才色兼備なリュックサックに首ったけ

才色兼備なリュックサックに首ったけ

今コレクションで注目のリュックサック。どうせなら、PCが持ち運べる収納性と、イメージアップできるデザイン性を兼備するタイプが有用です。注目ブランドから選びました!

平 格彦

2015.03.26

バッグ
バックパック・リュック

機能美あふれるシンプルなデザインから、思わずこぼれ落ちた程度の個性が絶妙

『コートエシエル』ナイル リュックサック

ナイル川の岩石をイメージさせる独特なフォルムが話題を呼び、瞬く間に人気を集めたブランドを代表するモデル。グレーのエコヤーン生地は、環境汚染の原因を排除し、独自の過程で染色したオリジナルの高品質リサイクル素材です。背中のカーブと一体化するフィット感も特徴的。

『コートエシエル』ラップトック リュックサック

上で紹介したタイプの素材違い。こちらは丈夫なキャンバス地を使用しています。クリエイターとビジネスマンのために考案された独創的なデザインは、背中に触れる面にラップトップコンピューター専用のポケットを装備。ナチュラルな雰囲気の外観、抜群の収納力、使い勝手の良さが融合した圧巻の出来栄えです。

『ハーシェル』セトルメント バックパック

クラシカルなデザインが人気のモデルで、独自の工夫やギミックも満載。内装の背当たり部にA4対応の大きめなポケットを備え、側面にはイヤホンコードホルダーも装備しています。また、前面のポケットの中にはクリップが付属。キーや小物類が留められます。カラバリも豊富で、こんなバイカラーをアクセントにしても◎。

『インケース』アイコンパック

Apple社が公認した唯一のバッグブランド。シンプルなデザインの中に機能が満載で、肩に負担を掛けないように設計されたエルゴノミクスデザインのショルダーストラップにも工夫が盛り込まれています。角から簡単に出し入れできるノートブック用コンパートメントや、前面のジップポケットなど、収納も充実。

『C6』スリムバックパック

にわかに注目を集めているUK発のバッグブランドで、デジタルネイティブな現代人にとって重要な高機能とグッドデザインを両立しています。このバックパックはポケット位置がわからないほどミニマルですが、収納は多彩。メインとガジェット用のコンパートメントが分かれていて、側面からもアクセスできます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “ならでは”の高機能。トゥミのリュックがビジネスシーンで活躍必至

    “ならでは”の高機能。トゥミのリュックがビジネスシーンで活躍必至

    タフで機能的なビジネスバッグの代名詞『トゥミ』において、ブリーフケースに続いて最近はリュックの人気も急上昇中。大人たちが欲しくなる魅力とおすすめモデルをご紹介。

    近間 恭子

    ポーターは財布もおすすめ。大人向きなレザーウォレット、集めました

    ポーターは財布もおすすめ。大人向きなレザーウォレット、集めました

    日本鞄界の重鎮なだけに『ポーター』はバッグのイメージが根強いもの。ですが、実は財布の品揃えも充実しています。財布の魅力から、おすすめモデルまでをまとめてご紹介!

    近間 恭子

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    TASCLAP編集部

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    BACK