佑介

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.23

シンプルで上質。わかる大人にこそ来て欲し『フィルメランジェ』とは?

シンプルで上質。わかる大人にこそ来て欲し『フィルメランジェ』とは?

Golden State

Golden State

お気に入り追加

2007年にスタートした日本発のカットソーブランド『フィルメランジェ』。オーガニックコットンや羽田触りに優れる超長綿をはじめとした天然素材にこだわり、綿の選定から糸、生地、縫製にいたるまで徹底した自社開発を行っている。ブランド名は昔ながらのTシャツやスウェットシャツの杢柄のように、美しく混ざり合った色を意味する造語の“混色の(Melange)の糸(Fil)”に由来。原点・機能美・簡素の発想を大切にしており、シンプルで上質なウェアを作り続けているブランドだ。

初めての『フィルメランジェ』なら、ブランド十八番のスウェットアイテムがおすすめ

初めての『フィルメランジェ』なら、ブランド十八番のスウェットアイテムがおすすめ

Golden State

Golden State

お気に入り追加

『フィルメランジェ』の購入を検討しているなら、スウェットアイテムがおすすめだ。カットソーもそうだがスウェットには特に定評があり、素材はもちろん製法にまでこだわった同ブランドのスウェットは着心地抜群。日本に限られた台数しか残っていない旧式の吊り編み機を使用して、糸にテンションをかけず織り上げられた生地は触ればわかるふっくらとした素材感に仕上がっている。空気を編み込んだ、という表現がしっくりくる、軽く体に馴染むスウェットだ。『フィルメランジェ』では同素材を時代に流されない洗練されたデザインに落とし込んでおり、まさに大人にこそふさわしい上質なウェアに仕立てている。

初めての『フィルメランジェ』なら、ブランド十八番のスウェットアイテムがおすすめ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

例えば、オーセンティックなクルーネックスウェット。ブルーのシャツと合わせた爽やかな重ね着でも、柔らかな素材感がインのシャツに馴染み、自然なフォルムを実現している。ジャパンブランドならではの、日本人の体型を熟知したサイズ感、丈感も絶妙だ。他のアイテムをシンプルにまとめればまとめるほど、その良さ、上質さが浮き彫りになってくる。

初めての『フィルメランジェ』なら、ブランド十八番のスウェットアイテムがおすすめ 3枚目の画像

GOOD DEAL WEB HOUSE

GOOD DEAL WEB HOUSE

お気に入り追加

同素材で、パンツの展開もある。スウェットパンツというとスポーツアイテムや、部屋着という印象が強いが、『フィルメエランジェ』のそれはひと味違う。もちろんスウェット素材ならではのやわらかさ、リラックス感は健在。そのうえで、太めに取った裾リブ、急に絞り込まないすっきりとしたシルエット、そして何より上品さすら感じるナチュラルな色味を採用することで大人のワードローブにふさわしい落ち着きを獲得している。ジャケットとも合わせられる“良いモノ感”は、ここならではだ。

スウェットアイテム1

BURR(バー)

BURR(バー)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドの定番トップスの1つである「バー」。ヴィンテージスウェットのディテールを踏襲し、杢感とムラ感を、しなやかな着心地を実現する超長綿とリサイクルコットンで表現している。クルーネックながら首が詰まった感じもなく、伸びの良いスウェットと合わせて実にリラックスした着用感が味わえる。ラグラン袖で体型を選ばず、胸ポケットにより春に1着で着てもサマになる。

スウェットアイテム2

PARKIN(パーキン)

PARKIN(パーキン)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上記「バー」と同様の素材を使用し、古着を想起させるハーフジップパーカーに仕立てた1着。カンガルーポケットではなく、左右身頃に配されたポケットもヴィンテージ感を加速させる。画像のようにジップを開けて重ね着を楽しむのも良いし、全部閉めてストイックな着こなしを堪能しても良いだろう。

スウェットアイテム3

WILLS(ウィルス)

WILLS(ウィルス)

Golden State

Golden State

お気に入り追加

ゆっくりとテーパードするすっきりとしたシルエットが、クリーンなコーデを実現してくれる「ウィルス」。両サイドに設けられた生地の生地替えは屈曲時の可動性を高めてくれるだけでなく、側章のように着こなしのアクセントとしても機能してくれる。ウエストのサイズを調整するドローコードも内側に収納できるので、そこはお好みで。

直接触れるからわかる、上質さ。通年使用するならカットソー&Tシャツを

直接触れるからわかる、上質さ。通年使用するならカットソー&Tシャツを

Golden State

Golden State

お気に入り追加

春夏はこれ1枚で、秋冬はアウターやニットのインナーとして。素肌に触れたくなる着心地とミニマルさを兼ね備えているからこそ、『フィルメランジェ』のカットソー&Tシャツは通年愛用するにふさわしい。『フィルメランジェ』の実力をシンプルに知りたいなら、1万円以前後から手に入るこの中から選んでみては。

直接触れるからわかる、上質さ。通年使用するならカットソー&Tシャツを 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

1枚で着用した際のサンプルがこちら。使用している生地がしなやかな分、ドロップショルダーで着こなした際も肩に自然な落ち感が生まれる。細身のパンツと合わせた際にも、メリハリが強く出ず“作った感”がないフォルムに仕上がってくれる。

直接触れるからわかる、上質さ。通年使用するならカットソー&Tシャツを 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

インナーとして使用した際も、独特な杢感が存在感を発揮。ゆったりとしたドレープは、アウターからちょっと覗いた際にも存分に上質感を描いてくれる。画像のようにアメカジのど真ん中を射貫いても良いが、ハイテク素材ののマウンパとのコントラストを狙ったアウトドアMIX、ツイードジャケットとの合わせで抜け感を打ち出したトラッドスタイルなど幅広いスタイリングにマッチしてくれるはずだ。

Tシャツ&カットソー1

DOLLY2(ドーリー2)

DOLLY2(ドーリー2)

LEA+RARE

LEA+RARE

お気に入り追加

コシがありながらやわらかに仕立てられた、有機リサイクルコットン・オーガニックラフィーを使用したロンT。寄って見るとわかるニットのようなソフトな編み地と洗い加工により、抜群の肌触りを実現している点にも注目したい。袖口には太めにリブを取っているため、少々オーバーサイズで着こなした際にも自然なフォルムを生成。1着でも、インナーとしても使い回しが効く、ハズさないロンTだ。

Tシャツ&カットソー2

DESI(デージ)

DESI(デージ)

Casual Option

Casual Option

お気に入り追加

一見ただの肉厚なTシャツと思いきや、裏地にハニカム地のサーマルを使用したWフェイス素材。サーマルカットソーのラギッドさは気になるけど、あの温かさにはあらがえない……、という人にはもってこいの1着となっている。もちろん、伸縮性にも優れるのでサイズを問わず自然な着用感を実現している。また、Wフェイスにすることにより、生地が伸びっぱなしででろでろになるという宿命も回避。

Tシャツ&カットソー3

DARELL(ダレル)

DARELL(ダレル)

FLISCO

FLISCO

お気に入り追加

『フィルメランジェ』のカットソーは着てみたいが、とろとろのやわらかな素材感は好みでない……、ということなら、この「ダレル」がしっくりくるはずだ。使用しているのは、コットン100%の度詰め天竺。見ての通り地厚な生地にはハリがあり、ナチュラルなムラ感が抜群の存在感を放っている。クロスした襟が特徴的なネックはグッと詰められており、男らしさも満点。他のカットソーと比べて少々値は張るが、洗濯を繰り返すことで生まれる経年変化はこの「ダレル」ならでは。

実はこちらも優秀。着心地と温かさを両立した『フィルメランジェ』のニット

実はこちらも優秀。着心地と温かさを両立した『フィルメランジェ』のニット

イルビゾンテ正規取扱店 ノワ

イルビゾンテ正規取扱店 ノワ

お気に入り追加

ここまでの流れで『フィルメランジェ』のスウェット&カットソーの上質さは理解してもらえたかと思うが、実はニットも高い評価を得ている。そのニットも柄やデザインで勝負するモノではなく、防縮加工をかけたウールを使用していたり、コットンライクな質感に仕上げていたりと、素材面で個性を出している。従来のニットにしっくりきていないのなら、挑戦してみる価値はあるだろう。

実はこちらも優秀。着心地と温かさを両立した『フィルメランジェ』のニット 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

編みや質感にこだわったニットは、特にレイヤードせずサラッと着こなしても絵になる。発色に優れたアイテムも多いので、春秋は着こなしのメインとして、秋冬は挿し色として取り入れるのもありだろう。もちろん、『フィルメランジェ』らしい良い意味でオーセンティックなシルエットも魅力だ。

実はこちらも優秀。着心地と温かさを両立した『フィルメランジェ』のニット 3枚目の画像

news-webshop(ニューズ)

news-webshop(ニューズ)

お気に入り追加

ミドルゲージのボリュームあるニットは、秋冬のレイヤードで重宝する存在。編み地が光を受けて見せる陰影は、アウターを脱いだ際にも洒落感を雄弁に語る。ローゲージ~ミドルゲージのニットというと重たくてかさばるイメージもあるが、『フィルメランジェ』のそれならふんわりと軽い仕上がりに。ウールに縮絨をかけることで繊維自体を膨らませることで、ボリュームと軽さを両立させている。見た目もさることながら、着る人のことも考えたモノ作り。これもまた、『フィルメランジェ』の長所だろう。

ニット1

NELSON(ネルソン)

NELSON(ネルソン)

HOKUO-DESIGN  北欧家具雑貨

HOKUO-DESIGN  北欧家具雑貨

お気に入り追加

上質なニュージーランドメリノを使用したハイゲージタートルネックニット。細くしなやかな繊維を使用しているため、素肌でもとろけるような肌触りを実感できる。天然繊維ゆえの抗菌防臭性能はもうれしい限りだ。なお、防縮加工を施しているため、自宅での洗濯も可。

ニット2

STARRETT(スターレット)

STARRETT(スターレット)

news-webshop(ニューズ)

news-webshop(ニューズ)

お気に入り追加

太番手のウール糸に、エクストラファインラムウールを掛け合わせた、表情豊かなニット。ヴィンテージのニットを参照したリラックスしたフィット感が持ち味だが、リブを排したボートネックによりスマートな空気を醸し出している。

ニット3

GENE(ジーン)

GENE(ジーン)

イルビゾンテ正規取扱店 ノワ

イルビゾンテ正規取扱店 ノワ

お気に入り追加

こちらは、ドライな質感のコットンを編み立てた、通年使えるコットンニット。あえて麻のような質感が出す加工を施すことで、夏場でも軽やかに着こなすことができる。なおこの加工、古くは石油系由来の成分により行っていたようだが、『フィルメランジェ』では環境に配慮してなんと“蒟蒻”を糊状にしたものを使用。まさかのエシカルさにも訴求するニットは、実にユニークだ。

牟田神 佑介

ブツ欲が動力源のモノ好き編集部員

牟田神 佑介
「Men’s JOKER」、「STREET JACK」と男性ファッション誌を経た後、腕時計誌の創刊に携わり現職。メンズ誌で7年間ジャンルレスに経験してきた背景を生かし、TASCLAPでは主に腕時計や革靴、バッグなど革小物に関する記事を担当している。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP