クールビズで活躍。涼しくておしゃれなパンツの選び方

暑い夏を快適に過ごすべく、見た目はもちろんはき心地も涼しいクールビズのパンツをご紹介。選び方と着こなしのポイントを解説します。この夏はこれで快適に過ごせるはず。

大中 志摩

大中 志摩

SHARE
記事をお気に入り
2016.04.25

クールビズで使えるパンツの選び方

クールビズにスーツのパンツを流用していてはパンツだけが劣化してしまい、スーツと合わせた時に見栄えが悪くなる。そうならないためにもクールビズ用のパンツをしっかりと準備したい。ここでは、クールビズ用のパンツを選ぶ時のポイントを紹介していく。

選び方1

クールマックスやリネンなど夏仕様のもの

クールマックスやリネンなど夏仕様のもの

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クールビズスタイルで重視すべきは、暑い夏でも快適に過ごせるかということ。そのためには、普段と同じものではちょっと力不足。クールマックスやリネン素材を使った夏仕様のアイテムを選ぶのが大切だ。デザインも豊富に展開されているので、着こなしが幅広く、おしゃれも楽しめる。

選び方2

薄めのカラーで見た目にも涼しさを!

薄めのカラーで見た目にも涼しさを!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラックなどの暗いカラーのアイテムを取り入れると、着こなしが重くなり、暑苦しい印象を与えてしまう危険性も。そんな事態を避けるために、色みの効果に頼るのがベター。とくに、グレーなどの薄いカラーは清涼感が出せるので、おすすめだ。全体の色みのバランスを調整できるようなら、ネイビーでシックに見せるのもOK。

選び方3

細身のシルエットならチノパンもOK

細身のシルエットならチノパンもOK

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スラックスばかりではトップスのバリエーションを変えても飽きてしまう。そんな時はチノパンを活用し、いつもと違った雰囲気を楽しんでみて。カジュアルな印象にならないようにシルエットは細身が鉄則。クールビズだけでなく、普段も使えるアイテムを選ぶのが賢い選択だ。

クールビズで活躍するパンツ。着こなしのポイントは?

クールビズがすっかり定着した今、快適さだけではなく着こなし方にもこだわりたいところ。ビジネス感はキープしつつ、おしゃれも楽しめるクールビズのポイントをスラックスとチノパンに分けて解説する。

スラックスを使ったクールビズコーデのポイント

スラックスはビジネスシーンにおける定番のパンツです。だからこそクールビズのコーデでも活用したいところ。そのポイントを見ていきましょう。

ポイント1

スエードシューズを合わせて軽さを出して

スエードシューズを合わせて軽さを出して

WEAR

WEAR

お気に入り追加

軽快感のあるスタイルを楽しみたいのであれば、スエードのシューズを合わせるのがおすすめ。ただソックスの有無で意見が分かれるので、どこまでの着こなしが許されるのか会社のルールや周囲の着こなしを事前にチェックしておくこと。

ポイント2

無地のスラックスは柄シャツでおしゃれに

無地のスラックスは柄シャツでおしゃれに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無地のスラックスに無地のシャツではシンプルすぎて味気がない。周りと差別化を図るためにもギンガムチェック柄のシャツを合わせるなど柄物と合わせてしゃれ感のあるスタイルを心掛けて。

ポイント3

スポーティなポロシャツとも相性抜群

スポーティなポロシャツとも相性抜群

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポロシャツを使ったコーデもクールビズの人気スタイルのひとつ。チノパンとポロシャツの組み合わせも悪くはないが、スラックスと合わせたほうがスポーティで上品なスタイルにまとまりやすい。

チノパンツを使ったクールビズコーデのポイント

カジュアルな印象が強いチノパンツも、ポイントを押さえればビジネスシーンでも重宝します。そのヒントをご紹介。

ポイント1

裾をちょっとロールアップしてしゃれ感を出すのもアリ

裾をちょっとロールアップしてしゃれ感を出すのもアリ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

クールビズスタイルは油断していると単調になりがちなのでチノパンの裾をちょっとロールアップして差別化を図るのもおすすめ。やりすぎるとカジュアル感が強くなるので、注意して。

ポイント2

色のメリハリを意識して

色のメリハリを意識して

WEAR

WEAR

お気に入り追加

定番のベージュのチノパンを取り入れるなら、ジャケットや小物で暗めの色を入れて着こなしにメリハリを出すのが重要。ベルトやシューズはブラウンのものをチョイスにするのもまとまりやすい。

ポイント3

カジュアル感を払拭するきれいなシルエット

カジュアル感を払拭するきれいなシルエット

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チノパンはカジュアルな印象が強くなるので、全体を細身のアイテムで構築してスマートに見せるのがポイント。また、色もネイビーなら引き締め効果にも期待でき、黒ほど重い印象にならないで済む。

クールビズで頼りたい。スラックス&チノパンツを厳選

蒸し暑い日本の夏のビジネスシーンを快適に過ごすためには、機能性に富んだ優秀なパンツが必要不可欠。スラックスとチノパンの2種類に分けてそれぞれのおすすめアイテムを集めてみた。

クールビズで使えるスラックス3選

せっかくのクールビズスタイルも黒を多く取り入れると重くなってしまうので、グレーなどの明るめの色を選ぶのがベスト。太めのスラックスは野暮ったくなるので、細身のシルエットを選んで。

アイテム1

『シップス』ノープリーツパンツ

『シップス』ノープリーツパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

軽く薄手の生地感が特徴のシャークスキンの生地で作られたパンツ。ストレッチが効いているのでジャストサイズで着用してもストレスを感じさせない。シンプルなデザインなのでジャケットはもちろん、ポロシャツにも相性抜群。

アイテム2

『ジェイプレス』ノータックトラウザー

『ジェイプレス』ノータックトラウザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

光沢とソフトさに優れたハイブリッド素材GIZA綿を使用したスラックス。ノータックのトラウザータイプなのでビジネスカジュアルはもちろん、カジュアルなシーンでも使える。ストライプ柄がおしゃれ。

アイテム3

『グリーンレーベル リラクシング』クールマックス スリムノップパンツ

『グリーンレーベル リラクシング』クールマックス スリムノップパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

すっきりとしたシルエットとシンプルなデザインの一本は、使い勝手のよさが特徴。縦糸と横糸で異なる色目の糸を合わせた生地感がさりげないおしゃれポイントに。ビジネスだけでなく普段使いにもぴったり。

クールビズで使えるチノパンツ3選

チノパンツは、スラックスに比べてカジュアルな印象が強くなるので、シルエットはすっきりとした細身を選ぶことが重要。定番のベージュはもちろん、ホワイトで清涼感をアピールするのもおすすめ。

アイテム1

『シップス』クールマックス ストレッチ ノープリーツパンツ

『シップス』クールマックス ストレッチ ノープリーツパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クールマックスを用いた『シップス』定番のトラウザーズ。後身にダーツを加え、シャープなシルエットに仕上げている。ストレッチが効いているので、シャープなフィット感ながらも動きやすい。

アイテム2

『ビームスライツ』クールマックス ストレッチ チノパンツ

『ビームスライツ』クールマックス ストレッチ チノパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

股上が浅めに設計された細めのテーパードシルエットだが、ストレッチ混のクールマックス素材なのでストレスフリーなはき心地が楽しめる。右側のポケットにはジップポケットが配されているので貴重品も安心して持ち運べる。

アイテム3

『ランバンオンブルー』スキニーテーパード ツイル ストレッチパンツ

『ランバンオンブルー』スキニーテーパード ツイル ストレッチパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポリエステル混の生地を使用し、ハリ感やコシ感を出した。ノープリーツなのでビジネスからカジュアルまで幅広いスタイルに対応する。裾にかけてテーパードを施し細身のシルエットにまとめつつ、ヒップ回りには絶妙なゆとりをプラス。

ランバンオンブルーの“買い”リスト。冬の即戦力から通年使える小物まで

ウェア・コーデ

ランバンオンブルーの“買い”リスト。冬の即戦力から通年使える小物まで

一流メゾン『ランバン』の伝統と現代的なセンスを融合した『ランバン オン ブルー』。大人にマッチする魅力と合わせて、ワードローブにおすすめのウェアや小物をご紹介。

山崎 サトシ

2020.01.23

クールビズ用のスーツは機能素材で快適に。汗ばむ季節を乗り切るおすすめ8選

ウェア・コーデ

クールビズ用のスーツは機能素材で快適に。汗ばむ季節を乗り切るおすすめ8選

クールビズの時期でもスーツを着用する場面はあるものの、いつもと同じでは正直辛い……。機能素材を採用したスーツなら、夏でも快適に着られてストレスとは無縁です。

近間 恭子

2020.06.04

注目編集者
大中 志摩
大中 志摩
都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事