ミリタリーウォッチを、基本から。13の名門ブランドと知るその歴史

ミリタリーウォッチを、基本から。13の名門ブランドと知るその歴史

なぜ男たちは、ミリタリーウォッチに惹かれるのか? 陸、海、空、そして戦場という極めて過酷な環境下で磨き上げられた性能は、圧倒的な説得力を持って男心に響くのだ。

2021.12.16
SHARE
記事をお気に入り
押条 良太

執筆者

暮らしを豊かにする、“定番”の魅力を探究

押条 良太
「MEN′S CLUB」編集部を経て独立。「OCEANS」「Begin」、「UOMO」、「LEON」、「GQ」などのメンズ誌やブランドのカタログ、広告を手がける。得意分野はドレスからアメカジ、靴、ウェルネス、美容と幅広い。シングルフィンログをこよなく愛するサーファーでもある。 記事一覧を見る
...続きを読む

メンズウォッチの永世定番。ミリタリーウォッチは僕らの基礎教養だ

世の男たちがミリタリーウォッチを求めるのは、DNAに刻まれた本能ゆえかもしれない。戦場において、正確な時刻の把握は、作戦遂行上不可欠なだけでなく、ときには兵士の生存をも左右する。そんな過酷な環境によって培われた頑丈さや機能性、無駄のないデザインを併せ持つ腕時計は、優れた道具を求める男の本能を刺激するのだ。

メンズウォッチの永世定番。ミリタリーウォッチは僕らの基礎教養だ

ジュエリー&ウォッチ ミムラ

ジュエリー&ウォッチ ミムラ

お気に入り追加

事実、ラグジュアリースポーツやダイバーズ、レーシング時計などウォッチトレンドが時代とともに移り変わろうとも、ミリタリーウォッチは超然として“永世定番”の地位を保ち続けている。そして腕時計をファッションアイテムとして捉える人であっても、はたまた腕時計の歴史とスペックを愛する時計玄人であっても、同じように彼らの心を惹きつけてやまないのだ。

メンズウォッチの永世定番。ミリタリーウォッチは僕らの基礎教養だ 2枚目の画像

c-watch company

c-watch company

お気に入り追加

価値がプライスだけでは決まらない点もまた、ミリタリーウォッチの奥深い面白みの1つ。たとえ1万円程度のロープライスモデルでも、数十万円台のハイエンドモデルに引けを取らない歴史的な価値や、語れるうんちくを備えているものが少なくないのだ。腕時計のビギナーからコレクターまで、幅広い腕時計ファンに愛される理由もここにある。本記事では「歴史」「機能」「ブランド」という3つの要素を柱に、ミリタリーウォッチの奥深い魅力を検証していこう。

1900年代の時計史にも直結。ミリタリーウォッチとは、何モノか?

1900年代の時計史にも直結。ミリタリーウォッチとは、何モノか?

THE WATCH SHOP.

THE WATCH SHOP.

お気に入り追加

「ミリタリーウォッチ」という腕時計は戦場で生まれ、磨き上げられてきた。19世紀末、世界各地の戦場では、“時間”の重要性が一段と高まっていた。兵器の進化とともに複雑化していく作戦を効率良く遂行するためには、部隊が正確な時間を把握し、規則正しく行動する必要がある。そのため、将校たちは懐中時計を使って時刻を確認していたが、そのうちよりスピーディに確認するべく、腕に懐中時計をくくりつける者が現れ始めた。そんな兵士たちの要望に応えるべく製作されたのが、今日の腕時計の原型。一説によれば、腕時計が普及したきっかけは20世紀初頭の第一次世界大戦時とされている。

1900年代の時計史にも直結。ミリタリーウォッチとは、何モノか? 2枚目の画像

城下町松本の時計店 一光堂

城下町松本の時計店 一光堂

お気に入り追加

20世紀に入ると、ミリタリーウォッチは徐々に兵士たちの間に普及していく。とはいえ、腕時計自体がまだ高価なものであったため、各国の軍はまず、士官やパイロット、潜水部隊といった時間を把握する必要性が高い兵士たちから支給を開始した。なかでも有名なのが、スイスの『オリス』が開発した「ビッグクラウン」。パイロット向けに作られたこのモデルは、分厚いグローブを装着ままでも操作しやすい大型のリューズが特徴だった。時計ブランドがこうした高機能モデルを開発する一方で、軍は低コストモデルの生産を要請。こうして一般の兵士に支給できる腕時計も生産されるようになっていった。

1900年代の時計史にも直結。ミリタリーウォッチとは、何モノか? 3枚目の画像

ハミルトン公式オンラインストア

ハミルトン公式オンラインストア

お気に入り追加

一般兵士に向けた腕時計で有名なのが、第一次世界大戦に『タイメックス』が開発した「ミジェット」。アメリカ軍の要請によって誕生したこのモデルは、大ぶりのオニオンリューズに細身のラグを持つミリタリーウォッチの元祖ともいえる1本だった。その後の第二次世界大戦では、『ハミルトン』が「ハックウォッチ」と呼ばれる手巻き式の腕時計を100万本以上生産する。こうした一般兵士向けの量産型ウォッチと、特殊部隊が用いるような高機能モデル、ミリタリーウォッチの系統はこうして二分されていった。

1969年に起こった「クォーツショック」も、ミリタリーウォッチの歴史に影響を与えた出来事だ。この年、『セイコー』が既存の機械式時計の精度を凌ぎ、かつ驚異的な低コストを実現したクォーツ時計の開発に成功。クォーツ時計の登場によって一般市民にも急速に腕時計が浸透した。結果、軍が兵士に腕時計を官給する意味こそ薄れたものの、ミリタリーウォッチは高い機能性と視認性が評価され、絶大な人気を誇るジャンルへ成長を遂げていったのだ。

ミリタリーウォッチにおいて重視したい、3つのポイントを知っておこう

世の中には数々の個性的なミリタリーウォッチが存在するが、いくつかの共通点が存在する。ひと目で時刻がわかる高い視認性と無駄のないタフなデザイン、そして語れるバックグラウンド。この3つを兼ね備えたモデルこそが、本物志向のミリタリーウォッチの可能性を秘めているといえる。

ポイント1

あくまで軍モノだからこそ。視認性をはじめとした、スペックに着目

あくまで軍モノだからこそ。視認性をはじめとした、スペックに着目

LIBERTA LIFESTYLE

LIBERTA LIFESTYLE

お気に入り追加

ミリタリーウォッチがギアとして高く評価される理由。その1つが視認性の高さだ。シンプルなデザインに大ぶりなアラビアインデックスや見やすいデイト表示など、兵士がひと目で時刻を確認できるよう設計されている。モデルによっては、スーパーミノルバが塗布されたインデックスや24時間表記のアワーサークルなども搭載され、悪天候化や夜間でも容易に時刻を確認することができる。こと瞬時に時刻を把握する必要のあるパイロットウォッチには、視認性が極限まで高められたモデルが多く見られる。

ポイント2

腕元でタフさを主張する“ならでは”なルックスに酔いしれる

腕元でタフさを主張する“ならでは”なルックスに酔いしれる

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

装飾性が度外視され、必要な機能だけが追求された結果、生み出されるタフなデザインはミリタリーウォッチの唯一無二の魅力。サンドブラストなどマットな仕上げが施された文字盤やケースはドレスウォッチには見られないラギッドなオーラを放ち、ナイロン製のNATOベルトやシリコンストラップはスポーティなイメージを演出する。また、パイロットウォッチの名門として知られる『ジン』や『ブライトリング』のミリタリーモデルが放つ“金属の塊”のような武骨な存在感もミリタリーウォッチの持ち味だ。戦場で磨き上げられた機能美を持つ腕時計は、スタイリングに男らしいスパイスをきかせる格好のアクセサリーになるだろう。

ポイント3

目には見えない価値。ミリタリーウォッチとしての歴史と背景を重視

目には見えない価値。ミリタリーウォッチとしての歴史と背景を重視

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

語れる背景や歴史。視認性やデザインよりも、この点をもっとも重視するミリタリーウォッチ愛好家は少なくない。例えば、『IWC』の現在のフラッグシップモデルである「パイロットウォッチ マーク 18」。このモデルのオリジンは1940年代、技術力の高い腕時計ブランドを有していなかった英国が永世中立国・スイスの同ブランドに生産を依頼して誕生した腕時計にある。英国空軍に正式採用されたそのモデルは、コックピット内の振動や圧力、温度変化、強力な磁場に耐えることができ、“耐磁時計の世界基準”と謳われた。他にも300mまで潜ることができる耐圧性能を備え、アメリカ海軍の特殊潜水部隊に使われた『ハミルトン』の「カーキネイビー」など、骨太な背景を持つモデルが多数存在する。目には見えない要素ではあるものの、腕時計を眺め、歴史的なエピソードに思いを馳せる愉悦はミリタリーウォッチのオーナーの特権だ。

