ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえる装いのノウハウ

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえる装いのノウハウ

誰もがよく知るローファー。万能靴ともいわれるが、それを取り入れたコーディネートの基本とはいかなるものか。応用力を養うためにも基礎をイチから学んでおこう。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.03.22

大人の万能靴。ローファーを履こう

大人の万能靴。ローファーを履こう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ローファーは革靴。ゆえにレザー特有の品格をほのめかすことができる。しかし、ドレスシューズではない。他のフォーマル靴と比べるとどこか愛嬌もある。そう、ローファーの魅力は、他の革靴ではカバーしきれない応用の振り幅にある。カジュアルな服装に合わせれば適度な引き締め役となり、シャキッとしたスタイルでは良い抜け感をもたらしてくれるのだ。そのポテンシャルを生かすためにも基本の“き”をぜひとも押さえておきたい。

ビジネスでもカジュアルでも、ローファーを履くなら押さえたい2つの前提

ビジネスでもカジュアルでも、ローファーを履くなら押さえたい2つの前提

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ローファーは脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプ。レースアップのように、シューレースによってフィッティングを変えられることはできない。そのため、サイズ選びはとりわけ重要。窮屈さを嫌い、大きめを選ぶことでかかとが抜けてしまうようではダラしなさが際立ってしまう。

ビジネスでもカジュアルでも、ローファーを履くなら押さえたい2つの前提 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

もう1つのポイントがボトムスの丈感。ローファーは、カジュアルパンツのラフさをフォローし、スラックスの堅苦しさをいなしてくれる。しかし、パンツが長過ぎるがゆえのがさつさまではカバーできない。今なら、くるぶし丈&ノークッションが最良と知ろう。

ビジネスか、カジュアルか。ローファーの種類とスタイルの関係とは?

ひとえにローファーといっても種類はさまざま。それぞれ、魅力は千差万別であり、言わずもがな、その魅力を存分に生かしたコーディネートだってある。どんなスタイリングとの連携が好印象を生みやすいか、そのポイントをタイプ別に説明していこう。

種類1

コインローファー

コインローファー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

別名“ペニーローファー”とも呼ばれる、ローファーの中では最も定番の形。つま先革を横切るようにかぶせられた切れ込み入りのサドルが大きな特徴といえるだろう。そもそも、アイビーリーガー御用達の靴であり、アメトラベースの着こなしにはとりわけ相性が良い。そのため、スラックスやチノパン、ジーンズに加え、ショートパンツともウマが合う。ローファースタイルの入り口としては、申し分ない一足といえるだろう。

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

スニーカー・シューズ

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

近間 恭子

2021.01.14

種類2

ビットローファー

ビットローファー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1953年に発表した『グッチ』が本流とされるビットローファー。サドル部にあしらった装飾、通称“ホースビット”がラグジュアリーな印象を生み、足元に華を添える。ジーンズやチノパンなどを取り入れたカジュアルなスタイルの足元としてもワルくはないが、ビットローファーの華美な姿はパーティシーンでこそ真価を発揮するにちがいない。ジャケパンスタイルを格上げする頼もしいパートナーとなってくれるだろう。

コーデに“華”を与える!ビットローファーをおさらい

スニーカー・シューズ

コーデに“華”を与える!ビットローファーをおさらい

ビットローファーは甲部分に馬具を模した装飾が施されたデザインが特徴。どんな長所があり、いかにコーデに組み込むかというノウハウからおすすめの1足までを解説する。

TASCLAP編集部

2020.07.10

種類3

タッセルローファー

タッセルローファー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

時のハリウッド俳優、ポール・ルーカス氏が、英国国王エドワード8世の履いていた靴に憧れ、『オールデン』に同様の靴を作らせたのが起源とされる。以後、学生時代にコインローファーで過ごしてきた大人が社会人になってもローファーを履きたいという意向から、東海岸を中心に大ブレイクを果たす。ゆえに、ローファーの中ではビジネスシーンにもマッチする一足として知られる。それもあり、カジュアル過ぎるスタイルには不向きかもしれない。

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

スニーカー・シューズ

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

軽快な足元を演出し、着こなしを格上げしてくれると注目度の高いタッセルローファー。カジュアルだけでなくビジネスシーンにも取り入れられるそれは1足あると重宝する。

小林 大甫

2021.01.17

種類4

コブラヴァンプ

コブラヴァンプ

神戸の紳士靴専門店moda

神戸の紳士靴専門店moda

お気に入り追加

モカ縫い以外の装飾がないシンプルなデザインや、程良く跳ね上がったトゥが独特なコブラヴァンプ。その姿が蛇の頭に似ていることからその名が付いたとされる。スマートな見た目により、どのパンツと組ませても軽快な姿へと変貌。そのため、今どきなワイドシルエットや徐々に熱を帯び始めたカーゴパンツといった男らしい1本ともウマが合う。逆に、かっちりさせたいときには、その軽快さが仇となる場合もあるのでご注意を。

種類5

キルトローファー

キルトローファー

SELECT STORE SEPTIS

SELECT STORE SEPTIS

お気に入り追加

スコットランドの民族衣装でも用いられるキルトをローファーにあしらったものがキルトタッセル。’50年代、ゴルフシューズのシューレースに泥などが付着するのを防ぐため、シュータンより大きいキルトを付けたのが革靴に採用されるきっかけとされている。それもあり、ジーンズやワークパンツといった、カジュアルな1本にハマる。逆にドレッシーなスタイルだと、粗野感や野暮ったさが目につきミスマッチを起こしかねない。

ローファーを取り入れた「ビジネスコーデ」の参考集

基本的にローファーはビジネス靴ではない。しかし、昨今のビジカジスタイルの浸透から徐々に受け入れられているのも事実。かっちりとした姿の良いハズし役として取り入れている人も見受けられる。では、どのように取り入れていくのがベストな選択なのか、好サンプルをベースに探っていきたい。

コーデ1

肩の力を抜いたジャケパンスタイルは、ローファーで歩調を合わせる

肩の力を抜いたジャケパンスタイルは、ローファーで歩調を合わせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チノスラックスを採用したジャケパンスタイルに、ローファーで程良いカジュアル感を演出。中間色で仕上げながら季節感も取り入れた。足元や胸元にくっきりとした色を投入したことで、ぼやけがちな配色にメリハリを生み、全体を引き締めている。

コーデ2

ベーシックなスタイルこそ、足元のテクで差を付ける

ベーシックなスタイルこそ、足元のテクで差を付ける

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーのジャケット、そしてグレーのスラックスを掛け合わせた実にオーソドックスなジャケパンコーデ。基礎スタイルならではの安定感を享受しつつ、無難すぎる印象を抱かせないのは、肌見せ&ローファーによる抜け感のおかげ。

コーデ3

淡色コーデはビットローファーでアクセントを

淡色コーデはビットローファーでアクセントを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

インナーの自由度が広がった今を象徴するルック。定番グレーのフォーマルセットアップに同色のカットソーを加えて統一感を図りつつ、トーンを変えることで奥行きを出している。その足元へあの名作ビットローファーを加えれば、自然と漂うのは大人の色気。

コーデ4

タッセルローファーでジャケパンスタイルに遊びをプラス

タッセルローファーでジャケパンスタイルに遊びをプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらもまた、アメトラを想起させる往年のジャケパンスタイル。お馴染みであるがゆえに、胸元にペイズリー柄のタイを挿すという大胆な合わせも可能になる。その足元は、ビジネス時でも胸を張れるエレガントなタッセルローファー。足元をすっきりさせて軽快に装った。

ローファーを取り入れた「カジュアルコーデ」の好サンプル

万能靴だけに、たとえ革靴だろうとカジュアルコーデとは相性よし。良い塩梅で引き締め役となり、アメカジやワークといった土臭いスタイルとも違和感なく惹かれあう。とはいえ、うまく合わせるためにはちょっとした気遣いも必要。そのツボを、街行くファッショニスタから学ぼう。

コーデ1

ローファーでゆったりとしたスタイリングにメリハリを

ローファーでゆったりとしたスタイリングにメリハリを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニット、シャツ、ボトムスをブルー~ホワイトのグラデーション調に合わせた、実に清々しいスタイリング。今の空気を的確に捉えたボトムスのゆるいシルエットも気が利いている。そして、その野暮ったさを中和しているローファーの存在も見逃せない。

コーデ2

シンプルなカジュアルは、ローファーで引き締めて大人らしく

シンプルなカジュアルは、ローファーで引き締めて大人らしく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カットソーにチノパンという、潔いシンプルなコーディネート。淡いトーンで全体をまとめることで、さりげなく季節感も匂わせている。甘くなりがちな配色を、ボトムスの味のある趣と、茶ソックス×茶ローファーのクラシカルな足元で渋さをプラスした。

コーデ3

MIXコーデをまとめあげるのは、ローファーならではの守備範囲の広さ

MIXコーデをまとめあげるのは、ローファーならではの守備範囲の広さ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

クリーンな白シャツとチノパンの上に羽織ったのは、相反する辛口なミリタリーコート。そのギャップにより、定番アイテムの組み合わせに新鮮さを呼び込んだ。そんな甘辛感をバランス良くまとめ、さらに全体を引き締めた功労者が足元のローファー。

コーデ4

色味のテクニックで白パンを攻略

色味のテクニックで白パンを攻略

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウターはワーク風味のジャケットでも、インナーにモダンなカットソーを挿し、ネックにチーフを巻くことで上品なフレンチカジュアルに。ボトムスにアイボリーを選び、黒のローファーとともに濃厚な色味でサンドすることで気恥ずかしい白パンを見事に取り込んだ。

ローファーを履くなら、名門ブランドのチェックも忘れずに

ローファーを履くなら、名門ブランドのチェックも忘れずに

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ひと口にローファーといっても種類はさまざまで、何を選ぶかは大いに悩みどころ。そんなときこそ名門に頼りたい。『オールデン』や『チーニー』、ローファーの元祖『ジーエイチバス』しかり、確固たる歴史に裏打ちされたアイテムは、年を重ねてもなお色褪せない価値がある。

一度履けば、クセになる。オールデンのローファーが愛され続ける理由とは

スニーカー・シューズ

一度履けば、クセになる。オールデンのローファーが愛され続ける理由とは

米国製高級紳士靴の代表といっても過言ではない『オールデン』。なかでもローファーはアメトラに欠かせない1足です。創業から100年以上愛される秘密を解説します。

那珂川廣太

2020.01.23

これぞ名作!ローファーの元祖ジーエイチバス

スニーカー・シューズ

これぞ名作!ローファーの元祖ジーエイチバス

ジーンズにもジャケパンにもマッチする高い汎用性が魅力のローファー。そのオリジンとして名高い米国老舗ブランド『ジーエイチバス』の人気モデルと履き方を紹介します。

岡田 太

2019.09.17

名家ならではのローファー。パラブーツのランスはここが違う

スニーカー・シューズ

名家ならではのローファー。パラブーツのランスはここが違う

『パラブーツ』で真っ先に思いつくのはシャンボードかもしれないが、それだけじゃないのが名ブランドたる所以。ローファー型のランスもワードローブに招き入れたい名作だ。

菊地 亮

2019.09.25

ローファーもやっぱりリーガル。名門ブランドで探すヘビロテシューズ

スニーカー・シューズ

ローファーもやっぱりリーガル。名門ブランドで探すヘビロテシューズ

ローファーは定番アイテムだけに選択肢が幅広く、チョイスに悩む人も多いはず。しかし、日本人ならジャパンブランド『リーガル』を押さえておけば間違いありません。

髙須賀 哲

2020.02.01

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事