大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

深澤 正太郎

2020.03.23

ディッキーズ(Dickies)
ボトムス
ワークパンツ
チノパン

『ディッキーズ』のド定番アイテム。「874ワークパンツ」は、こんなに実用的

『ディッキーズ』は、1922年にアメリカのテキサス州に端を成すワークカジュアルブランドで、C.N.ウィリアムソンとE.E.ディッキーという2名の共同創業者によって誕生しました。ワークパンツやワークシャツ、つなぎなど実用性を重視するアイテムが展開されてきましたが、現在ではバッグをはじめとするカジュアルなアイテムもスタンバイ。そんな幅広いアイテムを展開する『ディッキーズ』の中でも定番アイテムとして愛されているのが「874ワークパンツ」です。精悍なストレートシルエットはそれだけで男らしさを物語りますが、素材や加工による実用面の魅力も押さえましょう。

素材はコットン35%×ポリエステル65%を採用した綾織のツイル素材、さらには表面に雨や汚れなどから衣服を守る“スコッチガード”が施されているため、環境や天候を問わずガシガシはけるタフさも頼もしいところ。8.5オンスという生地の厚みや約4cmもある太めのベルトループも「874ワークパンツ」のタフネスにつながっています。このような丈夫で実用的な側面こそが、スケーターをはじめとするストリートシーンで重宝される理由なんです。

実用性はもちろん、「874ワークパンツ」はサイズやカラー展開が豊富であることも特徴。ジャストサイズではくか、サイズアップしてはくかによって印象はかなり異なります。ルーズにはくのも“らしさ”がありますが、筆者としてはジャストサイズ、もしくは2インチほどサイズアップしつつ、裾丈は短めに直しくるぶしの位置におさまるようにカットする、あるいは丈をつめるはき方がおすすめです。ストリートライクな装いでも大人らしさが漂いますし、クリーンなシャツと合わせても違和感なく馴染みます。つまり、実は着こなしの幅も広いということ。「ストリートなファッションは敷居が高い」と感じていらっしゃる方も、ぜひ一度トライしてみては?

ご存じの方が多いかもしれませんが「874ワークパンツ」は購入時には表面が糊でコーティングされているため、“パリッ”としたはき心地です。ひょっとすると「ゴワゴワするな……」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、はいて洗ってを繰り返すと、コーティングが落ちて肌に馴染む生地感に変化します。アタリがついたり、表面の色みが少しずつ変化したりと、長く愛用することで“自分ならでは”の1本に仕上げられるのは、ジーンズの経年変化に似ているかもしれません。育てる楽しみがある、という側面もまた「874ワークパンツ」が愛される理由なんです。

「874ワークパンツ」が好きなら押さえたい、“874”のバリエーション

冒頭より解説している写真の「874ワークパンツ」は『ディッキーズ』の代表作。その骨太な印象を継承しつつもいくつかのディテールを変更したモデルも展開されています。

派生モデルとして押さえたい1点目が、「874 フレックス ワークパンツ」です。同アイテムはシルエットはもちろん、撥水性や防汚効果、型崩れしにくいスコッチガードの特徴を備えている点は「874ワークパンツ」と同様。ただし、8.2オンスであったり、伸縮性があったりとオリジナルよりもアクティブに活用できることが特徴です。

2点目に紹介するのは、日本人の体型に合うよう、股上はやや低く、もも周りから裾までが少々タイトになった「WD874ワークパンツ」です。「874が欲しい」からといってもシルエットが異なるので、店頭やインターネットでリサーチをする際は“WD”の有無に注意してください。

もっと知りたい『ディッキーズ』のパンツ。別注モデルなら旬の1本が見つかる

「874ワークパンツ」を中心に『ディッキーズ』のパンツならではの魅力をお届けしてきましたが、以下では人気セレクトショップによる別注モデルをご紹介。いずれも各ショップの個性やマインドが反映された必見モデルばかりです。874はすでに自分流にはきこなしている方や装いに旬度を加えたい方は、ぜひ着こなしに取り入れましょう。

別注モデル1『ディッキーズ』×『ジャーナルスタンダード』

『ディッキーズ』ならではのハリ感はそのままに、さらにワイド感を強調した1本。クリーンな印象の白は1本あると重宝すること間違いありません。

別注モデル2『ディッキーズ』×『アーバンリサーチiD』

ライトウェイトのT/Cツイルストレッチクロスをボディに採用した1本。ルーズ×テーパードという現代的なシルエットのアレンジが『アーバンリサーチiD』ならでは。同素材のテーラードジャケットと合わせてセットアップで楽しみたいアイテムです。

別注モデル3『ディッキーズ』×『ベドウィン』

定番の「874」をベースにしつつ、細やかなディテールワークで差を演出する別注モノ。シルエットは言わずもがな、カットオフだったり、ウエストのベルトだったりと現代的なアレンジが盛り込まれています。

別注モデル4『ディッキーズ』×『マージン』

『ディッキーズ』の素材感をスマートな9分丈仕様に別注。ストレッチ入りのため動きやすさも確保されています。革靴とも好相性な『ディッキーズ』としてチェックしておきたい1本です。

別注モデル5『グラミチ』×『ディッキーズ』×『フリークスストア』

少々変わり種ですが、『グラミチ』×『ディッキーズ』×『フリークスストア』の1本もチェックしておきたいアイテム。『グラミチ』の2大機能と『ディッキーズ』の素材という共演は、ありそうでなかったコラボレーションです。

ディッキーズのハーフパンツをこの夏、コーデに取り入れるなら

ディッキーズのハーフパンツをこの夏、コーデに取り入れるなら

TASCLAP世代の定番パンツブランド『ディッキーズ』。夏のハーフパンツにおいても、同ブランドは重宝します。その魅力をあらためて検証してみましょう。

伊藤 千尋

まずは王道・ディッキーズから。人気復活のオーバーオールをはきこなそう

まずは王道・ディッキーズから。人気復活のオーバーオールをはきこなそう

コーデに旬な変化が与えられるオーバーオールの注目度が上昇中。おすすめブランドは大定番の『ディッキーズ』です。アイテムのバリエーションから着こなし法までご紹介!

平 格彦

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    深澤 正太郎

    アイテムリスト

    BACK