デニム・オン・デニムは難しくない! おしゃれコーデを作る簡単ハウツー

デニム・オン・デニムは難しくない! おしゃれコーデを作る簡単ハウツー

コーディネートにデニム・オン・デニムを取り入れたことはありますか? セットアップ感覚で使えて、簡単におしゃれな着こなしが完成するのでぜひ積極的に活用しましょう!

2022.10.25
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

ここで改めて。デニム・オン・デニムとは?

ここで改めて。デニム・オン・デニムとは?

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

デニム・オン・デニムとは、デニム生地のアイテム同士を重ねるコーディネート術のこと。トップスとボトムスをいずれもデニム生地で揃えたスタイリングを指すのが一般的です。具体的には、Gジャンにジーンズを合わせる着こなしが基本。しかし最近はそれ以外にも、ワークジャケットやシャツ、そしてイージーパンツといった他のデニムアイテムを使って、セットアップ感覚でコーディネートするデニム・オン・デニムも人気を高めています。ジャケットがベースのカジュアルセットアップを、さらにラフにしたのがデニム・オン・デニム、と捉えてもらうと活用法がイメージしやすいかもしれません。コーデを実践するのは想像するよりずっと簡単なので、気軽にチャレンジしてみましょう!

デニム・オン・デニムのコーデを試してみてほしい、3つのメリット

デニム・オン・デニムの魅力を3つピックアップしてご紹介。以下を読めば、大人こそ活用すべきコーディネートだとわかるはずです。 長所を把握しておくことで着こなしに取り入れやすくもなりますので、ぜひチェックを!

ポイント1

統一感が出てスタイリッシュにまとまりやすい

統一感が出てスタイリッシュにまとまりやすい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

すでに説明した通り、デニム・オン・デニムはラフなセットアップという感覚で着こなすことが可能。簡単に統一感を演出することができ、コーディネートをスタイリッシュにまとめることができます。カジュアルだけどどこか大人っぽさも感じられる雰囲気作りに最適です。

ポイント2

デニムがベースゆえに合わせるアイテムを選ばない

デニムがベースゆえに合わせるアイテムを選ばない

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジーンズを筆頭とするデニムアイテムの特長は、合わせるアイテムを選ばずオールマイティに使える点。そんなデニムアイテムをトップスにもボトムスにも使うのがデニム・オン・デニムなので、汎用性が高いのは当然です。この写真のように、主張の強いアクセントカラーを効かせても、悪目立ちすることはありません。

ポイント3

色の濃淡の変化によって着こなしをアレンジできる

色の濃淡の変化によって着こなしをアレンジできる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニム・オン・デニムの王道はまったく同じデニム生地のアイテムで上下を揃えるコーディネート。ただし、色違いや加工違いのアイテムを合わせるのもデニム・オン・デニムの一種です。リジッドからアイスウォッシュまでさまざまなトーンがあるデニムだからこそ、生地感は統一しつつ濃淡で変化をつける上級編の着こなしも楽しめます。

デニム・オン・デニムを楽しむために。参考にしたい着こなしグッドサンプル

ここでは、デニム・オン・デニムを上手に取り入れたコーディネートの好例をご紹介します。4つのルールに分けて合計12のサンプルをピックアップしましたので、取り入れてみたいルール見つけてぜひ実践してみてください!

▼ルール1:「リジッド系デニム」を選んで落ち着かせるのが基本形

デニムの中でもっとも落ち着いた雰囲気を持つのがリジッド系。いわゆるノンウォッシュの生デニムか、それに近いワンウォッシュ程度のかなりダークなインディゴブルーです。どこかクリーンなムードが漂うため、上下をリジッド系デニムで揃えれば大人っぽくてシックな印象のコーディネートに仕上がります。

コーデ1

デニムの上下をメインにした王道的なスタイリング

デニムの上下をメインにした王道的なスタイリング

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークなデニムジャケットとジーンズをメインにした定番的なコーディネート。スニーカーではなくレザースリッポンを合わせることで、さらに落ち着いたムードを後押ししています。ベースボールキャップを合わせることでストリート感を加味しつつ、ボーダー柄のインナーをチラ見せして爽やかさもプラス。

コーデ2

ストリートな装いもリジットならば大人顔!

ストリートな装いもリジットならば大人顔!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ルーズめのデニムセットアップにパーカー、そして足もとはスニーカーと、ストリート感溢れる着こなしで勝負。ただし、シックなリジットカラーのセットアップを駆使しているので、大人っぽさもきちんと担保されています。ギャップの効いた色使いでひとさじの遊び心を演出しているのもハイセンス!

コーデ3

ノーカラージャケットの新鮮味を生かしたシンプルコーデ

ノーカラージャケットの新鮮味を生かしたシンプルコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークなデニム製のセットアップがコーデの主軸。落ち着いたムードですが、ノーカラージャケット×ワイドテーパードパンツという組み合わせが今っぽい新鮮味を放っています。スウェットシャツとスニーカーで今どきなストリート感を上乗せ!

▼ルール2:「加工デニム」で軽やかな大人コーデを築くのが中級編

明るいトーンの加工デニムを使うと、軽妙なイメージのコーディネートを築くことができます。カジュアルな印象はやや強まりますが、合わせるアイテムをシンプルにすれば大人っぽくまとめるのも簡単です!

コーデ4

シンプルなアイテムを合わせて加工デニムの味感を強調

シンプルなアイテムを合わせて加工デニムの味感を強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ヴィンテージ感溢れる加工デニムのGジャン&ジーンズがメイン。デニムアイテム自体に表情があるため、他のアイテムはシンプルにまとめて着こなしを大人っぽく昇華しています。王道的なコーディネートに見えますが、Gジャンから覗くインナーのバランスが絶妙でおしゃれ!

コーデ5

明るいトーンのデニムに映えるアクセントカラーで個性を加味

明るいトーンのデニムに映えるアクセントカラーで個性を加味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トーンが明るめの加工デニムをメインに据えた着こなしは、アクセントカラーが目立ちやすいというメリットもあります。このコーディネートでは、ビタミンカラーのTシャツを挿し色として活用。定番的なスタイリングに程良く個性をプラスしたお手本です。

コーデ6

トーンを揃えたコーディネートで爽やかさを打ち出した好例

トーンを揃えたコーディネートで爽やかさを打ち出した好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

加工デニムのライトなトーンに合わせたニュアンスカラーのスウェットパーカーをセット。軽快感や爽やかさの中に、ほんのりストリートのムードを感じさせるコーディネートに仕上げています。ノーカラージャケットをはじめ、ラフなアイテムばかりを選んでいますが、デザインがシンプルなので大人っぽくまとまっていますね。

▼ルール3:「白シャツ」を合わせてクリーンに見せるのも覚えておきたいテクニック

合わせるアイテムを選ばないデニム・オン・デニムスタイル。白いシャツをインナーに組み込んでクリーンなイメージを演出するのもおすすめです。味のあるデニムと清潔感溢れるシャツとの組み合わせが、お互いの魅力を引き立ててくれます。

コーデ7

加工デニム×ブロードシャツのコントラスが新鮮でおしゃれ

加工デニム×ブロードシャツのコントラスが新鮮でおしゃれ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Gジャンにジーンズを合わせたオーセンティックなコーディネートですが、品のあるブロード生地のシャツを合わせることで大人なムードにアレンジ。ソックスも白で連携させることによって清潔感を一層高めています。

コーデ8

シャツとスニーカーの色使いをシンクロさせて清潔感を強調

シャツとスニーカーの色使いをシンクロさせて清潔感を強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

リジッド系デニムを使ったカバーオールとデニムパンツのセットアップを使用。ストライプ柄のシャツを選びつつ、同じ色使いのスニーカーを合わせることでクリーンな雰囲気に仕上げています。

コーデ9

爽やかさが溢れるカラーリングのコーディネート

爽やかさが溢れるカラーリングのコーディネート

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワークジャケットとワイドパンツはどちらもデニム生地ですが、色のトーンを変えることで個性的にモディファイ。プレーンなシャツとスニーカーを合わせ、クリーンなニュアンスを加味しているのもポイントです。リラクシングなシルエットが今っぽさも醸成!

