ストローハット|選び方とおすすめ、コーデを徹底解説

汎用性が高くラフに使えて、手軽に清涼感を演出してくれるストローハットは今年も、マストで手に入れておきたいアイテム。選び方から着こなし方まで一挙まとめてご紹介。

キーワード:

ストローハット|選び方とおすすめ、コーデを徹底解説

ストローハットとは?

ストローとは麦わらやパナマ、ラフィアやパルプを使った細い管のこと。今では飲み物を飲む際に使うプラスチックのストローが一般的だが、もともとは麦わらを使用しており、用法や形状が変わっていないことからストローという名称で呼ばれている。ストローハットの素材も中空状なので通気性にすぐれ、麦わらの素材感で見た目にも涼しいというわけだ。

ストローハットの特徴−機能編−

ストローハットは中空形状の麦わらを使用して作られている。夏を快適に過ごすためのすぐれた機能性を備えている。まずは、機能面の特徴を2つほど紹介しよう。

特徴1

風通しがよく涼しい

ストローハットは、ほかの素材に比べて通気性にすぐれた素材を使用しているので、帽子内にこもりがちな熱や湿気を外に放出してくれる。そのため、帽子をかぶっていても蒸れにくく、強い日差しから頭皮を守りながら、清涼感を保つことができるのだ。

特徴2

軽量で柔らかく、長時間かぶっていても疲れない

ストローハットの特徴として、軽量であることも押さえておきたい。普通の帽子であれば長時間かぶっていると頭が締めつけられ痛くなるなんていうこともあるが、ストローハットは柔らかいので締めつけ感があまりなく長時間でもストレスフリーにかぶることができる。

ストローハットの特徴−見た目編−

麦わら素材特有の軽快さとハットとしてのきれいめな表情を兼ね備えたストローハットは、通気性にすぐれたかぶり心地のよさが魅力。ここでは、これからの季節に重宝する機能性だけでなく、見た目についても触れていきたい。

特徴1

ナチュラルな素材感が爽やかな印象を与える

ナチュラルな素材感が見た目にも涼しい印象を与えてくれる。また、合わせるアイテムを選ばず、季節感や清涼感といった印象も手軽に演出できる。さらに、こなれ感も与えてくれるので、シンプルになりがちな春夏コーデの格上げを狙うためにも取り入れたい。

特徴2

カジュアルはもちろんテーラードジャケットにも相性抜群

カジュアルな着こなしに取り入れればアクセントにもなってくれるストローハット。麦わらの軽快さだけでなく、ハットとしてもキレイめな印象も兼ね備えているのでセットアップなどのきれいめコーデにもハマる。オン・オフどちらも使えるので汎用性の高さも魅力だ。

間違えない。ストローハットを選ぶコツ

清涼感を与えてくれるストローハットも選び方を間違えてしまうと残念なことに。そうならないためにも自分の顔の形にあったデザインを選び爽やかにかぶりたいところ。これからストローハットの購入を考えている人は2つのポイントに注意してアイテムを選んで。

選び方のコツ1

自分の顔にあったタイプを選んで

ハットの頭頂部を指すクラウンが、自分の顔の形に似ているものが似合うといわれており、自分の顔と正反対のタイプを選ぶと顔の形が強調される。丸顔の人はクラウンが丸みを帯びたタイプのストローハット、四角い顔の人はクラウンが角ばった四角で、ブリムが少し大きめがおすすめだ。

選び方のコツ2

色はオーソドックスなナチュラルやネイビー、黒が使いやすい

鮮やかなカラーのストローハットも展開されていますが、今季初めてストローハットを手に入れようと考えているならばオーソドックスなナチュラルやネイビー、黒といったベーシックな色をまずは手に入れて。色付きタイプは2個目の購入の際に検討するのがベスト。

今選ぶならこれ。おすすめのストローハット7選

まだストローハットをお持ちでない方、買うなら今! 普段の休日コーデにはもちろん、夏休みのお出かけコーデにストローハットが使える。夏コーデを盛り上げる、おすすめ7選をご紹介。

アイテム1

『ニューエラ』ナチュラルストローハット

アメリカに拠点を構える老舗ハットブランド『ニューエラ』のストローハットは、ナチュラルなハットとシックなブラックグログランバンドの対比が目に美しい。キレイめの着こなしにハマりそうだ。

アイテム2

『ダブルスティール』ストローハット

かっちり感のある中折れタイプのストローハットは、シックで大人な雰囲気を演出してくれる。ラフになりすぎず、かぶるだけでおしゃれ度アップ。深さが適度にあり、軽い素材でかぶりやすいのもうれしい。

アイテム3

『セレニティースティルモーメント』ワイドブリムハット

ネイビーのストローハットは、ベージュなどのナチュラルカラーよりもシックで落ち着いた雰囲気なので、スタイリッシュにきめたい人におすすめ。コーディネートの締め役としてもうってつけ。

アイテム4

『センス オブ プレイス バイ アーバンリサーチ』ウォッシャブルストローハット

『センス オブ プレイス バイ アーバンリサーチ』のストローハットは、リゾート感が楽しいロングブリムタイプだ。うれしいことにウォッシャブルなので、暑い日にかぶって汗をかいても安心だ。

アイテム5

『ベイリー』ストローハット

こちらはつばの狭いオールアップタイプ。つばが広いものと比べてよりカジュアルな印象が特徴。クラウンとリボンが同色でシンプルなので、コーディネートに合わせやすいのも魅力。

アイテム6

『エクア・アンディーノ』ストローハット

エクアドルを代表するハットブランド『エクア・アンディーノ』が贈るストローハットは、南米らしいネイティブデザインのハットバンドが印象的だ。夏のリラックスコーデに取り入れたいアイテム。

アイテム7

『ニューヨークハット』×『ショット』ミックス フェドラ ハット

帽子好きにおすすめしたいのが、ハイセンスなデザインに定評のある『ニューヨークハット』。こちらは、『ショット』が別注したコラボアイテム。さりげなくあしらわれたリアルフェザーが個性をアピール。

アイテム8

『キャバレロ』ペーパーストローハット

『キャバレロ』のペーパーストローハットは、「シンプル&ショウウィー」というブランドコンセプトの通り、スタンダードなシェイプでありながらどこか新しさを感じさせる作りに仕上がっている。

アイテム9

『ザ・ノース・フェイス』ラフィアハット

アウトドアブランド『ノース・フェイス』の、天然素材「ラフィア」を使用したストローハット。手作りを思わせるどこか武骨な形が印象的だが、つばにはワイヤーが仕込まれ型崩れを防いでくれる。

アイテム10

『ハットアタック』ストローハット

ざっくりとした大きい編み目と、太めのハットバンドがリラックス感を高める、ラフィア製のストローハット。ハットバンドの縁にはダメージ加工が施されており、独特の味がある外観となっている。

これが最旬! ストローハットのかぶり方

ストローハットはかぶり方ひとつで、印象がよくも悪くも変化するもの。そこで、ここではつばの広いタイプとつばの狭いタイプ別におしゃれに見えるかぶり方をお届けする。つばの広さによってかぶり方が変わってくるので、購入前に試着をする際も帽子の形にあったかぶり方を試してみて。

パターン1

つば広タイプのかぶり方

つばが広いベーシックなタイプは顔の面積が多く出るようにかぶるのがベスト。後頭部を広く隠すようにかぶると全体のバランスを整えやすい。あくまでも深くかぶろうとしないで、うしろ方向に浅めに乗せる感じでかぶるのがこなれた印象やしゃれた印象に見せるコツだ。

パターン2

つばの狭いタイプのかぶり方

カンカン帽のようなつばが狭いタイプは前後が水平になるようにかぶるのがおすすめ。顔とのバランスも取りやすく、しゃれた印象を与えてくれる。左右どちらかに傾けてかぶる方法もあるが、キザっぽい印象を与えてしまうのでまっすぐかぶるのが無難。

