ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

2019.05.15

ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ

大人がおしゃれにジーンズを着こなすならば、没個性も、“やりすぎ”もNGです

ジーンズはメンズファッションの定番だけに、どうはいてもある程度“サマ”になります。その汎用性や自由度の高さは心強い限りですが、一方で周囲と同質化した量産的な着こなしになりやすいのも事実。もちろんやりすぎはNGですが、あか抜けた雰囲気を出すためには一工夫が必要。そこで、一歩先ゆくジーンズコーデを作るための法則をナビゲートします。

今っぽさをブレンドする、ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則

早速、ワンランク上のジーンズコーデに欠かせない5つの法則をレクチャー。いずれも比較的簡単に実践でき、こなれ感アップを狙えるのでぜひトライしてみましょう。「5つの法則すべてを着こなしに取り入れる」のではなく、チャレンジしやすい内容から取り入れてみてください。

▼法則1:くるぶしを出して季節感を演出する

どんな装いであれ、季節感の有無はおしゃれかどうかを左右する重要なファクターです。くるぶしが露出する丈が短いジーンズであれば、初夏にぴったりの軽快な雰囲気を打ち出せます。ゆるいワイドジーンズでも、都会的な細身ジーンズでも、シルエットは自身の好みで選んでOKです。フルレングスデニムしか手持ちにない……という方はロールアップで対応しましょう。

ショールカラーのカーディガンやスエード素材のローファーといった品の良いアイテムを使いつつ、アンクルデニムの肌見せによって上手に抜け感もミキシング。清々しいインナーの白カットソーが初夏らしさをアシストしています。

カチっとした面持ちのテーラードジャケットを、カットオフの9分丈ジーンズで軽やかに着崩したリズミカルなスタイリング。さらに、ボーダーカットソーや足元のスリッポンで季節感を促進。大人顔ながらもおカタすぎない、バランス感が絶妙です!

ギンガムチェック&ジーンズのまさにシンプル・イズ・ベストなコーディネート。それでいて今っぽさが漂うのは、シャツの袖まくりとジーンズのロールアップにより着慣れたニュアンスを加えているから。スニーカーのグリーンもアイキャッチとして効いています。

▼法則2:トップスのキーワードは“リラックス感”

ジーンズに合わせるトップスは基本的には何でもOKですが、どんなトップスを持ってくるかで着こなしの印象は変化します。旬を意識するなら、リラックス感あるトップスを選択するのがベター。オーバーサイズのモデルであったり、涼しげな開襟シャツだったり、肩の力を抜いたジーンズコーデで洒脱感を打ち出しましょう。

日焼けした色みのバギージーンズに、ルーズなシャツを組み合わせたオーバーサイズコーデ。上下ともゆるくした着こなしは子供っぽく見えがちですが、アイテム数を最小限に抑えてミニマルに仕上げることで幼さを巧みに回避しています。

アクティブな印象に転びがちな総柄開襟シャツを取り入れた着こなしですが、ブラックジーンズとのコンビでダークトーンに帰結させているため、ラフな中にシックさも感じさせます。こんなスマートなリラックスコーデならチャレンジしやすいはず!

ゆるっとルーズな半袖スウェットをトップスにピックアップ。ジーンズは落ち着きのあるリジッドカラーを選んで、脱力しすぎないようにバランスを調整しています。ソックスをのぞかせ、コーデのスパイスとして作用させている点もお見事。

▼法則3:スポーツテイストのアイテムを取り入れる

ここ数年シーンを賑わせているスポーツMIXは、ジーンズコーデにおけるトレンド感の演出にも有効。スポーティなアイテムを装いにプラスすることで、初夏らしいアクティブなムードが高まります。上手に取り入れるコツは、派手な色みを避けること。主張しすぎないモノトーンカラーのスポーツアイテムであれば、スムーズに溶け込みます。

スリーブの3本ラインと胸元のロゴがスポーティーな『アディダス』のスウェットを、ストレートジーンズの相方に抜擢。ボトムス以外のウェアは無彩色に徹して、大人感あるスポーツMIXを叶えています。インナーやベルトを見せて抑揚を出しているのもGOOD。

Tシャツ×ジーンズのシンプルカジュアルに投入したのは、『ナイキ』の「エアマックス95」。ハイテク顔のスニーカーが、ベーシックスタイルに旬度を加味してくれます。裾をロールアップすれば、スニーカーの存在感をより鮮明に。

涼やかなアイスブルーのスキニージーンズに合わせたのはライトグレーのトラックジャケット。両者とも淡いカラーリングなので、違和感なく馴染んでいます。着こなしのシャープなサイズ感を考慮し、足元はボリュームを抑えた薄型スニーカーをピックアップ。

▼法則4:夏らしい被りモノでコーデにアクセントを

ジーンズスタイルは大きな失敗をしにくい反面、無難なコーディネートに仕上がってしまうことも。手軽に旬なムードを呼び込みたいのなら、被りモノに頼るのも手段のひとつです。夏らしい素材感やカラーを有したヘッドウェアをアクセント的に使うだけで、いつものジーンズスタイルが見違えるでしょう。

淡い色みのダメージジーンズには、夏らしいストローハットが好相性。トップスのアロハシャツもリゾート感を加速します。足元がサンダルだとラフさが色濃くなってしまいますが、レザーシューズを選ぶことで全体の引き締めにも成功しています。

