白スニーカーのコーデ攻略術。押さえるべき着こなしのヒントと人気モデル6選

白スニーカーのコーデ攻略術。押さえるべき着こなしのヒントと人気モデル6選

白スニーカーを使ったメンズコーデのサンプルを、秋冬編、春夏編と季節ごとにご紹介。合わせて、白スニーカーの人気モデルや注目モデルなどのおすすめも解説します。

TASCLAP編集部

2020.02.14

スニーカー
着こなし・コーデ

白スニーカーの「ここが魅力」

白スニの魅力。それはなにはともあれ、汎用性の高さにあります。デニムやチノパンといったカジュアルパンツにはもちろん、センタークリース入りのスラックスにももちろん合う。モードもコンサバも、トレンドのスポーツMIXにだって、何にでもあわせられる。ついでに言うと、クリーンな足元は女子ウケも大人ウケもいいんです。

もちろん、白スニの魅力は“汎用性”だけじゃありません。ベーシックカラーで単調にまとまりなりがちな着こなしにモダンな抜け感を出したいときにも頼りになるし、ちょっとデザイン性強いかなーっていう服を着る時も、足元がプレーンな白だとなんだかうまく馴染む。着こなしに“春らしさ”を出す時もこれ一発でOK! 総じて頼りになるアイテムなんです。

コーデのヒントを集約。白スニーカーの季節別コーデサンプル

白スニは汎用性も高いし便利なアイテム。みんなが頼りにしているアイテムだからこそ、逆に着こなしに差をつけるのが難しい……。では、街の着こなし上手な人たちはどう攻略しているのか!? 秋冬、春夏編に分けてグッドサンプルを抽出してみました!

▼秋冬編

着こなし1全体をシックにまとめた好例

アディダスのスタンスミスは、それ自体がちょっときれいめな印象のあるスニーカー。なのでスラックスなどのシックなパンツとの相性が抜群です。この方は足元がプレーンな分、パンツのチェック柄でアクセント。全体的に淡いトーンでまとめているのも今っぽい!

着こなし2軽さと重さのバランスが絶妙

秋冬らしい重めのカラーコーデに抜け感を演出するのにも白スニーカーは役立ってくれます。ここではミドルカットのスニーカーに合わせて、パンツも丈がやや短めのものをチョイス。タートルネックで白合わせをするところが、着こなし成功の秘訣。

着こなし3マリンテイストが好印象!

マリンテイストのデッキスニーカーに合わせて、全体をマリンな感じで仕上げたこなれたスタイル。ボーダーTシャツに白のチノパンというクリーンな着こなしが好印象です。ベルトのイエローのアクセントと切りっぱなしのパンツの裾もいい感じ!

着こなし4ハイテクボリューム系でモードに

今季もやっぱり見逃せないボリューム系スニーカー。トレイルランナーのスピリットが詰まったハイテクシューズ「トルション」を、あえてモードなスタイルに合わせるこの感じがすごくモダンです。パンツがテーパード&クロップドというのも、靴が生きるテクニック。

▼春夏編

着こなし1軽さとボリュームの理想バランス!

ハイテク系スニーカーの適度なボリューム感を生かして、全体的にビッグシルエットなスタイリングに。靴が華奢だとここまでバランスよくまとまらないし、色がブラックだとここまで、軽快でモダンなイメージに仕上がらない。ペールトーンの合わせも旬。

着こなし2厚底スニーカーと膝上ショーツの良い関係

一見シンプルなデッキスニーカーに見えますが、実はこちら、結構な厚底。でもこのボリュームがあるからこそ、膝上ショーツとのバランスがうまくまとまるのです。モックネックTも白で合わせて、上にもポイントを持ってくるところが上級者的。

着こなし3ハイカット生かしたパンツチョイス!

インパク抜群のボリューミーなハイカットシューズを生かすべく、パンツは裾リブのテーパードタイプで。パンツをインすることなくスニーカーを主役にした技ありのスタイルです。服をオールブラックにして靴を際立てているのもポイント。

着こなし4テイストのギャップで魅せる

スニーカーの王道ともいえる『ナイキ』のエアフォースワンを、相性の良いデニムでコーディネート。ここまではセオリーですが、トップスはアニマル柄でギャップを演出。そのコントラストが足元を引き立てます。スウッシュがデニムと色合わせされているのもポイント。

使い勝手重視で選ぶなら。この白スニーカーが重宝

とにかくオールマイティな白スニーカー。選択肢はいろいろありますが、まずはなかでも特に使い勝手の良い王道のデザインをピックアップしました。これさえあれば間違いなし。ワードローブに常備しておきたい名作をピックアップしました。

アイテム1『アディダス』スタンスミス

言わずと知れた『アディダス』のベストセラーモデルであり、スニーカー史に残る名作中の名作。元々はテニスシューズとして登場したものですが、丸みのある洗練されたデザインには品があり、ドレッシーな着こなしにも似合うと評判。

アイテム2『ナイキ』エアフォース 1 LOW

1982年の発売以来、世界中で愛され続ける『ナイキ』のマスタピース。元々はバスケットシューズとして誕生したもので、当時最も有名だった選手たちに着用されて瞬く間に人気に。適度なボリューム感があって、スリムからワイドまで、どんなパンツともバランス◎。

アイテム3『メゾン キツネ』キャンバスレーススニーカー

同ブランドの人気定番モデル。デッキスニーカーがベースのトラディショナルなデザインは、ストリートスタイルにも合うし、シックなセットアップスタイルにもある。ポイントはゴールドのハトメ。このおかげでクラス感が一気にアップ。大人顔に仕上がっています。

トレンド感を楽しむなら。旬度高めの白スニーカーを

今季のトレンドキーワードである「バスケットシューズ」「ハイテク」「ボリューム」をキーワードに、今帰る珠玉のアイテムをピックアップ。どれも旬なものばかりなので、売り切れ御免。気になったものは早めのチェックがおすすめです!

アイテム4『ナイキ』エアジョーダン 1 MID

復刻モデルなどのリリース時にはいまだに大勢の人が店頭に並ぶエアジョーダンシリーズが、今再び人気。こちらはオリジナルモデルをイメージしたエアジョーダン 1 MID。カラフルなバッシュに抵抗がある人も、これなら簡単にトレンドが手に入れられます。

アイテム5『サロモン』アドヴァンスド LAB XT-6 SOFTGROUND ADV

人気の『サロモンのスニーカーの中でも、さらに取扱店舗数が制限されているアドヴァンスドライン。XT-6モデルは元々2013年に発表され、現在でもリリースされている同ブランドを代表するモデルです。最新技術で実現した縫い目のないデザインが特徴的。

スニーカー界の注目株。サロモンはアウトドアシューズトレンドの最先鋒だ

スニーカー界の注目株。サロモンはアウトドアシューズトレンドの最先鋒だ

スニーカーシーンにも波及するアウトドア人気を受け、一気に注目度が増している『サロモン』。最新モデルから定番まで、今手に入る注目すべきモデルを一気に披露します。

本間 新

アイテム6『メゾンスペシャル』ヴィンテージ配色ダッドスニーカー

東京に工場を構える国産トップクラスの革靴メーカー『サンタス』と、『メゾンスペシャル』による1足には、およそ5cmのボリュームのあるビブラムソールを採用。アッパーデザインはトレッキングシューズをモチーフにしています。

プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

    TASCLAP編集部

    今夏はコロンビアのサンダルを。人気アイテムと参考コーデ

    今夏はコロンビアのサンダルを。人気アイテムと参考コーデ

    昨今絶大な人気を集めるアウトドアブランドのサンダルですが、特に“よくデキ”なのが『コロンビア』。人気の品からコーデ例まで包括的にご紹介するので、ぜひチェックを!

    山崎 サトシ

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    BACK