大人メンズにハマるモード系ファッションとは。好バランスなコーデ攻略法

大人メンズにハマるモード系ファッションとは。好バランスなコーデ攻略法

根強い人気があるモード系ファッションですが、そもそも「モード系」って何でしょう? その考察から、参考にしたい大人のコーデ見本、取り入れたいアイテムまで解説!

2022.04.22
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

よく耳にするモード系ファッションって、そもそも何? その定義ついて解説

よく耳にするモード系ファッションって、そもそも何? その定義ついて解説

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

そもそも「モード(MODE)」とは、フランス語で「流行」を意味する言葉です。ファッションの分野では本来、コレクションブランドがランウェイなどで発信した「最先端の前衛的なスタイル」を指します。ただし、今となってはその定義がかなり曖昧になっているのが現状です。

さらに「系」がついた「モード系」となると、定義は一層不明瞭になってきます。本来的な意味では「トレンドを取り入れたコレクションブランドのようなスタイル」を指すはずですが、奇抜なデザインや独創的なコーディネートなどを指す場合も。ただし、日本に限っては「モード系」がガラパゴス化していて、ある程度の共通認識があると考えられます。

よく耳にするモード系ファッションって、そもそも何? その定義ついて解説 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コレクションブランドがこぞってストリート調のスタイルを提案した場合、それがモードになります。モードは流行なので常に変化するもの。ただし、日本の「モード系」には定着したスタイルもあります。それは、1980年代に『コム・デ・ギャルソン』と『ヨウジヤマモト』が提案したいわゆる「黒の衝撃」と呼ばれるスタイルです。ブラックを軸にしつつ、オーバーサイズなシルエット、変形させたフォルム、アシンメトリーなデザイン、独特な加工や装飾などを取り入れているのが特徴的。日本発のモードを象徴するスタイルであり、インパクトも大きかったので、モード系スタイルの基盤として根付いたのではないでしょうか。

「モード」と「モード系」は異なるものですが、混同して使われている場面も少なくありません。そんな現状もあり、「モード系」を明確に定義するのは難しいというのが本音です。本記事では、最先端のトレンドを取り入れたスタイルから80年代テイストの黒を軸としたスタイルまでを包括し、「コレクションブランドが提案しそうなスタイル」と大まかに定義して話を進めましょう。

メンズコーデをモード系にスタイルアップ! 参考にしたい3つの着こなしテクニック

考えなしに実践すると、悪目立ちしてしまう危険性をはらんでいるモード系スタイル。その半面、シンプルにまとめ過ぎるとモードな雰囲気がなくなってしまいます。そこで、着こなす際に意識しておきたいテクニックを3つ厳選してご紹介。この中からひとつでも実践すれば、おしゃれなモード系ファッションが完成します! 奇抜になり過ぎないように注意して、大人っぽくまとめられたら完璧です。

テクニック1

モノトーンカラーのアイテムを積極的に取り入れる

モノトーンカラーのアイテムを積極的に取り入れる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックを中心とするモノトーンカラーはモード系スタイルを象徴する色。手軽に、かつ大人っぽくモード感を出せるので、初心者はまずこのルールに則るのが最善策です。すべてのアイテムを無理やりモノトーンだけで統一する必要はありませんが、まずはブラックやホワイトを軸にしてコーディネートを築くようにしてみてください。また、ポイント的に色を挿すのは問題ありませんが、むしろバランスが悪くなることもあるので、モノトーンのみのほうが簡単にまとまります。

テクニック2

程良くヒネったディテールがモード感を加速する

程良くヒネったディテールがモード感を加速する

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コート、ジャケット、ジーンズ、ブーツといったワードローブの定番アイテムも、どこかに遊びの要素が入っているとモードっぽい表情が生まれます。例えば写真のトップスは、穴あき加工が特徴的。インパクトのあるディテールですが、他のデザインがシンプルなのでそこまで奇抜な印象はありません。とはいえ、80年代のモードスタイルを連想させる加工なので、モード系のムードが一気に高まります。

テクニック3

メリハリを意識したスタイリングを心掛ける

メリハリを意識したスタイリングを心掛ける

WEAR

WEAR

お気に入り追加

両極端な要素をMIXすると、個性が生まれてモード系のテイストが漂い始めます。わかりやすい例でいえば、シルエットのメリハリ。リラックス感のあるオーバーサイズのアウターに、ストイックなまでにスキニーなパンツを組み合わせると、お互いのシルエットが際立って非凡な印象が生まれます。シルエットに限らず、正反対の要素や意外性のある要素を組み合わせてコーディネートに取り入れてみましょう。

百聞は一見に如かず。洒落者から学ぶ、モード系ファッションの着こなし10選

街には、大人っぽいモード系ファッションをうまく体現しているファッショニスタがたくさんいます。まずは彼らの着こなしを参考にして、コーディネートを組んでみてはいかがでしょう? どこか落ち着きがあって真似しやすいお手本をピックアップしましたので、着こなしのポイントをチェックしてみてください!

コーデ1

無理なくモード系が叶う黒ワントーンのレイヤード

無理なくモード系が叶う黒ワントーンのレイヤード

WEAR

WEAR

お気に入り追加

初心者でも実践しやすいモード系コーデの好例です。アイテム自体はシンプルなタイプばかりですが、すべてをブラックで統一してモード系の雰囲気を演出しています。さらに、レイヤードもポイント。ショート丈のコートにビッグシルエットのレザーシャツを組み込み、裾から覗くインナーをアクセントにしています。

コーデ2

遊び心のある足元と小物で控えめに個性を主張

遊び心のある足元と小物で控えめに個性を主張

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらも黒のワントーンコーデがベースですが、パイソン柄のサイドゴアブーツをエッジィなスパイスとして効かせ、独創的なムードをプラス。アニマル柄を挿し柄として活用することで上品に取り入れたお手本です。ネックレスなどのアクセサリー、腕時計、メガネをシルバーで統一し、全身を色味のないクールな配色でまとめているのもおしゃれ。

コーデ3

シルエットのコントラストだけでモード系を演出

シルエットのコントラストだけでモード系を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

同じくブラックのワントーンコーデ。シルエットのメリハリだけでモード系の雰囲気を演出した好例です。かなり大きなTシャツとスリムなパンツとのコントラストが絶妙。下半身をフォーマルなスラックスとオペラシューズでまとめ、Tシャツがメインとは思えないほど大人っぽく落ち着かせているのもポイントです。

コーデ4

異なるテイストをMIXして独創的な装いに

異なるテイストをMIXして独創的な装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テイストの異なるアイテムでメリハリをつけ、個性を生み出したコーディネート。ドレスな白シャツに武骨なライダースジャケット&ブーツを合わせつつ、スウェットパンツで抜け感も加味しています。シャツを全開にすることで、少しルーズな雰囲気やワイルドな印象を演出しているのもポイント。モノトーンの色使いもモード系のイメージ作りに貢献しています。

コーデ5

色のメリハリで個性を生み出したバイカラーコーデ

色のメリハリで個性を生み出したバイカラーコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックをベースにしたコーディネートではありますが、パンツを赤にすることでエッジの効いたアクセントに。オーバーサイズなシャツもトレンド感を打ち出しています。実はシャツの全面に刺繍が施されていて、透け感もある生地。インナーのスウェットに大きくあしらわれたバックプリントのグラフィックをうっすら見せることで、個性を強調したコーディネートです。

コーデ6

鮮やかなカラーを主役にしてポップなモード系に

鮮やかなカラーを主役にしてポップなモード系に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらもメリハリあるカラーリングが特徴のコーディネート。オレンジ×オフホワイトのバイカラーによってポップなモード系の雰囲気を醸し出しています。アウターはオーバーサイズのモッズコートですが、オレンジというだけでかなり新鮮。Tシャツも同色で揃えてフレッシュな魅力を拡大しています。バルーンパンツのワイドなシルエットもトレンドライクでおしゃれ。

コーデ7

フォーマルなアイテムを着崩して新鮮味を醸出した装い

フォーマルなアイテムを着崩して新鮮味を醸出した装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

品格あるフォーマルなアイテムほど、着崩すことで意外性が生まれます。その意外性こそ個性となり、モード系のムードを演出するのにうってつけです。このコーディネートは、フォーマルな印象のベストをロングシャツで着崩しているのがキモ。独特な丈感を生かしたレイヤードが独創的です。ただし、ベースはシンプルなアイテムばかりなので、全体としては大人っぽい落ち着きが感じられる仕上がりに。

