大人メンズのための白シャツコーデ学。おしゃれに着こなす3つのヒント

大人メンズのための白シャツコーデ学。おしゃれに着こなす3つのヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に広がる。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

2022.09.16
SHARE
記事をお気に入り
小林 大甫

執筆者

小林 大甫
アパレル業界から出版社編集を経て、エディター&ライターとして独立。紙・WEBを問わず男性ファッションを中心に執筆中。読者に寄り添えるファッション提案がモットー。 記事一覧を見る
...続きを読む

大人のワードローブに欠かせない。白シャツでおしゃれなコーデを作ろう

大人のワードローブに欠かせない。白シャツでおしゃれなコーデを作ろう

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

シーズン問わず、ワードローブに欠かせないアイテムの1つである白シャツ。ベーシックなアイテムゆえに汎用性が高く、爽やかで知的な印象が大人の着こなしにマッチするため30代以上のTASCLAP世代にも重宝されている。そんな万能すぎる白シャツは、大人なら最低でも1枚、着用頻度が高い人なら2枚以上持っておいて損ない。本記事では、白シャツのおすすめとおしゃれに着こなすためのコーデテクニックをご紹介しよう。

白シャツはどう着れば大人っぽい? コーデをおしゃれに見せる3つのヒント

どんなアイテムと組み合わせても相性が良いからと、何も考えずに着こなすのはNG。白シャツのクリーンさを生かした大人に最適な着こなしのヒントをご紹介する。

▼ヒント1:ブルージーンズとの最強タッグで好印象コーデに

まずご紹介するのは白シャツにブルージーンズを組み合わせた定番コーディネート。定番の組み合わせだからこそ、全体のバランスや色使いに注意して大人っぽさを演出したい。シンプルにまとめるのも悪くはないが、旬のミリタリー要素を取り入れたり、ちょっとした遊び心を加えたり、ワンランク上の着こなしを目指そう。

コーデ1

ダークなジーンズで爽やかにまとめた基本形

ダークなジーンズで爽やかにまとめた基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白いシャツにダークなジーンズを合わせた定番的なコーディネート。スニーカーも白にすることで、全身をホワイト×インディゴブルーの爽やかなカラーリングにまとめている。少し余裕のあるシルエットのシャツが、今っぽいリラックス感も醸成。

コーデ2

シャツもジーンズもワイドにして武骨なストリート調に

シャツもジーンズもワイドにして武骨なストリート調に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツだけでなく、ジーンズもルーズなタイプを選んだ少し上級者向けの装い。ダークなボトムスに加え、足元の黒ローファーからも重厚感が漂っている。左胸のワンポイントでミリタリー感を加味しているのもポイント。ワンポイントのないシンプルなシャツを使う場合は、小物類で個性をプラスするのもおすすめだ。

コーデ3

マリンテイストをプラスして爽やかさ増量!

マリンテイストをプラスして爽やかさ増量!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツ×ブルージーンズの爽快なカラーリングを強調するため、マリンボーダーのバスクシャツを肩掛け。シンプルな着こなしに個性を加えたアレンジが見事だ。キャップをベージュ、スニーカーを黒にすることで、爽やかに偏り過ぎないバランスにまとめているのも巧妙。

コーデ4

全身を明るいトーンでまとめて爽快に演出

全身を明るいトーンでまとめて爽快に演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルージーンズは色落ち具合で印象が大きく変わる。明るいトーンまで色落ちしたタイプを選ぶと、白シャツの軽快感を強調することが可能だ。このコーディネートは、透け感あるライトグレーのカーディガンまで軽やかに統一。

▼ヒント2:白シャツ×ジャケットコーデは、パンツで程良くカジュアルダウン

きれいめコーデの基本である白シャツ×ジャケットの組み合わせ。ただし、ボトムスまでかっちりさせてしまうとビジネス色が強くなってしまうため、適度に抜け感のあるボトムスを選んで着崩すのがポイントだ。

コーデ1

トラッド感を出しつつジーンズで着崩したお手本的コーデ

トラッド感を出しつつジーンズで着崩したお手本的コーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツにジャケットを合わせつつ、ジーンズを合わせてカジュアルダウンした定番的なコーディネート。ジャケットをダブルのブレザーにすることで旬なトラッド感をプラスしている。白いスニーカーでシャツの清潔感を強調したり、メガネでトラッド調を補強したりと、小物まで計算し尽くされているのはさすが。

