フレッドペリー|ポロシャツの着こなし方を徹底解説

『フレッドペリー』のポロシャツは大人の万能着。とはいえ着こなしによってはダサく見えることも。そんな『フレッドペリー』のポロシャツの旬なメンズコーデをご紹介。

フレッドペリー|ポロシャツの着こなし方を徹底解説

『フレッドペリー』って、こんなブランドです

イギリス発祥のブランドである『フレッドペリー』は、テニスブランドとしてスタート。定番でありブランドを代表するアイテムが、今回特集するポロシャツです。月桂樹のロゴマークを見れば誰もが『フレッドペリー』だと認識できる知名度と、確固たるブランド力が強みであり魅力。

イギリスのブランドということもあり、『フレッドペリー』はロックミュージシャンに愛されたことから知名度が広まっていったそう。今となっては、世界各国、老若男女を問わず愛される名ブランドとして知られています。

すべてが大人仕様。『フレッドペリー』のポロシャツの魅力を整理

『フレッドペリー』のポロシャツは、世代を超えて愛されるブランド力があります。ただし、ポロシャツのデザインやディテールを見ると、大人にこそ着て欲しいブランドであることがわかるでしょう。その魅力を整理して解説します。

魅力1

程よいサイズ感。誰が着てもやぼったさゼロ

程よい身幅とすっきりとした丈が、着こなしに好印象を与えてくれます。ポロシャツというとスポーツ要素が強いアイテムですが、『フレッドペリー』のポロシャツはほどよいコンパクトなサイジングとデザインで上品さを演出してくれるのです。

魅力2

大人には必須。品の良さをアシストしてくれる

クラシカルな色使いや、襟や袖に入ったラインが着こなしのアクセントになりつつ、紳士的な印象を与えてくれます。ラフに着崩したとしても、襟が付いていることによって、きちんと感をキープしてくれるのが魅力。

魅力3

オン・オフ問わず。デザインの豊富なバリエーション

無地やリブのみにラインが施されたモデルが定番中の定番。ただし、『フレッドペリー』のブランド力も手伝って、各セレクトショップからも数多くのデザインバリエーションがリリースされています。ボタンダウン仕様や、クレイジーカラーなど、シーンに応じた使い分けができるのも『フレッドペリー』の魅力です。

カジュアルもきれいめも。『フレッドペリー』のポロシャツを使ったメンズコーデ集

『フレッドペリー』のポロシャツは定番だからこそ、着こなしが重要です。そこで、“カジュアル”と“きれいめ”に分けて、『フレッドペリー』のポロシャツを使ったメンズコーデのヒントをご紹介。着こなしの参考に要チェックですよ!

▼『フレッドペリー』のポロシャツ/カジュアルコーデ編

スポーティーな印象のポロシャツは、カジュアルコーデとの相性が抜群。ただし、程良く上品なテイストを残すならば、ほかのアイテムのサイジングにはご注意を。タイトすぎても、ダボダボしてもNGです。ジャストサイズで着こなし、大人らしいムードは残しましょう。

コーデ1

水色×白の合わせが爽やかでカジュアル。少しレトロさを感じる水色が、ヴィンテージのようなこなれた雰囲気を醸し出しています。ロールアップした足元にはスニーカーを。

コーデ2

白地に、黒や水色などの差し色が入ったポロシャツが主役のリラックススタイル。スウェットパンツやスニーカー、キャップをあわせてカジュアル感を補強。

コーデ3

上下をブルーのワントーンでまとめたカジュアルコーデ。帽子とスニーカーで清潔感のある白を投入したことで、夏らしい爽やかな装いにアップデートされています。

コーデ4

白×黒のモノトーンコーデ。白スニーカーに白ソックスを合わせて、あえてダサめを狙って。ポロシャツのボタンは上まで留めるだけで、着こなしが引き締まります。

コーデ5

シューズ以外をすべて黒で統一。『フレッドペリー』のポロシャツの特徴であるラインを引き立たせ、アクセントとして応用。重くなりすぎないよう、足元には抜け感を。

▼『フレッドペリー』のポロシャツ/きれいめコーデ編

『フレッドペリー』というブランド力を発揮するならば、やはりきれいめのコーデにはトライしたいところ。そこでポイントになるのは足元です。革靴をはじめとする上品なシューズをセレクトし、洗練された大人のイメージを演出しましょう。

コーデ1

ストレートパンツにローファーを合わせたクラシカルな着こなし。ポロシャツのボタンを上まで留めることで、カジュアル感を一気に払拭しています。

コーデ2

スニーカーを使ったポロシャツの着こなしですが、ボタンを上までしっかり留めたことと、グレー×ネイビーの落ち着いた色でまとめたことにより、大人らしい装いに格上げ。

コーデ3

イギリスの国旗を連想させるデザインが印象的なポロシャツは、ローファーやスラックス、クラッチバッグなどの大人アイテムでカジュアルダウン。渋めの色でまとめたのも◎。

コーデ4

やさしい茶色が上品な印象を引き立てています。太めシルエットのストライプパンツにタックインをして、きちんと感を強めたのがポイント。レザー小物の使い方もGOOD。

コーデ5

黒の長袖が目を引くコーデサンプル。足元も重みのあるレザーシューズをチョイスして、とことんハードに男性らしく。襟元のラインとロゴマークが映える上級者コーデです。

▼『フレッドペリー』のポロシャツ/ビジカジコーデ編

ビジネスシーンのファッションが多種多様化し、近年台頭してきているスタイル「ビジカジ」。オーソドックスさと遊び心が共存するフレッドペリーのポロシャツはこの「ビジカジスタイル」の要にもなりうる存在です。コーデサンプルを一挙紹介。

コーデ1

カラーをベージュにまとめたセットアップスタイルは、その統一感から中に仕込んだポロシャツをまるでドレスシャツのように見せてくれます。落ち着きと洗練の同居がすてき。

コーデ2

ネイビーのポロシャツにグレーのテーラードジャケットを羽織ればクールなビジカジスタイルの完成です。襟の白いラインをパンツで拾って統一感と爽やかさもプラスしていますね。

コーデ3

ブラックのポロシャツの中へ総柄のスカーフを仕込むと、単調になりがちなモノトーンコーデにも華が生まれます。グレーのパンツも奥行きづくりに一役買っていますね。

コーデ4

ジャケットを羽織らずポロシャツ一枚で攻めた、ややカジュアルさの強いビジカジスタイル。カジュアルなポロシャツに、フォーマルシェイプのネクタイが不思議なほどマッチしています。

コーデ5

ポロシャツとVネックニットをレイヤードしたコーデは、ウィンドーペン柄のパンツを合わせることでプレッピーで遊び心あるスタイルに決まります。襟のラインがアクセントに。

『フレッドペリー』のポロシャツ。大人が狙いたいデザインバリエーション

最後に紹介するのは、『フレッドペリー』のポロシャツのデザインバリエーション。数多く展開されているポロシャツのなかでも、大人におすすめしたいおしゃれなモデルを厳選しました。

アイテム1

誰もが1枚は持っておきたいのが、無地のポロシャツです。すっきりとした見た目はもちろん、無地だからこそ胸のワンポイントロゴが主張している点も◎。

アイテム2

『フレッドペリー』のポロシャツといえば、多くの方がイメージするであろうデザインがこちら。えりと腕のリブに施されたラインが上品な印象です。

アイテム3

ボディーと襟元でカラーが切り替えられており、レイヤードのようにも見える1枚。ベージュのチノパンなどと合わせて装うと、簡単に春夏のキレイめスタイルが完成します。

アイテム4

小えり仕様のこちらは、えりやリブまわりの配色も見事。品の良さはもちろん、人とかぶらないカラーデザインが秀逸。

アイテム5

遊びのあるカラーでもどこか上品にまとまるのは『フレッドペリー』の持つトラッドな雰囲気ならでは。襟・袖のラインと胸元のワンポイントをブラックでキュッと引き締めています。

アイテム6

ホワイト・ブルー・レッドのトリコロールカラーを、ネイビーの地にさりげなく乗せることで、トラッドな雰囲気の中にも遊び心を加えた一着。襟を立てると違った雰囲気で着られます。

アイテム7

配色をパキッと切り替えた、これ一枚で主役になりそうな大胆デザインの一着。フロントはボタンではなくファスナーになっており、着やすさとモダンさを両立しています。

アイテム8

大ぶりなボーダーが旬顔の一着。マリンテイストなネイビーのボーダーと、明るくカジュアルな印象のグリーンが展開しています。シンプルスタイルの主役にもっていきたい。

アイテム9

袖から始まりボディーのサイドを縦に通るブルーのラインは、スポーティーでアクティブな印象を与えるだけでなく着やせ効果もアリ。薄着になる春夏の救世主となりそうな一着です。

アイテム10

インクを飛ばしたようなデザインが斬新なこちらの一着は、『アダム エ ロペ』とのコラボレーションで生まれた2017年春夏の新作です。遊びの効いたデザインが注目度高し。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る