まさに“鉄板”揃い。ミリタリーウォッチを語るに欠かせない13のブランド

本物のミリタリーウォッチがいかなるものかがわかったところで、次はこのジャンルを語るうえで欠かせないブランドとモデルをご紹介しよう。いずれも、流行りの“ミリタリー風”とは一線を画す、時計史に名を刻むマスターピースだ。

ブランド1

『タイメックス』

『タイメックス』

ルイコレクション楽天市場店

ルイコレクション楽天市場店

お気に入り追加

1854年に創業したアメリカの国民的時計ブランドは、20世紀初頭に軍のミリタリーウォッチを手がけた歴史を持つ。ブランドの代表作に数えられる「オリジナル・キャンパー」はベトナム戦争で供給された軍用時計がモチーフで、低コストながら、堅牢性や視認性の高さ、電池交換不要の手巻き式ディスポーサブル式(使い捨て式)が特徴だ。およそ4半世紀ぶりの復刻となるクォーツモデルは、36mm径と約18gという軽量かつコンパクトなサイズながら、無駄のないデザインが独特の存在感を放つ。サイズ:36mm、樹脂ケース、クォーツ。

タイメックスはカジュアル時計の永世定番。その現在を人気モデルとともに深掘り

腕時計・ウォッチ

タイメックスはカジュアル時計の永世定番。その現在を人気モデルとともに深掘り

アメリカの国民的時計ブランド『タイメックス』。永世定番モデルを数多くラインアップし、カジュアルウォッチの雄として君臨する同ブランドを徹底解剖していきます。

夏目 文寛

2021.11.12

ブランド2

『ハミルトン』

『ハミルトン』

ハミルトン公式オンラインストア

ハミルトン公式オンラインストア

お気に入り追加

20世紀初頭にはアメリカ軍の公式ウォッチサプライヤーを務めた『ハミルトン』。同ブランドが有するミリタリーウォッチの代表作は、1940年代にアメリカ軍に支給されたモデルをルーツとする「カーキ フィールド メカニカル」だ。通称「ハックウォッチ」と呼ばれる理由はリューズを引くと秒針が止まるストップセコンド機能。戦場では、兵士たちが「ハック!」の号令で時刻を合わせ、作戦に臨んだという。マットな38mmケース、NATOストラップ、スーパーミノルバが塗布された針など、その姿はミリタリーウォッチのお手本だ。サイズ:38mm、SSケース、手巻き。

アメリカ生まれの名門、ハミルトン。普遍的な魅力を放つ腕時計16本を厳選

腕時計・ウォッチ

アメリカ生まれの名門、ハミルトン。普遍的な魅力を放つ腕時計16本を厳選

アメリカの発展期に創業し、鉄道・軍用・航空時計で世界にその名を知らしめた『ハミルトン』。スイス発・スイス育ちのブランドとはひと味違う、唯一無二の魅力に迫ります。

押条 良太

2022.03.11

ハミルトンのカーキ。ミリタリーウォッチの原点、その魅力とおすすめを徹底解説

腕時計・ウォッチ

ハミルトンのカーキ。ミリタリーウォッチの原点、その魅力とおすすめを徹底解説

アメリカの名門ウォッチメーカー『ハミルトン』。同ブランドの入門機として人気が高いのが、「カーキ」です。特徴を踏まえつつ、大人の腕にふさわしい16本をご紹介します。

TASCLAP編集部

2022.03.09

ブランド3

『ブライトリング』

『ブライトリング』

ジェムキャッスルゆきざき

ジェムキャッスルゆきざき

お気に入り追加

1936年に英国空軍の公式サプライヤーを務め、1942年には米軍への納入を開始した歴史を持つ『ブライトリング』。大量生産可能な軍用時計というコンセプトのもとに開発された「コルト」はバーインデックスのシンプルな3針スタイル。ベゼルのライタータブはグローブを装着したままでも操作しやすいよう設計されている。こちらの「コルト オートマティック 44」は自動巻きだが、他に手の届きやすい価格帯のクォーツモデルも用意されており、『ブライトリング』の入門機としてもおすすめだ。サイズ:44mm、SSケース、自動巻き。

ブライトリング10傑。プロフェッショナルのための計器を腕元に

腕時計・ウォッチ

ブライトリング10傑。プロフェッショナルのための計器を腕元に

20世紀初頭、ライト兄弟の有人動力飛行などによって幕を開けた航空史。その時代から『ブライトリング』は大空への挑戦をサポートするべく、優れた航空時計を輩出している。

ワダ ソウシ

2018.05.23

ブランド4

『ブローバ』

『ブローバ』

時計館 タケカワ

時計館 タケカワ

お気に入り追加

世界初の音叉時計や“ムーンウォッチ”など、数々のエポックメイキングなモデルを輩出した『ブローバ』もまたアメリカ軍に正式採用された歴史を持つ。こちらは第二次世界大戦中の1944年に製造された伝説のミリタリーウォッチをモチーフにした「ブローバ ミリタリー」。3層構造になったダイヤルと3つのリューズが特徴で、2時位置のリューズで外周ダイヤル(分表示)を、4時位置のリューズで内周ダイヤル(時間表示)を回転させ、そこに針を合わせることで経過時間を計測することができる。サイズ:42mm、SSケース、自動巻き。

アメリカ腕時計界の実力派。ブローバの歴史と魅力を読み解く

腕時計・ウォッチ

アメリカ腕時計界の実力派。ブローバの歴史と魅力を読み解く

革新的技術により時計史に残る“初”を生み出し、140年以上もの歴史を誇るアメリカ発の『ブローバ』。世界的となった3つの代表モデルを軸に、その実力をご覧いただこう。

TASCLAP編集部

2020.07.20

ブランド5

『グリシン』

『グリシン』

加坪屋(かつぼや)

加坪屋(かつぼや)

お気に入り追加

1917年にスイスで設立された『グリシン』はベトナム戦争に従軍したパイロットたちに絶賛されたブランド。軍に正式採用されていなかったにもかかわらず、パイロットたちは自費で購入して持参したというエピソードからも人気のほどがうかがえる。代表作は昼夜の感覚がつかみやすい24時間表示と2か国の時刻表示が可能な「エアマン」。よりオリジナルに近い顔立ちを持つ復刻モデル「エアマン・ナンバーワン」はドーム型プレキシ風防などミリタリーウォッチらしいディテールが特徴だ。サイズ:36mm、SSケース、自動巻き。

ブランド6

『オリス』

『オリス』

加坪屋(かつぼや)

加坪屋(かつぼや)

お気に入り追加

第二次世界大戦時に米国空軍に支給された「ビッグクラウン」は、19世紀初頭にスイスで創業した『オリス』が開発したパイロットウォッチ。アイコンともいうべき大型のリューズは、氷点下にもなるコクピット内で分厚いグローブを着けたまま操縦できるよう配慮されたものだ。また、センター針で文字盤外周の数字を指して日付を表すポインターデイトも『オリス』独自の機構。ワインレッドのダイヤルが上品な「ビッグクラウン ポインターデイト」はその二大機構を併せ持つ大定番だ。サイズ:40mm、SSケース、自動巻き。

オリスの復刻から最新まで。老舗が送る“誠実”な機械式時計たち

腕時計・ウォッチ

オリスの復刻から最新まで。老舗が送る“誠実”な機械式時計たち

高価な印象のスイス時計。だが、作りは一流にも関わらず手の出しやすい価格帯のブランドも存在する。『オリス』はその代表格。ビギナーにもおすすめしたい魅力を解説する。

ワダ ソウシ

2020.08.07

ブランド7

『パネライ』

『パネライ』

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

今日ラグジュアリーウォッチとして不動の地位を確立したイタリア生まれの『パネライ』は、かつては軍用時計で名を馳せたブランド。第一次世界大戦時に国防省の要請で防水時計の開発に着手し、蛍光物質を使用したダイバーズウォッチを完成させた。イタリア海軍特殊潜水部隊にも使用されたそんな名作の系譜を継ぐのが、「ラジオミール ブラックシール ロゴ」。このブランドらしい大型のケースに加え、蓄光塗料のルミノールと独自のサンドイッチ文字盤によって強く発光するインデックスが存在感たっぷり。サイズ:45mm、SSケース、手巻き式。

ブランド8

『IWC』

『IWC』

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

『IWC』といえば、第二次世界大戦時、英国空軍に供給したモデルをルーツに持つ「マーク シリーズ」が有名だ。同シリーズで証明された技術力は各国の軍からも高い評価を得ており、2019年には米国海軍のブルーエンジェルス飛行隊の公式ライセンスを獲得。両者のコラボモデル「パイロットウォッチ クロノグラフ トップガン」はフライバッククロノグラフ機能を備えた自社製ムーブメントや耐磁軟鉄製インナーケースを持つセラミックケースなどパイロットウォッチの進化を体感できる1本に。サイズ:44.5mm、セラミックケース、自動巻き。

IWCの6つのコレクションに見る、ブランドの歴史と革新

腕時計・ウォッチ

IWCの6つのコレクションに見る、ブランドの歴史と革新

『ロレックス』『オメガ』に引けを取らないステータス性を持ち、むしろ時計通の間で評価が高い腕時計ブランド、それが『IWC』。人気のコレクションから、魅力を深堀り。

夏目 文寛

2018.06.07

ブランド9

『ロンジン』

『ロンジン』

金沢 時計職人の店 さかもと

金沢 時計職人の店 さかもと

お気に入り追加

チャールズ・A・リンドバーグ氏をはじめ、空の偉大な冒険家たちに愛されたスイスの名門は、第二次世界大戦のころ、フランス海軍の求めに応じて軍用時計を製作した歴史を持っている。そのモデルを再現した「ヘリテージ ミリタリー」は頑丈な肉厚のベゼルや視認性の高い大型針、シンプルな文字盤デザインが質実剛健なオーラを放つ。ヴィンテージを思わせる日に焼けたような文字盤の色合いもポイントだ。ちなみにスイス製であることを意味する“FAB. SWISS”の文字も、オリジナルを再現したもの。サイズ:38mm、SSケース、手巻き。

2世紀にも迫る歴史。ロンジンの腕時計には、確かな“伝統”が宿る

腕時計・ウォッチ

2世紀にも迫る歴史。ロンジンの腕時計には、確かな“伝統”が宿る

2017年には創業185年を迎え、ますます老舗としての風格を高める『ロンジン』。数多の賞を獲得し、著名な冒険者たちと積み上げてきた歴史が、プロダクトには宿っている。

TASCLAP編集部

2021.02.01

ブランド10

『ルミノックス』

『ルミノックス』

EYE-EYE-ISUZU G-Time web store

EYE-EYE-ISUZU G-Time web store

お気に入り追加

“明るい夜”という名を持つ『ルミノックス』は、1989年米国ニュージャージー州生まれ。その代名詞といえば、米国海軍の特殊部隊・ネイビーシールズに採用されたミリタリーモデルだ。逆回転防止ベゼルをはじめ、天然ラバーストラップ、200m防水機能、頑丈かつ軽量なケース、そして25年間効果が持続する自己発光システムを備えたインデックス&針などまさに軍用ダイバーズのエリート。こちらは視認性がブラッシュアップされた日本限定の「レッドハンド シリーズ」の「Ref.3001」。サイズ:43mm、カーボノックスケース、クォーツ。

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

腕時計・ウォッチ

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

2020.06.17

ブランド11

『カシオ G-ショック』

『カシオ G-ショック』

MICHIMATA ver.R

MICHIMATA ver.R

お気に入り追加

あらゆる環境下での使用に耐える『Gショック』が、ミリタリーウォッチとしての顔も有していることはご存じだろうか。90年代初頭に勃発した湾岸戦争時には多くの多国籍軍の兵士たちに使用され、1994年の映画『スピード』では主人公のSWAT隊員に使用されたことでも話題に。また、2014年公開の「アメリカンスナイパー」でもネイビーシールズの狙撃手である主人公の腕には「Gショック」が装着されていた。戦場ではさまざまなモデルが使用されているが、オリジンというべき「DW-5600E-1」は今なお根強い人気を誇る1本。サイズ:48.9×42.8mm、樹脂ケース。

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

腕時計・ウォッチ

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリート回帰から、今また人気の高まっている『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々登場する中、改めて革新的で独自性の高いモノ作りが注目を浴びています。

夏目 文寛

2022.01.28

Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

腕時計・ウォッチ

Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

進化を遂げた新作で常にシーンに驚きと楽しさを提供してくれる『Gショック』。その姿勢にブレがないことは、今季の最新トピックスや推しの1本からもきっと伝わるはず。

菊地 亮

2020.08.04

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

腕時計・ウォッチ

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

2019.07.05

ブランド12

『MWC』

『MWC』

MWC時計専門店 UNLIMITED4

MWC時計専門店 UNLIMITED4

お気に入り追加

「ミリタリー・ウォッチ・カンパニー」という名を持つスイスブランドは1974年の設立以降、各国の特殊部隊への納入実績を積み重ねてきたミリタリーウォッチの申し子。こちらは1940年代に米国空軍で使用されていた軍用時計「A-11」を再現した1本だ。ロゴさえも省略されたシンプルな文字盤や大ぶりのアラビアンインデックス、太い時分針が高い視認性を確保する。そんな質実剛健な姿を忠実に再現しつつも、日本製ムーブメントやステンレス製ケースなど機能面は現代的にアップデートされている。サイズ:38mm、SSケース、自動巻き。

ブランド13

『ラコ』

『ラコ』

c-watch company

c-watch company

お気に入り追加

バウハウスの流れを汲むドイツのパイロットウォッチには、優れた視認性を誇る名作が少なくない。1925年にドイツで創業した『ラコ』の「チューリッヒ」もその1つ。文字盤の上下をすばやく認識できるよう印字された12位置の三角形など、パイロットウォッチの基本設計を踏襲したデザインは機能美を感じさせる。こちらの「チューリッヒ.2.D40」はケース径40mm、厚さ9mmのケースが採用されたもの。定番モデルよりも小ぶりで薄型のため、服の袖が引っ掛かりにくく、手首が細い人にもおすすめ。サイズ:40mm、SSケース、クォーツ。

ミリタリーシャツは程良く品良く着こなすのが断然今っぽい

ウェア・コーデ

ミリタリーシャツは程良く品良く着こなすのが断然今っぽい

ここにきて男っぽさ薫るミリタリーシャツの注目度がふたたび高まっています。今ならどんな1枚を選び、どうコーデに組み込めばいいのでしょうか。最新事情をご紹介します。

平 格彦

2022.03.22

街でもOK! メンズおすすめの本格ミリタリーブランド

ウェア・コーデ

街でもOK! メンズおすすめの本格ミリタリーブランド

ミリタリーブームで再注目を集めるのが、老舗ブランド。本当によいモノだけをまとう大人の男性にすすめたい、真に使える実力派ブランドを厳選してご紹介します。

編集イトウ

2015.10.28

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

ウェア・コーデ

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

兵士の命を守るために誕生したミリタリージャケットは、あらゆる洋服の原型や元ネタとなっているってご存じでした? 人気の種類を一挙ご紹介します。

TASCLAP編集部

2021.11.22

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

ウェア・コーデ

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

大人のワードローブとして、シャツは欠かせない。定番ゆえに色で印象は大きく変わるが、カーキカラーを選んでおけばスタイリングに悩むことは無い。

NAKAYAMA

2022.03.07

この記事の掲載アイテム一覧(全13商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『タイメックス』オリジナル・キャンパー
    『タイメックス』 オリジナル・キャンパー
  • 『ハミルトン』カーキ フィールド メカニカル
    『ハミルトン』 カーキ フィールド メカニカル
  • 『ブライトリング』コルト オートマティック 44
    『ブライトリング』 コルト オートマティック 44
  • 『ブローバ』ブローバ ミリタリー
    『ブローバ』 ブローバ ミリタリー
  • 『グリシン』エアマン・ナンバーワン
    『グリシン』 エアマン・ナンバーワン
  • 『オリス』ビッグクラウン ポインターデイト
    『オリス』 ビッグクラウン ポインターデイト
  • 『パネライ』ラジオミール ブラックシール ロゴ
    『パネライ』 ラジオミール ブラックシール ロゴ
  • 『IWC』パイロットウォッチ クロノグラフ トップガン
    『IWC』 パイロットウォッチ クロノグラフ トップガン
  • 『ロンジン』ヘリテージ ミリタリー
    『ロンジン』 ヘリテージ ミリタリー
  • 『ルミノックス』レッドハンド シリーズ Ref.3001
    『ルミノックス』 レッドハンド シリーズ Ref.3001
  • 『カシオ G-ショック』DW-5600E-1
    『カシオ G-ショック』 DW-5600E-1
  • 『MWC』A-11
    『MWC』 A-11
  • 『ラコ』チューリッヒ.2.D40
    『ラコ』 チューリッヒ.2.D40

掲載アイテムをもっと見る(1商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP