大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

メンズの定番ブランド『ディッキーズ』の魅力を大人ならではの視点で振り返り、定番モデルから最旬のおすすめモデルまで『ディッキーズ』の“良さ”を語り尽くします!

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』とは?

『ディッキーズ』とは、1922年にアメリカのテキサス州に端を成すワークカジュアルブランドで、C.N.ウィリアムソンとE.E.ディッキーという2名の共同創業者によって誕生しました。ワークパンツやワークシャツ、つなぎなど実用性を重視するアイテムが展開されてきましたが、現在ではバッグをはじめとするカジュアルなアイテムもラインアップされています。

『ディッキーズ』の定番はやっぱり“874”

一見して「874だ」という方も多いであろうこちらのモデルこそ、『ディッキーズ』の大定番。おそらくは学生時代に脚を通した方も少なくないハズ。そんな874モデルは、大人になった+CLAP Men世代のあなたにも十分はきこなすことが可能なモデル。あのころを懐かしみつつ、また新たな1本を手にするのもおすすめですよ。

『ディッキーズ』874の魅力を掘り下げてみよう

「すでに知ってます」という声が聞こえてきそうなテーマですが、これだけは語らせてください。やはり874の魅力を知らずして『ディッキーズ』を語ることは難しいのです。というわけでさっそく、『ディッキーズ』874が持つ魅力を、泣く泣く3点に集約して紹介します。

魅力1

実用性が高い丈夫な素材感

これです。どんなシーンではいてもシルエットが崩れず、生地がほつれない頑強な素材感こそ『ディッキーズ』が得意とするところ。丈夫であることが実用性に結びついている要因ですが、「好きなシルエットが崩れない」という点は最大の魅力です。

魅力2

男らしいストレートシルエット

ここ数年ではテーパードシルエットが人気ですが、「男子たるもの、やはりストレートなシルエットが好み」という方も多いのではないでしょうか? そんな男らしい見た目こそ、874モデルの人気が絶えない理由のひとつなのです。

魅力3

経年変化後の“味”はジーンズに勝るとも劣らず

ジーンズの経年変化は、男性の多くが引かれる特長のひとつ。でも、『ディッキーズ』の874モデルの表情が変化していくサマもデニムに劣らず楽しいものです。自らがはき込んだ味が年数の変化とともに見た目に現れるので、まさに自分のための1本に育て上げることが可能な点も魅力ですね。

『ディッキーズ』874を使った大人のカジュアルコーデ

874モデルを愛用している大人は少なくありません。愛用しているとはいっても時代とともに組み合わせやはき方を変えて、現代的なコーデに落とし込んでいるのです。その手法の一部を、874をおしゃれにはきこなしているコーデサンプルからピックアップしました。

コーデ1

Tシャツのプリントとボストンバッグをカモ柄で揃え、他をモノトーンでまとめたバランスの良いコーディネート。全体的に武骨な印象の漂う着こなしは、『ディッキーズ』874の男前なストレートシルエットのおかげです。

コーデ2

ベレー帽や半袖シャツなどできれいめにまとめたコーディネートも、ディッキーズのストレートシルエットをプラスすることで、男らしい一面を併せ持ちます。トップスのインナーにはホワイトのTシャツを足して爽やかさも補完。

コーデ3

ベージュに少々のグリーンを足した、カーキカラーの『ディッキーズ』874は、ネイビーのTシャツを相性バツグンですね。トップスにジャストサイズを選ぶことで、ストレートで武骨な『ディッキーズ』874の印象がいっそう際立ちます。

コーデ4

『ディッキーズ』874のベージュカラーと程よく引き立てあい、開放感のあるカラーコーデとなっています。全体的に直線的なシルエットが男らしい仕上がり。

コーデ5

男らしい表情が魅力の『ディッキーズ』874を、スモーキーピンクのコーチジャケットで柔らかくハズした奥行きのあるコーディネート。足元はローテクスニーカーで、シンプルかつ軽快にまとめています。

アップデートした大人仕様の『ディッキーズ』。おすすめを一挙公開

定番モデルは捨てがたいのですが、時代の気分に合わせて進化している点も『ディッキーズ』の魅力のひとつ。ここでは、同ブランドがどのようにアップデートされ、どんなモデルがリリースされているかをチェックしていきましょう。

『ディッキーズ』はどう変わったの? 進化した特徴をピックアップ

『ディッキーズ』が取り入れた“旬な気分”を具体的に解説。アップデートしたパンツから、どのように仕様が変更されているかを見ていきましょう。ここでは進化したモデルから3つの特徴をピックアップして紹介します。

特徴1

洗練されたシルエットで大人顔に

大人らしく、より今っぽくはきたいパンツに共通するのは、洗練されたシルエットであること。武骨な874のシルエットが大好物だという方も、“きれいめ”の『ディッキーズ』を試してみる価値は十分にアリ。カジュアルなファッションが好みの方ならば、874と合わせてゲットしておいては?

特徴2

デザイン性が向上し旬顔もラインアップ

デザインのディテールが変更されていることも、アップデートした『ディッキーズ』のパンツの特徴です。わかりやすいのは、パンツの裾がリブ仕様に変更されたこちらのモデル。旬のスポーティーな気分を、パンツ一本で味わうことが可能です。

特徴3

購入してすぐに“こなれ感”が出せる

『ディッキーズ』874モデルの魅力のひとつが“経年変化”。愛用すればするほどに、生地に“らしさ”が現れる様子は、男性の大好物ではないでしょうか。とはいえ、そこまではき込むためには時間が必要であることもまた事実。そこでおすすめしたいのが、アップデートされたモデルたち。中にはダメージ加工などが施されたり、はき込まれた表情が施されたりと、購入直後からこなれた『ディッキーズ』を楽しむことができるものも展開されています。

生まれ変わった『ディッキーズ』。おすすめはこの10モデル

アップデートした『ディッキーズ』のなかでも、今買うべき10モデルを厳選しました。旬を取り入れたい方や「874とは別のモデルも試してみたい」という方は、ぜひチェックしてみてください。

アイテム1

ストレッチナローパンツ

やや深めの股上ながらも裾に向かってテーパードされていることで、シルエットがすっきりとした細身にアップデート。また、ポリウレタンが配合されたストレッチ性の高い生地を採用している点も現代的な仕様です。

アイテム2

サイクリング裾リブパンツ

同ブランドの定番素材・TCツイルを採用し、ひざ部分の切り替えによって動きやすいパンツに仕上がっています。裾にリブが付けられているジョガーパンツのルックスは、まさに旬。カジュアルからきれいめまであらゆる着こなしに相性の良い1本です。

アイテム3

ストレッチスキニーワークパンツ

武骨な874とは正反対の洗練されたシルエットが印象的なスキニーパンツ。同ブランドのなかではもっとも細い部類の形ながらも、伸縮性のある素材のためはきやすさは快適です。レッグラインをきれいに見せるパンツを探している方は、こちらのモデルも視野に入れては?

アイテム4

ラスティーペインターパンツ

ットン65%、ポリエステル35%の素材を採用したラスティーシリーズから展開しているペインターパンツ。スタンダードなペインターパンツのデザインではありますが、ワーク色が抑えられたシルエットのため、合わせるトップスを選ばない1本です。

アイテム5

ストレッチジョッパーズパンツ

ひざ下から細くなるジョッパーズパンツは、もも回りが気になる男性でもおしゃれにはきこなせる頼れる1本。ジョッパーズタイプとはいえ、ひざ上下のシルエットのメリハリが強くないため、日常着として活用することができます。

アイテム6

『フリークスストア』別注タックアンクルパンツ

アンクル丈という今の気分にマッチする丈感が魅力。定番のストレッチツイル生地を使用し型を別注しました。ややワイドな作りなので、リラックス感のある履き心地を楽しむことができるでしょう。同素材のワークジャケットも展開。

アイテム7

ブロークンサテンストレッチエクストラスリムパンツ

874よりも細く、スキニーほどにタイトではないシルエットが特徴。製品染めを施した後に天然の軽石と一緒にウォッシュ加工をかけることでヴィンテージ特有のアタリを実現したという素材感も魅力です。

アイテム8

裏起毛スウェットパンツ

裾のリブ仕様がスポーティーなムードを演出するスウェットパンツ。旬なスポーツミックスのコーディネートにも重宝する旬なモデルですから売り切れる前に手に入れたいところでは?

アイテム9

『ニコアンド』別注ワイドテーパードパンツ

『ニコアンド』による別注アイテムの特徴は、程よいワイドシルエット、テーパード、アンクル丈、裾のカットオフなどトレンド感が満載。合わせるトップスを選びません。素材は、TCツイルをソフトにした生地を採用しているため、はき心地も申し分なし。

アイテム10

コードストレッチスリムパンツ

綿コードストレッチ素材を使用したハリのある生地にストレッチを加えた、ストレスなくはけるスリムパンツ。オーバーサイズのトップスと組み合わせて、メリハリを楽しむのもアリですね。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る