選び方から伝授。オーバーサイズTシャツの着こなし完全攻略

選び方から伝授。オーバーサイズTシャツの着こなし完全攻略

シルエットに余裕のあるオーバーサイズのTシャツが人気。着こなすのはそれほど難しくないので、おすすめのアイテムと着こなしポイント、コーデの実例を一気に紹介します!

平 格彦

2019.07.19

トップス
Tシャツ
春の着こなし・コーデ

この夏も引き続き、ゆるっとしたサイズ感のオーバーサイズがブーム

ここ最近の重要なエッセンスとなっているのは “リラックス感”。そのニュアンスをシルエットで取り入れたオーバーサイズなTシャツの人気も続いています。カラーはもちろん、素材やデザインも拡大中。少し体型が気になっている人も着こなしやすいので、人気はまだまだ続きそうな気配です。着こなしのポイントさえ押さえれば誰でもおしゃれに着こなせますので、活用しない手はありません!

今取り入れるなら、断然オーバーサイズのTシャツです

今回は早速、おすすめのオーバーサイズTシャツを厳選してピックアップ! 王道からトレンドまで、一気に紹介します。どれを選んでも、コーディネートの鮮度をアップしてくれることは必至です!!

ブランド1『チャンピオン』×『モンキータイム』

1934年にスポーツウェアとして誕生し、今もなお人々に愛され続ける『チャンピオン』の定番であるリバースウィーブ。キング・オブ・スウェットシャツと呼ばれる定番のディテールをTシャツに落とし込んでいます。『モンキータイム』が別注した本作は、ひじにかかるほどの大胆な袖丈がストリートライクな雰囲気を演出。9.4オンスのヘビーウェイト生地を採用した丈夫な作りになっている為、耐久性を求める人にもおすすめの1着です。

ブランド2『プロクラブ』

ともすればシンプルになりすぎる無地のTシャツも、肉厚のビッグシルエットを選べば今っぽい印象に。アメリカ発『プロクラブ』のTシャツは、6.5オンスの程よいウェイト感で透けにくく、あらゆるスタイルにマッチする優れモノ。25色の豊富なカラバリで価格も3000円台とお手頃なので、コーデに合わせて複数枚揃えたくなるアイテムです。

ブランド3『エイトン』

「ここにしかないもの」というコンセプトのもと、デザインから生産過程まで妥協なきモノ作りを行う『エイトン』。オーバーサイズでありながらも素材由来の上品さが漂う仕上がりで、きれいめコーデ中心の方でも取り入れやすいデザインとなっています。安心のMADE IN JAPANかつコットン100%で着心地も申し分ありません。

ブランド4『ヒューゴ』

『ヒューゴ』からはラグランスリーブ仕立てが特徴的なポケTが登場。あえて大きめに作られたポケットが、シンプルなTシャツスタイルの程よいアクセントとして機能します。胸元にあしらわれたブランドのリバースロゴや襟と袖のリブ使いといった遊び心満載のデザインで、さりげなく個性を発揮するのにぴったりな1枚です。

ブランド5『ユナイテッド トウキョウ』

シンプルなデザインのアイテムは、素材で個性を主張するのもひとつの手。こちらは一見スタンダードなTシャツに見えますが、実は表と裏で異なる生地を使用したダブルフェイス仕様。裏側に使用したスビン綿はシルクのようなしっとりとした肌触りで、着た瞬間に上質な素材感を感じることができます。ベーシックな白、黒、ベージュの3色展開。

オーバーサイズのTシャツを着こなすためのヒント

ここでは、オーバーサイズのTシャツを着こなすためのポイントを解説します。いずれかのヒントを実践することで、今っぽくて大人らしいオーバーサイズの着こなしが完成します!

ヒント1スリムなパンツとのメリハリでスタイリッシュに

オーバーサイズのTシャツは、ルーズでだらしない印象を与えてしまうこともあります。それを防ぐには、スリムなパンツを合わせるのが正解。トップスとボトムスのコントラストにより、お互いのシルエットが引き立つのが大きな効果。さらに、全身がオーバーサイズに見えるのを防ぐことで、すっきり見せることもできます。

ヒント2ショートパンツを合わせて全身をコンパクトに

オーバーサイズのTシャツは丈が長めの設定になっていることが多く、そうでないとしてもワイドなサイズ感だけでもボーリューミーな印象になります。そこで夏は、ショートパンツを合わせるのがおすすめ。Tシャツ+パンツのシルエットをコンパクトにまとめることで、モダンな印象に仕上げることができます。また、脚の細い部分を見せることで着やせ効果が期待でき、全身がでっぷりした印象になるのを避けることができます。

ヒント3トレンドカラーで遊びつつパンツで引き締める

無地などのシンプルなTシャツなら、カラーでトレンドを取り入れてもOK。ただし、ダークなパンツで引き締めるのがおすすめです。なぜなら、大人な雰囲気にまとめることができるから。とくにこの夏はペールトーンが旬なので、そうした明るいトップスをダークなボトムスで引き締めて落ち着きを与えましょう。写真のように、ペールピンクのオーバーサイズTシャツをブラックのスリムなパンツで引き締めるのが典型。

もっと見たい! オーバーサイズTシャツの着こなしサンプル

解説した3つのヒントのうち、いずれかのポイントを押さえたコーディネートの好例をピックアップして紹介! 自分が着用したときをイメージしながら、目指すべき着こなしを想定し、実際のスタイリングに落とし込んでみてください。

ブラックのオーバーサイズTシャツがメイン。スキニーなジーンズを合わせることで上下にメリハリをつけ、大人っぽく着こなしたお手本です。Tシャツとシューズを黒でリンクし、落ち着きと引き締め効果を高めているのも高ポイントなテクニック。

オーバーサイズのTシャツにスリムなパンツを合わせるのが大人な印象作りのセオリーですが、スリムなパンツが苦手な人は細めのテーパードパンツでも代用可能。裾に向かって絞られたシルエットが、足元からすっきりした印象を加味してくれます。この着こなしは、ダークなワントーンで全身を引き締めつつ、サンダル風のシューズでヌケ感を与えたバランスも巧妙!

ホワイトのオーバーサイズTシャツと、ブラックのショートパンツがスタイリングの軸。スニーカーも同じ色使いのモノトーンで揃え、クールな雰囲気にまとめています。Tシャツとショートパンツの組み合わせは子供っぽく映りがちなので、モノトーンで落ち着いた雰囲気にまとめるのがイチ押し。物足りない場合は、ブルーなどの色があるアイテムを肩掛けしたり腰巻きしたりしてアクセントにすればOK。

かなりシンプルな着こなしですが、こちらもTシャツとショートパンツのセットをモノトーンで大人っぽくまとめた実例。上下をグレーで統一することにより、こなれたムードに仕上げています。Tシャツとパンツをまったく同じカラーにするのではなく、トーンを変えることで表情を生み出し、無造作感を演出しているのもポイント。統一感と変化のバランスが絶妙ということです。

トレンドのペールピンクをオーバーサイズのTシャツで採用。それなのに落ち着いて見えるのは、ブラックのパンツを合わせているからです。夏の黒はヘビーな印象になりそうですが、アンクル丈にすることでヌケ感を加味。さらに、スニーカーをオールホワイトのタイプにして、軽快感や清涼感をプラスしています。

オーバーサイズコートが今、スタンダード。大人流の選び方とコーデ術

オーバーサイズコートが今、スタンダード。大人流の選び方とコーデ術

すっかり市民権を得たオーバーサイズのコート。着用するメリットがたくさんあるので、支持されるのも納得です。その理由から選び方、着こなし法、おすすめ品まで徹底解説!

平 格彦

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    冬から春への過渡期にはアウターを買い増ししたくなるもの。とはいえ、何を買うか決めづらいのも事実でしょう。そんなタイミングにこそセレクトショップを頼ってみては?

    髙須賀 哲

    ブルゾンの鉄板ブランド20選。タイプ別のおすすめを一挙紹介

    ブルゾンの鉄板ブランド20選。タイプ別のおすすめを一挙紹介

    秋・冬・春の即戦力となる、旬のブルゾン20アイテムをご紹介。異なる魅力を持つ6タイプそれぞれの人気ブランドからおすすめの1着をピックアップしました。

    山崎 サトシ

    ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

    ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

    男らしさと心強い機能性を両得できるN-3Bは、冬アウターとして重宝します。ダウンに食傷気味の方におすすめしたい魅力や人気ブランド、メンズコーデをまとめてご紹介!

    山崎 サトシ

    BACK