ドレッシーなタトラスのダウン。洗練されたルックスの狙い目モデル10選

ドレッシーなタトラスのダウン。洗練されたルックスの狙い目モデル10選

イタリアのブランドらしい洗練されたシルエットとデザインで人気の『タトラス』。大人にふさわしいハンサムなダウンジャケットの魅力と狙い目モデルを詳しく紹介します。

平 格彦

2019.10.15

タトラス(TATRAS)
アウター
ダウン
ダウンジャケット

品が良くてきれい顔。『タトラス』のダウンジャケット

『タトラス』は2006-07AWシーズンにスタートしたブランドで、イタリアのミラノを拠点にアウターウェアを展開しています。“機能的”“洗練された”“唯一無二”という3つの普遍的なキーワードに沿って造形美を追求したコレクションが特徴です。アウターのラインアップの中でも特に定評のあるダウンジャケットに関しては、独自の素材開発に加えて高機能な素材を採用。新しい仕様も積極的に取り入れつつ、洗練されたイメージへと仕上げたダウンジャケットは高く評価されて人気を集めています。

『タトラス』の人気の秘密でもある、洗練されたデザインとは

『タトラス』のダウンジャケットは“ドレッシーダウン”とも評される美麗なシルエットが特徴的。従来のダウンでは不可避だったボリューム感を解消し、ファッション性の高いアウターに仕上げています。そんなデザインが評価され、セレクトショップによる別注も多数。周囲と差がつけられるのでおすすめです。

品質も保証済み。『タトラス』はハイクオリティな素材を採用

最上級のホワイトグースダウンを使用しているのも大きな特徴です。目が細かく、温かい空気を多く蓄えることができるため、軽くても高い保温性を確保できます。だからこそ、細身でスタイリッシュなシルエットなのに十分に暖かいダウンジャケットが実現できるというわけです。さらに、表地にも高機能な素材を用いるなど、品質の追求に余念がありません。

定番から注目作まで人気モデルをピックアップ。『タトラス』のダウン10選

コレクションを見渡せば、どれもスタイリッシュで大人にぴったりなアイテムばかり。その中でも人気のダウンジャケットを厳選して紹介します。別注もおすすめなので、最後までチェックしてくださいね。

アイテム1ドミツィアーノ

大人気のウール製ダウンコート「ドナテッロ」の進化版。イタリアの最高級テキスタイルメーカー、ロロピアーナ社の生地を使用しています。スーパー150sという極細のウール糸を使っているうえ、さらにシルクを混紡しているので光沢感が上品でラグジュアリーな佇まい。身頃にダーツを入れることで、『タトラス』ならではのタイトなシルエットを立体的に構築しています。

アイテム2ジェッソ

ブランド定番のスマートなシルエットを取り入れた人気モデル。ブロック型のキルティングが特徴的で、見た目のトラッドな印象に加え、ダウンパックを細かくすることでボリュームを抑えて洗練されたシルエットを実現しています。フードは着脱式で、スタイルに合わせてアレンジできます。

アイテム3セピク

一見するとダウンアウターに見えない裏キルティング仕上げの1着。表地には耐久性に優れたマルチフィラメント糸のナイロン素材を採用。デニムと同じ染色法で染め上げることで独特の光沢感を生み出しています。着丈はジャケットの上にも問題なく羽織れるロングな設定。ラクーンファーをあしらったフードのデザインと相まって高級感漂う仕上がりとなっています。

アイテム4ボルボレ

マイクロファイバーのナイロンストレッチ糸を使用し、圧倒的な動きやすさを実現。その一方でシルエットは細身でスタイリッシュにまとめられています。デザイン的な特徴としては、シンプルな面持ちを意識。左袖のタグなど、さりげないディテールが際立っています。

アイテム5アゴルド

根強い人気を誇るスタンダードモデル「ジャチント」の進化版です。杢感のあるウール素材の表地が特徴的。風合いと高級感の良さで名高いイタリアの生地メーカー、ボットジュゼッペ社の生地を起用しています。他のダウンジャケットにはないマイルドな印象や、こなれたムードも大きな魅力。撥水加工が施されているので水や汚れに強く、ケアも簡単です。

アイテム6ベルボ

『タトラス』らしいシンプルなデザインにこだわりつつ、左袖のポケットなどでさりげなく個性を付加したダウンジャケット。ブランド設立当時から継続して展開されている人気モデルです。最も特徴的なのはシャイニーなナイロン生地で、表面の機密性やソリッド感を高めるシレー加工によってエレガントな光沢が生み出されています。そんな生地感を生かした全8色の豊富なカラーバリエーションで展開。

アイテム7フォンド

フロントにあしらったパラシュートボタンや左袖に配されたシガーポケットが目を引くダウンジャケット。ミリタリーライクなスペックを備えながらも、ロロ・ピアーナ社のシルク混生地やすっきりとしたシルエットで武骨さを程良く中和しています。さらに撥水性や防汚性を高めるレインシステム加工が施されるなど、機能面も充実。

アイテム8『トゥモローランド』別注ボルボレ ウール

高級感のあるウール素材を採用した『トゥモローランド』の別注モデル。止水ジップなどの機能性はそのままに、マットな質感でより落ち着いた印象に仕上がっています。通常はポイントになっているブランドロゴの刺繍も、本体と同カラーにしたミニマルな仕様に変更。

アイテム9『シップス』別注クラッツ

こちらは『シップス』による別注品。ベストセラーモデルの「クラッツ」をベースにしつつ、ディテールで落ち着いたムードを高めています。まずはスポーツテイストを抑えるために上質なウール生地に変更。左袖のポケットはマチをなくすことで一層スマートに仕上げました。さらに、両脇のギャザーを減らすことで視覚的なシャープ感やモード感も意識。

アイテム10『エディフィス』別注メラーノ

ブルゾンにしてはやや長い着丈の「メラーノ」をベースに『エディフィス』が別注。オリジナルはウールとナイロンの異素材切り替えがユニークですが、本作では『タトラス』定番のワッシャーナイロンに統一。素材特有のシワ感や深みのある光沢が、こなれた雰囲気を演出してくれます。

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

TASCLAP編集部

最高峰のプレミアムダウン。モンクレールのおすすめ10モデル

最高峰のプレミアムダウン。モンクレールのおすすめ10モデル

ダウンジャケットをファッションアイテムとして日本に広く普及させた功労者の『モンクレール』。王者の風格すら感じさせるブランドの魅力と、狙い目モデルを紹介します。

平 格彦

カナダグースの最新人気ダウン指名買いリスト

カナダグースの最新人気ダウン指名買いリスト

ダウンブームを引っ張る『カナダグース』は、大人が最後に行き着くダウンといっても過言ではありません。押さえておきたい人気アイテム群をチェックしておきましょう!

平 格彦

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    冬から春への過渡期にはアウターを買い増ししたくなるもの。とはいえ、何を買うか決めづらいのも事実でしょう。そんなタイミングにこそセレクトショップを頼ってみては?

    髙須賀 哲

    ブルゾンの鉄板ブランド20選。タイプ別のおすすめを一挙紹介

    ブルゾンの鉄板ブランド20選。タイプ別のおすすめを一挙紹介

    秋・冬・春の即戦力となる、旬のブルゾン20アイテムをご紹介。異なる魅力を持つ6タイプそれぞれの人気ブランドからおすすめの1着をピックアップしました。

    山崎 サトシ

    ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

    ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

    男らしさと心強い機能性を両得できるN-3Bは、冬アウターとして重宝します。ダウンに食傷気味の方におすすめしたい魅力や人気ブランド、メンズコーデをまとめてご紹介!

    山崎 サトシ

    BACK