コロニアルカラーで実現!大人のきれいめミリタリー

カジュアルと並んで根強く人気のミリタリーコーデ。今季は春夏の注目色であるコロニアルカラーを使ったきれいめミリタリーが大人男性におすすめです。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2020.02.05

「春夏の注目色!」といわれているコロニアルカラーって何色?

「春夏の注目色!」といわれているコロニアルカラーって何色?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コロニアルとは、”コロニー(=植民地)”から名づけられたもので、17~18世紀の植民地時代の服装がコロニアルスタイルと呼ばれています。こうしたファッションに代表されるベージュやカーキ、ホワイトなどの淡い色みの総称がコロニアルカラー。やわらかく、上品な色みに現在注目が集まっているのです。

合わせて読みたい:
清潔感がキーワード。カーキのアウターで作る春コーデ

コロニアルカラーで作る“きれいめミリタリー”とは?

今回の記事で提案するのは、コロニアルカラーをメインにした大人らしいきれいめのミリタリーファッションです。カジュアルのカテゴリに入りつつも、定番のアメカジとはまた異なる表情が魅力。その特徴を具体的に紹介します。

特徴1

ミリタリーの要素を残しつつも現代的なルックス

ミリタリーの要素を残しつつも現代的なルックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コロニアルカラーは土くさい色みがメイン。また、その出自からミリタリーテイストに区分されますが、今季は“よりシンプル”なデザインのトップスやパンツが目白押し。これらを組み合わせることで、今の気分にマッチする上品なミリタリーファッションが楽しめるのです。

特徴2

春夏の爽やかな季節感にマッチする色み

春夏の爽やかな季節感にマッチする色み

WEAR

WEAR

お気に入り追加

淡いトーンが中心のコロニアルカラーは、春夏の暖かな気候のなかで着たい色みです。とくに今季はライトブルーのデニムパンツや白スニーカーなどの淡い色みが人気ですから、コロニアルカラーとも相性よく馴染むはず。

特徴3

程良くカジュアル、程良くきれいめに着こなせる

程良くカジュアル、程良くきれいめに着こなせる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カジュアルな要素がありつつも、大人の男性に不可欠な品のよさが残るコロニアルカラーは、ここ数年で人気となったスポーティなコーデとも相性抜群。合わせるアイテムを選ばず、それでいて上品なムードをアシストできるため、今~初夏のコーデには積極的に取り入れていきたいところ。

コロニアルカラーを楽しむためのマストバイウェア

ここで紹介するのは、コロニアルカラーを使ったウェアをはじめとするアイテムたち。注目色をより現代的に見せるデザインにも注目です。

アイテム1

”ベージュのジャケット”からはじめてみよう

”ベージュのジャケット”からはじめてみよう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

きれいめなミリタリーを楽しむうえで狙いたいのはやはりジャケット。とくに春はリネン素材が気分です。ブルゾンタイプならばテーラードジャケットほどかしこまった印象ではないものの、品よく着飾ることが可能。1着あると何かと重宝するでしょう。

アイテム2

”リネンシャツ”の色みで差をつける

”リネンシャツ”の色みで差をつける

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リネンシャツといえば、白やネイビー、ライトブルーが定番。ただし、今季新たに買い増すのであればベージュやカーキなどのコロニアルカラーも視野に入れてはいかがでしょうか? リネンジャケットとの相性がよく、今っぽさも確実にアップするので狙い目ですよ。

アイテム3

今季は”インナー”も大人色で上品に

今季は”インナー”も大人色で上品に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏の定番といえば白Tシャツですが、今季はあえてコロニアルカラーのインナーも手にしてみては? 1枚でも品よく着こなせますし、同系色のジャケットやシャツとも相性よく、バランスのとれたコーデに仕上げることができますよ。

アイテム4

”カーゴパンツ”はモダンなシルエットをチョイスして

”カーゴパンツ”はモダンなシルエットをチョイスして

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ミリタリーファッションには欠かせないのが、カーゴパンツ。ゆったりとしたサイズ感を選びたいところですが、今季的に着こなすのであれば、テーパードシルエットがおすすめです。前述したサファリジャケットやリネンシャツはもちろん、白Tシャツをはじめとする夏の定番トップスと合わせても上品にまとめられます。

アイテム5

キザに見せない”白パンツ”、使えます

キザに見せない”白パンツ”、使えます

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

TASCLAPでプッシュしている白パンツも、きれいめミリタリーで活用できるアイテムのひとつ。クライミングパンツであれば、上品な見た目とはきやすさが両立できますよ。

アイテム6

”ライトブルーのデニムパンツ”でこなれ感を

”ライトブルーのデニムパンツ”でこなれ感を

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ライトブルーはコロニアルカラーと馴染みやすい色みのひとつです。というわけで、当然のごとくライトブルーのデニムパンツがイチ押し。こちらも『グラミチ』ですが、リアルなユーズド加工が施された一本ならばミリタリー系のトップスとも相性抜群。テーパードシルエットのため、きれいに着こなすことができるはず。

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集

「コロニアルカラーって難しい」。いえいえ、そんなことはありません。組み合わせるアイテムやカラーバランスさえ整えれば、誰にでも実戦可能。ここで紹介するコーデを参考に、春夏はきれいめミリタリーを楽しみましょう。

コーデ1

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのミリタリージャケットを上品に着こなしたコーディネート。インナーにはベージュと相性がよいライトグレーを、足元はアンクル丈のパンツと革靴で引き締めています。すぐにでも実践できそうなきれいめミリタリーは鮮度が高いのでおすすめですよ。

コーデ2

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下ともにコロニアルカラーで着こなしたコーデサンプル。上下の色みのトーンで濃淡を作りつつ、足元にはホワイトのスニーカーを差して上品に。インナーやストールのカラーバランスも見事で、土くさいアイテムを合わせながらも野暮ったさは回避しています。

コーデ3

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カジュアルなアイテムを組み合わせながらも、コロニアルカラーを主役にすることで上品な着こなしに。黒のバックパックでスポーティなムードを加味している点が今季らしいですね。

コーデ4

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

サイジングの妙がさえる、大人らしい着こなしです。カーキのミリタリージャケット、ベージュのチノパンツというミリタリー感満載の組み合わせですが、体のシルエットに沿ったジャストサイズをセレクトすることで、品のよさをキープ。足元にはスリッポンをセレクトし、抜け感を演出している点も◎。

コーデ5

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下ともにカーキで構築したコロニアルなファッション。インナーのTシャツや足元のサンダルで軽快さを演出しているため、程良くクリーンな印象も加味されています。

コーデ6

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのインナーやカーキのジャケットに、ネイビーのパンツが絶妙にマッチ。足元のスニーカーはクリーンなホワイトをセレクトし、きれいめミリタリーを体現しています。

コーデ7

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フード付きのベージュブルゾンに白パンツというクリーンな組み合わせに、足元の『コンバース』で遊び心をプラス。控えめな色みをメインに据えながらも、足元でインパクトを狙った上級者の着こなしに拍手。

コーデ8

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 8枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

色褪せたデニムパンツとベージュの色みがバランスよくまとめられたコーディネートです。シャツの色みに合わせて、足元にベージュのスエードシューズをセレクトした点も好印象。コロニアルカラーをカジュアルに落とし込んだコーデの好例ですね。

コーデ9

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 9枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーカラーでまとめたトップスに白のパンツを合わせたクリーンな着こなしです。コロニアルカラーで統一しているため、まとまり感のあるコーデに仕上げています。

コーデ10

コロニアルカラーを使ったコーデサンプル集 10枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベージュの濃淡でグラデーションを構成したトップスと、ライトブルーのデニムパンツが好相性。ローファーで引き締めることで、カジュアルなコーデに程良く品のよさをプラスしています。

合わせて読みたい:
ミリタリーシャツは程良く品良く着こなすのが今っぽい

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

ミリタリーファッションが大人に味方する5つの理由

街でもOK! メンズおすすめの本格ミリタリーブランド

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

ミリタリー系もテーラード系も。流行のカーキジャケットについて知りたい!

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND