いまさら聞けない、香水が香る理由とは?

いまさら聞けない、香水が香る理由とは?

香水はセルフイメージと直結しやすいため、漫然と選び、身につけるのは危険です。なぜ香るのか、どんな香りがどんな印象につながるのかをマスターすれば、失敗知らずに!

村上 朋子

2016.05.28

香水・フレグランス

香水が香る理由は、香りと体温の深い関係にあり

におい=分子であり、空中に拡散したその分子を鼻がキャッチすると、私たちはにおいを感じます。香水の香りというのは、人が身につけ、体温によって温められることで揮発し、分子を空中に拡散させることで香ります。そのため体温によって香り方も変わってくることがあります。また、香り方は体温だけではなく、季節によっても変わることがあり、香りと体温と季節というのは深い関係があるのです。

香水の効果:香りで希望の自己イメージを実現できる

香水の効果:香りで希望の自己イメージを実現できる

「香水に挑戦したいけど、何を買っていいのやら」と悩むのは、香りによって自分をどう表現したいかわからないがゆえです。さわやか、穏やか、セクシー、貫禄……自分のなりたいイメージを香りに託してください。体臭や加齢臭の対策としてでもOK。購入の時ショップのスタッフにそれを伝えれば、適切なアドバイスを受けられますよ。

香水の疑問:なぜ香りは時間とともに変化するのか

香水の疑問:なぜ香りは時間とともに変化するのか

香水は時間とともに香りが変化し、トップノート・ミドルノート・ラストノートに分けられます。いったいなぜそんなことが起きるのか? その理由は、先述した”揮発した分子”にあります。香水は何種類もの香料を混ぜあわせて作られますが、それぞれの香料は揮発する温度が違うため、時間差で香りの分子が拡散されることになります。そのため、時間とともに香りが変化するのです。

香水の種類は:濃度と持続時間で分けられます

香水の種類は:濃度と持続時間で分けられます

香水売り場でトワレやパルファンといった語を見たことがあるでしょう。日本語ではひとまとめにして香水といいますが、細かく分類すると、濃度と持続時間によって4種類に分けられ、それぞれ付け方も異なります。

■オーデコロン:もっとも薄いもので、濃度は1~5%、香りは1~2時間続きます。濃度が低いため、広い範囲に付けるのが正解です。
■オーデトワレ:日常使いに適したもので、濃度は5~10%、2~5時間香ります。
■オーデパルファン:濃度10~15%で5時間ほど持続。パルファンをややお手頃にしたものです。
■パルファン:15~30%と高濃度で、5~12時間も香りが持続します。上質の香料が用いられ、各ブランドのハイエンド商品として販売されています。

香水あるある:間違って女性用フレグランスを買わないために

香水あるある:間違って女性用フレグランスを買わないために

一見、女性用か男性用かはっきりしない商品が多いのも、香水あるある。近年はユニセックスタイプの香水も増えていますが、男性らしさを表現するには、やはり男性用が最適です。商品名に”フォー・メン”と入っているものはわかりやすいですが、”プールオム”という表記も男性用をさすことを覚えておくと便利です。

香りの種類:基本の香りを押さえて、狙いどおりのイメージに!

TPOに合わせて服を選ぶように、香りもその時々、もしくは見せたい自分のイメージによって着替えるものです。季節によってその香りがそぐわなかったり、若いころは似合っていても責任ある立場になると物足りなくなったり……そんな失敗は避けたいですよね。狙いどおりのイメージを演出するため、まずは代表的な香りを頭にインプットしておきましょう。

フレッシュ感を出すならシトラスで決まり

フレッシュ感を出すならシトラスで決まり

レモンやオレンジ、グレープフルーツ、ライムなど柑橘系の、主に皮からとれる精油からなる香料。とにかくさわやかで若々しいイメージで、男女それぞれの香水によく使われています。揮発性が高くて香りがすぐに広がるので、トップノートとしてその香水の印象を決定づけることも多いほか、オーデコロンでもよく使用されます。

『イッセイミヤケ』ロードゥイッセイプールオム オードトワレ

ロードゥイッセイのスパイシーウッディシトラスの香りは、日本人に馴染みのあるゆずのマイルドな香りが特徴的。爽やかな清潔感を醸し出しつつ、ほんのり甘く香ります。

『サルヴァトーレフェラガモ』フェラガモ プールオム

爽やかなシトラスグリーン&フローラルの香りからスパイシーな香りに変化し、ラストは心地よいウッディが上品に香る、大人の男性らしい香りです。

『ブルガリ』プールオム

人気の『ブルガリ』プールオム。甘酸っぱくてすっきりとした香りはスーツスタイルによく似合い、ビジネスシーンにおすすめです。男性だけでなく、女性にも◎。

大人の男ならではの上質感をフゼアで演出

大人の男ならではの上質感をフゼアで演出

フォーマルで上質感のある男を演出したいなら、この香り。ラベンダーやオークモス(樫の木に生えるコケ)、桜もちにも使われる香料・クマリンがベースとなっていて、さわやかでいながら、温もりのある雰囲気を漂わせます。落ち着きのある男性によく似合うため、ビジネスシーンで愛用する男性も多数。女性からの印象も◎です。

『アランドロン』アランドロン サムライ

フランスの名優アランドロンが日本のサムライをイメージして作ったと言われる香水。アクアテイストでフレッシュな香りが特徴です。

『ジバンシー』ウルトラマリン

不動の人気『ジバンシー』のウルトラマリン。突き抜けるような爽快な香り、鮮やかなライトブルーの香水色が特徴です。男性用ですが、ユニックスでも使えます。

『ジルサンダー』サンダーフォーメン

トップでは爽やかな香りが立ち、ミドルでは、スパシーな香りでシャープな雰囲気に。ラストでは大人の男性の魅力が引き立つ香りへと移行します。

セクシーな夜のシーンに似合う、オリエンタル

セクシーな夜のシーンに似合う、オリエンタル

ヨーロッパから見た中東、またはアジアのエキゾチックなイメージを表現する香料。シナモンやクローブなどスパイスを使ったオリエンタルスパイシーと、ムスクやアンバーなど動物性の香りを使ったオリエンタルアンバーに大別されます。前者はエキゾチックな雰囲気に、後者は甘くて重みのある雰囲気になります。

『ブルガリ』 ブルガリマン イン ブラック

「ブルガリマン」ラインから男らしさとカリスマ性を表現する香りが登場。官能的なオリエンタルな香りでセクシーな魅力的な男性を演出してくれます。

『ドルチェ&ガッバーナ』11 ラ フォルス オードトワレ

エキゾチックでメロウな甘さが引き立ったオリエンタルスパイシーの香りがベース。ファッショナブルでロマンチック、そしてメンズらしいパワーを持ち合わせた一品です。

『カルバンクライン』エタニティ ナウ フォーメン

マスキュリンな魅力を備えたフレッシュな香りが魅力。セクシーな男性の色気を引き出してくれること間違いなしです。ジューシー、オリエンタル、フゼアの香調。

シプレーの格調高さは、信頼感につながる

シプレーの格調高さは、信頼感につながる

ミカン科のフルーツ・ベルガモットとオークモスをブレンド。甘さがありながらもあくまでやさしく、フゼアよりも重くてしっとりした雰囲気に。同時に自然なみずみずしさを漂わせるため、落ち着きや洗練、格調の高さを表現できます。職場で若々しさを失わないけど、渋さも感じさせる上司を演出したい時にはぴったり!

『グッチ』ラッシュ 2

トランスペアレト・フローラルの透明感と軽さを押し出した香調をベースにした『グッチ』のラッシュ2。従来のラッシュよりもライトな香りで優しい雰囲気。

『ブルガリ』ブルガリ ブラック

ユニセックスで使える人気のブルガリブラックは、レザーやタバコのスパイシーさにバニラの甘さをMIXしたような香りが特徴。スーツスタイルによく似合います。

『ヒューゴ ボス』ヒューゴ

エネルギッシュな大人メンズにぴったりなスパイシーな刺激のある爽やかな香り。シトラスとみずみずしいリンゴに少々シナモンが加わり、男性のバラといわれるゼラニウムが彩ります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    カルバンクラインの香水。大人が好むフレグランス19選

    カルバンクラインの香水。大人が好むフレグランス19選

    『カルバンクライン』の香水は、「シーケーワン」をはじめとする名作ぞろい。香水初心者はもちろん、使い慣れている方にもおすすめできる幅広いラインアップを紹介する。

    村上 朋子

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    香水はいい香りを漂わせるだけでなく、印象付けにも効果的。だからこそ、自分が演出したい雰囲気に合わせて、香水を選ぶことが重要なんです。おすすめの香水を紹介します!

    植木 麻利子

    香水で魅力的に。覚えておきたい正しいつけ方

    香水で魅力的に。覚えておきたい正しいつけ方

    春に向けて香水でイメージを変えたい方必見。つけ方を間違って好感度を下げさせないために、女性が好む香水のつけ方を徹底解説。これさえ読めばイメージアップ間違いなし!

    大島 有希

    何がおすすめ? 美容ライターが選ぶブルガリの人気香水10選

    何がおすすめ? 美容ライターが選ぶブルガリの人気香水10選

    『ブルガリ』の香水はメンズ香水の定番として知られています。人気の背景や『ブルガリ』ならではの魅力、そしておすすめの『ブルガリ』の香水をご紹介。

    大島 有希

    トムフォードの香水、その魅力とおすすめラインアップ

    トムフォードの香水、その魅力とおすすめラインアップ

    ほかのブランドとは一線を画すこだわりの香水といえば、『トム フォード』のフレグランス。限られた大人の香水の世界を、あなたものぞいてみませんか?

    大島 有希

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    BACK