ジーンズ×ポケTがベースの王道アメカジスタイルながら、爽快な色使いのコットンニットキャップによって夏っぽさを巧妙にブレンドしています。マルチカラーの賑やかなBDシャツも隠し味として◎。センスの良さが随所に光る装いです。

プルオーバーのパーカーにブラックのスリムジーンズ、そして足元は「オールスター」というシンプルなスタイリング。そのおかげで、鮮烈なカラーのキャップが効果的に際立っています。難度高めのビタミンカラーでも、キャップならば難なく使うことが可能です。

▼法則5:“美シルエット”に定評がある鉄板ブランドに頼ってみる

コーデ術はもとより、“どんなジーンズを選ぶか”も旬な着こなしを作るうえでは大事。そこで活用したいのが、美シルエットで知られる鉄板デニムブランド。美麗なレッグラインを描く完成度の高いジーンズは、大人のスタイリングにうってつけ! 数ある鉄板ブランドから、TASCLAP世代におすすめの銘柄をレコメンドします。

ブランド1『オアスロウ』

岡山のデニムメーカーで研鑽を積んだ仲 津一郎氏によるデニムブランド。高品質な国産ジーンズは、目の肥えた通をも唸らせます。中でも推奨したいのが2009年より展開されている人気定番の「アイビーフィット107」です。適度に細身なシルエットは美脚効果抜群で、さっぱりとした夏コーデの格上げに重宝。裾にはしっかりとチェーンステッチが入り、ロールアップした際のアクセントに!

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

山崎 サトシ

ブランド2『ヌーディージーンズ』

2001年に創業したスウェーデン発のデニムブランドで、すらりとしたスリムジーンズに定評あり。今季らしさを意識するなら、「グリムティム」は最適なモデルです。腰周りはゆったりさせつつ膝下をキュッと絞った緩急豊かなテーパードシルエットは実に秀麗で、ゆるめのトップスともすんなり順応。骨格ががっしりした人でもはきやすいシルエットのため、ビギナーにももってこいです。

大人の美脚デニム。ヌーディージーンズを代表する5つのモデルの合わせ方

大人の美脚デニム。ヌーディージーンズを代表する5つのモデルの合わせ方

ゆったりとしたジーンズが流行っていますが、やっぱり細身も持っていたい! であれば大人の気分にハマる程良く細身のシルエットの『ヌーディージーンズ』がイチ推しです。

CANADA

ブランド3『A.P.C.(アー・ペー・セー)』

ご存じ、1987年に設立されたフレンチブランド。余計なディテールを削ぎ落としたミニマルなデザインワークが十八番です。ローウエスト&タイトストレートの人気型「プチスタンダード」は、立体的シルエットゆえに無地Tシャツと合わせるだけでも充分絵になります。国産の良質なデニム生地だからエイジングの風合いも秀逸ですよ。

三大モデルが人気! アー・ペー・セーのジーンズが支持される理由

三大モデルが人気! アー・ペー・セーのジーンズが支持される理由

専業ブランドでないにも関わらず『アー・ペー・セー(A.P.C.)』にはジーンズのイメージが強く結びついています。その魅力と人気モデルを詳しくわかりやすく解説しましょう。

平 格彦

ブランド4『レッドカード』

『エドウィン』や『リーバイス』など名門ブランドを渡り歩いたデニムのプロ、本澤裕治氏が2009年に設立した『レッドカード』。紹介モデルの「ライダー」はブランド屈指の人気型で、すらっと細いシルエットが印象的です。ご覧の通りやや短めの着丈感も特徴で、軽やかなコーデを作るのには好適! 日本のファクトリーが手掛けた繊細なヴィンテージ加工も大人好みです。

レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか?

レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか?

ファッションに詳しい人ほど支持しているジーンズブランドの『レッドカード』。その理由とともに、今シーズン買うべき逸品と着こなしのサンプルを解説します。

平 格彦

ブランド5『デンハム』

オランダ・アムステルダムで2008年にスタート。欧州を代表するデニムブランドの一角で、スタイルアップ効果に優れるシルエットと職人気質な加工で人気を博しています。とりわけTASCLAP世代にプッシュしたいのが、ブランドのメンズモデルにおいてもっとも細身の「ボルト」。スキニーフィットならではの洗練された脚線美が、大人の夏スタイルをクールに彩ります。

デンハムのジーンズはどれも大人好み。通がうなるモデルを解説

デンハムのジーンズはどれも大人好み。通がうなるモデルを解説

ワーク色の強いジーンズにコンテンポラリーな魅力を加味した、日本でも人気の『デンハム』。世界のファッショニスタも注目するその魅力と主要モデルを徹底解剖します。

ai sato

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    TASCLAP編集部

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

    とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

    ロープライスでハイクオリティな『ユニクロ』のTシャツは、種類も豊富なので活用しないと損! おしゃれに着こなすための法則を、コーデ実例とともにタイプ別に解説します。

    平 格彦

    無印良品のジーンズが進化。快適なはき心地を実現する秘密とは?

    無印良品のジーンズが進化。快適なはき心地を実現する秘密とは?

    2019年にリニューアルした『無印良品』のジーンズ。“ラクすぎて感動モノ”という抜群のはき心地をはじめ、ディテールやシルエットなどのこだわりを掘り下げて紹介します。

    近間 恭子

    BACK