スラックスの選び方とおすすめ、メンズコーデを総特集

きれいめスタイルには欠かせないスラックス。しかし選び方を間違うとチグハグな着こなしになることも。そうならないための選び方とおすすめを紹介。

スラックスの選び方とおすすめ、メンズコーデを総特集

抵抗のある人も多い!? スラックスは大人っぽさを演出する+CLAP Men世代の味方です

ジーンズやスニーカーなど普段カジュアルな服装に慣れてしまうとかっちり感のあるスラックスが窮屈に感じて抵抗のある人も多いはず。しかし、きれいめアイテムであるスラックスはカジュアルな着こなしに取り入れるだけで簡単に清涼感を演出してくれるので、+CLAP Men世代の強い味方なのだ。そこで今回は取り入れやいグレー、ブラック、ベージュの3色に注目し、スマートな着こなしを目指すためのポイントを紹介していく。

大人が取り入れたいのは、注目のワイドシルエットよりも細身テーパード

今季はリラックス感のあるワイドなシルエットがトレンドに。しかし、こなれ感を手軽に演出できる一方、ワイドシルエットはカジュアルな印象が強く、清涼感を求める大人の着こなしに取り入れるとだらしなく見え、野暮ったい印象を与えてしまう危険性も。そのため、清潔に着こなすにはちょっと難易度が高め。トレンド感を求めるよりも、細身テーパードのシルエットで清涼感のある着こなしを目指したほうが好印象を与えることができる。

色別! 今春のスラックス最新着こなしサンプル

汎用性の高いグレー、ブラック、ベージュの色別に着こなすポイントとともに、今春真似したい着こなし方を紹介していく。難易度が高そうに感じるが、実はジーンズなどカジュアルなアイテムよりも全体のバランスが取りやすいので覚えておいて損はない。では、さっそくスラックスを使った旬な着こなし方をチェックしていこう。

着こなしのポイント1

グレースラックスを取り入れるポイントは、トーンを変えてメリハリを

グレーのスラックスは、着こなしにほどよいヌケ感を与えてくれるが中間色なのでモヤっとした印象になりがち。スマートな着こなしを楽しむためにもトーンが異なるアイテムを合わせてメリハリを出したい。

グレーのスラックスとネイビーのシャツという組み合わせは上品なコーデの定番。淡いグレーに対し、濃いネイビーを合わせて、コーデを引き締めている。足元やインナーに白を差してクリーンな雰囲気も上乗せ。

こちらはグレーのスラックスに白シャツを合わせて清涼感あふれる着こなしに。シンプルな着こなしだが、バンドカラーの襟元や、アンクル丈のレングスなど、ディテールで旬な要素をミックスさせている。

グレーのスラックスには、ついネイビーのジャケットを合わせがちだが、春夏っぽさを意識するならベージュのジャケットがおすすめ。インナーには白のカットソーを合わせて、明るい印象に仕上げている。

鮮やかなワインレッドのカーディガンが目を引く、きれいめカジュアルなコーディネート。ホワイトのシャツで清潔感もプラスした好感度の高い着こなしだ。彩度や明度が大きく違うアイテムも、グレーのスラックスとならすんなりなじむ。

ニット+スラックスのリラックス感漂うコーディネートを足元のローファーで締めたのがポイント。ローファーは着こなしを上品に仕上げるほか、カラートーンの変化で全体にスパイスを与える役割も果たしている。

着こなしのポイント2

ブラックのスラックスを取り入れるポイントは、明るめアイテムの引き締め役に

ブラックは着こなしを引き締めてスタイリッシュに演出してくれるが、合わせる色によっては重い印象を与えてしまう。これからの季節は明るめのアイテムと合わせて軽快に着こなすのがおすすめ。

グリーンのジャケットと白シャツでクリーンなミリタリーテイストを表現。パンツは黒でスタイリッシュにまとめ、スニーカーはジャケットのグリーンと色みをリンクさせて統一感を出した。首元はネックレスでアクセントを。

季節感のあるベージュのステンカラーコートにホワイトベースのボーダーでカジュアルに着こなした。ボーダーやスラックス、メガネでほどよく黒を取り入れて着こなしをシュッとした印象に。スポーティーな足元もポイント。

鮮やかなターコイズブルーのシャツブルゾンが春らしいコーデ。ブルー×ホワイトの配色で全体的に明るく仕上げてある中、ブラックのスラックスが良き引き締め役となっている。

白シャツとスニーカーに黒のセットアップで、クールでスポーティーな着こなしに昇華させた。グラスコードにかけたメガネが品のよさを醸す。ロールアップした袖周りには小物でアクセントをつけるのもお忘れなく。

ライトグレーのジャケットスタイルをブラックスラックスで引き締め。インナーのカットソーとスニーカーで程良くラフさもミックスした、休日コーデに仕上がっている。

着こなしのポイント3

ベージュスラックスを取り入れるポイントは、白・黒・ネイビーに合わせる

ベージュのスラックスはどんなアイテムにもなじんでくれる万能なアイテム。しかし、使い勝手がいいからといってやみくもにコーディネートすると子供っぽい印象になるので白、黒、ネイビーと合わせて大人っぽさを演出したい。

ブラックのブルゾンとベージュスラックスのきれいめスタイル。MA-1の土臭さも黒ならば感じさせない。インナーのニットやシャツとのレイヤードもきれいめな印象を加速させる。革靴も黒をチョイスして上品さを加えた。

春の必須アイテム、ジージャン×白スニーカーともベージュスラックスは好相性。大人爽やか雰囲気が漂うコーディネートを、ベージュのスラックスが全体の雰囲気を損なうことなくやわらかにまとめている。

デートやお出かけにおすすめなのがジャケパンスタイル。トップスはブラック×ネイビーでシックにまとめ、ボトムスと足元はベージュのワントーンでマイルドに仕上げたバランスがお見事。

こちらは、上品ながらもリラックス感のあるショールカラージャケットとベージュのスラックスの着こなし。インナーの白Tがコーデに抜け感をもたらし、ほどよいバランスに仕上げている。足元は上品顔ながら軽快に仕上がるローファーをセレクト。

こちらはベージュのセットアップをメインにした着こなしだが、インナーを白シャツにするだけでも清潔感のある装いに。足元にはメリハリを出すために黒のシューズを取り入れた。メガネも大人っぽく見せるためのポイントだ。

今狙い目! 春に向けて欲しいスラックス7選

スラックスの効果的なコーディネートについて理解を深めたところで、春に向けてぜひ取り入れたいおすすめのスラックスを7点紹介しよう。コーデのコツで取り上げた3色を揃えてあるので、ぜひ参考にしていただきたい。

『ステュディオス』

高級感のあるマットな質感、しなやかな風合いが魅力のこちらの1本。すっきりとしたテーパードシルエットで大人っぽく着こなせる。シワになりにくく、耐久性にも優れているので取り扱いやすい点もうれしい。

『ディッキーズ』×『417 by エディフィス』

ワークウェアブランドの『ディッキーズ』に『417 by エディフィス』が別注をかけたスペシャルな1本。1タックを入れてウエストからワタリにリラックス感を持たせるなどバイヤーのこだわりが凝縮されたデザインに仕上がっている。生地はポリエステル×レーヨンの混紡素材で適度なハリ感と心地よい手触りが特徴。

『エディフィス』

機能素材クールマックスを用いたアンクル丈のスラックス。シアサッカー素材なので記事の表面に凸凹があり、肌に触れる面積が少ないのでより清涼感のある仕上がり。縦横に伸びる2WAYストレッチが効いているので膝回りなどの窮屈感も感じさせない。通常よりもストライプを狭めに施しているので無地ライクに着用できる。

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

くるぶしがくっきり露出する丈感で、軽やかに着こなすことができるこちらのアイテム。きれいめに見えるように計算されたデザインながら、素材はストレッチ性が高く履き心地快適。シューズを選ばず履きこなせる1本。

『ナノ・ユニバース』

膝裏に施された「ダーツ縫い」は、腰回りと裾周りの差を強調し、テーパードラインを美しく見せてくれる。全体に控えめなカラーで細かいパターンが入っており、光の当たり加減によって繊細な表情が楽しめる!

『ダブルジェイケイ ブラック』

縦横斜めと自在に伸びる究極のストレッチ素材を使用しているためはき心地抜群。股部分から裾にかけてテーパードしたスリムなシルエット、ベルト周りやポケット部分などにステッチを出さない仕様で、とことんきれいめに仕上げている。また、『ダブルジェイケイ』の象徴であるフック仕様を前あきベルト部分に取り入れている点にも注目したい。

『ミスターオリーブ』

ワンタックでヒップ周りにゆとりを持たせたテーパードシルエットで、楽なはき心地ながらもすっきりと着こなせる1本。センタープレス入りで、裾はダブル仕上げを採用。イージーケア仕様なのでシワになりにくく日頃のお手入れも簡単に行えるのもうれしいポイントだ。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る