コーデから考える。ストローハットに好相性なアイテム

基本的にどんなアイテムにもすんなりとなじむストローハットだが、なかでも好相性な3つのアイテムをピックアップし、コーディネート例とともにご紹介。ワンランク上の着こなしを目指したいなら、ストローハットとこれらのアイテムをセットで使いたい。

好相性な関係1

ストローハット×ダメージデニム

今季のトレンドであるダメージデニムはストローハットと合わせて軽快に演出するのがおすすめ。Tシャツやダメージデニム、ストローハットというシンプルな着こなしでもこなれて見えるのは、ダメージの野暮ったさをストローハットの清涼感が中和してくれることが理由。

好相性な関係2

ストローハット×ショートパンツ

春から夏にかけて大活躍してくれるショートパンツと合わせれば、清涼感のある着こなしが楽しめる。子どもっぽく見せないためにもパンツはジャストサイズが鉄則。さらに、シャツなどの上品なアイテムを合わせて、爽やかで大人らしい着こなしに仕上げるのがポイント。

好相性な関係3

ストローハット×ビーズネックレス

ビーズネックレスはストローハットと合わせることで着こなしにリラックス感や軽さを出してくれる。また、ビーズネックレスはデザインがシンプルなものが多く、着こなしのじゃまにはならないはず。カジュアルにもきれいめにも合わせることができる汎用性の高さ魅力的だ。

即実践。ストローハットのコーデ参考集

上記のポイントを押さえつつ、これからの季節に実践したいストローハットを取り入れた着こなし術を紹介。ストローハットを加えることで季節感が生まれシンプルな着こなしのアクセントにもなるのでぜひとも参考にしてほしい。

コーデ1

背中の大きなステッチアートが特徴の「ボウリングシャツ」を主役にしたコーディネート。ホワイトのシャツとストローハットで爽やかさを足せば、こっくりとしたボルドーカラーも夏の色に変わる。

コーデ2

アースカラーでまとめた夏のナチュラルコーデは、ストローハットの色をパンツで拾いトップスを挟むことで統一感を高めている。そのままでは印象がぼやけるためサンダルの黒でスパイスを足した。

コーデ3

Tシャツと半端丈パンツに、ストローハットを合わせたリラックス感漂う着こなし。全体をモノトーンでまとめてシックな印象に。ラフな着こなしだが、ストローハットを加えるだけで手軽にこなれ感を演出できる。

コーデ4

インパクトのあるサファリ柄のシャツに、イージースラックスを合わせて品良くスタイリング。そのテンションに合わせて、小物もローファー&中折れストローハットでかっちりと。

コーデ5

寒色系のカラーでクールに仕上げたシティーコーディネート。ホワイト系のストローハットから始まって、足元のブラックに至るまでゆるくグラデーションを描いたカラーコーディネートが良バランス。

コーデ6

色の濃いアイテムでコーディネートする時はアイテムの素材感に注意して。ストーハットとブレス、スニーカーはブラウン系でまとめて統一感を出した。白Tとラフなトートバッグで明るさをプラス。

コーデ7

カットソーとハーフパンツをさらりと合わせただけのシンプルコーデも、バケット型のストローハットを合わせる事でどこか牧歌的な雰囲気に変わる。ブラックのレザーシューズで都会的にハズした。

コーデ8

Tシャツとホワイトデニムのシンプルな着こなしにストローハットを加えるだけでこなれ感が生まれる。さみしくなる首周りや腕周りは、ネックレスやブレスなど小物使いで個性を出して。

コーデ9

リラックス&リゾート感の強いストローハットだが、ハットバンドがブラックのものを選ぶと都会的なエッセンスを足す事が可能だ。腕時計やシューズにもブラックを取り入れて、要所を引き締めた。

コーデ10

シャツに七分袖のヘンリーネックTをレイヤード、ロールアップしたイージーパンツで軽快に仕上げた。ベースを黒で揃えて、ベージュやグレーを取り入れることでスタイリッシュかつ、どこか柔らかい雰囲気に。

コーデ11

リネンのシャツにイージーショーツを合わせたリラックス感漂う着こなし。シャツとハットの色をネイビーでまとめシックな印象にまとめた。レザーブレスで軽快なアクセントを加えている。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る