5,000円以内で探す。春夏シャツの選び方&コーデの基本

着こなしの主軸たるシャツはある意味消耗品。可能なかぎり安く抑えたいと考えている人も多いでしょう。そんな人たちに5,000円以内で手に入る高コスパシャツを提案します!

5,000円以内で探す。春夏シャツの選び方&コーデの基本

アンダー5,000円のシャツは選び方と着こなし方にこだわって

アンダー5,000円のシャツは選び方と着こなし方にこだわって

今のご時世、5,000円以下のシャツは山のようにあります。しかし、その中できちんとしたクオリティーを備えているものはそれほど多くないのが事実。“安かろう、悪かろう”では意味がありません。正しい選び方、そして安く見せない着こなし方を知っておきたいところです。

安くても貧相に見えないシャツの条件とは?

ただ安いだけの貧相なシャツははっきりいって必要なし。そこに品質や見栄えが備わって、はじめて価値があるものとなります。安いけどおしゃれに見える、そんなシャツの見分け方をお教えしましょう。

ポイント1

しっかりとした生地感のシャツを選ぶのが吉!

まず見ておきたいのが生地感。安いものだと肌が透けて見えるものもあるので、一度試着するのがベストです。ある程度の肉感がある1枚なら多少汗をかいても安心して着られますし、洗濯にも強いです。

ポイント2

装飾でごまかしていないシンプルなデザインを

素材や作りのチープさを隠すために、余計なデザインが入っているシャツも少なくありません。そういったデザインはかえって安っぽく見えるので避けたほうが無難。シンプルなほうが品良く見え、着回しもききます。

ポイント3

モダンなシルエットのシャツならこなれた感じに見せられる

基本的には、程よく体に沿ったスリムフィット、もしくはゆるすぎず細すぎずのジャストフィットモデルを選ぶのが正攻法。スタイルをあか抜けて見せられます。ラインが美しいシャツは、仕立てが良い証でもあります。

5,000円以内で探す。安くて使えるシャツ12選

ここからはカジュアルシャツ編&ビジネスシャツ編に分け、安くて使えるシャツを紹介していきます。いずれも価格以上の作りを備えた費用対効果大な逸品なので要チェックです!

カジュアルシャツ編

アイテム1

『コーエン』リネンシャツ/3,888円(税込) 

コットンに良質なフレンチリネンをミックスしたボタンダウンシャツ。軽い肌触りと優れた通気性&吸湿性を特徴としており、暑さが厳しいシーズンでも快適に着られるアイテムです。

アイテム2

『ギャルソンウェーブ』ギンガムチェックシャツ/4,212円(税込)

カジュアルな中に上品さも内包するギンガムチェックシャツはマストハブ。薄手のコットン素材なので着心地も良好です。やや細身のサイズ感も今の気分にフィットしてくれます。

アイテム3

『バーナー』ワイドカラーシャツ/4,212円(税込) 

上のシャツよりもさらに細かなギンガムチェック柄が配された1枚。ドレスシャツライクなワイドカラーも印象的です。この価格でジャパンメイドを実現しているもオドロキ!

アイテム4

『レイジブルー』ストレッチオックスフォードシャツ/4,050円(税込)

快適性を追求したオックスフォードシャツ。スリムシルエットながら動きやすさ抜群のストレッチ加工が施され、吸水・発散の機能が汗ジミを低減してくれるのも心強い。

アイテム5

『グローバルワーク』デニムシャツ/4,320円(税込)

カラーも爽やかなライトオンスのデニムを使用したシャツ。春夏のスタイルにハマる軽やかな雰囲気で、インでも羽織でもアレンジがきくので着こなしの幅もぐんと広がります。

『レボ』ダブルガーゼシャツ/4,212円(税込)

柔らかな肌触りと優れた通気性が気持ち良いダブルガーゼ素材を使用した1枚。2層のガーゼ地は裏表で異なる柄を配しているので、ロールアップしたスタイリングも楽しめます。

ビジネスシャツ編

アイテム1

『クラウデッド クローゼット』シャドーストライプシャツ/4,212円(税込) 

シャドーストライプが施されたエレガンスなムードの逸品。洗濯した際の乾きが早く、しかも形状記憶性も高いイージーケアな仕様となっており、忙しい日常のパートナーとして最適です。

アイテム2

『ナノ・ユニバース』ワイドカラーシャツ/4,801円(税込)

ソフトな着用ながらも、程よくハリ感のあるピンオックス生地のシャツ。ベーシックなシルエットや、タイドアップに最適なワイドカラーなどのディテールにも要注目の1枚です。

アイテム3

『クチトゥーラ』ストライプ×織柄ボタンダウンシャツ/4,014円(税込)

爽やかなストライプ×織柄のアクセントがスタイリッシュな雰囲気を加速。背面の2本のダーツがウエストを絞り込むことでシルエットのもたつきが解消され、気になる後ろ姿もシャープな見栄えに。

アイテム4

『ザ・スーツカンパニー』ホリゾンタルカラードレスシャツ/4,104円(税込)

開放感ある襟型が特徴的なホリゾンタルカラーのシャツ。ノータイで着てもきれいに襟が開き清涼感ある雰囲気をキープできるので、クールビズにも活躍します。シワになりにくい素材感も◎。

アイテム5

『ザ ショップ ティーケー』ボタンダウンシャツ/4,309円(税込)

優れた吸水速乾性と通気性をもつ、クールマックス(R)ファブリックを使用した1枚。快適な着心地そのままのさらりとした質感とカチッとしたデザインが、知的な大人のムードを演出します。

アイテム6

『トランスコンチネンツ』クレリックセミワイドシャツ/4,212円(税込)

ビジネスコーデに華やかさを添えるならクレリックシャツがおすすめ。白無地の襟・カフスと、身頃のさり気ない色柄がドレッシーな印象を与えます。形態安定加工でお手入れも簡単。

シャツをおしゃれに着こなす。そのポイントを解説!

安っぽく見せないためには、何よりも着こなしが大事。チープに見せないコツはいたって単純で、今っぽいスタイルに仕上げればOK! 旬に見えるシャツコーデを具体的に解説するのでぜひ参考にしてみてください。

ポイント1

柄モノのシャツは白パンツと合わせてすっきり着こなす

チェックなど柄が入ったバリューシャツを今季らしく着こなす手法の1つが、ホワイトパンツとのマッチアップ。コーディネートがクリーンな印象にシフトするうえ、メリハリもつくので安っぽさを簡単に払拭できます。とくに紺系カラーのシャツはホワイトパンツと相性抜群!

ポイント2

軽快なボトムスと合わせて季節感を出すのも◎

トレンドの半端丈パンツも、シャツコーデの今っぽさアップに効果的です。シンプルな白シャツスタイルが、グッとスタイリッシュに仕上がるんです。中でもアンクルパンツは軽快感がありつつフルレングスのボトムスに近い感じではけるので、半端丈ビギナーにもおすすめ。

ポイント3

無地シャツ×無地パンツで落ち着いた大人カジュアルを狙う

無地同士のアイテムを組み合わせたプレーンスタイルは、着こなしが落ち着いた印象になるためシャツのバリュー感が前に出ません。サイズ感を細身でまとめるとより大人っぽさが高まります。ショーツなど夏らしい印象のボトムスを持ってくれば、旬感も難なく両得可能!

ポイント4

ジーンズ×白シャツのコンビネーションはやっぱり鉄板!

+CLAP Menで幾度となく紹介しているジーンズ×白シャツのコーデもおすすめ。潔い王道スタイルはバリュー服を使っても様になります。しかも、ジーンズは今季のキーアイテムとしての顔を持っているので今季らしいニュアンスも入手可。肩がけでアクセントを加えるのも良いでしょう。

ポイント5

最旬のスポーツミックススタイルもチャレンジする価値大

今挑戦したい流行スタイルとしてハズせないのがスポーツミックス。バリューなトップスを用いつつも好印象をゲットできるんです。白シャツをベースに、ボトムスや靴でスポーツ感を加えましょう。モノトーンを基調にすれば、シックさもあわせ持つ大人のスポーツスタイルをメイクできます。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る