ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの定番ブランド『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力です。なかでも支持率が高い「L1212」、その特徴とスタイリングを解説します。

モチヅキ アヤノ

モチヅキ アヤノ

SHARE
記事をお気に入り
2021.07.05

改めて再確認。『ラコステ』の名作ポロシャツ「L1212」とは

改めて再確認。『ラコステ』の名作ポロシャツ「L1212」とは

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

この世のポロシャツは、『ラコステ』の「L1212」がなければ生まれていないと言っても過言ではありません。フランスのテニス選手であり優れた発明家でもあったルネ・ラコステ氏により、プレー時に動きを阻害せず紳士のスポーツとしての品位は保てるようにと開発されたテニスウェアが始まりです。それまで布帛シャツ一辺倒だったテニス界に衝撃をもたらした鹿の子素材を継承しつつ、時代によってマイナーチェンジを繰り返しながらそのオリジンたるオーセンティックなルックスを維持し続けてきました。

ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

ウェア・コーデ

ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

夏を乗り切るために、Tシャツに快適性を求める方は多いはず。そこで重宝するのが、ブランドの代名詞である鹿の子素材を使った『ラコステ』のTシャツです。

近間 恭子

2021.06.22

ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

スニーカー・シューズ

ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

『ラコステ』といえばポロシャツですが、メンズスニーカーもおすすめ。シンプルで汎用性が高く、履きやすい。そんな『ラコステ』のスニーカーをコーデとともに紹介します。

TASCLAP編集部

2019.07.29

『ラコステ』の名作のポロシャツ「L1212」の魅力とは

『ラコステ』の名作のポロシャツ「L1212」の魅力とは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

数十色にもわたるカラーバリエーションがあることや、長らく多くの人に愛されてきた歴史もまとめて「L1212」の魅力。ですがなんといっても、トレンドを問わず多様なコーディネートに合わせられる普遍的なデザインが最大の長所でしょう。フレンチカジュアルからヒップホップまで合わせられるシャツといわれているほど、汎用性が高いのです。

体型にフィットする日本企画と当時を忠実に再現した祖国モデル

日本で流通している「L1212」にはフランス企画版と日本企画版の2種類があり、それぞれのメリットがあります。それぞれのポイントを考慮して、より自分のワードローブに馴染むお気に入りの1枚を見つけましょう。

日本企画の「L1212」

日本企画の「L1212」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本人男性の体型に合わせた、スリムタイプとして流通している日本企画。他国のサイズ規格にはないSSサイズもあり、細身で小柄な方にも対応しています。ヘザーやメランジといった渋めのカラーまで幅広く用意されており、発色性が高く洗濯を繰り返しても経年変化が少ない高品質さが特徴です。

フランス製の「L1212」

フランス製の「L1212」

ALL DAY DAY LIGHT

ALL DAY DAY LIGHT

お気に入り追加

90年代なかばにコストカットのために1度休止されたフランス製ですが、2014年に復活しました。ネームタグも日本製とは異なり、1970~80年内にフランスで生産していたものを使用。ややラフな風合いが特徴で、洗濯を繰り返すことで経年変化が楽しめるのが魅力です。

『ラコステ』の「L1212」を取り入れたコーデスナップ

長年の人気と信頼をもつ「L1212」。合わせられるコーディネートの幅広さが自慢ですが、定番ゆえにちょっとしたスパイスを取り入れた着こなしが大切です。ビジネスライクなシーン、普段のカジュアルシーン両方で大活躍の1枚を、ここにある着こなしを参考に自分流に合わせてみましょう。

▼パターン1:「L1212」をきれいめに取り入れた着こなし

デートやビジネスシーンで取り入れれても、持ち前のクリーンさでそつなくこなしてくれる「L1212」。かっちりとしたブロードシャツよりも涼やかで動きやすい『ラコステ』のポロシャツは、1枚といわず色違いで何枚でも欲しくなりそうです。

コーデ1

ホワイトパンツを合わせて軽快なビズコーデに

ホワイトパンツを合わせて軽快なビズコーデに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーのポロシャツにブラックのジャケット合わせた一見ベーシックな組み合わせですが、ホワイトパンツをあわせることで軽快なビズコーデへと昇華。クロップド丈で抜け感もバッチリ。足元はレザーシューズを合わせて上品さをしっかりキープしています。

コーデ2

鮮やかなカラーをジャケパンスタイルで難なく攻略

鮮やかなカラーをジャケパンスタイルで難なく攻略

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

豊富なカラーリングが魅力の1つでもある「L1212」だけに、それを活かさない手はありません。ジャケパンスタイルのインナーは白や黒、ネイビーが合わせやすいですが、写真のように挿し色として鮮やかなカラーを合わせることで周囲との差が付けられるコーディネートに。

コーデ3

全体のトーンを揃えて大人の装いに

全体のトーンを揃えて大人の装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックやネイビー、グレーなどの落ち着いたトーンで統一した、秋の空気を感じさせるコーディネート。レザーシューズを合わせたいところですが、そこは白のスケートシューズで抜け感をプラス。「L1212」の上品さを活かした着こなしです。

コーデ4

変化球の前開きタイプで、ビズコーデを涼やかにする

変化球の前開きタイプで、ビズコーデを涼やかにする

WEAR

WEAR

お気に入り追加

開襟衿タイプの別注「L1212」をビジネスシャツの感覚で着用し、た爽やかなクールビズコーデ。ネイビーカラーをレザーバッグで拾い統一感を高めながら、ライトグレーのセットアップで夏らしい明るさを足しました。

コーデ5

大胆なカモフラをキレイめアイテムで中和

大胆なカモフラをキレイめアイテムで中和

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「L1212」にスラックス、そしてレザーシューズの合わせは鉄板中の鉄板。そこへ大胆なカモフラ柄のジャケットを1点投入! 全体的な色バランスが合っているので違和感なく中和。意外なアイテムを組み合わせたハイレベルな着こなしです。

▼パターン2:「L1212」をカジュアルめに取り入れた着こなし

普段の生活シーンで活躍しそうな、サッとラフに取り入れてみたコーデを紹介。先輩との飲み会や、友達とのちょっとしたお出掛けなどで注目されそうな着こなしをご紹介します。アウターやボトムスも幅広く合わせられそうです。

コーデ1

黒小物を効果的に使ったメリハリコーデ

黒小物を効果的に使ったメリハリコーデ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

白のポロシャツにライトグレーのボトムスを合わせたクリーンなシンプルなスタイルに、キャップやサコッシュなどの小物をトッピング。黒系の小物を合わせることでコーディネートにメリハリが生まれ、一気に大人の印象に。

コーデ2

ショーツスタイルもシックに仕上がる

ショーツスタイルもシックに仕上がる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ショートパンツにスニーカーといったラフ&イージーな組み合わせなのにどこか上品な印象なのは、全体をモノトーンでまとめつつ「L1212」を合わせたこと。多くの色を使わないことで胸元のロゴマークが挿し色としても良い仕事をしています。

コーデ3

やや細めのショートパンツを合わせてミニマルに

やや細めのショートパンツを合わせてミニマルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャストサイジングのポロシャツにバミューダショーツを合わせてミニマルに仕上げたコーディネート。オーバーサイズシルエットのアイテムに食傷気味なら是非取り入れたい着こなし。シンプルなだけに、ベレー帽や時計といった小物も活きてきます。

コーデ4

ロンTをレイヤードしてストリートスタイルを構築

ロンTをレイヤードしてストリートスタイルを構築

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1枚で十分な存在感を放つ「L1212」だけに、あえて大きめを選んで大胆にレイヤードするというのも手。ニットキャップと合わせてストリート感を演出しつつも足元には『ナイキ』のエアリフトでスポーツ感をトッピング。軽快さと上品さの絶妙なバランス感覚はお見事。

コーデ5

インナーに忍ばせてキレイめミリタリーコーデを構築

インナーに忍ばせてキレイめミリタリーコーデを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無骨なミリタリーアウターに合わせるはブラックの「L1212」。ホワイトパンツとの相性も良く、一気にクリーンな印象に。ちなみにベレー帽は『ローレール』という、『ラコステ』同様フランス生まれのブランド。小物を色や素材ではなく、”国”でリンクさせるというなんとも粋な組み合わせに脱帽です。

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ウェア・コーデ

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが重要。大人にふさわしいポロシャツの着こなし方実例を中心に、即戦力となる人気ブランドもご紹介します。

深澤 正太郎

2021.04.27

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

ウェア・コーデ

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

TASCLAP編集部

2021.06.12

ポロシャツの定番。フレッドペリーの着こなし方とおすすめモデル

ウェア・コーデ

ポロシャツの定番。フレッドペリーの着こなし方とおすすめモデル

ポロシャツの定番ブランドといえば『フレッドペリー』。品の良さを備えた1枚はまさに大人向きで高い人気を誇っています。着こなし方からおすすめモデルまで一挙ご紹介!

TASCLAP編集部

2021.07.01

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

ウェア・コーデ

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

『ポロ ラルフローレン』といえばアメリカを代表するブランドの1つで、世界中で老若男女に愛されています。その代表アイテムであるポロシャツの魅力を多角的に解説します。

平 格彦

2020.07.16

ブルックスブラザーズのポロシャツで構築する夏のスマートカジュアル

ウェア・コーデ

ブルックスブラザーズのポロシャツで構築する夏のスマートカジュアル

カジュアルで快適なのに品良く装える夏の定番アイテムがポロシャツです。なかでも『ブルックスブラザーズ』のポロシャツは至高。その魅力をたっぷりお伝えします。

髙須賀 哲

2021.07.19

モチヅキ アヤノ
モチヅキ アヤノ
国内外問わず旅行が大好きなアウトドア系ライターです。ファッションで好きなジャンルやバッグやシューズ、ストールなどのアイテムで、好みは海外ブランド寄りです。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

革靴好きスタイリストが話題の1足を徹底レビュー。GUの本革シューズは買いなのか?

衝撃的な価格設定でファッションシーンの話題をさらっている『GU』の「リアルレザーシューズ」。その真なる実力を、革靴に一家言ある人気スタイリストとともに検証します!

SPONSORED by GU

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事