通年コーデ可能! ビルケンシュトックの人気4大モデルがやっぱり使える

通年コーデ可能! ビルケンシュトックの人気4大モデルがやっぱり使える

人気ブランド『ビルケンシュトック』。定番のサンダルであるアリゾナやボストン、モンタナ、ロンドン、その出番は夏だけにとどまりません! 4大モデルとそのコーデを紹介。

m.aoki

2017.08.28

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK )
サンダル
定番・名作
着こなし・コーディネート

『ビルケンシュトック』とは

いまでは不動の人気を誇る『ビルケンシュトック』は、1774年創業のドイツのシューズブランドです。履き心地のよさにファンが多いですが、その秘密は人の足型にフィットするフットベッドにあり。シューズの名称は世界の都市名になっていて、人気の高いアリゾナやボストンをはじめ、モンタナやロンドンなど充実したラインアップも魅力です。

一度履けばやみつきに。『ビルケンシュトック』の履き心地はなぜいいのか

先ほど触れたとおり、『ビルケンシュトック』の履き心地は、ブランドそのものが愛される理由の1つでもあります。歩行バランスを取りやすくするために盛り上がったアーチ、足指の動きを妨げないよう設けられたフロントのスペース、かかとを安定させるヒールカップなど、フットベッドが独特の形状をしています。また、こだわり抜かれた品質の高い天然素材を使用することで、足裏の汗をよく吸いつつ通気性がいいのも特徴です。「第2の心臓」ともいわれる足と、形状、素材の面でしっかり向き合うことで、履き心地のよさを高めているのです。

気になるのはサイズ感。『ビルケンシュトック』のサイズ選び

サンダルのタイプはレギュラー幅(幅広)とナロー幅(幅狭)の2種類です。くつ下履きか素足かにもよりますが、リム内に足がきちんと収まり、ベルトと足の甲との間にむだな隙間ができないよう調節できるか確認しましょう。種類にもよるので、店頭での試着か足のサイズをしっかり測った上での購入をおすすめします。

『ビルケンシュトック』のサンダル、人気はボストン、モンタナ、アリゾナ、ロンドン

『ビルケンシュトック』のサンダルは、どんなコーディネートでも合わせやすいのが特徴。パンツの素材を選ばず、ロールアップしても太パンツを合わせてもくつ下をインしても、いずれもハマってくれるのです。つまるところ、春夏だけに出番が限られることなく、秋冬も使えるサンダルなのです。それでは、人気モデルとその着こなしを紹介していきましょう。

人気モデル@ボストン:プレーンなフォルムがかわいいモデル

『ビルケンシュトック』のなかでも売れ筋のボストンは、クロッグタイプで通年使用しやすい人気者。定番として1足は持っていたい黒レザーは、シックな印象のマット感が大人らしい表情です。履いたときに遊びができやすい甲の部分はベルトで調節し、ジャストサイズで履くのがおすすめです。

定番のオイルレザータイプもおしゃれですが、スエードタイプもオールシーズン対応で、スタイリッシュなイメージです。やさしい素材感のため、素足で気持ちよく履くことができ、見た目にも機能的にもリラックス感があります。

「ボストン」を用いたコーデをご紹介!

ホワイトとネイビーで統一感あるコーデに仕上がっているのがこちら。バスクシャツと靴下が清潔感を醸し出し、カーディガンの素材感も相まって柔らかな雰囲気に。ネイビー系のボストンは、コーデの他の色みを意識することでしっかりハマります。

ボーダー柄と白シャツといった軽やかなスタイリングには、やさしい色みのボストンがぴったり。蒸し暑い夏の日は、汗を吸収してくれるサンダルで快適に過ごしたいものです。

定番でシンプルなコーディネートのときは、一つひとつのアイテムにこだわりを。カーキのパンツはその素材感が程よくボストンとマッチ。秋になったばかりの季節にぴったりの着こなしです。

アースカラーのセットアップ、その着こなしのアクセントになっているのが濃い目のボストン。ナチュラルテイストの着こなしは、『ビルケンシュトック』のコンセプトにもぴったりです。

『シエラデザイン』のマウンテンパーカーと足元のボストン。互いのベージュの色合いがうまくリンクしたアウトドアなスタイリングです。ボーダーカットソーとホワイトジーンズが、着こなしを洗練させています。

人気モデルAモンタナ:サンダルではなく靴として出番の多いモデル

丸みを帯びたフォルムと細部にこだわりが見受けられるデザインが魅力のモンタナ。カラーバリエーションが豊富のひも靴には、『ビルケンシュトック』ならではの履き心地のよさが備わっており、長時間歩くときも躊躇なく選べます。アウトドアスタイルを中心に活用しましょう。

磨いてツヤ出しするもよし、マットな質感のままでもよし、育てがいのあるモンタナ。天然レザーならではの質感と経年変化、その雰囲気を楽しめる1足です。

「モンタナ」を用いたコーデをご紹介!

ゆったりめのジーンズにマスタード色のTシャツとニット帽を合わせているこちら。あえて醸し出す野暮ったさこそ男っぽさにつながりますが、足元にモンタナを合わせることでやんちゃさのない、大人な雰囲気に。

ゆるめのプルオーバーシャツにリネン地のカーキパンツを合わせた夏のミリタリーライクな着こなし。ハットやサングラス、ネックレスといったアイテムが映えるのは、足元のモンタナがしっくりハマっているからこそ。

グレー系のチェックシャツに合わせたブラックパンツ、足元にハマるのはカーキのモンタナです。モンタナ同様、インナーシャツのカーキもポイントで、カジュアルダウンに成功しています。ソックスはシャツの色みに近いグレーを合わせており、秋冬の着こなしの参考になります。

黒パーカーと色落ちしたジーンズというのシンプルなカジュアルコーデですが、モンタナを合わせることで上品さが生まれます。モノへのこだわり、自分になじむモノを取り入れている感じが伝わってくる着こなしです。

シャツ&カーディガンでつくるきちんと感と足元に感じる経年変化。その両立が上手なコーディネートです。丸みを帯びたモンタナが、程よい抜け感を出しています。

人気モデルBアリゾナ:快適な履き心地が味わえる、“ザ・ビルケン”

『ビルケンシュトック』と聞いて、真っ先に思い浮かぶのはこのかたちでしょう。大人気のアリゾナは、この2本のベルトが目印。ライトな履き心地に定評があり、大人のサンダルとしての地位を確立しています。

トレンドはウォッシャブルで軽量なEVAシリーズ。おしゃれなアリゾナの見た目はそのままに、夏の足元にぴったりハマる改良が施されています。安価なため、室内履きとして用いるのも手ですね。

「アリゾナ」を用いたコーデをご紹介!

白シャツ×カーゴパンツに、アリゾナを合わせてリラックスムードを高めた着こなし。上質なレザーを採用したアッパーのおかげでラフになりすぎず、品良くまとまっています。

グレーのTシャツにネイビーのパンツというシンプルなコーデに、ホワイトカラーのアリゾナが好アクセント。クリーンで爽やかな雰囲気を演出し、夏らしい着こなしに仕上げています。

ヴィンテージのスウェットにチノパンを合わせたアメカジテイストの着こなしを、アリゾナでハズした上級コーデ。太めのチノパンは裾をロールアップすることでバランスをとるのがポイントです。

全身モノトーンでまとめたアーバンライクなスタイリング。リラックス感のあるアリゾナですが、ブラックカラーなら都会的でモダンな雰囲気を演出してくれます。スラックスの裾をロールアップして軽快に着こなして。

秋服にアリゾナを取り入れるなら、ソックスを合わせればOKです。重厚感あるボリューミーなワイドパンツにはブラックのアリゾナをチョイス。ホワイトソックスで抜け感を出して、絶妙なバランスで着こなしています。

人気モデルCロンドン:かかと部分がついてフィット感の高いモデル

先ほど紹介したボストンにかかと部分がついたモデルがロンドン。コロンとした丸みを帯びたフォルムが特徴です。こちらは、重厚感あるオイルドレザーを採用したタイプで、秋冬の着こなしに取り入れたい1足です。履き込むほどに味が出て、経年変化を楽しめる点も魅力ですよ。

こちらは、なめらかなスムースレザーを採用したモデル。ユニセックスなので、通常よりも幅が狭いナロー幅になっているのが特徴です。オイルドレザー同様、経年変化が楽しめるので、長く履き込んで自分だけの1足に仕上げたいですね。

「ロンドン」を用いたコーデをご紹介!

ボーダーTシャツ×ジーンズのストリートライクな着こなしには、スニーカーを合わせたいところですが、あえてロンドンでハズしている点がポイント。赤のソックスをちらりとのぞかせ、コーデにスパイスを注入!

スポーティーなジョガーパンツ×ロンドンの組み合わせが新鮮な着こなし。ジョガーパンツは、裾がリブになっているため、ロンドンのフォルムが引き立ちます。ソックスの色合わせに迷ったら、ひとまずロンドンと同系色をチョイスすればOK。

コーディネートのハズシに取り入れたアンティークブラウンのロンドン。丸みを帯びたフォルムに、暖かみのある色みも相まって、かわいらしさとほっこり感を演出しています。

可愛らしいフォルムながらも上質レザーを使用した上品顔のロンドンなので、トラッドなコーディネートとも相性良し。ブラックのロンドンがコーデを引き締め、かちっと仕上げています。

こちらは冬にマネしたいロンドンの着こなしの好例です。ニット、パンツ、ロンドンはダークカラーでまとめ、ソックスでヴィヴィドカラーを取り入れてアクセントづけ。厚手で素材感のあるソックスを合わせるのがおすすめです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK