メンズ小物の定番。レイバンのサングラスをかけよう

夏に向けて日差しが強くなる時期、サングラスはマストアイテム。紫外線の高い遮蔽率を誇るレイバンを、いつものコーディネートに挿して雰囲気をガラリと変えてみませんか。

メンズ小物の定番。レイバンのサングラスをかけよう

改めて再確認。『レイバン』のサングラスとは

『レイバン』は、アメリカ空軍の要望に応えるため、1937年にボシュロム社が創立したブランド。「光学的に目を守らなければ、サングラスとは呼べない」と語り、機能的なサングラスを世の中に送り出してきました。1986年にはアメリカ・ファッション・デザイナー協議会より、「世界最高級のサングラス」と評価され、今では世界中の人々に愛されています。

『レイバン』のサングラスの魅力とは

創業以来、進化してきた多機能なレンズは、『レイバン』の最大の魅力。ハードな耐久テストに合格したものだけ採用されたレンズは、種類によって紫外線、ブルーライトのカット、視界をクリアにする偏光、反射防止機能、防水・防油コーティングといった目を守る機能が付随。

多く存在する『レイバン』の名作。なかでも30代におすすめしたいモデル3選

レンズの多機能だけでなく、『レイバン』のデザインは国内外問わず、多くのセレブに愛用されてきました。なかでも人気のウェイファーラー、アビエーター、クラブマスターの3つのフレームの魅力を、今回ご紹介いたします。

モデル1

ウェイファーラー

圧倒的な人気を誇るウェイファーラーは、サングラスのアイコン的存在。つり目がちの厚めのデザインは、大まかに7タイプありますが、そのなかでもおすすめなのはF型。彫りの深くないアジア人にフィットするよう、レンズの傾斜角度を浅く、鼻当てが大きくされています。

モデル2

アビエーター

元々、飛行パイロットの目の動きをカバーできるように、最大の視野を確保するためにデザインされた、アビエーター。『レイバン』を代表するモデルです。ヘルメットをかぶったままでも着脱できる真っすぐなテンプルはモダンで、多くの映画俳優たちとともに愛されてきました。

モデル3

クラブマスター

メタルフレームにブロウがついたデザインのクラブマスター。50〜60年代ファッションからインスパイアされて生まれましたが、そのレトロながらもタイムレスなデザインに根強いファンも。スタイリングに個性をプラスしたいときの一品です。

モデル別。『レイバン』のサングラスを取り入れたコーデ集

個性的な3つのデザインですが、フレームやレンズのカラーによって、また印象が異なってきます。大人な雰囲気にマッチする、『レイバン』のスタイリングをご紹介していきたいと思います。

ウェイファーラーを取り入れたメンズコーデスナップ集

日本人の顔にもフィットしやすいウェイファーラーですが、フレームやレンズにもこだわって色違いで揃えたいところ。カジュアルからキレイめまで、合わせるコーディネートも幅広くご紹介致します。

カジュアルなボーダーカットソーのオフ・カジュアルに、レザースリッポンとウェイファーラーを合わせることで引き締まった印象に仕上がります。フレームがべっ甲調なのも抜け感を出しています。

ニットタイを合わせた、オンのクローズを着崩したようなスタイルにはクリアレンズのものをチョイス。だてメガネよりもフレームが厚い分、程よくカジュアルダウンします。

アクティブなパーカーには、ツルの部分にカラーの入ったものをチョイスして、大人の遊び心を取り入れてください。ミラーレンズを選べば、スポーティー感が増します。

シンプルなポケットTシャツにスウェットパンツという組み合わせに、サングラスをプラス。カジュアルなコーデながらも、どこかにこなれ感のある着こなしに。

ビーチを意識したプリントのハーフパンツは、ほかのアイテムをダークトーンに抑えて大人な雰囲気に。透明度の低いブラックレンズが洗練された印象に格上げしてくれます。

アビエーターを取り入れたメンズコーデスナップ集

ティアドロップの形から、変形のものまでアビエーターの種類は多岐に渡ります。合わせるレンズによっても印象が異なるため、手持ちの洋服を想像しながら、こだわって選んでみてはいかがでしょうか。

今年人気のデニムのジョガーパンツとのコーディネートがこちら。アビエーターのクラシカルなデザインがうまく、スポーティーなスタイリングの外しアイテムになっています。

ブラウン・グラデーションになったレンズの入ったアビエーターは、爽やかなデニムシャツに大人の雰囲気をプラスしてくれます。

リゾート柄のハーフパンツには、白のシャツとアビエーターを合わせて、海外セレブを意識してみてはいかがでしょう。サンダルのラフな感じもアクセントになっています。

取り入れづらそうなアビエーターですが、いつものコーディネートにも実ははまるんです。ラフな格好だからこそ、サングラスの個性が光り、ほかの人と差をつけてくれます。

しかしアビエーターの個性が強いため、ちょいワルな雰囲気になってしまうことも。そのときは、ボーダーのカジュアルさや、白の爽やかさを取り入れてみてくださいね。

クラブマスターを取り入れたメンズコーデスナップ集

シンプルで、いつも着ているようなコーディネートだからこそ、今年はあえて50年代の香りがする、クラブマスターをプラスしてみてください。ぐっとこなれ感が出て、注目度がアップすること間違いなしです。

カラーと革靴でボトムスにアクセントの効いたコーディネートには、バランスをとるためにサングラスをイン。やんちゃなイメージになりすぎないように、クラブマスターの力を借りましょう。

スプリングニットとデニムの気楽な1・2コーディネートもクラブマスターのレトロなデザインを取り入れれば旬な顔に。

濃紺のデニムにネルシャツというカジュアルなコーディネートにもクラブマスターは◎。コンビフレームのため大人らしく見える点も、同アイテムを取り入れるメリットだ。

ホワイトデニムとジージャンというリゾートスタイルに、クラブマスターは相性抜群。コーディネートの中に違和感なくなじみ、男らしさの格上げに成功している。

はき込まれた表情が魅力のデニムパンツと迷彩柄のTシャツにキャップを合わせたストリートスタイル。クラブマスターをかけることで、大人らしいムードが加味されている。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る