春にふさわしいのは、ホワイトソールのシューズ

スニーカーの軽快感は春にぴったり。とはいえ、周囲と差をつけたいとも思いませんか? そんな時はホワイトソールのシューズがイチ押し! 軽やかさと品格を兼備しています。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2016.03.18

スニーカー風の軽快感、大人らしい品性、周囲とかぶらない独創性を兼備!

スニーカー風の軽快感、大人らしい品性、周囲とかぶらない独創性を兼備!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

見た目も履き心地も軽やかなスニーカーは、春にこそ活躍。人気も継続しているからこそ、周囲が全員スニーカーということも? 差をつけるなら、品格のあるシューズを選ぶべきです。ただし、春っぽさも主張したいので、軽快なホワイトソールを選ぶというのが条件です。春の着こなしにもハマりますし、大人な品格も備えています。そんなシューズを今回はピックアップ。スニーカーとのハイブリッドタイプを含め、10点を厳選しました!

アイテム1

『603』ブラックウイングチップスニーカーソールシューズ

『603』ブラックウイングチップスニーカーソールシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハイエンドなセレクトショップ、ミッドウエストがディレクションする『603』の一足。クラシカルで華やかな外羽根のウイングチップに、ジョギングシューズのソールを貼ってスポーティな要素をミックスしています。見た目に反する軽やかな履き心地も魅力。

アイテム2

『オルフェス』ヴァリアン

『オルフェス』ヴァリアン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

レザーシューズのアッパーとスニーカーソールを融合したハイブリッドシューズ。上品な面持ちと快適な履き心地を兼備しています。『オルフィス』はこうした機能的なシューズが得意なブランドで、2011年のスタート以降人気を高めている注目株です。

アイテム3

『レッド・ウィング』ポストマンシューズ

『レッド・ウィング』ポストマンシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1905年に創業したアメリカの名門はもはや説明不要。この一足は、国内ではシップスで限定展開となるポストマンシューズで、オイルドレザーが武骨なムードを放っています。ただし、アトラス・トレッド・ソールというウレタン素材の白いソールは軽快な印象です。

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

スニーカー・シューズ

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

『レッド・ウィング』と聞くと名作「アイリッシュセッター」や「ベックマン」が思い浮かぶ。だが、「ポストマン」シリーズもまたコアなファンを抱え続ける人気銘柄だ。

牟田神 佑介

2020.12.21

大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

スニーカー・シューズ

大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

ガラスレザーでぽってりしたプレーントゥのアッパーに、クッション性に優れたフラットソールを採用したポストマンシューズ。革靴の気品と履き心地を備えた万能靴をご紹介!

那珂川廣太

2020.09.04

アイテム4

『デデス』スエードローファー

『デデス』スエードローファー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上質な国内産の本革を使ったスエード製コインローファー。 白いソールが軽やかなムードを放ち、ドレスからカジュアルまで幅広いスタイルに合わせやすくなっています。明るいベージュが今季的ですが、実は全8色ものカラバリを展開。バリューな価格も魅力です。

アイテム5

『パラブーツ』×『ビームス』別注 シャンボードGR

『パラブーツ』×『ビームス』別注 シャンボードGR

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『インターナショナルギャラリー ビームス』により別注品。『パラブーツ』の人気モデル、シャンボードをベースにしつつ、スコッチレザーとホワイトソールを採用した軽やかな出来栄えです。コバのカラーステッチも何気ないアクセント。色違いのシューレースも付属。

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

スニーカー・シューズ

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

誰もが知る名門シューズブランドであると同時に、勢いに乗った人気ブランドでもある『パラブーツ』。流行とは関係なくずっと愛用していける名作&人気モデルをご紹介。

山崎 サトシ

2019.09.27

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

スニーカー・シューズ

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

『パラブーツ』の定番として知られる「シャンボード」。質実剛健なデザインや、革靴ながらスニーカー以上に疲れないとも形容される履き心地の1足を徹底的に分析したい。

牟田神 佑介

2021.04.01

アイテム6

『レイジブルー』サイドゴアブーツ

『レイジブルー』サイドゴアブーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気の高いサイドゴアブーツの新バージョン。ライトなルックスのホワイトソールを取り入れることで、春夏シーズンの着こなしにも合わせやすくなっています。ストレッチ性の高いゴア素材を用いているため、着脱は容易。1万円を切る価格もうれしいポイントです。

アイテム7

『ストックトン』ワニ型押し スリッポン

『ストックトン』ワニ型押し スリッポン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1978年に創業したイタリアの名門が手掛けたペニーローファー。伝統的な製法を継承するブランドならではの品格を感じさせつつ、クロコ柄のエンボスレザーがちょいワルなムードも放っています。その一方で、ソールが白いので爽やかな雰囲気も放出!

アイテム8

『マインドブロウ』フリンジ付きモカシンブーツ

『マインドブロウ』フリンジ付きモカシンブーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

実はフリンジが取り外しできるというユーティリティなショートブーツ。フリンジを装着するとサイドに並ぶコンチョがネイティブ感を主張しますが、外せばモカシンシューズとしても着用できます。基本は男っぽいムードですが、白いソールは爽やかに中和。

アイテム9

『レジェンダ』スエード×キャンバス コンバットブーツ

『レジェンダ』スエード×キャンバス コンバットブーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ軍のアーミーブーツをベースにしつつ、タウンユースにアレンジ。適度な高さとボリューム感を宿しながらも、ホワイトソールで軽やかに仕上げています。そのバランスがコーディネートに合わせやすく、こなれたアクセントを足元にもたらしてくれます。

アイテム10

『クラークス』トライジェンリミット

『クラークス』トライジェンリミット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1825年から続くイギリスの老舗も、モダンなシューズが展開しています。アッパーはブローグテープがアクセントになった革靴風ですが、足の形状に合わせて3つの切り込みを配したトライジェニックソールが快適。ホワイトの統一感がクリーンな爽快感も放ちます。

シーズン前に押さえよう。クラークスの傑作5モデルと秋の着こなし

スニーカー・シューズ

シーズン前に押さえよう。クラークスの傑作5モデルと秋の着こなし

100年以上もの歴史を誇るイギリスの名門ブランド『クラークス』。デザートブーツをはじめ数々の名作を世に送り出してきた同ブランドの魅力や特徴を改めて探っていこう。

大中 志摩

2019.09.13

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード

ホワイトソールのシューズは、着こなしに投入するだけで軽快さが得られる優れもの。アイテム単体で取り入れるだけでもおしゃれですが、よりセンスよく見せるなら、ほかのアイテムにもホワイトを取り入れると◎。色を拾うことで、コーデの統一感が高まるため、おすすめです。

着こなし1

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークトーンでまとめた着こなしにホワイトソールのスニーカーをプラス。クラッチバッグで使われているホワイトと合わせて、爽やかに着こなしています。

着こなし2

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

この春注目の、大人顔のスカジャンを軸にしたコーデ。アウターの袖の色と、『アダムエロペ』が別注した『コンバース』のジャックパーセルのソールで着こなしを上品にまとめています。

着こなし3

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムシャツと白パンツという好相性な組み合わせ。このような清涼感のあるコーデは、やはりホワイトソールで合わせるのがお約束です。

着こなし4

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムジャケットを主役にした武骨な印象の着こなし。ホワイトのパーカーと『レッド・ウィング』のブーツで、まろやかな印象も加味しているため、春らしい気分のコーデにまとまっています。

着こなし5

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アースカラーでまとめたコーデの足元に、ホワイトソールのサイドゴアブーツをセレクト。ソールと、インナーで取り入れたホワイトのカットソーをリンクさせた、計算された着こなしですね。

着こなし6

ホワイトソールのシューズを使ったコーデは“拾う”がキーワード 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

リラックス感が漂う大人のカジュアルコーデにも、ホワイトソールは相性抜群です。ラフな印象ながら、品のよさも加味されていておしゃれですね。

大人はマストハブ。プレーントゥの優良ブランドリスト

スニーカー・シューズ

大人はマストハブ。プレーントゥの優良ブランドリスト

大人の足元に欠かせない革靴。なかでもプレーントゥは、あらゆるシーンに柔軟になじむ頼もしい存在だ。品格までも備える、おすすめブランドを紹介しよう。

菊地 亮

2020.09.23

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

大人の“懐デジ”、1本いかが? 80年代にフィーチャーした、フォッシル流レトロモダン

洗練されたヴィンテージデザインを得意とする『フォッシル』が、80年代の日本にインスパイアされた新作をリリース。ただ当時を追っただけではない、実力派が登場です。

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

スウォッチから次なる提案。バイオ由来のセラミック素材で、腕時計はどう変わるのか?

スイス時計=高価という常識を覆し、カラフルで楽しいデザインにスイス時計の技術を詰め込んだ『スウォッチ』。時計界でも話題沸騰の新素材を採用した新モデルに注目です。

SPONSORED by スウォッチ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事