それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

2020.06.17

腕時計

いつもと違う、おしゃれな雰囲気を醸し出せる腕時計3つのポイント

言うまでも無く、シンプルな3針時計だけが腕時計ではありません。もちろん高級腕時計の終着点として『パテックフィリップ』の「カラトラバ」のような腕時計を選ぶのは良いでしょうが、せっかく高価な買い物なのですから自分のこだわりを存分に主張できる1本も手に入れておきたいところです。思わず腕元に目が行くようなデザインにより、人に見て欲しい、ほめて欲しいと思うのは自然なこと。かといって、奇抜すぎるものはご法度です。ここでは、程良くこだわりを薫らせるデザインのポイントをお伝えしていきます。

要素1“形”からデザインセンスを主張

おしゃれとは、自分の個性を肯定的に他人に認めてもらうこと。スーツスタイルではスーツの柄やタイの結び方など目立つところで主張ができますが、時計の場合は手首の小さな存在に勘づいてもらえなければお話になりません。そのためにはまず、形から入りましょう。その第1歩は、ケースの形状をオーソドックスなラウンド(丸)型から変えるてみること。写真の『フランク・ミュラー』の「ロングアイランド」のようなレクタンギュラ(角)型やトノー(樽)型に変えるだけでも、印象はがらりと変わります。

要素2色彩の豊かさもアピールポイントの1つ

文字盤もケースも、色使いはどんどん豊かになっています。文字盤にはブルーやブラウンが新しい定番色となり、昨今ではグリーンなどの変わり種も台頭する状態に。ケースもブラックやホワイトなど、より取り見取りです。最近ですと経年変化を楽しめるブロンズも選択肢として上がっています。カジュアルシーンなら、色にタブーはありません。金銀一辺倒にならず、今一度自分に似合う色を探してみましょう。

要素3ハイテク素材と手の込んだ構造にも注目しましょう

カラーの多彩化は、メッキや塗装によるものばかりではありません。今やセラミック、カーボン、グラスファイバーなど多様なハイテク素材も採用されています。そして素材が変われば、それに合わせてデザインや中の機構までいじりたくなるのが世の常です。カーボンならよりスポーティでラギッドなルックスに、セラミックなら軽さを生かしたミニマルでエレガンスを感じさせるフェイスに……、とステンレススチールでは描き出せない空気感は、一度はめてみないとわかりません。

腕元の印象ががらりと変わる、おしゃれな腕時計20選

異形、異色、異素材、異構造。定番から語ってきたように、少しはみ出してみることが腕時計における個性です。それがきちんと背景を持つ実力のあるブランドの逸品であれば、ただ奇抜なだけではなくその1本を選んだあなたのこだわりを映し出す鏡として輝いてくれることでしょう。ここに集めた20本は、そんな力のある名品ばかりです。

アイテム1『フランク・ミュラー』カサブランカ

手首に沿うように湾曲した樽型のトノウ・カーベックスという形状は、このブランドの代名詞です。名前の通りモロッコの砂漠でも使えるようにと視認性の高いインデックス表記となっており、特にこちらは同ブランドでも少ないスレンレススチールストラップのモデルになります。『フランク・ミュラー』の象徴ともいえるビザン数字のインデックスも手伝って、存在感は抜群です。

アイテム2『シャネル』J12 クロマティック

ケースは『シャネル』らしくセラミックにチタン粉末を添加して焼き上げ、ダイヤモンド研磨機で徹底的に磨き上げた独特のクロマティックカラーを採用。デザインはミニマルながら、素材感や洒脱なインデックスにより『シャネル』らしさを薫らせています。独特のカジュアル&ミリタリーなテイストを漂わせる、大人のオフのための1本です。なお、こちらはベーシックな「J12」と異なりインナーベゼルにGMTを搭載した仕様。通常の「J12」で他人と被るのがイヤだ、という方におすすめです。

アイテム3『ウブロ』ビッグ・バン ウニコ カーボン

ミドルケースを前後面のプレートでサンドイッチし、ベゼルから裏蓋まで貫通するボルトで固定する特異な構造は、異素材でケースを構成する発想から生まれた『ウブロ』ならではの個性。「ビッグ・バン」は、複数のハイテク素材をMIXして構築するトレンドを作った先進的なシリーズです。このモデルはカーボンファイバーで強じんさを確保しつつ、モータースポーツをも思わせるスポーティな空気を漂わせています。

アイテム4『ウブロ』クラシック フュージョン チタニウム オパリン

独特のツヤのあるホワイトオパリン文字盤がエレガントな1本です。元々『ウブロ』の主要モデルだった「クラシック」を、フュージョンというコンセプトで再解釈したモデルになります。「ビッグ・バン」のダイナミックさと対照的な、シックな空気を感じさせる落ち着いたデザイン。しかし、ブランドアイコンともなるビスはしっかり主張します。

ビッグ・バンから読み解くウブロ。時代の寵児に愛されるブランドを知る

ビッグ・バンから読み解くウブロ。時代の寵児に愛されるブランドを知る

異素材を組み合わせたコレクションで時計界に旋風を巻き起こした『ウブロ』。とりわけ「ビッグ・バン」はシンボリックで、ブランドに唯一無二の価値をもたらした存在だ。

ワダ ソウシ

アイテム5『ブルガリ』オクト レトログラード

その特徴的なベゼルのデザインで一世を風靡した「ブルガリブルガリ」をはじめ、老舗ウォッチブランドにはできない奇想天外なデザインで腕時計玄人を唸らせている『ブルガリ』。ケース、ブレスレット、ダイヤルの工房を傘下に収めることで果たした2010年の“ウォッチ・メイカー宣言”、世界最薄の自動巻きムーブメントを搭載した「オクト フィニッシモ」の発表など技術面での革新も続きますがやはり『ブルガリ』はデザインでしょう。こちらは、ローマ建築に着想を得た「オクト」をレトログラードとジャンピングアワーで仕上げた一本。どことなく、ジェラルド・ジェンタ氏の面影を感じますね。

圧倒的センスで業界震撼。ブルガリの腕時計に愉悦する

圧倒的センスで業界震撼。ブルガリの腕時計に愉悦する

ジュエラーとして名高い『ブルガリ』が時計界に進出して約半世紀。現在はムーブメントも内製化するほど躍進を遂げている。改めて、時計ブランドとしての実力を検証しよう。

ワダ ソウシ

アイテム6『ユリスナルダン』フリーク コレクション X

独自の複雑機構が、そのままユニークなデザインにつながっているのが『ユリスナルダン』の「フリーク」。2001年に初出となった同ブランドを代表するコレクションは、天才ムーブメント設計者キャロル・フォレスティエ=カザピ氏が考案したセンターカルーセルという機構がベースとなっています。ムーブメントと自体が針と共に回転し時を刻むサマは、まさに唯一無二。登場から現代までコンスタントに技術改良を重ねられてきた同コレクションは年を経る毎に信頼性を増しており、腕時計としての実用性も申し分ありません。この先長きにわたり追随できるブランドが現れないであろうことを考えても、まさに一生モノでしょう。

アイテム7『カルティエ』バロンブルー 42mm

『カルティエ』が作ると、ベーシックなラウンドモデルも格別の出来栄え。このモデルはサイドビューが流線型の円盤のように見えるのも特徴的です。3時位置のリューズはまるで球体をケースにはめ込んだようで、接触による誤作動を防ぐだけでなく唯一無二のデザインアクセントとしても利いています。『カルティエ』らしい、エレガンス漂う1本です。

アイテム8『カルティエ』タンク アングレーズ XL

戦車を俯瞰したような形状がモデル名の由来となっている世界一有名な角型時計「タンク」の国別シリーズより。フランスをイメージソースとしたこの「タンク アングレーズ」はとくに重厚感のあるケースデザインとなっており、同ブランドの「バロン ブルー ドゥ カルティエ」同様に、リューズをケースに埋め込んだリューズガードの構造も独特。ケースとブレスは18Kホワイトゴールド製で、ずっしりとした重量感を感じられます。

20世紀初頭の革命。カルティエが切り拓いた腕時計の歴史

20世紀初頭の革命。カルティエが切り拓いた腕時計の歴史

トップジュエラーとして君臨する『カルティエ』だが、“世界初の男性用腕時計”を生んだ時計ブランドという顔も持つ。その卓越した技術は継承され、傑作を生み続けている。

ワダ ソウシ

カルティエのタンク。憧れ時計の筆頭について、知っておくべきこと

カルティエのタンク。憧れ時計の筆頭について、知っておくべきこと

誰もが一度は憧れる腕時計界のスーパースター、『カルティエ』の「タンク」。角型のエレガントな佇まいは、ドレスウォッチの王様といっても過言ではありません。

夏目 文寛

アイテム9『ジャガー・ルクルト』レベルソ クラシック ミディアム スモールセコンド

1931年以来連綿と続く、ブランドを代表するレクタンギュラモデルです。ポロ競技中、風防を守るためにと考案された反転ケースはあまりにも有名。反転させた裏蓋に彫金をオーダーしてパーソナライズすることも可能となっています。アールデコの様式美とスマートさが、最大の魅力です。また、自身の手で巻き上げる手巻き式というのも、時計好き同士での会話の糸口になってくれそうです。

アイテム10『タグ・ホイヤー』モナコ クロノグラフ キャリバー11スティーブ・マックィーン

F1のモナコGPをリスペクトした迫力あるスクエアモデル「モナコ」。1969年、クロノグラフに自動巻きの時代をもたらしたキャリバー11を搭載した、ファン垂涎の復刻版です。パンチングレザーのストラップに左リューズと、ディテールもオリジナルに則っています。スティーブ・マックィーン氏が愛したブルー文字盤モデルは、今見てもなおモダンさを失っていません。

高級時計界の登竜門。タグ・ホイヤーを知りたいなら

高級時計界の登竜門。タグ・ホイヤーを知りたいなら

『ロレックス』『オメガ』と並び、スイスの名門ブランドとして知られる『タグ・ホイヤー』。高級時計の登竜門ともいえる同ブランドの魅力をとことん掘り下げます。

夏目 文寛

古典ながら独創的。タグ・ホイヤーのモナコ、その重厚な背景に惚れる

古典ながら独創的。タグ・ホイヤーのモナコ、その重厚な背景に惚れる

1969年の誕生以来『タグ・ホイヤー』のアイコンとして長年愛され続けている、角型フォルムが特徴の「モナコ」。ここでは圧倒的な存在感を持つ「モナコ」の魅力に迫ります。

夏目 文寛

アイテム11『モーリス・ラクロア』マスターピース ルー・カレ・セコンド

ギミックで魅せるブランドとして『モーリス・ラクロア』は外せません。同ブランドは基幹となる「ポントス」や入門機としても人気の高い「アイコン」など複数のラインに分かれていますが、その中でも「マスターピース」は超絶技巧を存分に楽しめるラインとして時計通にも高い人気を得ています。

こちらは、四角とクローバー型の歯車が文字盤上で秒を刻む、「マスターピース」では「ミステリアスセコンド」と並び顔となるモデル。一見オーソドックスなラウンドケースながら、文字盤上で遊び心を表現する粋な一品です。金属加工を得意とする同社らしく、複雑なパーツも息をのむような美しい仕上げを実現しています。

手が届く傑作から、超絶技巧の名品まで。モーリス・ラクロアの腕時計を語る

手が届く傑作から、超絶技巧の名品まで。モーリス・ラクロアの腕時計を語る

『モーリス・ラクロア』はスイスの腕時計ブランド。手頃な価格で“いいモノ感”あふれる傑作を送り出す新鋭にフォーカスし、その魅力や至極のラインアップをお届けします。

夏目 文寛

アイテム12『カンパノラ』メカニカル コレクション

『カンパノラ』は『シチズン』のハイエンドブランドとして位置づけられているもの。ソーラーウォッチが主力である『シチズン』には珍しい、機械式モデルもラインアップしています。搭載するムーブメントは『シチズン』グループに属するスイスの専門メーカー、ラ・ジュウ・ペレが製作。文字盤の立体的な構造や美しい装飾は人目を引かずにはおきません。

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

アイテム13『ポルシェデザイン』1919グローブタイマー UTC

『ポルシェデザイン』は厳密にはカーブランドの『ポルシェ』とは別物です。創業者は『ポルシェ』の創業者の息子にあたるフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ氏。かの「911」をデザインしたデザイン界の傑物であり、『ポルシェデザイン』は彼のデザインスタジオとして創立されました。そのため、現在でも腕時計に限らずさまざまなプロダクトを世に送り出しています。

特にチタニウムを使用したモデルには一家言あり、一説には世界初のチタン製ウオッチは同ブランドが開発したともいわれています。こちらもその系譜を受け継ぎ、チタン製。中空になったスタイリッシュなラグや、右側上下のプッシャーにより時刻調整ができる2タイム表示など、独自のデザインが光ります。

アイテム14『ジェイコブ』デジタル 5タイムゾーン ゴースト

『ジェイコブ』を代表する5タイムゾーンモデルウォッチ。同ブランドをウォッチメーカーとして一躍有名にしたのはアナログモデルですが、今作ではデジタル化することでまるで“お化け”のように捉えどころのないデザインとなっています。こちらのモデルはブラック&ホワイトの2トーンカラーですが、ベゼルはブラックのタイプも付属しており、その日の気分でオールブラックに変えることも可能です。なお、駆動はクォーツかつ充電式。GPSやPCとの接続により、時刻修正も可能です。

アイテム15『コルム』バブル 47 ダニ・オリヴィエ リミテッド

『コルム』の名前を知らなくても、インデックスに国際海洋信号旗をあしらった「アドミラルズ カップ」は見たことがあるでしょう。同ブランドは「アドミラルズカップ」に限らず独創的なモデルを数多くリリースしているブランドであり、こちらの「バブル」もその1つです。最大の特徴は、ケース側面から見るとはっきりと分かるドーム状に盛り上がったサファイアクリスタル風防。厚さ1cmを超える風防は、『コルム』の高い技術力により厚さを感じさせない透明度を実現しています。インデックスにあしらったのは、写真家ダニ・オリヴィエ氏によるヌードポートレート。アートウォッチの枠にとどまらない、高感度なデザインに仕上がっています。

アイテム16『フォルティス』2Π(パイ)

まるで玩具のようなポップなルックスですが、れっきとしたスイス製の自動巻き時計。『フォルティス』は100年以上の歴史を持つ老舗で、深海から空、果ては宇宙にまで手を伸ばし製品開発を行っている実力派です。特に、1994年以降ロシアから飛び立つ宇宙飛行士の公式装備品となっている「コスモノーティス」コレクションは時計好きなら一度は見たことがあるでしょう。

そんなブランドがロルフ・ザックス氏とコラボレートして発表したのが、アートモデル。こちらは大ヒットを飛ばした第1弾に続き、2015年のバーゼルで発表されたモデルになります。正直、どう読むのかわからないインデックス。しかしそれが、信頼のおけるETA社製のムーブメントに20気圧防水を備えるケースと“ちゃんと作っている”時計に載っていると大人の遊び心を演出する要素になるのです。

アイテム17『ビクトリノックス』イノックス

精度を突き詰めるブランドもあれば、超絶技巧、宝飾品としての美しさを追求するブランドもあります。その中で、『ビクトリノックス』が「イノックス」で選んだのが耐久性の追求。100を超える耐久テストの項目には高所からの落下だけでなく、戦車で踏ませるなんてとても精密機器に行って良いモノではない項目が含まれています。200m防水に耐磁性も備えたモデルはまるで金属の塊のような重厚さを備えており、ぎっちり編み込まれたコードストラップが程良くアクティブなムードも添えています。

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

スイスブランド『ビクトリノックス』の腕時計は他と一線を画す圧倒的タフネスが信条。なぜ同ブランドから腕時計が生まれ、どう進化してきたのかをおさらいしましょう。

増山 直樹

アイテム18『フレデリック・コンスタント』インデックス ムーンタイマー

独自開発のトゥールビヨンなど自社ムーブメント搭載機がバリエーションを広げる一方で、比較的廉価な時計にも妙味を見せ続ける『フレデリック・コンスタント』。このモデルはシンプルなバーインデックスですが、ムーンフェイズと脱進機を見せるオープン文字盤を搭載ししています。針によりアナログにデイト表示を行う仕組みも程良く主張し、腕元で強い存在感を発揮。クラシカルな要素を色濃く残しつつ趣味の要素も忘れない、余裕のある大人に似合う一品です。

手の届く機械式時計。フレデリック・コンスタントで差を付ける

手の届く機械式時計。フレデリック・コンスタントで差を付ける

品質、デザイン性に優れ、比較的リーズナブルな価格設定でスイス製の機械式時計が手に入るブランド『フレデリック・コンスタント』。そんな同ブランドの魅力に迫る。

大中 志摩

アイテム19『セブンフライデー』SF-V1/01

力強い角型ケース、クルマのホイールのような分針、秒表示や日付表示のディスクを見せる文字盤など、工場の機械やエンジンをイメージしたインダストリアルな作りで注目を集めている時計ブランドです。立体感のある文字盤や発色の良いディテールも面白く、週末のカジュアルシーンで大いに目立ちそうです。腕時計としてのユニークさもさることながら、ケースにしまうことでセットされているチップが起動し、専用アプリ上でユーザー登録ができるようになるなど所有欲を満たすギミックも備えています。

アイテム20『シャウボーグ ウォッチ』ミスティック ブラック

ドイツらしい、職人肌な新興ブランド『シャウボーグ ウォッチ』。ムーンフェイズに文字通りリアルな月の画像を載せたムーンシリーズが有名ですが、同ブランドからはさまざまな趣向に富んだ個性的なモデルが発表されています。

こちらの「ミスティック」も、文字盤の大部分を風防で覆い隠してしまった斬新なデザイン。唯一1本だけ覗く赤針(時針)が、現在の時刻を示してくれるなんとも神秘的な腕時計です。

マニアが注目するドイツブランド、シャウボーグウォッチに迫る

マニアが注目するドイツブランド、シャウボーグウォッチに迫る

時計好きをうならせる質実剛健なプロダクト思考を持つドイツ。数ある世界的なブランドを有する同国で、時計通から密かに注目を浴びている『シャウボーグウォッチ』とは。

小林 大甫

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

ハイスペックなモノに取り憑かれ、ライター/エディターとして活動中。いつしか主戦場は時計誌や時計関係のwebに。時計以外にもアイウェアなどのレビューもこなす。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル20本

    スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル20本

    機能美に溢れ力強く、背景のあるダイバーズウォッチ。いつの世も、スペックにこだわる男を虜にしてきた。数ある名作の中から、我々が選ぶべきモデルを解説しよう。

    牟田神 佑介

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    アイテムリスト

    BACK