目指すは一目置かれる男。女性に花を贈る際のトリセツ

女性に花を贈る機会はそう多くないでしょう。が、もらうほうとしては数少ないからこそ印象に残るもの。ところが、花を贈るのが上手な男性ってほとんどいないのです……。

村上 朋子

村上 朋子

SHARE
記事をお気に入り
2016.04.02

男性がやりがち! NGな花選び

春爛漫にして、百花繚乱! 色とりどりの花がフラワーショップの軒先を飾る季節です。が、男性が贈る花束の多くはとてもつまらない。それは一体なぜ? 理由を探ります。

NG花選び1

でき合いのブーケは極力避ける

でき合いのブーケは極力避ける

ショップの店先には、すでにブーケとしてまとめられた花が売られています。出来合いのものは、たしかに失敗はないでしょう。でも女性にとって、それは「自分のために作られたもの」ではありません。そして値段もバレちゃっていると思ってください。

NG花選び2

知っている花だけ選ばれても……

知っている花だけ選ばれても……

男性が知っている花のバリエーションは、女性と比べて圧倒的に少ないです。バラ、チューリップ、かすみ草。自分の知っている花だけで構成すると、とても幼稚な印象に。自分で選ばず、ショップスタッフに相談して! オーダーのコツは後述します。

NG花選び3

贈るタイミングをハズしてしまう

贈るタイミングをハズしてしまう

これから出かけようというのに花束を贈られても、1日持ち歩くのが大変だし、水が不足して花がしおれないか心配だし、せっかくの贈り物が邪魔になるだけ。大きなサイズの花束ならなおさら、です。花を贈るときにこそ、TPOを配慮して。

花を贈る肝は「自分で選ばない」

花を贈るときの失敗とは、男性がすべて自己判断で選んでいるがゆえのもの。ここでは自分のセンスをすべて封印し、その道のプロ=ショップスタッフに任せるのが正解です。

花を贈るコツ1

贈る目的を、明確にして伝える

贈る目的を、明確にして伝える

上手なオーダーの第一ステップは、なぜ花を贈るのかその目的を伝えること。誕生日のプレゼント、日ごろの気持ちを伝えるため、何かのお祝い。ほかにプレゼントがあってそれに添えて贈りたいのか、花そのものを主役にしたいのかも有益な情報です。

花を贈るコツ2

予算、サイズは具体的な希望を

予算、サイズは具体的な希望を

予算ははっきり伝えましょう。値段と花束の大きさは比例しません。「3,000円でできるだけ大きく見せたい」「電車移動があるので、ゴージャス感を出しつつも小さくまとめてほしい」など具体的であるほど、アレンジしてもらいやすくなります。

花を贈るコツ3

その女性のイメージカラーは?

その女性のイメージカラーは?

使いたい花より先に、イメージを伝えます。明るく元気な感じにしたいのか、大人っぽくキメたいのか。その女性がよく着ている服の色などを思い起こして、色を伝えるのも◎です。そうすると、スタッフの方から使う花の提案をしてくれるでしょう。

花を贈るコツ4

ベストタイミングは、デート終盤

ベストタイミングは、デート終盤

外出前にプレゼントするのがベストですが、外で渡すならデートの終盤で。食事をする場所が決まっている場合、その近くのフラワーショップでオーダーして直前に引き取り、後は持ち帰るだけにするなど、「長時間持ち歩かせない」の工夫が必要です。

村上 朋子
村上 朋子
フリーライター&編集。複数の出版社での男性向けモノ情報誌、書籍などの編集業務を経て、独立。現在は書籍、雑誌、webなど各種媒体で、女性目線の記事を発信中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事