▼ルール4:「デニムシャツ」を合わせて上級者のセットアップスタイルに

デニム・オン・デニムの上半身をシャツにすると、アウター類より新鮮なイメージに仕上がります。ワークテイストが少し強まるので、それを払拭するようにまとめるのがポイント。おしゃれにまとめた実例をご紹介します!

コーデ10

リラックス感溢れる今っぽいデニム・オン・デニムスタイル

リラックス感溢れる今っぽいデニム・オン・デニムスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オーバーサイズのシャツとパンツを組み合わせたデニム・オン・デニムのコーディネートですが、シンプルにまとめることで大人なムードに。小ぶりなショルダーバッグでさりげなくシャツを固定し、ダラしなくなり過ぎないようにまとめているのが巧妙です。

コーデ11

タックインとジャストなサイズ感で大人っぽさを演出

タックインとジャストなサイズ感で大人っぽさを演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムシャツだからこそ可能となる着こなしがタックイン。ベルトをウエストマークにすることで上下デニムの統一感はキープしながらさりげなく分断でき、初心者でもコーディネートしやすいという利点もあります。このお手本は、白いインナー、袖まくり、素足が覗くサンダルで軽快感もプラス。

コーデ12

シャツ使いのデニム・オン・デニムをインナーとして活用

シャツ使いのデニム・オン・デニムをインナーとして活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツはインナーとしても使えるので、シャツを使ったデニム・オン・デニムスタイルにはアウター類を重ねることも可能です。このコーデ例では、ツイードジャケットを重ねることでクラシックなムードを演出。適度にスリムなシルエットであくまでスタイリッシュにまとめたバランスがお見事です。

セット買い推奨! そのままデニム・オン・デニムに使えるおすすめ12組

セットで使えるデニムアイテムを持っておけば、デニム・オン・デニムスタイルを作るのはいとも簡単。Gジャン&ジーンズをはじめ、さまざまなタイプのデニム製アイテムをセレクトしたので、デニム三昧のコーディネートに活用してください! なお、以下でご紹介するトップスとボトムスはいずれも別売りです。

セット1

『アドポーション』12.5オンス ビッグシルエットデニムジャケット&ワイドテーパードデニムパンツ

『アドポーション』12.5オンス ビッグシルエットデニムジャケット&ワイドテーパードデニムパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『アドポーション』12.5オンス ビッグシルエットデニムジャケット&ワイドテーパードデニムパンツ 2枚目の画像

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

1年を通して使いやすい、12.5オンスの中厚デニムで仕立てたセットアップ。上下どちらも今季らしいゆとりあるシルエットに設定されており、今っぽいリラクシングな雰囲気を堪能できます。ヴィンテージモデルを思わせる、クラシカルなデザインもそそるポイント。なお、生地はワンウォッシュ仕上げで最初から柔らかな風合いです。

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

ウェア・コーデ

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

『リー』といえば、デニム業界に燦然と輝く名門中の名門。改めてこの老舗ブランドを解剖し、魅力や定番、おすすめモデルまで余すところなくご紹介します。

山崎 サトシ

2021.01.25

セット2

『ナノ・ユニバース』LB.02/ヘンプデニムジャケット&チノ型パンツ

『ナノ・ユニバース』LB.02/ヘンプデニムジャケット&チノ型パンツ

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

『ナノ・ユニバース』LB.02/ヘンプデニムジャケット&チノ型パンツ 2枚目の画像

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

Gジャンは余計なディテールを省いたベーシックなデザインが印象的。一方のデニムパンツは、軍モノのチノパンがイメージソースとなっておりほんのりと武骨な雰囲気が漂います。ヘンプ×オーガニックコットンのサステナブルなデニム生地を用いて、環境に配慮しているのもこのセットアップの特徴。

セット3

『ユナイテッドアローズ アンド サンズ』バイ マサキカワセ N.O.P.Jワークシャツ&ペインターパンツ

『ユナイテッドアローズ アンド サンズ』バイ マサキカワセ N.O.P.Jワークシャツ&ペインターパンツ

UNITED ARROWS

UNITED ARROWS

お気に入り追加

『ユナイテッドアローズ アンド サンズ』バイ マサキカワセ N.O.P.Jワークシャツ&ペインターパンツ 2枚目の画像

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

『プロダクトトゥエルブ』のデザイナーである川瀬正輝氏と協業したスペシャルコレクション。1990年代の背景からインスピレーションを受けており、強めのウォッシュや大胆なペイント加工など、当時を彷彿とさせるデザインアプローチが光ります。また、シャツは9オンス、デニムは12オンスとどちらも程良い肉感でオールシーズンに対応。

セット4

『マインデニム』CF-GJKT USD&スタンダードストレート5ポケットUSD

『マインデニム』CF-GJKT USD&スタンダードストレート5ポケットUSD

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マインデニム』CF-GJKT USD&スタンダードストレート5ポケットUSD 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ガシッとしたヘビーオンスのセルビッチデニムで仕立てており、オトコらしいムード感の演出にはうってつけ! ハードめのヴィンテージウォッシュによる薄青カラーも、タフな雰囲気を後押しします。オリジナルの鉄製タックボタン&銅製リベットなど細部への注力っぷりもお見事で、まさしくこだわり派に刺さる逸品といえるでしょう。

海外でも高評価! エドウインの人気ジーンズ徹底解剖

ウェア・コーデ

海外でも高評価! エドウインの人気ジーンズ徹底解剖

今、世界的評価を受ける日本のジーンズ。その礎を築いたといえるブランドが『エドウイン』です。国産初のジーンズを作った老舗が誇る人気モデルの数々を紹介します。

岡田 太

2021.02.02

セット5

『アダム エ ロペ』コットンUSAビックシルエット デニムジャケット&ドライタッチ デニムワイドカーゴパンツ

『アダム エ ロペ』コットンUSAビックシルエット デニムジャケット&ドライタッチ デニムワイドカーゴパンツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

『アダム エ ロペ』コットンUSAビックシルエット デニムジャケット&ドライタッチ デニムワイドカーゴパンツ 2枚目の画像

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

労働環境と自然環境の両方に配慮して生産される、エシカルなコットンUSA素材を使用した人気シリーズ。カバロスという特殊加工によって、デニムのナチュラルな風合いはそのままに抗菌防臭性を持たせているのも魅力のひとつです。フォルムは上下とも適度なオーバーシルエットで、抜け感たっぷりなセットアップスタイルが叶います。

セット6

『リー』×『ザ ショップ ティーケー』別注 ビッグシルエットGジャン&パンツ

『リー』×『ザ ショップ ティーケー』別注 ビッグシルエットGジャン&パンツ

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

お気に入り追加

『リー』×『ザ ショップ ティーケー』別注 ビッグシルエットGジャン&パンツ 2枚目の画像

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

お気に入り追加

ウールのような風合いを出したデニムセットアップにつき、ニットやシャツのような上品なインナーとも相性良好! 大人顔なカジュアルスタイルを狙う人におすすめです。Gジャンは脇に設けられた10号ファスナーがさりげないアクセント。対するデニムパンツはスラックス風の旬感あるデザインが見どころとなっています。カラーはこちらのネイビーの他、グレー&ベージュも用意。

セット7

『サイラス』デニムシャツジャケット&タックシェフパンツ

『サイラス』デニムシャツジャケット&タックシェフパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『サイラス』デニムシャツジャケット&タックシェフパンツ 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

厚すぎず・薄すぎずなバランスの良い12.8オンスデニムで仕立てたシリーズ。カラーは爽快感あるライトブルーで、重々しさはまったく感じさせません。シャツジャケットは胸もとに加えて両脇にはシームポケットも配置されており、収納力抜群。シェフパンツがモチーフのボトムスはウエストゴム仕様で、ストレスフリーな着用感です。

セット8

『シップス』ワンサイズフィット ビッグシルエット 7オンス デニム シャツ&パンツ

『シップス』ワンサイズフィット ビッグシルエット 7オンス デニム シャツ&パンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『シップス』ワンサイズフィット ビッグシルエット 7オンス デニム シャツ&パンツ 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

