万能のカジュアル靴。スリッポンのコーデ実例集

万能のカジュアル靴。スリッポンのコーデ実例集

スリッポンは老若男女を問わず愛されるカジュアル靴の一種。定番化した今だからこそ、選び方やコーディネートへの取り入れ方を再確認してみませんか?

モチヅキ アヤノ

モチヅキ アヤノ

SHARE
記事をお気に入り
2018.03.21

ご存じですか? スリッポンの名前の由来

ご存じですか? スリッポンの名前の由来

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スリッポンは、「足を滑り込ませる(スリップさせる)だけで履ける」という意味("SLIP-ON"『スリップオン』)から命名された靴です。甲部分に伸縮性のある素材が使われることが多く、ひもや金具などがない点が特徴。甲高の方や、より簡単に靴を履きたい方を中心に愛されています。また、装飾が少ないためあらゆるコーデにも合わせやすく、まさに万能なシューズといえるでしょう。

スリッポンの魅力といえば……?

スリッポンの魅力といえば……?

ARCHiE

ARCHiE

お気に入り追加

スリッポンの魅力なら、「履きやすさ」にダントツで軍配が上がるでしょう。足を滑り入れるだけで履け、伸縮性もあるため脱ぐ際もすぐにスポッと脱げます。靴ひもや金具などがないため、靴の着脱時の手間が大幅に省けるんです。お座敷のある場所や友人の家に行くときもストレスフリーで着脱できるでしょう。

知ってるつもりにならないで。スリッポンを選ぶときの3つの視点

着脱がスムーズで、春夏のコーデに合わせやすいスリッポンですが、実際に選ぶ際はどのようなポイントに着目して選べば良いのでしょうか? 素材・色・サイズの観点でおすすめの選び方をご紹介します。

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

スニーカー・シューズ

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンの中でも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

2021.03.31

視点1:素材選び

視点1:素材選び

ほかのシューズと同じく、スリッポンにもキャンバスやスエード、レザーなど、さまざまな素材が使用されています。素材が違うだけで質感や見た目、印象さえも変わるため、デザインだけではなく素材で選ぶという選択肢は重要といえるでしょう。そこで、スリッポンによく使われる3素材の特徴を紹介します。

キャンバス

キャンバス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

キャンバスはマットな質感で、若々しい印象を与えるコーデに仕上がりますよ。乾燥もさせやすく、履くうちに柔らかくなり、経年変化も楽しめる素材として人気の生地です。

レザー

レザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

レザー(本革)は独特の光沢があり、大人っぽいコーデきれいめコーデに仕上がる素材です。使い込むほどに馴染みやすく、風合いの変化も楽しめます。

スエード

スエード

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スエード素材は、マットながらベルベットのような上品な光沢がある生地です。カジュアル・きれいめコーデ両方に使いやすく、シーンを選ばず使いやすいのも特徴。

視点2:色選び

視点2:色選び

フォーマルなきれいめコーデに使う場合はブラックやブラウン、ホワイトなど無彩色のものを使うとコーデ全体が落ち着きます。カジュアルコーデやシンプルコーデの場合もベーシックなカラーはもちろん、アクセントカラーとしてレッドやブルーなどの明るいカラーを使うのもGOOD。

視点3:サイズ選び

視点3:サイズ選び

サイズ調整ができる靴ひもやベルトなどがないスリッポンはサイズ選びが重要です。収縮性があるスリッポンとはいえ幅の調整は難しいため、購入の際は足の長さだけでなく足幅のサイズもチェックしましょう。

定番から通好みまで。大人のコーデにハマるスリッポン10選

選び方を押さえたところで、おすすめのスリッポンを10点ピックアップ。どれも使い勝手が良く、コーデを選ばずに使えるベーシックなものばかり。スリッポン初心者の方にも選びやすいはずです。

アイテム1

『ヴァンズ』スリッポン

『ヴァンズ』スリッポン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「キングオブスリッポンブランド」といっても過言ではないであろう『ヴァンズ』の定番スリッポンです。キャンバス地の1足は、デニムやハーフパンツにとても合わせやすく、スリッポン入門モデルとしてもおすすめのアイテムですよ。

アイテム2

『ナイキ』トキスリップ キャンバス

『ナイキ』トキスリップ キャンバス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

グリップに優れたソールを採用したトキスリップは、タウンユースだけでなくアウトドアシーンにも◎。名前にウィメンズとありますが、サイズ豊富で男性でも履けるサイズが豊富に用意されています。

アイテム3

『コンバース』オールスター スリップ 3 OX

『コンバース』オールスター スリップ 3 OX

DONOBAN

DONOBAN

お気に入り追加

超定番モデルのロースニーカーだけあり、男女問わず人気のベーシックモデル。シンプルコーデやマリンコーデにも使いやすく、1足あれば重宝間違いなしのアイテムです。

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの12足を網羅

スニーカー・シューズ

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの12足を網羅

日本ではもちろん、世界中で多くのファンを獲得している『コンバース』。定番の「オールスター」から「スケートボーディング」モデルまで、注目作を一気に披露します。

本間 新

2021.02.18

アイテム4

『トムス』エスパドリーユ-キャンバスクラシック

『トムス』エスパドリーユ-キャンバスクラシック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2006年に登場した『トムス』のアイテム。リネンで作られた軽くマットなスリッポンは、夏にぴったりの仕上がりになっています。スリッポンの甲部分にゴムで伸縮加工済みのため、伸縮しにくいリネン素材でも足にフィットしやすい仕様に。

アイテム5

『デデス』デデス 5116

『デデス』デデス 5116

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スエード素材を全体にあしらったスリッポンは、色が鮮やかでシンプルコーデやモノトーンコーデなどの差し色として使いやすいアイテム。カラバリ豊富なので、鮮やかカラーだけでなくブラウンやブラックなど普段使いしやすいカラーもまとめ買いするのも良さそう。

アイテム6

『オニツカタイガー』アッピア

『オニツカタイガー』アッピア

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらはレザーの光沢がまぶしい『オニツカタイガー』のスリッポン。スニーカーブランドのアイテムらしくスポーティさが強く感じられるアイテムですが、柄も装飾も何もないため、スポーティコーデだけでなくカジュアルコーデなど普段使いしやすい仕上がりになっています。

アイテム7

『アルフレッド バニスター』スラッシュスリッポン

『アルフレッド バニスター』スラッシュスリッポン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

合成皮革×スエードの異素材コンビは、きれいめコーデにもカジュアルコーデにも合わせやすいデザインに仕上がっています。モノトーンコーデやセットアップのハズしとして使うのも良いですね。

アイテム8

『リビエラ』メッシュ スリッポン

『リビエラ』メッシュ スリッポン

Z-MALL

Z-MALL

お気に入り追加

スペインの人気シューズブランド『リビエラ』のスリッポン。甲部分がメッシュ素材で足をムレから解放してくれること間違いなしのアイテムです。また、インソールの取り外しが可能なためお手入れも簡単。風合いある素材使いは上品なリゾートスタイルにもぴったりです。

アイテム9

『ミスターオリーブ』ウォータープルーフシュリンクレザー オペラスリッポン

『ミスターオリーブ』ウォータープルーフシュリンクレザー オペラスリッポン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

撥水加工を全体に施されている、梅雨時にも雨シミや浸水を気にせずに履けるハイスペックモデルのスリッポン。ソールにはコルクが採用されており、履き心地も軽いのが特徴です。

気軽に取り入れるべし。オペラシューズが主張する、濃厚なエレガンス

スニーカー・シューズ

気軽に取り入れるべし。オペラシューズが主張する、濃厚なエレガンス

正統派のドレス靴でありながら、紐なし靴ゆえに実は気軽に履けるオペラシューズ。どこか抜け感が欲しい今どきなきれいめコーデの仕上げに、取り入れる価値は大アリです!

遠藤 匠

2021.10.22

アイテム10

『ガイモ』エスパドリーユスリッポンシューズ

『ガイモ』エスパドリーユスリッポンシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スペインのシューズブランド『ガイモ』のエスパドリーユスリッポン。リネン製で一見伸縮性がないように見えますが、サイドに施されたゴムバンドで履きやすさは抜群。女性サイズも豊富なので、彼女や奥さんとおそろいで履くのもアリですね。

きれいめからカジュアルまで。スリッポンの着こなしを紹介

ここまでスリッポンについてお話してきましたが、スリッポンに合うコーデにはどのようなものがあるか気になる方も多いのでは? ここからは、スリッポンを使ったきれいめ・カジュアルコーデをそれぞれご紹介します。

▼スリッポンを取り入れたきれいめコーデ編

きれいめコーデでは、スリッポンと服は無地のものでまとめると全体がより大人っぽい仕上がりに。全体を無地で統一することでカジュアル感もなくなり、よりきれい見えしますよ!

▼スリッポンを取り入れたきれいめコーデ編

WEAR

WEAR

お気に入り追加

かっちりしがちなジャケットコーデも、タイトめデニムとパステルブルーのスリッポンを合わせることでうまくカジュアルダウンできていますね。全体が同系色でまとまっているだけでなく、ジャケット・ボトムスともにロールアップされており、長さバランスも均一です。

▼スリッポンを取り入れたきれいめコーデ編 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは光沢感のあるセットアップに、マットな質感ながら光沢が美しいレザースリッポンが映えている大人コーデ。インナーシャツとスリッポンのカラーがブラックで統一されているため、セットアップは膨張色ながら全体が引き締まって見えますね。

▼スリッポンを取り入れたきれいめコーデ編 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは全体の質感が統一されたきれいめコーデ。マットな質感のスリッポンを使うだけで、全体のきれいさが程良くカジュアルダウンされていますね。足元のすっきり感とチェスターコートのストンとしたデザインもきれいにマッチしています。

▼スリッポンを取り入れたきれいめコーデ編 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらも色数が限定されたコーデ。ジャケットのネイビーとスリッポンのネイビーが統一されており、清潔感だけでなく清涼感も感じられる仕上がりに。ネイビーを上下に使うことでインナーとパンツのペールカラーがより引き立つ効果が生まれています。

▼スリッポンを取り入れたきれいめコーデ編 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャケパンに合わせるのはレザーシューズ……ではなく、コンバースのスリッポン!こちらも飾りっ気がないベーシックなシューズのせいかジャケパンコーデに合わせてもまったく違和感がありません。裾のロールアップで足首を見せてより夏らしさの感じられるコーデに。

▼スリッポンを取り入れたカジュアルコーデ編

春夏シーズンらしく着こなすなら、淡いカラーや、ポイントカラーとして明るめカラーのスリッポンを合わせるのがおすすめ。服のカラーやコーデを選ばず、爽やかな仕上がりになりますよ。

▼スリッポンを取り入れたカジュアルコーデ編

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全体をネイビーでまとめた夏らしい爽やかコーデですが、足元にペールブルーのスリッポンを合わせることで全体に抜け感が感じられるコーデに。ここをネイビーで合わせても良いのですが、あえてトーンの薄いペールブルーを合わせることで全体がより生き生きした印象に。

▼スリッポンを取り入れたカジュアルコーデ編 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全体がグレーやアイボリーでまとまったコーデですが、足元にオフホワイトのスリッポンを合わせるだけで全体のトーンが明るくなった視覚効果が感じられるコーデです。ここで同トーンのベージュやグレーでなくホワイトを合わせることでより清涼感のある仕上がりに。

▼スリッポンを取り入れたカジュアルコーデ編 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらのマリンテイストコーデにもホワイトのスリッポンが使われていますね。マリンボーダー×ホワイトは鉄板のコンビ。初心者の方でも簡単に取り入れやすい色・柄の組み合わせですよ。青みの強いデニムも、ボーダーとホワイトスリッポンの明るさをより引き立てています。

▼スリッポンを取り入れたカジュアルコーデ編 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カーキなどで統一されがちなアウトドアコーデですが、足元にレッドのスリッポンを差し色にすることで全体がよりこなれた印象に。
ほかのアイテムではレッドの面積が広くなるためミスマッチが起こりがちですが、シューズにレッドを使うことで全体が引き締まって見えます。

▼スリッポンを取り入れたカジュアルコーデ編 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルー×白の王道カラーで構成したメリハリの効いたカジュアルコーデ。鮮やかなブルーのスリッポンは差し色として取り入れるのも手ですが、こちらのようにTシャツとバッグにリンクさせればぐっと着こなしの統一感が高まります。ウエストからチラリと覗かせたウェビングベルトとグレーのインナーが、こなれ感を高める鍵。

上品&リラクシング。レザースリッポンで足元から大人コーデを攻略しよう

スニーカー・シューズ

上品&リラクシング。レザースリッポンで足元から大人コーデを攻略しよう

品があるのに適度な抜け感を感じさせるレザースリッポンは、大人っぽいコーデの仕上げにうってつけです。選び方から着こなしサンプル、おすすめ品まで一気にご紹介!

平 格彦

2021.05.26

モチヅキ アヤノ
モチヅキ アヤノ
国内外問わず旅行が大好きなアウトドア系ライターです。ファッションで好きなジャンルやバッグやシューズ、ストールなどのアイテムで、好みは海外ブランド寄りです。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP