デッキシューズ|大人向けおすすめブランドとコーデ集

春夏の軽装にマッチするデッキシューズについてご紹介。足元から“らしさ”を演出できる万能靴の特徴やおすすめブランド、メンズコーデを整理して解説します。

デッキシューズ|大人向けおすすめブランドとコーデ集

デッキシューズとは

デッキシューズとは、ヨットやボートのデッキの上で履くのに滑らないよう、底面のゴムに切り込みがあるタイプのシューズ。甲の部分は水にぬれても丈夫で、オイルレザーなどを用いたモカシンタイプのひも付き浅靴をさしています。

イメージとしては爽やかな表情と機能性から夏に履くイメージが強いアイテムですが、最近ではスエードを用いたデッキシューズデザインの1足が展開されるなどしており、季節に関係なく愛用することが可能。

また、アイテムイメージとしてもスムースレザーやスエード素材なら大人っぽく使えるため、オフの着こなしに取り入れてもラフになりすぎないのがうれしいところ。大人のコーデの強い味方になってくれます。

レザーorキャンバス? 素材によってデッキシューズのイメージはガラッと変わる

元々はレザー素材が主だったデッキシューズですが、キャンバス地のカジュアルな素材で作られたデッキシューズも今では一般的となりました。基本的にはキャンバス地のほうが手ごろな価格で手にしやすく、季節的にも軽快に見せることが可能です。

レザー素材の特徴は何といっても、素材の持つ高級感。モックトゥでソールとボディーの色が異なり、カジュアルなイメージの強いデッキシューズですが、レザー素材なら程よい高級感と大人っぽさを与えてくれます。ただし、キャンバス地と比べると高価なことが多く、予算やどのような足元を演出したいのかで素材を選ぶとよいでしょう。

靴下ははくべき? それとも素足が基本? デッキシューズには素足風ソックスが正解!

ほかのシューズと比べると足の甲の露出面積が多いデッキシューズ。ソックスが見えてしまうと軽快さが一気に失われてしまうため、色や柄を計算のうえで履く場合はありですが、基本的には避けたほうがベターです。

では、どのようなソックスを履けばいいかというと、フットカバーやカバーソックス、インビシブルソックスと呼ばれるタイプを選べば問題ありません。デッキシューズやスリッポンなどのシューズでも靴下が露出せず、靴との摩擦から足を守ってくれるスタイリッシュなソックスです。これなら悪臭防止も簡単に対応できます。

3つのカテゴリ別、大人が選びたいメンズデッキシューズブランド10選

ここからは30代以降の大人の男性に似合うデッキシューズを、3つのカテゴリごとにお届け。どのアイテムも人気も質も高いアイテムなので、あなたのワードローブや予算にマッチした1足を選びましょう。

カテゴリ1:デッキシューズのオリジン

どのアイテムにもある、生みの親やそのアイテムといえばのブランド。デッキシューズにももちろんそれはあり、定番のブランドとしてトレンドに左右されない魅力を放ちます。オンリーワンであるド定番ブランドをまずはご紹介。

ブランド1

『スペリートップサイダー』

世界初のデッキシューズブランドとして、1935年にアメリカのマサチューセッツ州で誕生した『スペリートップサイダー』。デッキシューズの代表的なディテールともいえる、ソールに溝を入れることによって、滑りにくいソールを開発したのも『スペリートップサイダー』で、そのソールはスペリーソールと呼ばれてたちまちブランドの知名度は広がりました。

ブランドの展開するシューズの特徴としては、オーセンティックなデザインが多く、大人の着こなしにもなじみやすいところです。また、レザー素材とコットンキャンバス地のどちらも展開されており、選択肢が多いのも特徴。初めてデッキシューズを買う人も安心して買える1足が揃います。

狙い目モデル1

シーメイト

『スペリートップサイダー』の顔ともいえる不朽の名作モデルがこちらのシーメイト。デッキシューズの完成形であり原点ともいえるスタイルは、流行に左右されないブランドきっての人気アイテムです。ブランドの特徴である波型の切れ込みが入ったスペリーソールを採用しているので、高いグリップ力を期待できます。ネイビー×ホワイトのカラーリングが高い清涼感を演出し、爽やかな着こなしにひと役買ってくれるハズ。

狙い目モデル2

CVO

上で紹介したシーメイトと並び、ブランドを代表するキャンバス地モデル。オーソドックスなフォルムの1足は、シンプルでクリーンな表情が特徴です。ブランドの特徴であるスペリーソールを採用しているので、水にぬれた場所でも高いグリップ力を発揮します。また、最近モデルはラスト(木型)をシャープなタイプに変更したこともあって、より大人顔に。トラッドなスタイルからマリンテイストのファッションまでハマる万能的なデッキシューズです。

狙い目モデル3

バハマ

2アイレットのアッパーに、キャンバス素材を使用したバハマ。前のモデル2よりもカジュアルな表情が特徴で、ラフに履きこなしたい場合におすすめのモデルです。アッパーにシャンブレー素材を採用。よりソフトでカジュアルなイメージとなり、注目を集めるモデルとなりました。

狙い目モデル4

オーセンティック オリジナル ボートシューズ

上で紹介したモデルとは打って変わり、アッパーにレザー素材を採用したのが高級感のある定番モデル。マリンなどのサマースタイルはもちろん、カジュアルな着こなしにも十分対応できる大人なデザインが特徴です。また、こちらは従来のモデルよりワイドラストを採用した幅広モデル。ぼってりとしたシルエットがどこかユニークな雰囲気もある1足となっています。

カテゴリ2:実用的なデッキシューズを展開する5つのブランド

ここでは高価すぎず、とはいえ安っぽさは皆無で履き心地も快適。さらに大人のファッションとも相性よくハマるブランドと選びたい1足だけを厳選してお届け。バランスに優れたデッキシューズはこちら。

ブランド2

『ティンバーランド』

イエローブーツでなじみの『ティンバーランド』。完全防水のブランド名称のとおり、モカシン製法によるデッキシューズは、モカに使われているレースをろう引きしてあり、耐水性に優れた1足となっています。しかも切れにくく、非常にタフ。履き口のかかとは浅めに設定されていますが、シューレースが360度通っているので、しっかりとしたフィット感を得ることが可能です。

ブランド3

『ロックポート』

1971年にアメリカ・ボストンで創業した『ロックポート』。Powered by ROCKPORT(昼も夜も、週末も。自分らしく、思いのままに。)をブランドコンセプトに、スタイルも履き心地も妥協しない男女のための、美しく、機能的なシューズコレクションを展開しています。こちらは、爽やかな配色が魅力的な1足。EVAのフットベッドを採用しており、快適な着用感も実現しています。

ブランド4

『クラークス』

1825年から続くイギリスブランド『クラークス』。普遍的なクラフトマンシップはそのままに、モダンなエッセンスを加えてさりげないブリティッシュスタイルを提案します。デザートブーツやワラビーといったシューズが有名なブランドですが、写真のマーコスエッジも『クラークス』を代表するヒットアイテム。デッキシューズとドライビングシューズのよい部分をかけあわせたようなハイブリッドな1足は、リラックス感のあるコーデに取り入れるだけで大人っぽさを醸し出せる珠玉のシューズです。

ブランド5

『リーガル』

日本を代表する革靴ブランド『リーガル』。日本の紳士靴の頂点に位置する『リーガル』は知名度だけでなく、確かな品質と伝統、そしてデザイン性を追求した1足を提案するブランドです。飽きのこないブランド定番のデッキシューズは、シンプルでトレンドに左右されない2アイレットのデザインを採用。カラー展開もネイビーやダークブラウンといった汎用性の高いタイプから着こなしの幅を広げるトリコロールまで展開。ソールはデッキシューズならではの切れ込みが入った滑りにくい仕様を採用しています。

ブランド6

『ストーム』

クオリティの高さとリーズナブルな価格帯がうれしい、ポルトガル発の人気シューズブランド『ストーム』。本シューズにおいても本革を使用しながら、5,000円台というコストパフォーマンスに優れた1足となっています。もちろんプライス面だけでなく、見た目や機能面も充実。ファッション性の高いデッキシューズとなっています。また、ソールはグリップ力に優れているので履き心地も◎。買って損のない1足です。

カテゴリ3:高級感と大人っぽさを備えたデッキシューズを展開する4ブランド

より大人っぽく、より上質な1足を。ハイエンドなデッキシューズなら上で紹介した1足以上に品のよさのほか、ステータス感も演出が可能です。20,000円以上でややお値段ははるものの、質もそれにともなう人気ブランドをご紹介。

ブランド7

『パラブーツ』

足元にこだわるファッション上級者から支持を集める、フランスの老舗ラバーソールシューズブランド『パラブーツ』。ブランドを代表するシャンボードのほか、毎シーズンこの時期になると飛ぶように売れる人気モデルといえば写真のバースです。フランス海軍も採用する滑りにくいアウトソールのほか、ぬれて急激に乾燥させてもひび割れしない、油分を多く含んだヴォイルレザーをアッパーに採用する本モデルは、気兼ねなく毎日履けるのがうれしい1足。デニムからショーツまで、合わせるパンツを選ばないのも人気の秘密です。

ブランド8

『セバゴ』

1946年にアメリカ・メイン州で誕生したシューズブランド『セバゴ』。創業以来、妥協のない製法と素材へのこだわりにより、今もなお高い支持を集める数少ないブランドです。写真のアイテムは『セバゴ』の中でも定番のデッキシューズ。シンプルかつ王道的なデザインを上質素材で仕立てることで、オールマイティーに合わせることが可能。カジュアルになりすぎず、とはいえかしこまりすぎないバランス感が大人の着こなしになじみます。

ブランド9

『デュバリー』

世界で初めてゴアテックス素材をデッキシューズに採用した『デュバリー』。それにくわえてソールは特許も取得したオリジナルソールを開発して使用。ぬれてもスグに乾くうえに、船のデッキでも滑りにくい仕様のため、快適なアクティビティを提供する唯一無二の存在です。デッキシューズとして考えるとプライス的には高めですが、足なじみもよく、機能にも優れた最上級のシューズは長く履くことができるので、長いスパンで考えるとコストパフォーマンスに優れた1足といえます。

ブランド10

『バリー』

150年以上の歴史をもつ、スイスの老舗ブランド。高品質で上品かつ、洗練されたデザインが特徴で、多くのファンを魅了しています。こちらのデッキシューズは、カーフスキンを使用した高級感あふれる1足。シンプルですっきりした面持ちに、クラシカルなシューレースが引き立ち、まさに大人コーデに持って来い。

デッキシューズは春夏だけのモノ? そんな概念を打ち消す、季節別コーデ集

その爽やかなルックスから、どうしても春夏のイメージが強いデッキシューズ。しかし、今の時期の着こなし合わせて履くのもありなんです。そこでここからは、秋冬編と春夏編と分けてデッキシューズを取り入れたコーデをお届け。見て納得のおしゃれな着こなしのみを厳選してご紹介します。

▽秋冬コーデ×デッキシューズの着こなしグッドサンプル

一見するとミスマッチに思える秋冬シーズンとデッキシューズのコンビ。しかしレザーやスエードなどの重みのある素材を選んだり、逆に重たいアウターを軽量に見せるライト素材を選んだりするなど、コーデのバランスを見て選べば違和感なくまとまることを証明するコーデを10スタイルお届けします。

フランスのワークウェアブランド『ダントン』のワークジャケットにブルーデニムを合わせたワントーンスタイル。足元も同色のデッキシューズを取り入れつつも、秋冬らしくソックスを重ねて季節感を意識したのがポイントです。

ネイビーのニットに花柄シャツでファニーにまとめながらも品のある絶妙なバランス感で仕上げた着こなし。トレンドのジョガーパンツにデッキシューズを合わせて、ややカジュアルにまとめました。

シックなネイビーのレザーのデッキシューズなら、軽快になりすぎず冬の着こなしともすんなりマッチ。肌が見えるか見えないかのギリギリに設定したパンツの丈がポイント!

ニットのダッフル×ダウンジャケットのレイヤードのあったかコーディネート。ブラウンレザーのデッキシューズで上品に仕上げています。ニットと色をそろえたソックス使いにも注目です。

自転車にも乗れるジャケパンコーデをテーマにした着こなしは、足元に品のあるデッキシューズをチョイス。ラフすぎず、カチッとし過ぎない大人の休日ジャケパンコーデを見事体現したグッドサンプル。

デニムで崩したジャケパンコーデは、トップスにジャケット・ニット・シャツを合わせて重厚感がある分、足元にデッキシューズをチョイスして軽快さを演出。パンツはロールアップすることで、抜け感のある着こなしにまとめました。

スモーキーカラーのスタジャンを主役に、パンツもホワイト系をチョイスして重たくなりがちな冬コーデのイメージを一新する着こなしを実現。足元にはトリコロールカラーのデッキシューズを採用し、着こなしイメージそのままに軽快に仕上げています。

トレンドアイテムから定番アイテムとなったチェスターコートは、ベージュを選ぶことでデニムとも相性よくなじませることに成功。足元は白のデッキシューズをセレクトし、明るめのコーデ配色を崩さないよう取り入れました。

ピーコートに、ボーダートップス、足元はデッキシューズで、冬のマリンスタイルを構築。ダークトーンになりがちな冬コーデですが、ボーダーやホワイトを挿すことで爽やかに仕上げています。デッキシューズの配色がアクセント!

ベーシックなステンカラーコートに白ニットのクリーンな着こなし。トップスにボリュームが出る分、ボトムスはロールアップ&デッキシューズで軽快に仕上げた好例です。秋冬にもかかわらず肌見せした抜け感がキメテ。

▽春夏コーデ×デッキシューズの着こなしグッドサンプル

言うまでもなくデッキシューズが映える春夏シーズン。軽快かつファッショナブル、そして落ち着きある大人っぽさも加味した着こなしを10スタイルどうぞ。

シアサッカー地のジャケットにホワイトデニムで清涼感たっぷりに仕上げたジャケパンコーデ。ネクタイとバッグをカモフラ柄でユニークさを出しつつ、足元は『パラブーツ』のデッキシューズで軽快かつ大人っぽくまとめました。

花柄ショートパンツやデッキシューズで着こなす、ラフな休日スタイル。すんなり街着としてなじんでいるので、色みをブラウンベースで落ち着かせているから。さらっとカーデを羽織って大人のきれいめカジュアルを実現。

ボーダーT×ホワイトショーツ×デニム地のデッキシューズで清涼感たっぷりなスタイリング。ネイビーのシャツでコーデを締めて、きれいめカジュアルにまとめています。

バンドカラーのロングシャツを主役にした、シンプルながら存在感のある着こなし。パンツはハンパ丈のホワイトカラーでシャツのアクを弱めつつ、デッキシューズと合わせて清涼感あるコーデに仕上げました。

ボーダーのバスクシャツにデニム、デッキシューズと大人のカジュアルコーデのお手本ともいえる王道の着こなし。黒のハットでラフになりすぎないよう調整したのがポイント。

シンプルなグレーのカットソーは膝上丈ショーツで長短差をつけて、メリハリあるコーデにまとめるのが大人っぽく仕上げるセオリー。デッキシューズで品を味付けしつつ、ストローハットで季節感もしっかり加味して。

真夏なら白T×ショーツのラフな着こなしに、キャンバス地のデッキシューズがよく似合います。ビビッドな赤がコーデの好アクセントになって、メリハリのある着こなしに仕上がっています。

非常にシンプルなカジュアルコーデ。ここにスニーカーを合わせるとカジュアルになりすぎるので、デッキシューズで大人な要素を加味しつつ、ニット帽でアクセントをつけたのがポイントです。

ボーダーTシャツにホワイトパンツ、そしてデッキシューズ。マリンスタイルの王道ともいえるコーデは、トートバッグもキャンバス地を選ぶことで雰囲気をキープしながらもタウンな着こなしに昇華しています。

目を引くグリーンのボーダーTが主役のコーディネート。ブルー×グリーンのデッキシューズの色を拾って、ニット帽でも色をプラスし、統一感のある着こなしにまとめています。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る