コーデ2

バンドカラーの白シャツでカジュアルダウン

バンドカラーの白シャツでカジュアルダウン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カジュアルなジャケットスタイルと合わせやすいのが、バンドカラーの白シャツ。首周りがもたつかずスッキリ仕上がるからだ。このお手本は、ワイドなパンツでカジュアルダウン。とはいえ、イージースラックスなので上品な印象もしっかり感じさせている。

コーデ3

セットアップ系スタイルを白シャツで格上げ

セットアップ系スタイルを白シャツで格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャケットを含むセットアップや、それに近いセットアップ風のコーディネートとも白シャツは好相性。このコーディネートのように、いつもの白Tを白シャツに変えるだけで大人っぽさが数段アップする。シャツの裾を出しつつ、足元もスニーカーにしてカジュアル感を調整。

コーデ4

ニットを加えて保温性もこなれ感もアップ!

ニットを加えて保温性もこなれ感もアップ!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

寒くなったら白シャツ×ジャケットにニットをレイヤードするのもおすすめ。グレーニットにホワイトパンツの組み合わせで、シックなネイビーのジャケットを軽快なムードに仕上げた。

▼ヒント3:白シャツ×ベージュのチノパンでナチュラルな着こなしに

白シャツにベージュのチノパンを合わせれば、やわらかな配色のおかげでナチュラルな雰囲気を作ることができる。爽やかかつ温もりある着こなしは、秋冬の着こなしにもハマる。

コーデ1

シンプルかつクリーンにまとめた基本形

シンプルかつクリーンにまとめた基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白いシャツにベージュのチノパンを合わせた基本形のスタイリング。控えめなカラーばかりでマイルドな雰囲気だ。シンプルな着こなしだからこそ、前後で着丈が異なるフラットなシャツの裾や、スニーカーのボリューム感といった個性も際立っている。

コーデ2

白をアクセントにしたプレッピーな装い

白をアクセントにしたプレッピーな装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツをアクセントとして活用したコーディネート。チノパンにロゴ入りのスウェットを組み合わせ、プレッピーなアメトラ感を演出している。ベースボールキャップやメガネ、足元のローファーもトラッドなニュアンスを上乗せ。

コーデ3

全身を同系色でまとめてスタイリッシュに

全身を同系色でまとめてスタイリッシュに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全身を明るいトーンの同系色でまとめ、軽やかかつスタイリッシュにまとめたこちらの着こなし。ニットベストやコートをチノパンと同じベージュで揃えたワントーンに近い色使いにもかかわらず、立体感のあるコーディネートにまとめている。他のアイテムがベージュ系だからこそ、白シャツの清潔感が際立っているのもポイントだ。

コーデ4

細部でハズしたジャケパンスタイル

細部でハズしたジャケパンスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツ×チノパンにジャケットを羽織った定番アイテムでの着こなしだが、ワイドシルエットのチノパンならグッと今季的。ガチャベルトや、ソックス×スニーカーの合わせなどのハズしが洒落感をアップさせている。

ひと工夫でこなれ感増加。白シャツをおしゃれに着こなす小技もチェック

シンプルな着こなしでもおしゃれに見せられる白シャツだが、より一層スタイリッシュに見せるためにもうひと工夫加えるのもおすすめだ。白シャツコーデを格上げに導く小技をご紹介しよう。

小技1

こなれ感を演出する「袖のロールアップ」

こなれ感を演出する「袖のロールアップ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツスタイルは袖をロールアップするだけで抜け感が演出でき、こなれた印象を与えてくれる。腕元に時計やアクセサリーなどの小物でアクセントをつけるとよりGOOD!

小技2

「カーディガンの肩掛け」でコーデにアクセントを

「カーディガンの肩掛け」でコーデにアクセントを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

単調になりがちな白シャツコーデも、カーディガンを肩掛けするだけで洒落感あるスタイルに。白シャツは合わせる色を選ばないので挿し色も取り入れやすい。もちろんそのまま重ねたり、腰に巻いたりするのも効果的。

小技3

「タックイン&ブラウジング」で洒脱にアレンジ

「タックイン&ブラウジング」で洒脱にアレンジ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

もはや定番化しているのがシャツのタックイン。カジュアルなコーディネートでは、少しフワッとさせる“ブラウジング”とともに裾をパンツに入れるのが原則だ。白シャツならではの品の良さが際立つので、着こなしのパターンとして追加しておきたい。

タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

ウェア・コーデ

タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

旬な着こなしテクといえばタックイン。ですが、一歩間違えると野暮ったく見える危険性も……。どこからおしゃれでどこからダサいのか、そのボーダーラインを知りましょう!

山崎 サトシ

2022.05.06

小技4

「タイドアップ」で品の良さをプラスした着こなしに

「タイドアップ」で品の良さをプラスした着こなしに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上品で大人っぽく着こなしたいならタイドアップするのもおすすめだ。ボウタイやニットタイならかっちりし過ぎず、軽やかな印象を与えてくれる。より洒落感ある着こなしを目指すなら、深みのある色味を選ぶのがベターな選択。

小技5

クリーンな「ライトアウターとして」白シャツを羽織る

クリーンな「ライトアウターとして」白シャツを羽織る

WEAR

WEAR

お気に入り追加

最近はシャツジャケットも人気。そんな感覚で大きめの白シャツを選んでアウターとして活用するのもおすすめだ。白いアウターはハードルが高そうでも、白いシャツなら羽織やすいはず。着こなすことができれば、清潔感あるライトなアウターとして重宝することと請け合い。シャツの生地やインナーの色味によっては透けて見えるので、そこまで計算して着こなすのがコツだ。

選ぶべき白シャツは、コーディネートしやすい1枚がおすすめ

汎用性の高さを重視するなら、レギュラーカラーやボタンダウンタイプがおすすめ。襟が大きすぎないすっきりとしたデザインを選ぶのがポイントだ。旬を意識するなら、バンドカラーもハズせない。襟元の印象が異なるだけでこなれた雰囲気に着こなしが見違える。ここでは、汎用性が高く旬を楽しめる、おすすめの白シャツの一例をピックアップ!

アイテム1

『マーガレットハウエル』プレーン コットン ポプリン

『マーガレットハウエル』プレーン コットン ポプリン

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ドレスシャツにも使われるコットン素材のポプリン(ブロード)生地を使用しつつ、適度にリラックスできるシルエットを採用。オンからオフまで幅広いシーンで着回せるオールマイティなシャツに仕上げています。やや大きめで少し低い位置にセットした左胸のポケットもさりげなくカジュアル。『マーガレットハウエル』の定番レギュラーカラーシャツは、ワードローブのレギュラーとしても適任です。

アイテム2

『ナノ・ユニバース』LB.04 スタンダードレギュラーカラーシャツ 長袖

『ナノ・ユニバース』LB.04 スタンダードレギュラーカラーシャツ 長袖

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

こちらもレギュラーカラーのプレーンなシャツです。上品な印象のTR素材を採用しつつ、少しゆったりしたシルエットにすることで気持ちカジュアルダウン。主役としてもインナーとしてもアウター的にも着回せる便利な仕上がりです。『ナノ・ユニバース』は襟型の異なるプレーンなホワイトシャツも何枚もラインアップしているので、このシャツが気に入ったらデザイン違いを揃えるのもおすすめ。

アイテム3

『ギットマン ヴィンテージ』ロングスリーブボタンダウンシャツ

『ギットマン ヴィンテージ』ロングスリーブボタンダウンシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1978年に創業したアメリカの名門シャツメーカー『ギットマン ブラザーズ』。そこから派生した『ギットマン ヴィンテージ』は2009年にスタートし、ヘリテージなコレクションを展開しています。このシャツは創業当時のボタンダウンシャツを再現。チョークボタンや背面のロッカーループなども起用しています。スタンダードなオックスフォード生地を使用し、こなれたムードも感じさせる出来栄え。時代を超越する名品は、大人の男性にとって必需品です!

アイテム4

『アイテムズ アーバンリサーチ』UVカット オックス ボタンダウンシャツ

『アイテムズ アーバンリサーチ』UVカット オックス ボタンダウンシャツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらもオーセンティックなボタンダウンシャツです。使っている生地も定番のオックスフォードですが、コットンにポリエステルを加えているのがポイント。日差しから肌を守るUVカット機能を備えています。見た目はあくまで正統派で、シルエットもレギュラーフィット。バックにサイドプリーツを設けることで可動域を確保し、動きやすく仕上げています。

アイテム5

『ワイルドライフテーラー』オーバーダイ オックス セミワイドシャツ

『ワイルドライフテーラー』オーバーダイ オックス セミワイドシャツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

襟先の開きが大きく、首周りがスッキリした印象になるカッタウェイカラーを採用した白シャツです。カッタウェイカラーはクラシコイタリアのイメージがありますが、このシャツはアメリカンなボックス型。ワイドなシルエットがリラックス感を醸しています。オックスフォードクロスは厚みのあるタフなタイプを採用。上質なコットンを使った生地でラフすぎない表情に仕上がっています。

アイテム6

『シップス』吸水 速乾 アルビニ ジャージー 無地 イタリアン ワイドカラー シャツ

『シップス』吸水 速乾 アルビニ ジャージー 無地 イタリアン ワイドカラー シャツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ドレスシャツでは定番のワイドカラーを起用。襟から前立てにかけて1枚のパーツで仕立てるワンピースカラー(イタリアンカラー)を採用しているため、ノータイでボタンを外し着用しても美しく立ち上がり、エレガントな首元に仕上がります。イタリアの名門テキスタイルメーカー『アルビニ』グループ製の糸を日本で先染めして編み立てた生地は、クリーンな表情。厚すぎない質感で季節を問わず使えます。また、コットンにクールマックス エコエイドをブレンドし、環境に配慮しつつ吸水速乾性もプラス。

アイテム7

『アイクベーハー』別注 コットン美濃和紙オックスフォード バンドカラーシャツ

『アイクベーハー』別注 コットン美濃和紙オックスフォード バンドカラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラルフローレン』のOEMを請け負っていたことでも知られる『アイクベーハー』に、『シップス』が別注して生まれたバンドカラーシャツ。MADE IN USAの縫製技術を駆使して美しく仕立てています。生地はMADE IN JAPANで、美濃和紙をブレンドしたオックスフォード生地。非常に軽量で、吸放湿性が抜群です。フロントはウエストが窮屈に感じないハーフプラケット仕様。クラシックな雰囲気を醸していますが、リラックス感のあるシルエットは今どきです。

アイテム8

『アダム エ ロペ』アソートバンドカラーシャツ

『アダム エ ロペ』アソートバンドカラーシャツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

汎用性の高さから、定番シャツとして人気を集めてきたバンドカラーシャツを今季もリリース。一般的なオックスフォード地よりも細番手の糸を使ったピンオックス地を起用し、きれいめなカジュアルスタイルにマッチする品格を演出しているのがポイントです。シルエットは適度に大きめですが、裾をラウンドさせてサイドを高めにすることでダラしない印象を払拭。レイヤードもしやすいバランスに整えています。

アイテム9

『マーカウェア』テントシャツ

『マーカウェア』テントシャツ

web store BINGOYA -楽天市場店-

web store BINGOYA -楽天市場店-

お気に入り追加

今っぽいビッグシルエットと上品なムードが両立したシャツがほしいなら『マーカウェア』をチェック。代表作がこの「テントシャツ」で、ワイドなフォルムが特徴です。標準的なシャツと比較して身幅を20cmも広くする一方、後ろ身頃にサイドタックを入れて背中がスッキリ見えるように工夫。高級オーガニックコットンを使ったポプリン(ブロード)生地も上品な雰囲気を醸しています。肩の落ち感を抑えつつ着丈を長めにした「ヒュージシャツ」も展開。

アイテム10

『ヒュンメル』プレイ ストレッチシャツ

『ヒュンメル』プレイ ストレッチシャツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

動きやすさを重視するなら、ストレッチ性に優れるシャツが最適。スポーツブランドのシンプルな白シャツも狙い目です。この1枚は、世界でもっとも古いスポーツブランドの1つ、『ヒュンメル』のボタンダウンシャツ。ポリエステル100%の天竺生地は伸縮性に優れ、快適な着心地です。シンプルな面持ちですが、左胸だけでなく右脇にも小さなポケットを配置。左裾のタグが控えめなアクセントになっています。

ネイビーシャツを着こなそう! 知的で上品な大人コーデの参考集

ウェア・コーデ

ネイビーシャツを着こなそう! 知的で上品な大人コーデの参考集

上品で落ち着いた印象こそネイビーの持ち味。シャツはきちんと感も演出できるため、ネイビーシャツは大人にうってつけのアイテムです。そのコーデのヒントと実例をご紹介。

近間 恭子

2021.04.21

黒シャツをワードローブに。おしゃれなコーデを作る4つの方法と実例集

ウェア・コーデ

黒シャツをワードローブに。おしゃれなコーデを作る4つの方法と実例集

着こなしが難しそう……と敬遠されがちな黒シャツ。しかし、実は高いポテンシャルを秘めた有能アイテムなんです。選び方やコーデ法をしっかり押さえてフル活用しましょう!

近間 恭子

2022.03.23

白パーカーを取り入れよう。参考にしたいコーデ例とおすすめ10選

ウェア・コーデ

白パーカーを取り入れよう。参考にしたいコーデ例とおすすめ10選

取り入れるだけでおしゃれにキマるパーカー。本記事では、クリーンな雰囲気を醸し出せる白のプルオーバー型にフィーチャーし、着こなし方からおすすめまでをご紹介します。

近間 恭子

2021.10.22

シャツを使った重ね着でコーデ格上げ。おしゃれに着こなす6つの方法とは

ウェア・コーデ

シャツを使った重ね着でコーデ格上げ。おしゃれに着こなす6つの方法とは

シャツは季節を問わず活躍するアイテムですが、その万能性を最大限に生かすには重ね着をマスターするのが1番。手軽におしゃれに装えるコーデメイク術をご紹介します。

近間 恭子

2022.11.15

ナチュラルカラーを味方に。ベージュのシャツは、こなれた大人の新定番だ

ウェア・コーデ

ナチュラルカラーを味方に。ベージュのシャツは、こなれた大人の新定番だ

定番色のシャツを持っているなら、次に狙うべきはベージュの1枚。上品かつ爽やかな面持ちで、大人のスタイル格上げに好適です。着こなし術からおすすめ品まで一気に解説!

平 格彦

2022.04.08

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

ウェア・コーデ

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

大人のワードローブとして、シャツは欠かせない。定番ゆえに色で印象は大きく変わるが、カーキカラーを選んでおけばスタイリングに悩むことは無い。

NAKAYAMA

2022.03.07

案外カンタン。白パンツのコーデをモノにする、とっておきの着こなし法則5

ウェア・コーデ

案外カンタン。白パンツのコーデをモノにする、とっておきの着こなし法則5

うまく取り入れることができればおしゃれ度が飛躍的にアップする白パンツ。着こなすのが難しそう……と恐れることなかれ。簡単に実践できるコーデの法則をご紹介します。

平 格彦

2022.05.06

大人のシャツコーデ23選。人気のデザイン&季節別に見るおしゃれな着こなしテク

ウェア・コーデ

大人のシャツコーデ23選。人気のデザイン&季節別に見るおしゃれな着こなしテク

シャツは定番中の定番アイテムだけに、コーディネートがマンネリ気味……という人も多いのでは? そんな悩みを解消すべく、大人流のおしゃれなシャツの着こなしをご紹介。

近間 恭子

2022.09.01

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『マーガレットハウエル』プレーン コットン ポプリン
    『マーガレットハウエル』 プレーン コットン ポプリン
  • 『ナノ・ユニバース』ビッグシルエット ボタンLB.04 スタンダードレギュラーカラーシャツ 長袖ダウン シャツ
    『ナノ・ユニバース』 ビッグシルエット ボタンLB.04 スタンダードレギュラーカラーシャツ 長袖ダウン シャツ
  • 『ギットマン ヴィンテージ』ロングスリーブボタンダウンシャツ
    『ギットマン ヴィンテージ』 ロングスリーブボタンダウンシャツ
  • 『アイテムズ アーバンリサーチ』UVカット オックス ボタンダウンシャツ
    『アイテムズ アーバンリサーチ』 UVカット オックス ボタンダウンシャツ
  • 『ワイルドライフテーラー』オーバーダイ オックス セミワイドシャツ
    『ワイルドライフテーラー』 オーバーダイ オックス セミワイドシャツ
  • 『シップス』吸水 速乾 アルビニ ジャージー 無地 イタリアン ワイドカラー シャツ
    『シップス』 吸水 速乾 アルビニ ジャージー 無地 イタリアン ワイドカラー シャツ
  • 『アイクベーハー』別注 コットン美濃和紙オックスフォード バンドカラーシャツ
    『アイクベーハー』 別注 コットン美濃和紙オックスフォード バンドカラーシャツ
  • 『アダム エ ロペ』アソートバンドカラーシャツ
    『アダム エ ロペ』 アソートバンドカラーシャツ
  • 『マーカウェア』テントシャツ
    『マーカウェア』 テントシャツ
  • 『ヒュンメル』プレイ ストレッチシャツ
    『ヒュンメル』 プレイ ストレッチシャツ

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP