マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

桂川 千穂

桂川 千穂

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.29

動画で解説! マフラーの巻き方【8種類】

定番から少し差がつくアレンジまで、マフラーの巻き方8種類を紹介。巻き方1つで印象が変わるので、コーディネートに合わせてマフラーのアレンジを楽しんでみてください。

もっとじっくり知りたい方は、記事をチェック!

動画で紹介した8種類の巻き方を記事でも解説します。着こなし例も合わせてご紹介。

▼使用するマフラー

▼使用するマフラー

幅は約70cm、長さは約195cm。本記事では、巻き方がわかりやすいよう大判のものを使用しています。マフラーの幅や長さによって、仕上がりのボリュームや長さが異なるので、自分好みの1本を選びましょう。

巻き方1: ベーシックな”1周巻き”

巻き方1: ベーシックな”1周巻き”

マフラーをぐるっと1周巻くだけの簡単アレンジ。シンプルな巻き方ですが、これだけでサマになります。マフラーの長さやボリュームによってさまざまな表情が楽しめますよ。

手順1

巻き方1: ベーシックな”1周巻き” 2枚目の画像

マフラーを首にかけます。どちらか一方を長めにしておくのがポイント。

手順2

巻き方1: ベーシックな”1周巻き” 3枚目の画像

長めに垂らしたほうを首に1周巻きます。最後に左右の長さを揃えてバランスを整えましょう。

着こなし例1

巻き方1: ベーシックな”1周巻き” 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラウンをベースにやさしい色味でまとめた温もり溢れる着こなし。ゆるっとラフに1周巻きしたマフラーが、程良いボリューム感を演出し、こなれた装いへと昇華しています。

着こなし例2

巻き方1: ベーシックな”1周巻き” 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは明るめのベージュをメインにしたコーディネート。ダークなチャコールグレーのマフラーを無造作に取り入れ、適度に引き締めています。無地のアイテムばかりで品良く仕上げているのもポイントです。

着こなし例3

巻き方1: ベーシックな”1周巻き” 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

CPOジャケットをオーバーサイズで合わせたトレンド感抜群のコーディネート。テーパードのかかったパンツをあわせることで巧みなYラインを形成。マフラーとインナーの色を同色にすることで悪目立ちせず、小物がコーディネートに自然に馴染んでいます。

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き”

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き”

その名の通り、アスコットタイのように1回結んで垂らす巻き方。ジャケットスタイルと相性が良く、襟元を華やかかつ、エレガントな印象に仕上げてくれます。長めのマフラーならより縦のラインが強調され、すっきり見えます。

手順1

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き” 2枚目の画像

マフラーを首にかけ、左右の長さを均等にします。

手順2

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き” 3枚目の画像

マフラーを交差させ、胸元で1回結びます。

手順3

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き” 4枚目の画像

マフラーを広げて整えます。面で垂れるように仕上げるのがポイントです。

着こなし例1

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き” 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビー×グレーでまとめたジャケパンスタイルに、チェック柄のマフラーでアクセントを投入。エレガントな雰囲気を演出するアスコット巻きは、ビズコーデの格上げにうってつけです。マフラーの上からジャケットのボタンを留めても◎。

着こなし例2

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き” 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

きれいめなカジュアルスタイルのアクセントとしてマフラーを活用。スコットランドの名門『ジョンストンズ』らしいトラッドなタータンチェックを挿し柄として思い切り効かせています。アスコット巻きは、マフラーのデザインを主張しやすいのもメリット。柄や色をアピールしたいときにもおすすめです。

着こなし例3

巻き方2:ビジネススタイルによく似合う”アスコット巻き” 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダッフルコートとブラックウォッチのパンツで英国トラッドの落ち着いた佇まいが特徴の着こなし。アウターをオーバーサイズにすることでトレンド感を加味しています。柔和な印象のカラフルなマフラーも効いています。

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き”

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き”

どこかモダンな雰囲気を放つニューヨーク巻きは、きれいめからカジュアルスタイルまで活用可能。細身のマフラーできっちり巻けばきれいめな印象、大判マフラーで崩して仕上げればカジュアルな印象に仕上がります。

手順1

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き” 2枚目の画像

マフラーを1周巻きにします。

手順2

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き” 3枚目の画像

マフラーを胸元で1回結びます。

手順3

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き” 4枚目の画像

バランスを整えたら完成です。

着こなし例1

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き” 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニューヨーク巻きをすっきり大人っぽい表情で仕上げた好例。襟元の開いたチェスターコートと相性が良く、千鳥格子柄がエレガントなアクセントになっています。幅33cm×縦198cmの細長のマフラーを使用。

着こなし例2

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き” 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークトーンがベースのコーディネートですが、少し明るめのマフラーが控えめなアクセントに。白いバッグとともに軽やかなイメージを加味しています。無地のシンプルなアイテムばかりを選んでいますが、立体的な首元がこなれたムードを醸成。ニューヨーク巻きは簡単に巻けるわりにはほどけにくいので、ちょっとした外出時でも頼りになります。

着こなし例3

巻き方3:きれいめからカジュアルまで。万能な”ニューヨーク巻き” 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラウンベースの落ち着いた着こなしに、挿し色でオレンジのマフラーをチョイス。同系色での組み合わせなので、いきなり感がなく馴染んでいます。小物で挿し色を取り入れるのは定番ですが、色選びには注意が必要です。

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き”

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き”

多くの男性が実践している定番のワンループ巻き。輪に通すだけの簡単テクですが、マフラーが首元をしっかり覆ってくれるため防寒性も抜群です。

手順1

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 2枚目の画像

マフラーが大判の場合、巻きやすいようにマフラーを縦に半分に折っておきましょう。

手順2

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 3枚目の画像

続いて、横に半分に折ります。

手順3

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 4枚目の画像

マフラーを首にかけ、端(フリンジ側)を輪に通します。

手順4

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 5枚目の画像

輪に通したら、バランスを整えて完成。端の部分をふわっと広げるときれいに仕上がります。

着こなし例1

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウター、シューズ、そしてマフラーにブラウンを合わせた統一感のあるコーディネート。秋冬は暗いカラーを選びがちですが、こちらのようにブラウンを主体とする色選びをすれば軽さをしっかり出せますよ。

着こなし例2

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カラーリングが絶妙なコーディネート。モスグリーンのアウターと好相性なオレンジのマフラーをスパイスとして効かせているのがお見事です。ワンループ巻きでまとめたマフラーは長さもボリュームもちょうど良くまとまり、着こなし全体のバランスが整いやすいのも長所です。

着こなし例3

巻き方4:簡単で定番の”ワンループ巻き” 8枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フリースのセットアップでトレンドのリラックス感のるコーディネート。裾から白Tをチラ見せすることで着こなしに抜け感が生まれる巧妙なテクニックも見逃せません。ダークトーンでまとめたコーデにオレンジのマフラーが映えます。

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き”

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き”

巻き方の難易度がやや高めのピッティ巻き。別名ミラノ巻きとも呼ばれ、その名の通りイタリアで生まれた巻き方です。絶妙なボリュームと立体感がジャケットスタイルによく似合い、ダンディな雰囲気満点。大判マフラーを使用すると巻きやすいですよ。

手順1

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 2枚目の画像

まず1周巻きの状態を作ります。左右の長さは均等に。

手順2

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 3枚目の画像

垂らした一方を首に巻いた輪の内側から少し引き出し、小さな輪を作ります。

手順3

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 4枚目の画像

垂らしたもう片方を輪に通します。

手順4

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 5枚目の画像

全体を整えてふわっとボリュームを出したら完成です。

着こなし例1

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スーツやジャケパンスタイルと相性抜群のピッティ巻き。ジャケットのすっきり開いた襟元に華やかなムードを演出してくれます。マンネリしがちなビズスタイルこそ、マフラーでおしゃれにアレンジしてみては?

着こなし例2

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェスターコートがメインの上品なカジュアルスタイル。ブラック基調のコーディネートだからこそ、オレンジのマフラーが引き立っています。ピッティ巻きの立体感が際立ち、エレガントな印象や無造作感のあるコーディネートにクラスアップ!

着こなし例3

巻き方5:上級テクが光る”ピッティ巻き” 8枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

首元に存在感の出せるピッティ巻きなら、シャツ1枚でもこなれ感は十分。ブラウンとベージュのダブルフェイスマフラーであれば、品よくカラーリングの違いが表現できますよ。

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き”

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き”

凝って見えますが意外と簡単なポット巻き。首周りをしっかりとカバーしてくれるので防寒性も抜群です。巻き方に差をつけたいなら、ぜひトライしてみてください。

手順1

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 2枚目の画像

1周巻きの状態を作ります。

手順2

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 3枚目の画像

首に巻いた輪の手前を引き出し、左右の端の長さを揃えます。

手順3

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 4枚目の画像

輪をねじり、8の字状にします。

手順4

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 5枚目の画像

輪の中に左右両方の端を上から通します。

手順5

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 6枚目の画像

長さやボリュームを整えたら完成です。

着こなし例1

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 7枚目の画像

ポット巻きは大判のマフラーを使用してボリュームを出すのがおすすめです。こちらは幅約70cm、長さ約195cmの大判マフラーを使用。着こなしのアクセントとして存在感を放ちます。武骨なモッズコートをブラックのマフラーで都会的に味付け。

着こなし例2

巻き方6:防寒性とこなれ感を備えた”ポット巻き” 8枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらもポット巻きでボリューム感たっぷりの首元を演出した好例。カシミヤブランドのマフラーは肌触りも温もりも抜群です。明るめのブラウンを選択すれば挿し色としても活躍します。

巻き方7:テクいらずの”垂らし巻き”

巻き方7:テクいらずの”垂らし巻き”

首にかけて垂らすだけのシンプルな巻き方です。マフラーが縦のラインを強調し、スタイルを良く見せてくれる効果もアリ。アウターからさりげなく覗かせてコーデのアクセントにするのがおすすめです。

手順1

巻き方7:テクいらずの”垂らし巻き” 2枚目の画像

左右の長さを均等にし、マフラーを首にかけて垂らします。これで完成です。

着こなし例1

巻き方7:テクいらずの”垂らし巻き” 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルになりがちなコートスタイルも、マフラーを垂らしてさりげなく覗かせるだけで、着こなしにリズムが生まれこなれ感を演出できます。無地のマフラーでも良いですが、おすすめはチェックやストライプなどの柄モノ。

着こなし例2

巻き方7:テクいらずの”垂らし巻き” 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

垂らし巻きはスーツスタイルやジャケパンスタイルの定番技ですが、こちらはカジュアルスタイルで採用。ダウンジャケットを使ったコーディネートに白いマフラーを垂らすことで、品格・軽快さ・清潔感をプラスしています。パンツやアウターがチェック柄なのにマフラーもチェック柄だと乱雑な印象になりがちなので、無地のマフラーでバランスを調整。

着こなし例3

巻き方7:テクいらずの”垂らし巻き” 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ホワイトとグレー、そしてブラックとモノトーンで統一したコーディネート。しかしながら、メインにホワイトを選択することでクリーンな印象に。大人でも真似しやすい秋冬時期のモノトーンコーデといえるでしょう。

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き”

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き”

後ろで結んでしっかりと首元をカバーできるバック巻き。大判マフラーならボリューム感満点で小顔効果も期待できます。

手順1

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き” 2枚目の画像

マフラーを首にかけて両端の長さを揃えたら、左右の端を交差させます。

手順2

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き” 3枚目の画像

マフラーを首に巻き付けて後ろで結びます。

着こなし例1

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き” 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボルドーのニットに合わせたブルーチェックのマフラーが好アクセント。程良いボリューム感が見た目にも暖かみを演出してくれます。後ろの結び目もワンポイントに。

着こなし例2

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き” 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

最近トレンドのビッグシルエットをトップスにもボトムスにも取り入れた着こなし。マフラーをバック巻きにすることで、全体のルーズ感に巻けないボリュームを創出したテクニックに脱帽です。マフラーとパンツをブラックで揃えるなど、全体の色数を抑えて落ち着かせ、大人っぽく仕上げているのもポイント。

着こなし例3

巻き方8:後ろで結んだ”バック巻き” 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オールブラックで統一しがちなところを、パンツにくすみのあるパープルを合わせることでこなれ感を生み出しています。マフラーもそれに合わせてダークトーンでまとめたことで統一感を形成。

大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド15選

バッグ・ファッション小物

大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド15選

マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい、品質と見栄えを両立する15ブランドについて解説しつつ、30のおすすめアイテムを一挙にご紹介します!

TASCLAP編集部

2021.11.12

ポイントは3つ! スーツスタイルに合うマフラーとは

バッグ・ファッション小物

ポイントは3つ! スーツスタイルに合うマフラーとは

スーツやジャケットなど、冬のビジネススタイルにマフラーは欠かせません。とはいえ、ビズコーデに見合うマフラーを選ぶには何を意識すべきなのか。その回答を紹介します。

池田 やすゆき

2019.12.12

ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

バッグ・ファッション小物

ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

いつものコーデをより洗練させてくれる、ストールの巻き方をご紹介。これさえマスターすれば簡単に旬のこなれ感を出せてしまいます。春の着こなしのアクセントに。

CANADA

2018.03.06

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

バッグ・ファッション小物

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

普段のジャケットスタイルやフォーマルな装いを華やかに演出してくれるポケットチーフ。大人として押さえておきたい基本の5つの折り方と、おすすめのアイテムをご紹介。

大中 志摩

2021.01.15

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

バッグ・ファッション小物

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

結び方一つでスーツスタイルの仕上がりが変わるともいえるネクタイ。大人らしくスマートに着こなすためにも、押さえておくべき5つの結び方を紹介します。

池田 やすゆき

2018.03.28

コーデのスパイスにスカーフを。巻き方から着こなし術、おすすめ品まで

バッグ・ファッション小物

コーデのスパイスにスカーフを。巻き方から着こなし術、おすすめ品まで

大人の男性ならぜひ活用したい、スカーフ。取り入れれば簡単にコーデをクラスアップできる、おすすめの小物です。気になる巻き方や着こなしへの合わせ方など、徹底解説!

平 格彦

2021.05.08

マフラーコーデ18選。防寒とおしゃれを両立する着こなしテクニック

バッグ・ファッション小物

マフラーコーデ18選。防寒とおしゃれを両立する着こなしテクニック

マフラーは冬小物の代表格。防寒はもちろん着こなしの格上げにもうってつけなアイテムです。そこでカジュアルからビジネスまで、参考にしたいマフラーコーデをご紹介!

近間 恭子

2021.01.10

桂川 千穂

トレンド好きのアラサー女子編集部員

桂川 千穂
ファッション誌「CHOKi CHOKi」「CHOKi CHOKi GiRLS」の編集に8年間携わり、ファッション・ビューティ・読み物ページなどを幅広く担当する。TASCLAPでは、編集部唯一の女性エディターならではの視点でメンズファッションを提案。“誰でも実践できる”をモットーにhow to記事作りに注力する。趣味はヨガとサーフィン。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP