暑い日に頼れるジャケットの選び方と着こなし方

暑い日に頼れるジャケットの選び方と着こなし方

だらけたくなる暑い季節だからこそ、気を引き締めるためにもテーラードジャケットを活用しましょう! 爽やかな品格をクールにまとうためのポイントを紹介します。

平 格彦

2016.04.28

アウター
ジャケット
テーラードジャケット
春の着こなし・コーデ

暑いシーズンこそテーラードジャケットで上品に装いましょう

暑いシーズンこそテーラードジャケットで上品に装いましょう

季節を問わず、大人としての品格を演出するにはテーラードジャケットが必須。爽やかさが求められる暑い季節こそ、活用すべきです。ジャケット選びから装い方まで解説します。

暑いシーズンに頼れるテーラードジャケットの選び方

爽快かつエレガントにテーラードジャケットを着こなすには、ジャケット選びが重要。ここで挙げる3つのポイントさえ押さえれば、快適なジャケットスタイルが築けます!

選び方1汗ジミが目立たないネイビーかブラックを選ぶのが基本

せっかく上品なジャケットを選んでも、汗を吸収して変色してしまっては、むしろ不快で下品。汗をかくのは止められないので、湿っても目立たないダークカラーを選ぶのが原則です。つまり、ネイビーか黒が本命で、場合によっては定番カラーのグレーも許容範囲に。

選び方2アンコンストラクテッド仕立てのジャケットならリラックスできる

“アンコストラクテッド” とは、“非構築的” といった意味で、テーラードジャケットにおいては芯や裏地、パッドなどのパーツを省いた仕立てのこと。“アンコン仕立て” と略されることが多く、ソフトな着心地で動きやすさや通気性が高く、暑い季節に重宝します。

選び方3高機能素材を用いた通気性の高い生地なら見た目以上に涼しい

最近は、吸水速乾性に優れ、通気性も高い機能素材を使ったテーラードジャケットが増えています。そうした素材を必須条件とすることで、見た目は上品で着心地は快適というジャケットを選ぶことが可能です。ストレッチ性まで備えていたら申し分ありません。

テーラードジャケットを着こなす3つのポイント

オフにテーラードジャケットを着こなす際は、堅苦しくならないことも大切です。ジャケットの魅力を生かしつつ、適度にカジュアルダウンするためのポイントを紹介します!

ポイント①:インナーにボーダー柄を差すことで爽やかに決める

ボーダー柄のアイテムはマリン調の爽やかなイメージ。そんなインナーを取り入れることで、爽快なジャケットスタイルが築けます。インナーが引き立つよう、ほかのアイテムは無地に。

コーデ1

ネイビーがベースのボーダーカットソーをインナーに採用。ジーンズやスニーカーをホワイトで統一し、マリンテイストの爽やかさを最大限に引き出したジャケットスタイルです。

コーデ2

ホワイトが基調のボーダー柄カットソーとオフホワイトのチノパンを合わせて、爽快なジャケットスタイルを構築。足元のコインローファーも適度な品格を醸しています。

コーデ3

基本は上のコーディネートと同じ組み合わせ。ボーダー柄の違いによって印象が微妙に変わっています。そこは好み次第ですが、ジャストサイズで上品に着こなす点は厳守を。

ポイント②:シンプルなモノトーンのスニーカーで足元から着崩す

本来、ジャケットと相性がよいのはドレスシューズです。だからこそ、スニーカーを選ぶだけで着崩した印象になります。シンプルなスニーカーならラフになり過ぎることは皆無。

コーデ1

グレーのジャケットを起点に、全身をモノトーンでまとめてシックな雰囲気に。アンクル丈のパンツやレトロなスニーカーでバランスよく抜け感を加味した好サンプルです。

コーデ2

織柄入りのジャケット、リブパンツ、スニーカーはすべてブラックですが、生地の表情が異なるので変化があり、こなれた表情に仕上がっています。堅苦しくない装いのお手本。

コーデ3

明るめのネイビーやロイヤルブルーのジャケットは、白いパンツを合わせると爽やかなスタイルがほぼ完成。スニーカーも白で揃えれば、かなり爽快で品もある大人な印象に。

ポイント③:ジャケットの気品を生かすなら、あえてのセットアップもアリ

カジュアルなテーラードジャケットでも、セットアップのパンツが展開されていることはよくあります。上下で揃えておくと着こなしの幅が広がり、大人な装いづくりも容易です。

コーデ1

ネイビーのセットアップを使用。インナーは白いTシャツのみというシンプルな着こなしですが、グレーのスニーカーがスポーティなスパイスになっていて、こなれた印象です。

コーデ2

こちらもネイビーのセットアップ。スニーカーまで同系色で揃えています。ストライプのシャツも上品ですが、ジャケットのシアサッカー地に凹凸があるのであか抜けたムードに。

コーデ3

最後は少し異なる着こなし。ジャケットと同色のパンツを選ぶことで、セットアップに近い品格が醸し出せるという実例です。シャツとスニーカーを白でリンクして爽快な印象に。

蒸し暑い日でもおしゃれ。おすすめのテーラードジャケットを紹介

クールマックスなどの高機能素材を用いたアンコン仕立てのテーラードジャケットを厳選。当然、使える定番カラーばかり選びました。夏用のジャケットをすぐに確保しましょう!!

アイテム1『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』クールマックスジャケット

波状の凹凸があるシアサッカー調の生地を用いているため、ドライなタッチ。吸湿速乾性に優れるクールマックス素材も用いた着心地抜群のコンフォートジャケットです。

アイテム2『グリーンレーベル リラクシング』KT ドライコンフォート NT 2Bジャケット

人気のテーラードジャケットで、今季はサイズ展開を拡大。機能素材のクールマックスを起用して通気性を確保しつつ、伸縮性も加えて動きやすさにも配慮しています。

アイテム3『コーエン』クールマックス テーラードジャケット

速乾性に優れるクールマックス素材を用いた生地は、ライトな質感で軽やかな着用感。適度にコンパクトなシルエットで、ラフな着こなしからスマートカジュアルまで使えます。

アイテム4『メンズビギ』超軽量ジャケット/クールドッツ

伸縮性と通気性に優れる注目の機能素材、クールドッツを採用した一着。生地の軽さにくわえ、裏地などを排除したミニマルなつくりで、ノンストレスな着心地を追求しています。

アイテム5『ブラック バイ ヴァンキッシュ』ドットエア ウインドペン テーラードジャケット

高機能素材のドットエアを用いたジャケット。特殊なドット状の織り方を用いた生地は通気性が高いうえに撥水性も持ち合わせています。軽量で伸縮性もあり、至極の着用感を実現。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

    TASCLAP編集部

    クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

    クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

    クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを、詳しく解説します。

    池田 やすゆき

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK