好印象確実。ネイビージャケットが主役のメンズコーデ

好印象確実。ネイビージャケットが主役のメンズコーデ

汎用性が高く、好印象を与えられるネイビージャケットはワードローブに取り入れるべきマストバイ。大人らしく、よりおしゃれに見せられる選び方や着こなし方を解説します。

山崎 サトシ

2019.02.14

アウター
ジャケット
テーラードジャケット
春の着こなし・コーデ

なぜネイビージャケットが30代・40代に必要なのか?

なぜネイビージャケットが30代・40代に必要なのか?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

TASCLAP世代にとってネイビージャケットが必要な理由はいくつかあります。まずは、その色み特有の若々しさ。好印象を得られやすいことも利点です。そして、着こなしを選ばない有能なオールラウンダーであるというのもポイント。1着あると、装いの幅が広がります。

今春手に入れるなら、こんなネイビージャケットがおすすめ!

今春手に入れるなら、こんなネイビージャケットがおすすめ!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大前提として心掛けたいのは、サイズ感。ビズシーンであればジャストサイズが鉄則ですが、オフシーンにおいてもジャストが無難でしょう。トレンドとしてはリラックス感のあるフィットも気になるところですが、テーラードジャケットにおいては着こなす際の難易度が高まります。また、季節感も重要。快適性はもちろん、見た目も変わります。シーンによりますが、春先はウールポリ、コットン、リネン、ナイロンといった軽快な素材が良いでしょう。肉厚な素材は季節感がミスマッチのため、見栄えが悪くなる恐れがありますから。なお、ボタンの数は2ボタンでも3ボタンでも、どちらでもOK。ここに関しては自分の好みでピックアップしましょう。

ネイビージャケットのインナーはシャツ? Tシャツ? コーデの特徴と着こなし例

ネイビージャケットのインナーはシャツ? Tシャツ? コーデの特徴と着こなし例

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイビージャケットが必要な理由、そしてどういったものを選ぶべきかはご理解いただけたはず。続けて解説するのは、合わせるインナーのお話。Tシャツ&シャツの2大定番インナーを使った、最旬のコーディネート術をお教えしていきます。

インナーにシャツを取り入れた、きれいめよりのネイビージャケットコーデ

シャツをインナーとして起用した場合、スタイリングは上品なイメージに。無地シャツとのコンビならとことん品行方正に仕上がりますし、主張ある柄シャツを持ってくれば品のよさの中にほんのりとヌケ感が漂います。

コーデ1無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ

紺ジャケスタイルのなかでもっともベーシックといえるのが、無地シャツとの組み合わせです。確実に大人っぽい印象に仕上げられるので、困ったときはこの正統派コーデでまとめておけばまず間違いないでしょう。ただ、ひとつまちがえると淡泊な印象になりがちなので、小物やボトムスで適度に味つけするとよいでしょう。

無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ

WEARWEAR

お気に入り追加

白シャツを合わせた、まさしく王道中の王道コーデ。かっちりしすぎないように、ボトムスには明るめのジーンズを持ってきて、カジュアル感と季節感をプラスしています。

無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ジャケット、シャツともにプレーンなのですが、注目したいのは小物使い。カモフラージュ柄のキャップや『ナイキ』のエアリフトで、品のよさの中にハズしを効かせたコーディネートに仕上げています。

無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ネイビー&ブラックをベースカラーにしてカチッときれいめにまとめながら、『ニューバランス』の996でアクティブな雰囲気も巧みにブレンド。トラッド×スポーツのMIXスタイルを実現しています。

無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ドライストレッチのリラクシングな着心地のテーラードジャケットが主役。レイヤードスタイルのシャツやジャケットと同素材のパンツ、ベースボールキャップでうまく脱力感を出しています。足元のスニーカーもネイビーで統一!

無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シャツはホワイトがベーシックですが、ブルーもスタイリングしやすいカラーです。ブルーの色みは爽やかさに加え、知的な印象も演出。ボトムスには、カジュアルなベージュのチノパンを選んで、うまくバランスをとっています。

コーデ2柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張!

無地シャツと比べてインパクトの強い柄シャツを取り入れれば、大人っぽさの中に適度な遊び心を漂わせることが可。王道のチェックシャツならば初心者でも合わせやすいので、ぜひ1度試してみましょう。あまりに大柄なシャツだと幼く見える恐れがあるので、その点も注意。慣れてきたら、そのほかの柄にもチャレンジしてみましょう!

柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張!

WEARWEAR

お気に入り追加

インナーに同系色のギンガムチェックシャツを合わせて、存在感とまとまり感を両得。爽快なホワイトパンツで春夏らしさを生み出しています。また、パンツだけでなくジャケットもロールアップすることで抜け感をアピール。

柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張! 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

同じくギンガムチェック柄を投入したスタイリング。ただし、こちらのコーデはネイビージャケットに独特な光沢感があるので、ボトムスはブラックをピックアップして主張が強くなりすぎないように配慮しています。

柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張! 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージ加工が施されたチェックシャツを差し込んで、アメカジテイストの香り立つ紺ジャケコーデを形成。シャツの雰囲気に合わせて、ジーンズもリラックス感ある素材をチョイスするのが◎です。

柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張! 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

テーラードジャケット、ショーツとも同じカラーでシンクロさせて、クレイジーストライプ柄のインパクトを引き立てることに成功。シャツだけが浮かないように、スリッポンもマルチパターンの1足を合わせています。

柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張! 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

カジュアルな印象のネルシャツもジャケットと相性良し。ほかのアイテムはスラックスやレザースニーカーを選びシンプルにまとめることで、ジャケットの間から見えるチェックが際立ちます。ネイビーワントーンの中で赤いニット帽がスパイスに。

インナーにTシャツを取り入れた、カジュアルよりのネイビージャケットコーデ

Tシャツ×紺ジャケのコーディネートは、当然ながらシャツコーデと比較してカジュアル感が強めです。シンプルに着崩せる無地Tシャツ、そして茶めっ気を創出できるプリントTシャツをうまく使い分けたいとところです。

コーデ3無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル

ラフ&シンプルなルックスの無地Tシャツは、生まじめなジャケットスタイルにくだけた印象を与えてくれる名脇役。かしこまりすぎないテーラードスタイルがかないます。また、プレーンな無地Tは遊び方も自由自在。ネックレスを加えてもよし、柄ボトムスを合わせてもよし。その振り幅の広さも魅力です。

無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイビージャケットビギナーでも抵抗なく試せるスタイリング。セットアップにするだけでぐっとおしゃれな印象に。Tシャツとスニーカーの色合わせで、シンプルな中にもこなれたニュアンスを出しています。

無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

白Tシャツ&ネイビージャケットのトップスレイヤードがシンプルなぶん、ボトムスはワイルドなタイガーカモの1本をセレクトしてスタイルにメリハリを創出。足元の黒ローファーできれいめ感はしっかりキープ!

無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

エイジング加工されたデニムがTシャツのヌケ感を引き立てます。ダメージデニムはテーラードと合わせるのが難しいと思われがちですが、同系色で合わせて、なおかつ細身にまとめればスマートに見せられます。

無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

Tシャツとキャップ、サンダルなどカジュアルな要素のアイテムでも、ネイビージャケットがあれば品良くまとまるという好例。セットアップの効果により、クリーンな印象が一層強まっているこちらの着こなしは、ぜひ参考に。

無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

無地柄の上下でシンプルに着こなしたなら、小物や足元に遊び心を入れてみて。コーデのはずしアイテムは、色のトーンを統一させることがポイントです。きれいめだけど、リラックス感も醸したい。そんな方におすすめなスタイリングです。

コーデ4プリントTシャツをインナーに抜擢して茶目っ気をひとさじ

ポップな趣のプリントTは無地Tと比べて少し難度が高めですが、そのぶん味方につければ着こなしをこなれさせるための重要なキーアイテムとなってくれます。選びたいのは、やんちゃすぎないレタードTやロゴT。前面にプリントが入るような装飾的デザインは30オーバーの世代にはフィットしないので避けましょう。

プリントTシャツをインナーに抜擢して茶目っ気をひとさじ

WEARWEAR

お気に入り追加

プリントTは子供っぽく見える危険性がありますが、これくらい控えめなあしらい方ならばテーラードスタイルにもマッチ! トレンドのスウェットパンツでアクティブテイストもうまく落とし込んでいます。

プリントTシャツをインナーに抜擢して茶目っ気をひとさじ 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ヴィンテージのような趣のナンバリングTシャツで、テーラードスタイル特有のカタさを払拭しています。カラートーンを抑えたシックなスタイルなので、多少インナーで遊んでもチグハグさは感じさせません。

プリントTシャツをインナーに抜擢して茶目っ気をひとさじ 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

紺ジャケ&ベージュチノという正統派アメトラコーデに、英国マインドあふれるロックTシャツをインした高感度な米英コラボスタイル。プリントに一定の存在感があるので、余計な小物使いは必要ありません。

プリントTシャツをインナーに抜擢して茶目っ気をひとさじ 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

全体的にかっちりとまとめたぶん、Tシャツのユニークなプリントが目を引くスタイリング。おしゃれで話題性もありそうです。ただ、あまりにも色が使われていると若く見えてしまうので、モノトーン配色の1枚を選ぶと◎。

ネイビースーツをもっとおしゃれに。大人な着こなしとおすすめブランド一覧

ネイビースーツをもっとおしゃれに。大人な着こなしとおすすめブランド一覧

ビジネスもフォーマルなシーンでも役立つネイビースーツはメンズのマストバイ。どう意識すればネイビースーツをおしゃれに着こなせるのか、コーデサンプルをお届けする。

TASCLAP編集部

ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

上品にもカジュアルにも着こなせる、万能ボトムスの1つであるネイビーカラーのパンツ。大人の着こなしにこそおすすめしたい理由を、コーディネート術とともに伝授します。

近間 恭子

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

TASCLAP編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

    秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

    アメカジを象徴する定番アイテムのなかでも、グレーのスウェットシャツは肌寒い季節のマストハブ。より大人らしく、おしゃれに着こなす秘訣を披露しましょう。

    平 格彦

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    TASCLAP編集部

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK