香りの効果でリラックス。心を癒やす休日の香水12選

香りの効果でリラックス。心を癒やす休日の香水12選

香りは気分と直結するもの。オフの日には、かぐだけで気分がゆるむ香りがおすすめです。今回は、平日のストレスを開放し、リフレッシュできる香水を紹介します。

村上 朋子

2016.05.13

香水・フレグランス

リラックス上手な男は、休日の香りにもこだわる

オンタイムは都会的で力強い香りで自分を演出しても、休日はそのイメージを脱ぎ捨てたい。恋人と過ごすひと時に合う、リラックス系の香水を選ぶにはポイントがありました。

▼気分転換できるみずみずしい香りは、春~夏向け

春~夏は、脳をすっきりさせる香りが季節感があって◎。ジメジメしたり、暑かったりとストレスを抱えるシーズンですので、香りの力に頼ってリフレッシュしては?

リラックス上手な男は、休日の香りにもこだわる

リラックスできる香りといってすぐに連想するのが、みずみずしくて爽快感があるシトラス系や、森林浴でもしたかのようにフラットな心に導いてくれるグリーン系。マリン系もおすすめです。

アイテム1『ロクシタン』セドラ

セドラとは、南仏コルシカ島に原生し、レモンの原種といわれる果実。ジューシーさのなかに野性味をたたえた香りが、疲れた脳をさわやかに刺激します。清潔感あふれるこの香りをきらいな女性はいないはず! ほんのり香るビターなウッディノートがアクセント。

アイテム2『ローパケンゾー』プールオム

シトラス系+アクア系で水の流れを表現した香水は、まさに心が洗われるようなリフレッシュ感をもたらしてくれます。新緑の季節から夏の暑い盛りにかけて活躍する、清涼剤のような香水。同シリーズで女性用もそろうため、カップルで癒やしの香りをまといたい!

アイテム3『クリーン』ウォームコットン

シャワーを浴びて身も心もすっきり、その後に肌触りのいいタオルに包まれる……そんな極上のリラックスタイムを香りで体験できます。シトラスノートから始まり、アンバーやムスクのセクシーな香りに変化するため、恋人とゆったり部屋で過ごす休日に最適です。

アイテム4『ディプティック』ヴェチヴェリオ

男性らしいベチバーの香りと女性的なローズとが、バランスよく香るフレグランス。香水が好きな方ならばご存じであろう『ディプティック』は、ほかの香りもおすすめです。

▼アクティブな休日は、香りでリフレッシュして!

アウトドアで活動的に過ごしてリフレッシュしたい休日にも、香りで心から気分転換を図りたいもの。出かける前に香りをまとって、休日の気分を盛り上げましょう。

『ディプティック』ヴェチヴェリオ 2枚目の画像

マリン系の香りはもちろん、石けんのようなシャボン系の香りもおすすめ。ユニセックスなものが多く、恋人と過ごすオフタイムにぴったりです。

アイテム1『プラダ』ルナロッサ

活動的に過ごす夏の休日には、ヨーロッパで人気の高いアクティブスポーツ・セイリングをモチーフとした香水を。ジンジャーのすっきりした香りに、バニラやタバコノートなどがブレンドされているため、男らしいセクシーさが表現できて非日常にひたれます。

アイテム2『アニックグタール』イルオテ

ラグジュアリーな香りに包まれて心を解き放ちたい。そんな願望を実現しくれるのが、ホワイトムスクやマンダリン、お茶の葉の香り。アジアの旅行にインスピレーションを受けて作られた香りだけあって、日本人にも親しみやすく、ゆったり身を任せたくなります。

アイテム3『カルバン・クライン』エタニティサマー フォーメン2016

トップノートでは、フレッシュバジルやウォーターメロンの香りとエネルギッシュに溶け合い、ミドルノートでは、カルダモン、ラベンダー、タイムのはじけるような香りが、マスキュリンでクールなムードを演出します。夏の気分にマッチするフレグランスの一種です。

アイテム4『サンタ・マリア・ノべッラ』ミモザ

ほのかに苦みを感じる香りをベースにしながらも、甘さも加味した繊細な香りが持ち味。香調は落ち着くものの、あまり激しく変わることもなく長く香り続ける点も特徴です。

▼秋~冬は、大人っぽくあたたかな香りに癒やされる

寒い季節の香り選びは、爽やかさを重視するのではなく、あたたかみを感じるものが正解です。ただし、付けすぎるのは厳禁。あくまでも、ほのかに香る程度にまといましょう。

『サンタ・マリア・ノべッラ』ミモザ 2枚目の画像

あたたかみのある香りといえばウッディ系や、バニラ系のような甘い香り、オリエンタル系をはじめとする重めの香り。グリーンティーやダージリンティーなどお茶系の香りも、日本人には人気。落ち着きのある香りで、恋人との距離も近くなる!

アイテム1『カルバン・クライン』エタニティ フォーメン

男性のためのフレグランスのなかでもロングセラーとして知られるのがこちら。クールな印象のトップノートから、森林の温かさを感じさせるラストノートまでの好調の変化が魅力です。

アイテム2『コム デ ギャルソン パフューム』コム デ ギャルソン 2 マン

ウッディななかに甘さを感じる香りで、大人の男性にはぴったりのフレグランス。香調が重厚なので、秋冬のフレグランスとしておすすめです。

アイテム3『ブルガリ』プールオム ソワール

ダージリンティーやベルガモットを感じさせるトップノートから、大人の男性らしいウッディな香りへと変容する『ブルガリ』プールオム ソワール。爽やかさや甘さを控えたい男性におすすめのフレグランスです。

アイテム4『シャネル』アリュールオム スポーツ

フレッシュとセンシュアルの香りを強調した香調。大人らしい格調の高さを備えつつも、爽やかさも加味したバランスのとれた香りです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    カルバンクラインの香水。大人が好むフレグランス19選

    カルバンクラインの香水。大人が好むフレグランス19選

    『カルバンクライン』の香水は、「シーケーワン」をはじめとする名作ぞろい。香水初心者はもちろん、使い慣れている方にもおすすめできる幅広いラインアップを紹介する。

    村上 朋子

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    香水はいい香りを漂わせるだけでなく、印象付けにも効果的。だからこそ、自分が演出したい雰囲気に合わせて、香水を選ぶことが重要なんです。おすすめの香水を紹介します!

    植木 麻利子

    何がおすすめ? 美容ライターが選ぶブルガリの人気香水10選

    何がおすすめ? 美容ライターが選ぶブルガリの人気香水10選

    『ブルガリ』の香水はメンズ香水の定番として知られています。人気の背景や『ブルガリ』ならではの魅力、そしておすすめの『ブルガリ』の香水をご紹介。

    大島 有希

    トムフォードの香水、その魅力とおすすめラインアップ

    トムフォードの香水、その魅力とおすすめラインアップ

    ほかのブランドとは一線を画すこだわりの香水といえば、『トム フォード』のフレグランス。限られた大人の香水の世界を、あなたものぞいてみませんか?

    大島 有希

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK