ボートネックなら簡単にメンズコーデの格上げがかなう

ボートネックなら簡単にメンズコーデの格上げがかなう

暖かい季節になると悩ましいのが、インナーとして着用するカットソー選び。「クルーネックを着ると部屋着っぽくなってしまう……」方はボートネックに注目です。

CANADA

2016.06.08

トップス
カットソー
ボーダーカットソー

ボートネックとは?

ボートネックとは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ボートネックとは、鎖骨に沿ってカーブを描いたネックラインのことで、ボートシェーブネックラインとも呼ばれます。上から見た時に前後の襟ぐりが船底の形のように見えることから命名されたもので、画家のピカソらがボートネックのシャツを愛用したことでも有名。

愛好家続出! ボートネックの魅力

愛好家続出! ボートネックの魅力

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大人のカットソー選びでは、ぜひ選択肢に入れておきたいボートネック。定番アイテムではあるので毎シーズン展開はされていましたが、今年はとくに愛用する人が続出! その魅力と正しい着こなし方を解説していきます!

ボートネックを着るならこれがおすすめ!

「ボートネックといえばこれ!」という定番ブランドから旬のデザインに落とし込まれた人気ブランドの逸品まで、おすすめのボートネックアイテムを一気に紹介します!

ブランド1『セントジェームス』

『セントジェームス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

1889年に創設された『セントジェームス』は、ボートネックの代名詞的ブランド。ハリのある素材は着込むほどに味わいが出てくるので、肌馴染みもよくやみつきになること請け合いです。

ブランド2『オーシバル』

『オーシバル』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

1939年にフランス・リヨンで設立されたマリンウェアブランド。しっかりとした厚手の生地はカジュアルすぎず、スタイリング次第であらゆるアイテムとの組み合わせが楽しめます。

ブランド3『ルトロワ』

『ルトロワ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

2008年にフランス・シャンパーニュ地方で誕生したブランド。上品なカジュアル感がありながらモダンな着心地が特徴で、気取らないデイリースタイルを作れます。

合わせて読みたい:
その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

ブランド4『トラディショナルウェザーウエア』

『トラディショナルウェザーウエア』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

イギリス・マッキントッシュ社の旧社名でありゴム引きコートなどが有名ですが、ボートネックカットソーも揃います。これは、ゆったりとしたシルエットで大人のリラックススタイルを演出してくれそう。

ブランド5『ルミノア』

『ルミノア』

MARBLE WEB SHOPMARBLE WEB SHOP

お気に入り追加

1936年に創業し、厳しい品質管理によって高いクオリティを維持し続けている数少ないブランド。他社が海外生産に移行する中でフランスで生産を続け、今なおフランス海軍に納品を続けています。

ボートネックをおしゃれに着こなすためのヒント集

おすすめブランドをチェックした後は、その着こなし方をレクチャーします。着るだけで上品なイメージをまとえてしまうので、小難しいテクはなし。今日からすぐに実践可能です!

ヒント1王道を狙うなら、×デニムパンツ

ボートネックカットソーは、きれいめとカジュアルのバランスがちょうどいいので、大人の休日コーデには最適! 合わせるパンツは、デニムパンツが王道です。

王道を狙うなら、×デニムパンツ

WEARWEAR

お気に入り追加

クリーンな印象のボートネックならば、ストレートタイプのデニムを合わせてもやぼったく見えません。むしろ、スリムパンツ全盛の今だからこそ、鮮度が高い着こなしといえるでしょう。

王道を狙うなら、×デニムパンツ 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ジャケット×デニムパンツの定番スタイルも、中にボートネックカットソーを合わせて遊び心をプラス。足元は、スリッポンを合わせてこなれ感を出すのが大人カジュアルの鉄則です。

王道を狙うなら、×デニムパンツ 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ボートネックカットソー、デニムパンツはともに『オーシバル』で統一。ジャケットスタイルにあえてゆとりのあるデニムパンツを選ぶことで、大人のリラックス感を演出できます。

ヒント2旬を狙うなら、×ホワイトパンツ

ボートネックカットソーを今っぽく着たいなら、ホワイトパンツを合わせるのがGOOD。一気にこの季節らしい爽やかさが出せるうえ、しっかりと品もキープしてくれます。

旬を狙うなら、×ホワイトパンツ

WEARWEAR

お気に入り追加

ベージュのカバーオールでタフな男臭さを感じさせつつも、ホワイトパンツの爽やかさと相まってちょうどいいバランスに。インナーのボーダー柄がアクセントになっています。

旬を狙うなら、×ホワイトパンツ 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ボーダーカットソー×パーカーの定番コーデもボートネックを選ぶだけで、こんなにもこなれて見えます。ホワイトパンツの裾をロールアップさせて、抜け感を作ったのが◎。

旬を狙うなら、×ホワイトパンツ 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

半袖のボートネックと白パンツは、初夏にぴったりのコーディネート。革靴や黒のハット、腕時計などの小物で着こなしのトーンを引き締めることで、大人らしさも加味しています。

ヒント3中にシャツを重ねる

まだ肌寒さを感じる時期は、シャツのレイヤードが使えます。それだけでこなれ感が増すだけでなく、クルーネックと比べてモタつきにくいのも利点です。

中にシャツを重ねる

WEARWEAR

お気に入り追加

ボートネックカットソーは太ボーダーを選ぶとカジュアル度がUP。大人が着るなら、中にシャツを重ねてラフになりすぎないようにバランスを調節することが重要です。

中にシャツを重ねる 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ホワイト×ネイビーのボートネックシャツの中にシャツを重ねて、ホワイトの分量を多くした爽快感あふれるコーデ。首元にバンダナを巻くワンテクは、すぐに取り入れられそう。

中にシャツを重ねる 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ひざ上丈のパンツとボートネックカットソーで、夏らしいカジュアルな着こなしに。インナーにシャツをサンドすることで、大人っぽく見せています。

メンズファッション誌編集長を経て、現在フリーランスエディター/ライター。好きなものは海、雑誌、パン。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

    モチヅキ アヤノ

    バトナーのニットは何が違う? 国内ニットの人気ブランドの魅力とおすすめ

    バトナーのニットは何が違う? 国内ニットの人気ブランドの魅力とおすすめ

    日本発のニットブランドが注目されている昨今、断トツの支持率を誇るのが『バトナー』です。人気の理由や特徴、おすすめのラインアップを紹介します。

    山崎 サトシ

    BACK