ミステリーランチのバックパックが究極なワケを大解剖

“究極”と言われる『ミステリーランチ』のバックパック。米軍の特殊部隊に採用される機能性や堅牢性に長けた名作の秘密に迫るとともに、人気のバッグやコーデをご紹介。

ミステリーランチのバックパックが究極なワケを大解剖

“究極”というのは、つまり“本物”であるということ

実績がある製品に心惹かれる人は多い。飛行士とともに月へ行った『オメガ』の腕時計然り、イギリス陸軍に採用された『マッキントッシュ』のコート然り、歴代米大統領が愛用する『ブルックスブラザーズ』などは、プロが認める“本物”といえるでしょう。今回紹介する『ミステリーランチ』もまた、“本物”のブランドです。

過酷なフィールドで活躍する特殊部隊が命を託すバックパック

『ミステリーランチ』を愛用する代表格が、砂漠やジャングルなどで活躍するアメリカ軍や特殊部隊の兵士たち。過酷な状況下でハードに使い込むユーザーに対し、抜群に心地よく、並外れた耐久性をもつこちらのバックパックは、たゆまぬ革新、斬新な思考、高品質な材料、高度で新しい技術のすべてを駆使して生み出されました。

『ミステリーランチ』の製品すべてに生涯補償付き

『ミステリーランチ』は、正規店での購入に限って生涯補償がされており、無償で修理もしくは交換をしてくれます。ただし、誤ったケアや過失、洗濯などのダメージや通常使用による経年劣化は保証対象外。また他社以外で修理をされた場合や修理パーツがない場合、ウレタンコーティングが剥離した場合は保証外となります。

高価なハイスペックラインに加えて、手頃な価格帯のタウンユーザー向けラインを追加

2000年に創業した『ミステリーランチ』は、30年以上バックパック業界の第一線に君臨し続けているグリーソン氏によるブランド。製品は彼のオフィスと併設するアメリカの自社工場で製造されるため、価格は決して安くはありません。しかし、2013年から一部の製品をフィリピンに移し、手頃な価格帯の新ラインを追加しました。

タウンユーザー向けラインのクオリティもアメリカと同様のクオリティをキープ

デザイナーが常駐する工場でないとクオリティーが……と、一抹の不安を感じる方もいるかと思いますが、そこは問題なし。物価が安いフィリピンの工場では高いスキルを持った人を雇い、適切なサラリーと社会保障費を支払っています。このように雇用を長く続かせることでアメリカと同様の品質を保ち、低価格も実現させたのです。

タウンユーザー向けラインを中心に、デイリーに使えるバッグを厳選紹介

特殊部隊の人間が命を預けるほどの本格サバイバル用バックパック『ミステリーランチ』。その中でも、クオリティーを保ちながらタウン用に作られたモデルをいくつかご紹介します。

アイテム1

アーバンアサルト

都市で使うのに最適なギミックに絞ることで、デイリーユースに最適な軽量化と手頃な価格を実現したモデル。ブランドのフラッグシップモデルである3デイアサルトと同様に、アイコンの3ジップアクセスを搭載。素早い荷物の出し入れを可能にしました。内部はPC・ドキュメントスリーブと2ポケット仕様なので使い勝手◎。

アイテム2

スイートピー

『ミステリーランチ』のなかでも3WAYジップが初めて採用されたモデルが、このスイートピー。フューチュラヨークシステム搭載で体型に合わせたフィッティングが可能です。ウエストベルトがサイドに収納でき、すっきりと使えるのが魅力。

アイテム3

ジャバ

日常使いしやすいように考慮され収納ポケットが配されているジャバ。持ち物がより取り出しやすく、さらには横向きにして持ち運ぶことができるよう設計されており、ビジネスシーンでも大活躍してくれます。

アイテム4

ストリートファイター

とても軽量で、シンプルなデザインのストリートファイター。フロントにジップポケット、両サイドにボトルホルダーが付き、中にはPCが収納できるスリーブが設置されています。

アイテム5

ブーティーバッグ

『ミステリーランチ』が展開するタウンユース向けアイテムの中でもとくに人気の高いブーティーバッグ。その人気の秘密は、トートバッグにもバックパックにもなる2WAY仕様。開口部が広いので荷物の出し入れがスムーズなうえ、ジップの内ポケット付きなので使い勝手◎。背面側にはパッドが入り、クッション性も備えています。

アイテム6

3WAYブリーフケース

肩掛け、手持ち、リュックとしても使える3WAY仕様のブリーフケース。サイドから底面までパッドで保護されており、15インチのPCが収納できてビジネスシーンでも大活躍間違いなしのシンプルなデザインです。

アイテム7

エンベロップL

Yフロントジッパーの仕様が『ミステリーランチ』らしいハンドル付きクラッチバッグ。書類を収めやすいPC保護パッド付きの便利なケースです。カラーはブラック、コヨーテのほか、ファッション感度の高い人から注目されているウッドランドカモフラージュ柄も展開。こちらはLサイズです。

アイテム8

インベーダー

『ミステリーランチ』のなかでも人気モデルであるアウトサイダーの小型バージョンで、タウンユース向けにブラッシュアップされたデザインです。クッション性の高いショルダーハーネスやコンプレッションベルトでフィット感が高いため、たくさん物を入れても背負いやすいのが特長。

アイテム9

ロードセルショルダー

本格バックパックと同一のコーデュラナイロンを採用しながら、ポケットの数を減らして軽量に。『ミステリーランチ』らしい本格的なディテールはそのままに、デイリーユースに最適な12Lサイズのこのショルダーバッグは、ちょっとしたお出かけに便利なバッグです。プライスも1万円以下とグッとこなれています。

アイテム10

ビッグボッブ

ちょっとしたお出かけに活躍するコンパクトなサイズ感のボップ。正面にはベルクロテープで開閉できるポケット、上部の開口部は止水ジッパー仕様、背面にもちょっとした小物を収納でき、小さいのに収納力が高く機能的なのがうれしいところ。

ファッショニスタからも注目を集める『ミステリーランチ』。WEARでの使用率も高め

もともとはファッショニスタに向けてつくられたワケではなく、あくまで究極のギアとして誕生し、その姿勢に惹かれる形で高い支持を集める『ミステリーランチ』。ここではあえてギア的な側面でなく、ファッションの視点から見て見事タウンユースに落とし込んでいる着こなしを15スタイルお届けします。

コーデ1

『ミステリーランチ』のカモ柄とスニーカーのレオパード柄で、シンプルなコーデにアクセントを添えました。ミリタリーを前面に推しすぎないよう、パンツはシンプルなブルーデニムをチョイス。

コーデ2

今季トレンドのメキシカンパーカーにホワイトパンツのカジュアルコーデ。『ミステリーランチ』のショルダーバッグで土臭さのあるコーデイメージを崩さず、世界観をしっかりキープして。

コーデ3

上のコーデと同じくアメカジベースのコーデと相性の◎の『ミステリーランチ』。夏の旅スタイルにはもちろん、デイリーユースとしても愛用できるのが『ミステリーランチ』のうれしいところ。

コーデ4

デイリー使いしやすい『ミステリーランチ』のトートバッグは、カモフラ柄を選ぶことでシンプルコーデを活性化させる頼りがいのあるアイテム。

コーデ5

『ミステリーランチ』をキレイめコーデに合わせたグッドサンプル。ブラックのステンカラーコートとチノパンで全体的に縦長のシルエットを作り、直線的なフォルムのブーティーバッグを合わせました。

コーデ6

カーキ×ベージュの見事な配色が秋らしいスタイル。『ミステリーランチ』のロゴがさり気なくコーデの格上げにひと役買っています。

コーデ7

ブルー系のカラーでまとめて、スポーティーなアイテム選びの中に爽やかさを取り入れたコーデです。バックパックは『ミステリーランチ』の中でもミニマルなフォルムのブーティーバッグでシンプルに。

コーデ8

Tシャツ×スラックスのシンプルかつシックな着こなしのなかに、オフコーディネートにハマる『ミステリーランチ』のヒップモンキーをプラス。なじみながらもしっか存在感を発揮してアクセントになっています。

コーデ9

男らしいラギッドなアイテムをメインに構築した着こなし。言わずもがな、『ミステリーランチ』のリュックとの相性は抜群です。

コーデ10

無地のアイテムで揃えたシンプルなコーディネートには、外側へ多めにギミックを配置した武骨なバックパックを合わせると雰囲気が締まります。ブラックの『ミステリーランチ』で色合いも引き締め。

コーデ11

襟付きシャツとレザーのモカシンシューズでキレイめ寄りにしつつ、『ミステリーランチ』のバックパックでアウトドアをミックス。ニットキャップのグリーンとバックパックのベージュで全体がアース調に。

コーデ12

気負わず程よく脱力感のあるコーディネートもメッセンジャーバッグを肩に背負うだけで、ちょっとよそ行きな印象に。『ミステリーランチ』のロゴがさりげないアクセントを加えてくれます。

コーデ13

『ミステリーランチ』のカモ柄バックパックがコーデの主役。モスグリーンをトップスで拾って統一感をもたせつつ、ブラックのアイテムで全体の印象を引き締めた都会的なダークトーンの着こなしです。

コーデ14

アウトドアライクなアイテムを選びつつも、ブラックという色選びでクールに仕上げました。『ミステリーランチ』のバックパックはファスナーなどのギミックが少ないタイプを選べば全体にマッチします。

コーデ15

チェックシャツがどこかプレッピーな印象のスタイル。全体的にキレイめカジュアルなアイテムでまとめたところを、『ミステリーランチ』のバックパックでアウトドアミックススタイルに仕上げました。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る