ウエッソンとナヴァル。セントジェームス人気二大モデルのコーデ術

ウエッソンとナヴァル。セントジェームス人気二大モデルのコーデ術

春夏の主役アイテム、ボーダーカットソー。その鉄板ブランドのひとつがフランスの『セントジェームス』です。ブランドが誇る人気モデルに着目してご紹介していきます。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2020.03.18

ボーダーカットソーの100年ブランド『セントジェームス』

ボーダーカットソーの100年ブランド『セントジェームス』

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『セントジェームス』はフランス北部のノルマンディー地方にて1889年に設立。タグに記された“Ne de la mer(=海から生まれた)”という言葉どおり、古くから漁師や船乗りなど海の男たちに作業着を提供してきた、フランスを代表するマリンブランドです。代表アイテムであるボートネックのボーダーカットソーは別名バスクシャツとも呼ばれており、今や作業着の枠を飛び越えカジュアルシーンの定番品としてなくてはならない存在となっています。

Tシャツ完全ガイド。人気27ブランドから選ぶおすすめの1枚

ウェア・コーデ

Tシャツ完全ガイド。人気27ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2021年の春夏も必需品。27の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

2021.04.21

『セントジェームス』のボーダーカットソーが愛される理由

『セントジェームス』のボーダーカットソーが愛される理由

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今や多くのファッションブランドから発信されているボーダーカットソー。その中でも『セントジェームス』の手掛ける逸品はずば抜けて高い人気を誇ります。もちろん、ボーダーカットソーのリーディングブランドだというところも大きな要因ですが、それだけではありません。

『セントジェームス』のボーダーカットソーが愛される理由 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

支持を集める理由のひとつが、MADE IN FRANCEならではの優れた品質。伝統的な手法と近代的な管理システムを組み合わせることで、頭ひとつ抜けた高いクオリティを実現しています。さらに、“着れば着るほど味が出る”のも『セントジェームス』のボーダーカットソーならではの特性。しっかりと目の詰まったコットン100%のボディはハリのある風合いですが、洗うほど肌に馴染み柔らかさが増していきます。つまり、育てていく工程も楽しめるアイテムというわけですね。

▼モデル1:ブランドを代表するアイテム。『セントジェームス』といえばウェッソン

▼モデル1:ブランドを代表するアイテム。『セントジェームス』といえばウェッソン

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ボーダーカットソーの旗手たる『セントジェームス』の看板作として、まず紹介しておきたいのがウェッソン。ノルマンディー地方の漁師やヨットマンたちが着ていた、古き良き作業服のスタイルを受け継ぐオーセンティックなモデルです。コットン100%で密に編み立てられているため、後述のナヴァルと比べても程良い肉厚感があり、タフに着こなすことが可能。太すぎないピッチの総ボーダー柄は、旬なマリンテイストをアピールするのにもうってつけです。

ウェッソンを取り入れた着こなしをファッショニスタに学ぶ

そのままサラッと1枚使いするもよし、総柄を生かしてインナーとしてスパイス的に活用するもよし。多彩な合わせ方に対応できる振り幅の広さは定番品ならではです。1枚あるとコーディネートの幅が大きく広がります。

着こなし1

ネイビーを基調にスマートなカジュアルコーデをメイク

ネイビーを基調にスマートなカジュアルコーデをメイク

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ウエッソンとデニム、さらにはトートまでも一貫してネイビーでリンクさせ、都会的な印象を演出。すらっと細身なサイズ感も手伝って、スマートなカジュアルスタイルにまとまっています。また、足元に『パラブーツ』の革靴を持ってきて印象をピリッを引き締めているのもポイント。シンプルながらもしっかりとツボを押さえたスタイリングです。

着こなし2

あえての“無地ウエッソン”でクリーンさをアピール!

あえての“無地ウエッソン”でクリーンさをアピール!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

実はボーダーだけでなく無地モノも非常に支持率が高い『セントジェームス』。まっさらな無地ウエッソンに脚線のきれいなテーパードパンツを合わせれば、それだけでクリーンさに満ちたスタイルが完成します。インナーのチェックシャツを首元からチラっと覗かせて、さりげなくアクセント付けするテクニックもぜひ参考にしたいところ!

着こなし3

きっちりめの紺ブレコーデにボーダーで抜け感をプラス

きっちりめの紺ブレコーデにボーダーで抜け感をプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーブレザー×白トラウザーという、トラッドな趣のコーディネート。そこにフレンチテイストなボーダーTを落とし込み、着こなしにひとさじの抜け感を加えています。カットソーでジャケット(紺)とパンツ(白)の色をそれぞれ拾うことにより、一体感に訴求しているのも技あり。ローファーはあえて素足で履き、涼しげなイメージを促進しました。

▼モデル2:よりライトな着心地を求めるなら、ナヴァル

▼モデル2:よりライトな着心地を求めるなら、ナヴァル

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

ウェッソンと双璧をなす永世定番であるナヴァルも『セントジェームス』を語るうえで絶対にハズせません。かつてフランス海軍の水兵たちの制服であったアイテムで、ウェッソンよりも細番手の糸で編み上げておりやや薄手なのがポイント。また、ボーダーが全面に入るウェッソンに対し、ナヴァルは胸・肩・裾が無地になったパネルボーダー仕様なっています。

ウェッソン同様、ナヴァルもこなれた大人の着こなしにマッチ

こちらのナヴァルも高感度なファッショニスタたちがこぞって愛用中。ジーンズ、アンクルパンツなど抜け感あるボトムスと合わせている人が目立ちます。巧みに着こなしたグッドサンプルを紹介していきましょう。

着こなし1

旬なワントーンコーデにボーダーでアクセント付け

旬なワントーンコーデにボーダーでアクセント付け

WEAR

WEAR

お気に入り追加

7分袖タイプのナヴァルを着用。旬度の高いネイビーワントーンで着こなしをまとめつつ、白のボーダー柄で上手にリズムを生み出しています。ロールアップ×ニットキャップでリラックス感を巧みに演出するテクニックもお見事。ニットキャップのオレンジが差し色として効いています。

着こなし2

ミリタリーウェアの放つ武骨さをボーダー柄で中和

ミリタリーウェアの放つ武骨さをボーダー柄で中和

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フィールドジャケットとチノパンによるタフなミリタリースタイルがベース。それでいてあか抜けた装いにまとまっているのは、清々しいボーダーTでオトコくささを巧妙に和らげているからです。こんな風に“脇役”として取り入れるのも、賢い使い方の1つといえるでしょう。チラ見せした白ソックスも、骨太感の緩和に貢献!

着こなし3

上品さと季節感が共存する小粋なスタイリング

上品さと季節感が共存する小粋なスタイリング

WEAR

WEAR

お気に入り追加

青ボーダーのナヴァルやアンクルパンツといった軽快なアイテムで、春夏らしさを呼び込んだ着こなし。その一方、シックな色合いのカーデと味わい深いレザーデッキシューズによって、品良いムード感も隙なく封入しています。これぞまさに“いいとこ取り”なコーディネートといえそうですね。ベレー帽でのキャラ出しもお見事!

▼モデル3:サラッと着られる春夏の定番T「ピリアック」も見逃せない

▼モデル3:サラッと着られる春夏の定番T「ピリアック」も見逃せない

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

半袖タイプのピリアックは、これから盛夏にかけて大活躍間違いなしのアイテム。すっきりとしたボートネックと、袖周りを美しく見せるやや長めのスリーブがデザイン特徴となっています。コットン100%の生地はウエッソンよりもやや薄く、そのまま素肌に着てもコンフォート! それでいて耐久性にも優れているので、日常着としてガシガシ着倒せます。

「ピリアック」を着用した春夏コーデをチェック

トレンドのスポーツものと合わせたり、羽織りものとのレイヤードを楽しんだりと、自由度の高い着こなしが多く見られた「ピリアック」。彼らのコーデ術を参考にして、自分なりの使い方を探し出してみましょう。

着こなし1

スポーティなアイテムと合わせたテイストMIX

スポーティなアイテムと合わせたテイストMIX

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フレンチマリンな面持ちのピリアックを主役に据えつつ、ジョガーパンツとの共演によりスポーティな雰囲気も注入。今どき感漂うテイストMIXスタイルに仕上げています。さらに、バッグ以外のアイテムをモノトーンカラーを揃えて、きちんと大人感にも訴求。シャープなサイズバランスも、スポーティなアイテムを街っぽく着こなすコツといえるでしょう。

着こなし2

シャンブレーシャツを羽織った気負わないレイヤードコーデ!

シャンブレーシャツを羽織った気負わないレイヤードコーデ!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ほんのりワークテイストなシャンブレーシャツをピリアックにレイヤリングし、肩ヒジ張らないカジュアルコーデを形成。青を纏った涼やかな色合いのシャツですから、ボーダーTの放つ夏らしさをサポートするうえでも効果的です。加えて、ソックスに合わせたスライドサンダルも着こなしのリラックス感向上に一役買っています。

着こなし3

ショーツとのマッチアップで程良くアクティブに!

ショーツとのマッチアップで程良くアクティブに!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

とことん夏らしく攻めるならショーツとの組み合わせもGOOD! ただし、柄モノを持ってくると装いがゴチャつきがちなので、ボーダーの存在感の邪魔をしない無地デザインを選ぶのが鉄則です。足元には動きやすいスケシューを選んで、アクティブ感を底上げ。着こなしがラフなぶん、子供っぽく見えないよう色味は控えめに徹した方がベターです。

▼最後に:知っておきたいサイズのこと

▼最後に:知っておきたいサイズのこと

GOOD DEAL WEB HOUSE

GOOD DEAL WEB HOUSE

お気に入り追加

『セントジェームス』のサイズ表記は一般的なS・M・Lではなくフランス表記。初めてでは少しわかりにくいので、購入時には注意が必要です。T0~T7(ナヴァルはT6まで)の表記で展開され、メンズサイズに該当するのはT4(S相当)、T5(M相当)、T6(L相当)T7(XL相当)。なお、T3はレディースのM相当になりますが、どのモデルも比較的ゆとりのあるシルエットなので、小柄な男性であればジャストで着こなせます。一般的に『セントジェームス』は縦方向に縮むと言われているので、丈感にも余裕を持って選びましょう。

心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

ウェア・コーデ

心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

近間 恭子

2019.05.14

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

ウェア・コーデ

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

春夏のワードローブに重宝するボーダーカットソー。大人が選ぶなら、上品なルックスで着心地もいい『オーシバル』のバスクシャツがおすすめです。

モチヅキ アヤノ

2020.04.13

ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

ウェア・コーデ

ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

コーデに爽やかでクリーンな雰囲気を呼び込むボーダーカットソーは、汎用性が高く1枚でもサマになる万能トップス。何を選んで、どう着るべきかを解説しよう。

TOMMY

2021.02.16

御三家だけじゃない。バスクシャツのおすすめ10ブランドとコーデのヒント

ウェア・コーデ

御三家だけじゃない。バスクシャツのおすすめ10ブランドとコーデのヒント

春から夏、そして秋にかけての定番着として重宝するバスクシャツ。その魅力と実用性、そして三大銘柄をはじめとするおすすめブランド、コーデの基本など幅広く紹介します。

山崎 サトシ

2021.03.29

こなれ感がいいね。ボートネックのカットソーが大人コーデに欠かせない

ウェア・コーデ

こなれ感がいいね。ボートネックのカットソーが大人コーデに欠かせない

カットソーの定番といえばクルーネックですが、洒落者たちはボートネックも積極的に着こなしています。選びの基本からコーデのハウツー、おすすめ品まで徹底的に解説!

平 格彦

2021.05.11

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事