薄手の生地を用いてリラックス感たっぷりに仕上げられているのが特徴的。実はワンサイズのみの展開で、ワイドなシルエットだからこそ誰とでもシェアできるアイテムです。そのフォルムとシンプルなデザインを生かし、大人のストリート調を意識して着こなすのがおすすめ。リラックスできる着心地のワンマイルウェアとして着回しても便利です。

セット9

『フォーク&スプーン』デニムジャケット&タックデニムパンツ

『フォーク&スプーン』デニムジャケット&タックデニムパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『フォーク&スプーン』デニムジャケット&タックデニムパンツ 2枚目の画像

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

クリーンな着こなしを狙うなら、清々しいホワイトデニムで攻めてみるのもひとつの手。『フォーク&スプーン』が手掛けたセットアップは高品質な岡山のクロキデニムを使用しており、耐久性も申し分ありません。しかも、たっぷりとボリュームのある今どきなフォルムですから、トレンドの打ち出しにも最適!

セット10

『ラトルトラップ』着脱ライナー付きワークデニムブルゾン&スケールポケットストレッチデニムパンツ

『ラトルトラップ』着脱ライナー付きワークデニムブルゾン&スケールポケットストレッチデニムパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『ラトルトラップ』着脱ライナー付きワークデニムブルゾン&スケールポケットストレッチデニムパンツ 2枚目の画像

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

古き良きワークウェアを彷彿とさせるルックスが大人好み。コーデュロイ襟のジャケットは中に脱着式キルトライナーが付属しており、シーズンに応じてアレンジできます。ボトムスはウエストにドローコードが付き、ベルトレスで着用可。さらに、ヒップには収納性に長けた大型フラップポケットが配置されています。

リーバイスレッドとは? 7年ぶりに復活した人気確定のラインアップ

ウェア・コーデ

リーバイスレッドとは? 7年ぶりに復活した人気確定のラインアップ

一斉を風靡した『リーバイス レッド』が7年ぶりに復活ということで、デニムシーンが色めき立っています。今一度同シリーズについて解説するとともに、最新作を一挙公開!

山崎 サトシ

2021.02.13

セット11

『チャオパニックティピー』デニムカバーオール&ペインターパンツ

『チャオパニックティピー』デニムカバーオール&ペインターパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『チャオパニックティピー』デニムカバーオール&ペインターパンツ 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ややゆるめのシルエットに設定されたセットアップは、ストレッチ混紡のデニム生地も相まって締め付けのない着用感。軽めのウォッシュ加工によって着慣れ感を描き出しているのもGOODです。ジャケットはフロントの3ポケット、デニムはサイドのペインターディテールがアイキャッチに。

セット12

『ラングラー』×『エフシーイー』別注 127MWデニムシャツ&77MWZブーツカットジーンズ

『ラングラー』×『エフシーイー』別注 127MWデニムシャツ&77MWZブーツカットジーンズ

京都印STORE

京都印STORE

お気に入り追加

『ラングラー』×『エフシーイー』別注 127MWデニムシャツ&77MWZブーツカットジーンズ 2枚目の画像

Auggie

Auggie

お気に入り追加

『ラングラー』を象徴するブロークンデニムをボディに使いつつ、『エフシーイー』が独自のテイストを加えたコラボモデル。シャツは胸もとに配されたビッグポケットが最大の見どころで、それ1枚で着てもインパクト満点です。対するブーツカットデニムは、裾のフリンジや背面のDカンなど細部のディテールで個性を主張。周囲と差のつくセットアップスタイルに仕上がること確実です!

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うデニムブランドをしっかり押さえておきましょう。

那珂川廣太

2022.03.11

人気ブランドのセットアップ19選。今季の売れ筋をレコメンド

ウェア・コーデ

人気ブランドのセットアップ19選。今季の売れ筋をレコメンド

もはやワードローブの定番といえるセットアップ。今季も色・柄・素材のバリエーションに富んだセットアップが充実しています。気になる人気ブランドの注目株をご紹介!

山崎 サトシ

2022.09.20

Gジャンコーデの作り方。春秋冬おしゃれに着こなすポイント

ウェア・コーデ

Gジャンコーデの作り方。春秋冬おしゃれに着こなすポイント

タイムレスなかっこよさはもちろん、夏以外の3シーズンに対応する汎用性の高さもGジャンの魅力。日常で大いに活用するためにも、こなれて見せるコーデ術を覚えましょう!

山崎 サトシ

2022.09.08

Gジャンを選ぶなら大人らしさにこだわって。定番&高コスパブランド20選

ウェア・コーデ

Gジャンを選ぶなら大人らしさにこだわって。定番&高コスパブランド20選

アウターとしてもインナーとしても活躍するGジャン。でも、大人らしく着こなせるGジャンとはどんなものなのでしょうか? 選びのポイントとおすすめ品をご紹介!

平 格彦

2022.09.15

季節別に解説。デニムシャツのコーデを洒脱に見せるヒントと着こなし実例24

ウェア・コーデ

季節別に解説。デニムシャツのコーデを洒脱に見せるヒントと着こなし実例24

着回しやすいデニムシャツは、それ1枚でもサマになるのが魅力。よりおしゃれに、こなれ感のあるコーデを導くためのポイントと着こなしの実例をご紹介します。

TASCLAP編集部

2022.09.09

まさに万能選手。トラッカージャケットの名品10選

ウェア・コーデ

まさに万能選手。トラッカージャケットの名品10選

その汎用性の高さから、人気再燃中のトラッカージャケット。知っているようで意外と知らないその基本に加え、どんなコーデにもハマる万能選手っぷりと名品をご紹介。

遠藤 匠

2021.03.01

この記事の掲載アイテム一覧(全12商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『アドポーション』12.5オンス ビッグシルエットデニムジャケット&ワイドテーパードデニムパンツ
    『アドポーション』 12.5オンス ビッグシルエットデニムジャケット&ワイドテーパードデニムパンツ
  • 『ナノ・ユニバース』LB.02/ヘンプデニムジャケット&チノ型パンツ
    『ナノ・ユニバース』 LB.02/ヘンプデニムジャケット&チノ型パンツ
  • 『ユナイテッドアローズ アンド サンズ』バイ マサキカワセ N.O.P.Jワークシャツ&ペインターパンツ
    『ユナイテッドアローズ アンド サンズ』 バイ マサキカワセ N.O.P.Jワークシャツ&ペインターパンツ
  • 『マインデニム』CF-GJKT USD&スタンダードストレート5ポケットUSD
    『マインデニム』 CF-GJKT USD&スタンダードストレート5ポケットUSD
  • 『アダム エ ロペ』コットンUSAビックシルエット デニムジャケット&ドライタッチ デニムワイドカーゴパンツ
    『アダム エ ロペ』 コットンUSAビックシルエット デニムジャケット&ドライタッチ デニムワイドカーゴパンツ
  • 『リー』×『ザ ショップ ティーケー』別注 ビッグシルエットGジャン&パンツ
    『リー』×『ザ ショップ ティーケー』 別注 ビッグシルエットGジャン&パンツ
  • 『サイラス』デニムシャツジャケット&タックシェフパンツ
    『サイラス』 デニムシャツジャケット&タックシェフパンツ
  • 『シップス』ワンサイズフィット ビッグシルエット 7オンス デニム シャツ&パンツ
    『シップス』 ワンサイズフィット ビッグシルエット 7オンス デニム シャツ&パンツ
  • 『フォーク&スプーン』デニムジャケット&タックデニムパンツ
    『フォーク&スプーン』 デニムジャケット&タックデニムパンツ
  • 『ラトルトラップ』着脱ライナー付きワークデニムブルゾン&スケールポケットストレッチデニムパンツ
    『ラトルトラップ』 着脱ライナー付きワークデニムブルゾン&スケールポケットストレッチデニムパンツ
  • 『チャオパニックティピー』デニムカバーオール&ペインターパンツ
    『チャオパニックティピー』 デニムカバーオール&ペインターパンツ
  • 『ラングラー』×『エフシーイー』別注 127MWデニムシャツ&77MWZブーツカットジーンズ
    『ラングラー』×『エフシーイー』 別注 127MWデニムシャツ&77MWZブーツカットジーンズ

掲載アイテムをもっと見る(0商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP