見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが重要。大人にふさわしいポロシャツの着こなし方実例を中心に、即戦力となる人気ブランドもご紹介します。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2021.04.27

春夏の定番。ポロシャツをおしゃれに着こなすために

春夏の定番。ポロシャツをおしゃれに着こなすために

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ポロシャツは幅広い年齢層が着られる春夏の万能着。しかし、着こなし方を間違えると、ダサく見えたり年齢以上に老けて見えたりと、残念な結果を招くことも……。そこで、ここでは4つのパートに分けて、春夏シーズンを攻略するポロシャツの選び方やコーデのヒント、そしておすすめのアイテムを紹介します。

Part.1:ポロシャツの歴史

Part.1:ポロシャツの歴史

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポロシャツの原点は、イギリスの伝統競技である“ポロ”のプレーヤーが着るユニフォームでした。ただし、現在のような形が普及したのは別のスポーツプレーヤーがきっかけ。それが、フランス人テニスプレーヤーのルネ・ラコステ氏です。彼は、従来のテニスのユニフォームであったブロード性の長袖シャツに不満を持っていたそう。動きにくいことや、吸汗性が悪いことに対して改善の余地を求めたそうです。

Part.1:ポロシャツの歴史 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そこで彼は、ポロ競技のユニフォームにヒントを得てポロシャツを開発。瞬く間にテニス界で大ヒットし、さらには、彼の妻となる女性ゴルファーが着用したことでゴルフ界にも浸透しました。こうして世界初のポロシャツメーカー『ラコステ』が生まれたのです。なお、誰もがご存じのワニのマークは、ラコステ氏のテニススタイルから名付けられた“The Alligator”というあだ名が由来するそうです。

Part.2:ポロシャツの選び方

次に、ポロシャツを選ぶ際の3つの要素を解説します。ポロシャツを新たに購入する時には、ここで紹介する素材や色、デザインなどの違いを考慮しましょう。

選び方1

着用感だけじゃない。見た目にも影響する素材感

着用感だけじゃない。見た目にも影響する素材感

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポロシャツを選ぶ際に重視したいのは、素材感。肌触りはもちろん異なりますが、素材が違うだけで表情も変わります。代表的な素材感は以下の3種類で、それぞれのイメージも参考にしてください。

■鹿の子織り…カットソーに見られる平編みの変化組織といわれ、表面がでこぼことしているため風通しの良さは抜群。比較的カジュアルな印象です。

■パイル地…ポリエステル混のコットンパイル地は、肌触りが抜群。見た目にも涼しげな印象を与えます。

■ニット素材…カジュアルさを求めるのではなく、ドレッシーな気分を味わうのであればニットポロがおすすめ。大人にふさわしい上品な表情は、まさに“大人顔”。

選び方2

定番色だけじゃない。季節感の決め手は色みにアリ

定番色だけじゃない。季節感の決め手は色みにアリ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイトやブラック、ネイビーなどベーシックな色みはもちろん、春夏らしい鮮やかなカラーもおすすめ。その違いを見ていきましょう。

■ホワイト…定番のホワイトは、どんなアイテムとも相性が良い色みです。膨張色でもあるため、試着は必須。

■ダークトーン…ブラックやネイビーなどのダークトーンはシックな趣。しかし、合わせるパンツ次第でドレッシーにもカジュアルにも着こなせます。

■ブライトカラー…春夏という季節にはぴったりのブライトカラー。ブルーやグリーンなどの寒色系であれば、ブライトカラーならではの鮮やかさが悪目立ちすることがありません。

SPONSORED by

ビームス

汎用性、落ち着き、モダン。いろいろうれしい紺ポロ

汎用性、落ち着き、モダン。いろいろうれしい紺ポロ

ビームス公式通販サイト

ビームス公式通販サイト

汎用性、落ち着き、モダン。いろいろうれしい紺ポロ 2枚目の画像

ビームス公式通販サイト

ビームス公式通販サイト

色がもたらす効果はさまざまですが、大人にとってそれがうれしく使いやすいのは、やはりネイビーのポロシャツかもしれません。その落ち着きやコンテンポラリーな印象はスポーティさに歯止めをかける役割を担い、ビジカジへの導入も難なくできるほど汎用性に富んでいます。それに輪をかけ『ビームス』の1枚は、シンプルデザインで身幅も肩のラインもジャストを保った正統派シルエット。1枚でもサマになるだけでなく、ジャケット内へもすんなり収まってくれます。しかも、さりげなく胸元に添えたカレッジ風のロゴもアクセントにピッタリ。

選び方3

やっぱり気になる。デザインを選ぶために知るべきこと

やっぱり気になる。デザインを選ぶために知るべきこと

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルに着こなせる無地やワンポイント、一枚でインパクトがある総柄など……。その違いを改めて確認しましょう。

■無地…無地はオン・オフ問わず使える万能着。薄色デニムや白パンツなどが注目される今シーズンは、白ポロシャツでワントーンを構築するのも◎。

■ワンポイント…ブランドのロゴマークが入ったポロシャツも、汎用性が高いためおすすめ。『フレッドペリー』や『ラコステ』など、王道の一枚を狙いましょう。

■総柄プリント…総柄というと抵抗がある人も多いはす。しかし、施されたデザインが細い線で描かれていたり、ボディ全体にロゴやイラストが施されていたりすると、着こなすのも簡単です。

Part.3:ポロシャツのコーデ、パンツ別にみる実例集

ポロシャツは着こなしでセンスが問われます。そのため、合わせるパンツによってコーデを考える必要があるのです。というわけで、ここでは旬のパンツとポロシャツとの着こなし例をご紹介。あなたの気分にマッチするパンツとの着こなしを参考に、春夏のポロシャツコーデを攻略しましょう。

コーデ1

▼ポロシャツ×ワイドパンツ

今どきなリラックス感を演出するなら、ワイドパンツを合わせるのがイチ押し! シンプルなワイドパンツを選んでポロシャツをセットすれば、ダラしなく映ることはなく、大人っぽくまとまります。

スポーティかつリラクシングな雰囲気の基本形

スポーティかつリラクシングな雰囲気の基本形

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルな無地のポロシャツに、ナイロン生地のワイドパンツをセット。リラックス感とスポーティなムードが共存するコーディネートに仕上げています。パンツをダークカラーにして引き締める一方、ヘビーな印象にならないように足元はサンダル。さりげなく軽やかさを演出しています。シルエットが新鮮なので、定番的なアイテムだけなのに今っぽいイメージに。

ポロシャツをタックインして今どきなバランスに

ポロシャツをタックインして今どきなバランスに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポロシャツをワイドパンツにタックインすることで、リラクシングなニュアンスと大人っぽい雰囲気を同時に演出。上半身をコンパクトにまとめつつ、トートバッグの肩掛けで目線を高い位置に誘導し、スタイルをより良く見せているのも見事なテクニックです。明るいトーンのスニーカーを合わせることで、ヘビーな印象を緩和しているのも巧妙。

コーデ2

▼ポロシャツ×アンクルパンツ

すっかり定番化しているアンクルパンツですが、ポロシャツとの相性も抜群!! 上品なトップスのムードを壊すことなく、抜け感や軽快感を簡単にプラスすることができます。軽やかな足元を強調するなら、サンダルを合わせるのもおすすめ。

ベーシックな装いだからこそ、こなれ感ある足元が主張!

ベーシックな装いだからこそ、こなれ感ある足元が主張!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

無地のポロシャツにシンプルなアンクルパンツやローテクスニーカーを合わせただけのベーシックなコーディネートがベース。パンツの絶妙な丈感によって足首部分の素肌が覗き、こなれたムードが漂っています。ポロシャツもスニーカーもホワイトで揃えてシンクロさせ、清潔感を強調しているのも見逃せないポイントです!

ミリタリーテイストと軽快感をバランス良くMIX

ミリタリーテイストと軽快感をバランス良くMIX

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップスが上品なポロシャツだからこそ、男らしくて武骨なミリタリーパンツを合わせても品良く仕上がります。さらにこのコーディネートでは、スリムなパンツを選ぶことでスタイリッシュに昇華。パンツの短めな丈感に加え、サンダルもセットすることで軽やかな足元を演出しています。

コーデ3

▼ポロシャツ×白パンツ

白パンツは今シーズン大注目のアイテムの1つ。ポロシャツを組み合わせれば、シンプルなコーディネートの中にクリーンでエレガントな雰囲気を演出することができます。合わせるポロシャツのカラーによって印象のコントロールも可能!

スモーキーカラー×白で落ち着きと爽やかさを両立

スモーキーカラー×白で落ち着きと爽やかさを両立

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スモーキーかつ淡いトーンのグリーンが印象的なポロシャツをセレクト。シンプルなホワイトのパンツを合わせることで、トップスの色味が際立っています。コーディネート全体が明るいトーンなので、爽やかなニュアンスも醸成。レザーサンダルで軽快感と大人っぽさが共存する足元に仕上げているのもポイントです。

白いパンツで春夏仕様のモノトーンスタイルを構築

白いパンツで春夏仕様のモノトーンスタイルを構築

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クールなイメージやシックな雰囲気を作るのに重宝するのがモノトーンの色使い。パンツをホワイトにすることで、涼し気なモノトーンスタイルを築くこともできます。このお手本コーデでは、ポロシャツとスリッポンを黒で揃えつつ、パンツとソックスを白で統一。ブラック×ホワイトというドレスなカラーリングを採用することで、エレガントかつクールなコーディネートにまとめています。

コーデ4

▼ポロシャツ×スラックス

ポロシャツの上品なエッセンスを生かすなら、品の良いスラックスを合わせるのがセオリー。正統派なグレーのスラックスから揃えるのがおすすめです。オフで使うなら、リラックスできる着用感のイージースラックスを活用しましょう!

ビジネススタイルの定番カラーで落ち着いた雰囲気に

ビジネススタイルの定番カラーで落ち着いた雰囲気に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイビーのジャケットにグレーのスラックスを合わせるのは、オンのジャケパンスタイルの王道。そんな色使いをそのまま踏襲し、ネイビーのポロシャツに置き換えたコーディネートです。全体的なシルエットもスリムで、上品かつスタイリッシュなイメージを演出。足元をクリーンな白スニーカーにすることで、軽やかさや清潔感もプラス。

コーデの幅をグッと広げるカーキをチョイス

コーデの幅をグッと広げるカーキをチョイス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大人っぽさ、男らしさ、新鮮さを併せ持っているのがカーキのスラックス。意外と幅広いシーンにマッチするので、バリエーションとして揃えておくと便利です。このお手本は、少しルーズなスラックスにタイトなポロシャツを合わせたシルエットのバランスが絶妙。せっかくならスラックスだけでなく、ジャケットを含むセットアップで揃えておくとアレンジの幅が広がるので重宝します。

コーデ5

▼ポロシャツ×ショートパンツ

1枚で着ても上品にキマるのがポロシャツのメリット。その特徴を生かしつつ暑い夏を乗り切るためには、ショートパンツを活用するのが賢い手段です。子供っぽく見えてしまうことも多いので、落ち着きのあるカラーで大人っぽく着こなすように意識しましょう!

ネイビーのアイテムで揃えた落ち着かせた基本形

ネイビーのアイテムで揃えた落ち着かせた基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポロシャツはダークネイビーでショートパンツはネイビー。トーンを変えつつネイビーで揃えた落ち着きのあるコーディネートです。ネイビーならではの爽やかさや品の良さが感じられるカジュアルスタイルは大人に最適。ショートパンツを上品に着こなすなら、この好例のようにダークなワントーン系コーディネートを構築するのが定石です!

ワイドなショーツでリラックス感を加味した応用形

ワイドなショーツでリラックス感を加味した応用形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今っぽいリラックス感を演出するなら、少しルーズなショートパンツを選ぶという手も。ポロシャツもビッグシルエットにするとストリートライクな印象になり、タイトにまとめると落ち着きあるコーディネートに導くことができます。このお手本では、ややタイトなポロシャツをセレクト。ブラウンのポロシャツ×ダークネイビーのパンツという色使いでも大人な印象を上乗せしています。モノトーンのスニーカーも落ち着いたムード作りに貢献!

Part.4:人気ブランドから厳選。春夏におすすめのポロシャツ

最後に紹介するのは、この春夏におすすめしたいポロシャツです。掲載しているポロシャツは色違いも展開されているので、気になるデザインや素材感のものがあれば即チェックしましょう。

アイテム1

『ラコステ』L1212

『ラコステ』L1212

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポロシャツのオリジンともいえる「L1212」は普遍的なデザインが魅力。王道ブランドのロングセラーアイテムということで、最初に着こなすべきポロシャツの筆頭です。カラバリの多さも長年愛されている理由の1つ。本家の「フランス製」だけでなう、日本人の体型に合わせた「日本製」も展開しているので、自身の体型に合わせてセレクトしましょう。

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ウェア・コーデ

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの定番ブランド『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力です。なかでも支持率が高い「L1212」、その特徴とスタイリングを解説します。

モチヅキ アヤノ

2021.07.05

アイテム2

『フレッドペリー』M12

『フレッドペリー』M12

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『フレッドペリー』で押さえておくべき代表作は、襟と袖に「ティップライン(2本ライン)」があしらわれた「M12」。ブランドで12番目にデザインされたポロシャツのスタイルであることを表しています。1952年に誕生して以来、MADE IN ENGLANDにこだわって作り続けているのも特徴的。上品なイメージだけでなくスポーティな印象も強い名作です。

ポロシャツの定番。フレッドペリーの着こなし方とおすすめモデル

ウェア・コーデ

ポロシャツの定番。フレッドペリーの着こなし方とおすすめモデル

ポロシャツの定番ブランドといえば『フレッドペリー』。品の良さを備えた1枚はまさに大人向きで高い人気を誇っています。着こなし方からおすすめモデルまで一挙ご紹介!

TASCLAP編集部

2021.07.01

アイテム3

『ポロ ラルフローレン 』ワンポイントロゴ 鹿の子ポロシャツ ボーイズライン

『ポロ ラルフローレン 』ワンポイントロゴ 鹿の子ポロシャツ ボーイズライン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラコステ』や『フレッドペリー』に並ぶポロシャツの「御三家ブランド」として支持されるのが『ポロ ラルフローレン』。ポニーのアイコンがトレードマークになっています。メンズ向けのポロシャツは「クラシックフィット」「カスタムスリムフィット」「スリムフィット」という3つのシルエットが選べますが、実は小ぶりな日本人には「ボーイズライン」がジャスト。体型や気分に合わせて好きなシルエットを着こなしてみてください!

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

ウェア・コーデ

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

『ポロ ラルフローレン』といえばアメリカを代表するブランドの1つで、世界中で老若男女に愛されています。その代表アイテムであるポロシャツの魅力を多角的に解説します。

平 格彦

2020.07.16

アイテム4

『ジョンスメドレー』KIERAN 30ゲージ コットン ニットポロシャツ

『ジョンスメドレー』KIERAN 30ゲージ コットン ニットポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

高品質なニットアイテムで名高い『ジョンスメドレー』は、ハイゲージニットを使ったポロシャツをラインアップ。これは定番モデルの「S3798」をアップデートしたポロシャツで、以前と比べて肩幅に少し余裕を与えて今っぽいリラックス感を取り入れています。リュクスな生地感との相乗効果によるストレスフリーな着心地が圧巻。やみつきになる大人が続出してます。

アイテム5

『トゥモローランド』シルクコットン ニットポロシャツ セジア

『トゥモローランド』シルクコットン ニットポロシャツ セジア

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気のセレクトショップ『トゥモローランド』は1978年の創業当時はニットメーカーでした。今でも高品質なニット生地に定評があり、ポロシャツにも採用しています。特にこの1枚は、イタリアのセジア社が手掛けたシルクコットンを起用。滑らかなタッチがラグジュアリーな印象を振りまきます。適度な厚みがあり、体のラインをさりげなく隠してくれるのもポイント。

アイテム6

『アーバンリサーチ ドアーズ』マシンウォッシャブルニットポロシャツ

『アーバンリサーチ ドアーズ』マシンウォッシャブルニットポロシャツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

家庭用の洗濯機で気軽に洗えるニット製のポロシャツ。特殊な紡績糸を使うことで、ピリング(毛玉)が発生しないように工夫しています。品のある生地感ゆえに、ジャケットスタイルのインナーとしても重宝。少しゆとりのあるシルエットなので1枚で着てもサマになります。ニュアンスのある4種類のカラー展開ですが、どれを選んでも大人にぴったりな雰囲気です。

アイテム7

『アダム エ ロペ』リランチェ クイックドライ 吸水速乾ポロシャツ

『アダム エ ロペ』リランチェ クイックドライ 吸水速乾ポロシャツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

ポリエステル100%の高機能な麻調清涼感繊維「リランチェ」を採用。強撚糸で仕上げ、ドライな触感、吸水速乾性、防シワ性、接触冷感、イージーケア、ストレッチ性を兼備した万能なポロシャツを実現しています。身幅が広いボックスシルエットなので、かなりリラクシングな着心地。着丈は短めの設定で、意外なほどスタイリッシュに着こなせます。

アイテム8

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』アムンゼン ダブルフェイス ワイド ポロシャツ

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』アムンゼン ダブルフェイス ワイド ポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

表面は立体感があり、裏面は滑らかで心地良いダブルフェイスの生地を起用。街着として使える上品な面持ちと、部屋着に最適な着心地を併せ持っています。ルーズなシルエットが今どきなリラックス感を醸出。実は別売りで同じ生地のイージーパンツも展開しているため、少し意外性のあるポロシャツ起点のセットアップスタイルを楽しむこともできます。

アイテム9

『フリークスストア』ビッグシルエット マックスウェイト ポロシャツ

『フリークスストア』ビッグシルエット マックスウェイト ポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『フリークスストア』で夏の定番となっている「マックスウェイト」シリーズのポロシャツ。洗濯してもヘタれないタフな肉厚生地を使用し、1枚で着てもサマになるように仕上げています。シルエットはかなりワイド。アームホールも広めですが、レングスを短めにすることで今どきなバランスに整えています。フェイド感のあるグレイッシュベージュ、サックスブルー、ダークグリーンに加え、定番カラーも展開。

アイテム10

『グリーンレーベル リラクシング』 CSD D/C バーズアイ ボタンダウン 半袖 ポロシャツ

『グリーンレーベル リラクシング』 CSD D/C バーズアイ ボタンダウン 半袖 ポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

鹿の子よりも目の細かいバーズアイ生地を採用した上品なポロシャツ。スリムなシルエットやボタンダウンカラーを採用することで、ビジネスシーンにもマッチするデザインに仕上げています。コットン×ポリエステルの生地は使い勝手に優れ、吸湿速乾と抗菌という機能を完備。モノトーンやブルー系のカラーが充実していますが、新鮮味を打ち出すならオリーブも狙い目です!!

クールビズに最適なポロシャツの選び方と着こなしQ&A

ウェア・コーデ

クールビズに最適なポロシャツの選び方と着こなしQ&A

サマーシーズンのクールビズを、おしゃれかつ快適にするアイテムとして活躍するポロシャツ。その選び方から着こなし方までを今一度おさらいしておきましょう。

近間 恭子

2021.05.22

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

ウェア・コーデ

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

TASCLAP編集部

2021.06.12

白・黒・ネイビー。ポロシャツの人気カラー別に見るクールビズコーデ集

ウェア・コーデ

白・黒・ネイビー。ポロシャツの人気カラー別に見るクールビズコーデ集

夏に快適な機能を備えたポロシャツはクールビズには欠かせないアイテム。よりおしゃれに着こなすにはどうしたら良いのか? その方法を、白・黒・ネイビーの色別にご紹介!

近間 恭子

2020.06.05

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事