コーデ8

オーバーサイズのジャケットでカジュアルダウンした好例

オーバーサイズのジャケットでカジュアルダウンした好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらもフォーマルなアイテムを着崩したお手本。ダブルのテーラードジャケットはフォーマルな雰囲気ですが、オーバーサイズにすることでリラックス感を加味しています。その一方、シャツもワイドパンツもグレーで揃えてワントーンのコーディネートを構築。全身で見るとクールなモード系スタイルにまとまっています。

コーデ9

個性的パンツでエッジ感をプラスしたワントーンコーデ

個性的パンツでエッジ感をプラスしたワントーンコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらもワントーンスタイルですが、モード系スタイルを象徴するブラックで統一。Tシャツにテーラードジャケットを重ねつつ、独創的なパンツで個性をプラスしています。生地をレイヤードしたラップパンツでハイエンドなイメージを創出しつつ、足元は革靴で引き締めたバランスも絶妙。サングラスやヘアバンドといった小物までおしゃれで、本人の個性ともマッチしています。

コーデ10

リゾートテイストのアイテムを落ち着かせた装いが新鮮

リゾートテイストのアイテムを落ち着かせた装いが新鮮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

真逆の要素をブレンドすることになるため、リゾート調のアイテムを上品に着こなすことでもモード系のテイストが匂い立ちます。このお手本では、リゾート感のあるオープンカラーシャツをセレクト。その一方、シャツを含めた全身をダークトーンで揃えて落ち着かせ、大人っぽく仕上げています。軽快なシャツとは対照的な重厚感のあるレザーシューズを合わせているのも巧妙。意外性があって新鮮な印象です!

アイテム選びの参考に。モード系スタイルに取り入れたいアイテム10選

すぐには理解しづらいかもしれないモード系ファッションですが、トレンドを踏まえつつ、黒やモノトーンを使ってクールにまとめ、独創的なディテールで個性もプラスできれば完璧。最後は、そのために有効なアイテムをピックアップしてご紹介します!

アイテム1

オーバーサイズのテーラードジャケット

オーバーサイズのテーラードジャケット

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

フォーマルなアイテムを着崩すとモード系のムードが生まれますが、それをアイテム単体で実現できるのがオーバーサイズのテーラードジャケットです。デザインがテーラードジャケットなのでフォーマルな印象ですが、サイズ感が大きめなのでリラクシングなカジュアル感も。そのバランスが新鮮で、モード系のニュアンスが漂います。

アイテム2

レイヤードも楽しめるロングコート

レイヤードも楽しめるロングコート

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

どんなに個性的なコーディネートでも、上品なロングコートを羽織れば大人っぽいバランスにまとまります。ただし、すべてを隠してしまっては意味がありません。そこで、サイドにスリットが入っているこんなコートが便利。スリットを開けることで、インナーやパンツの個性をさりげなく主張することができるからです。しかも、このコートは袖が着脱可能。袖のレイヤードも楽しむこともできます。オーバーサイズの設定で、ユニセックスで使える逸品です。

アイテム3

ラグジュアリーな個性が光るシャツ

ラグジュアリーな個性が光るシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人の品格をキープしつつモード系の独創性を演出するには、個性的なデザインのシャツを活用するのが得策です。この一枚は、胸付近に配置されたゴールドのジップがアクセントとして主張。ラグジュアリーな印象とさりげない個性が共存しています。裾の長さが異なるデザインも独特。きちんと着ても抜け感が生まれます。シワになりにくいダブルサテン生地を使っているため、気軽に使えて便利。

アイテム4

アシンメトリーなデザインのトップス

アシンメトリーなデザインのトップス

CAMBIO

CAMBIO

お気に入り追加

アシンメトリー(左右非対称)なデザインのアイテムは、独創的でクリエイティブなイメージ。コーディネートに取り入れると、個性的なムードが演出できます。もっとも取り入れやすいのはトップス類。メインのTシャツがアシンメトリーなだけでモード系な雰囲気が生まれます。また、コントラストのある配色ならインナーとして使っても存在感が抜群。手軽にモード系のテイストを打ち出せて重宝します。

アイテム5

装飾的ディテール入りのワイドパンツ

装飾的ディテール入りのワイドパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

パンツで今っぽいリラックス感を演出するには、ワイドなシルエットを選ぶのが最適。シンプルなワイドパンツでもかなり新鮮ですが、モード系の印象を重視するなら装飾的なディテールが採用されているタイプを選びましょう。このパンツは、クロスするレースを側章としてレイアウト。サイドラインのように縦方向に分断しているためワイド感が軽減され、気品も感じられるパンツに仕上がっています。

アイテム6

細身シルエットのカラースラックス

細身シルエットのカラースラックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フォーマルだけどどこか着崩した印象をパンツで演出するなら、カラーに意外性のあるスラックスが狙い目。ブラック、グレー、ネイビーが定番のスラックスだからこそ、グリーンやレッドなどの色を選ぶだけで個性的なイメージが打ち出せます。さらにこのアイテムは、トレンドのセミフレアシルエットを採用。ウエストのサイドがゴムになっているため、エレガントな印象とは裏腹の快適なはき心地も実現しています。

アイテム7

個性が演出できるサルエルパンツ

個性が演出できるサルエルパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

個性的なイメージを簡単にアピールできるのがサルエルパンツです。サルエルパンツとは、股上がかなり深くて全体としては余裕があり、裾は絞られた形状が特徴的なパンツです。はきこなす難易度が高そうですが、トップスをシンプルにまとめればまとまりやすく、全体として大人なモード系コーディネートにまとまります。特にこの一本は、奇抜過ぎないフォルムで大人でも使いやすいバランスですよ。

アイテム8

スタイリッシュなアンクルブーツ

スタイリッシュなアンクルブーツ

ABAHOUSE ONLINE

ABAHOUSE ONLINE

お気に入り追加

個性のあるウェア類を選びつつ、足元は少しカチッとした印象でまとめると大人のモード系スタイルにまとまります。とはいえ、正統派のドレスシューズではカタ過ぎるので、スタイリッシュな形状の短めなブーツがイチ押し。このアイテムのように、ソールに少し個性がある程度のデザインなら、モード系コーディネートの引き締め役として適任です。半透明のトラックソールが重厚感を軽減してくれているのもポイント。

アイテム9

ボリュームソールのレザーサンダル

ボリュームソールのレザーサンダル

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ブーツでは暑いと感じる場合は、ボリュームあるソールのサンダルがおすすめです。厚底のサンダルはずっと女性に人気がありましたが、最近は男性向けも増加。まだまだ一般的な人気を獲得するにはいたっていませんが、だからこそファッション感度の高さを演出することができます。白いソックスなどを合わせて品良く履きこなすのが定番ですが、素足で履いてコーディネートのハズしとして活用してもOK!

アイテム10

コンパクトなレザーショルダーバッグ

コンパクトなレザーショルダーバッグ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

個性的なアイテムを使うモード系スタイルだからこそ、下品に映らないように気をつけることも大切。そこで小物類は、アクセサリーなどより品格がキープしやすいバッグ類から活用するのがおすすめです。特に、おしゃれな人の間では人気のコンパクトなショルダーバッグを使いこなしましょう。80年代風のクールなモード系スタイルにマッチするのは、黒いレザー製。実は汎用性も高いので、まずは黒革のショルダーバッグから揃えてみてください。メタリックなアクセントが効いているとリュクスな雰囲気が高まり、大人っぽさとトレンド感が同時にアピールできます。

キーワードでたどる80年代ファッションの今と昔。定番の礎がここにある

ウェア・コーデ

キーワードでたどる80年代ファッションの今と昔。定番の礎がここにある

数々の新しいスタイルが産まれた1980年代のファッションは、現代にも多大な影響を残しています。その当時を振り返りながら、“今風”に着こなすポイントをナビゲート!

山崎 サトシ

2021.09.05

懐かしくも今っぽい。90年代ファッション、その4つのキーワードとは

ウェア・コーデ

懐かしくも今っぽい。90年代ファッション、その4つのキーワードとは

流行は輪廻する、とはいえそれほど遠い過去ではない90年代ファッションがリバイバル中。当時を知るも知らぬも、今欠かせないスタイルだけにぜひ知っておきたいテーマだ。

小林 大甫

2021.10.12

大人メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

ウェア・コーデ

大人メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

30代以上の大人の男性にとって、アメカジはブレないベーシック。とはいえ年相応にアップデートする必要があります。今っぽく、大人にハマるアメカジとは何かを解説します!

山崎 サトシ

2021.08.30

ストリートファッションを30代が着こなすポイント

ウェア・コーデ

ストリートファッションを30代が着こなすポイント

近年、再ブレイクを果たしているストリートファッション。10代・20代の若かりしころにハマっていた人も多いこのスタイルを”大人的”にブラッシュアップしてみませんか?

山崎 サトシ

2018.08.15

気取らないおしゃれをフレンチカジュアルで。活用すべきアイテムとブランドリスト

ウェア・コーデ

気取らないおしゃれをフレンチカジュアルで。活用すべきアイテムとブランドリスト

大人の定番スタイルであると同時に今の有力トレンドとしての一面も併せ持っているフレンチカジュアル。この“ハズさない”スタイルをぜひとも積極的に取り入れましょう。

山崎 サトシ

2022.02.22

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『メゾンスペシャル』ウールピークドラペルプライムオーバーショルダーパッドテーラードジャケット
    『メゾンスペシャル』 ウールピークドラペルプライムオーバーショルダーパッドテーラードジャケット
  • 『メゾンスペシャル』マルチファブリックプライムオーバー2WAYポンチョコート
    『メゾンスペシャル』 マルチファブリックプライムオーバー2WAYポンチョコート
  • 『クルニ』×『ステュディオス』別注 ZIP SHIRTS
    『クルニ』×『ステュディオス』 別注 ZIP SHIRTS
  • 『カンビオ』カラー配色アシンメトリーTシャツ
    『カンビオ』 カラー配色アシンメトリーTシャツ
  • 『ハレ』ダブルサイドラインパンツ
    『ハレ』 ダブルサイドラインパンツ
  • 『ユナイテッドトウキョウ』サイドゴムセミフレアスラックス
    『ユナイテッドトウキョウ』 サイドゴムセミフレアスラックス
  • 『ラトルトラップ』ジョーゼットサルエルパンツ
    『ラトルトラップ』 ジョーゼットサルエルパンツ
  • 『アルフレッドバニスター』トラックソール チェルシーブーツ
    『アルフレッドバニスター』 トラックソール チェルシーブーツ
  • 『ハレ』ベルトシャークサンダル
    『ハレ』 ベルトシャークサンダル
  • 『ハレ』マルチハンドルショルダーバッグ
    『ハレ』 マルチハンドルショルダーバッグ

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

ポール・スミスと考える“腕時計とシャツ”の相性学。初夏コーデに映えるのはこんな4本

好デザインを誇る『ポール・スミス』の腕時計は、この夏人気再燃中のシャツコーデを格上げする最良の一手に。着こなしの魅力をより引き立てる、珠玉の4本をご紹介します!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

あのGA-2100シリーズがさらなる進化。ファッションのプロたちは話題のGショックをどう見るか?

『Gショック』のニュースタンダードとして誕生し、瞬く間に人気モデルとなった「GA-2100」がこの春、さらに進化。その出来栄えをファッションのプロはどう評価するのか?

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

時刻を知る以上の価値を問いかける、ラドー。最先端素材で追求し続ける腕時計の“美”

腕時計に時刻を知る道具以上の価値を求めるなら、『ラドー』はいかがだろう? 独自のテクノロジーが生み出すデザインは、普遍的な“モノとしての美しさ”を教えてくれる。

SPONSORED by ラドー

続きを読む

日本の男にはアテッサがある。節目を迎えた名門が提案する、スタイルに効く腕時計

『アテッサ』は35年にわたり、独自のテクノロジーで時代のニーズに応え続けてきた。究極の実用時計は、日本の男たちの腕元に“スタイル”という恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by シチズン時計株式会社

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP