山でも街でもおしゃれに。クライミングパンツをはこう

山でも街でもおしゃれに。クライミングパンツをはこう

クライミングパンツは山登りの時しかはいてはいけないと思いこんでいませんか? クライミングパンツをデイリーに取り入れた、上級カジュアルコーデが人気を呼んでいます!

CANADA

2016.06.08

ボトムス
クライミングパンツ
春の着こなし・コーデ

クライミングパンツとは?

クライミングパンツとは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

クライミングパンツとは、読んで字のごとく、山登りの時にはくパンツのこと。ブランドによって作りはさまざまですが、登山時のことを考慮してポケットが多かったり二重構造になっているものが多く、タフな素材で機能的に作られているのが特徴です。

クライミングパンツが街着として愛される理由

クライミングパンツが街着として愛される理由

ZOZOTOWNZOZOTOWN

夏場は吸湿性や速乾性、冬場は防寒性に優れたアイテムが揃い、とにかく機能性が高いのが一番の人気の理由。それにくわえて、最近では街でも着られるようなシンプルで洗練されたデザインのものが増えてきたこともあり、高い支持を集めているのです。

クライミングパンツをはくならこれがおすすめ!

大人の男性にハマるクライミングパンツを厳選! なるべくアウトドア色の強いデザインは避けて、シンプルなものを選ぶと街でもアウトドアシーンでもヘビロテできます!

アイテム1『グラミチ』

『グラミチ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

都会でのシティーライフからアウトドアシーンにおいても欠かせない存在となったグラミチ! テーパードの強いシルエットに仕立てられていて、現代的な一本です。

アイテム2『ザ・ノース・フェイス』

『ザ・ノース・フェイス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

コットンの心地よさとポリウレタン独自の伸縮性のよさを兼ね備えていて、どんなシーンでも快適さをもたらしてくれます。裾のゴムシャーリングで足元をすっきり見せられるのもGOOD。

アイテム3『クリフメイヤー』

『クリフメイヤー』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ゴムウエスト+ウェビングベルトでウエストが簡単調節できるうえ、ベルトループもあるのでウォレットチェーンやチョークバッグをつけて腰回りで遊ぶことも可能です。

アイテム4『ディッキーズ』

『ディッキーズ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『ディッキーズ』の持つワークテイストは残しつつ、しなやかでハリのある表情に仕上げたクライミングショーツ。ウェビングベルトを採用し、片手での調節ができ着脱もスムーズです。

アイテム5『リー』

『リー』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

クロップド丈のクライミングパンツは、リーならではのオーセンティックなデザインを取り入れることで、フィールドを選ばずはいていただけるデザインに仕上がっています。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集

本来アウトドア仕様であるクライミングパンツは、はき方を間違えると街になじまなくなる可能性も……。都会的に見えるヒントを3つレクチャーします!

ヒント1▼きれいめアウターを羽織る

カジュアルなクライミングパンツときれいめなアウターとのバランスで、大人ならではのこなれ感が簡単に作れます。大人のおしゃれには〝ハズし〟の要素がマスト!

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集

WEARWEAR

春用の軽いテーラードジャケットに合わせたのは、『ザ・ノース・フェイス』のクライミングパンツ。足元もサンダル×ソックスの合わせ技で、さり気ないのにトレンド感満点!

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

白のデニムジャケットと『グラミチ』のパンツでつくるアーバンライクなコーディネート。インナーにボーダー柄のカットソーをセレクトし、マリンテイストを加味すれば、春夏の季節感たっぷりのコーディネートに。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 3枚目の画像

WEARWEAR

アウターとクライミングパンツの色を同じトーンで揃えて、セットアップ風の着こなしに。クライミングパンツの特徴でもあるウェビングベルトをチラ見せして、カジュアル感をMIX!

ヒント2▼ボーダーを合わせてマリン風に

同じアウトドアつながりということもあって、マリン要素のあるボーダーカットソーとクライミングパンツは相性バツグン。サラッと合わせて大人の爽やかさを演出しましょう。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 4枚目の画像

WEARWEAR

グレーのクライミングパンツにネイビーのボーダーカットソーで、カジュアルさもあるのに上品な仕上がりに。配色バランスに気を配るのも、クライミングパンツを都会的にはくコツです。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 5枚目の画像

WEARWEAR

ネイビー×ベージュのやさしげなカラーリングで、クライミングパンツの武骨さを払拭。パンツはクロップド丈を選ぶと、靴との間に抜け感が生まれてこなれて見えます。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 6枚目の画像

WEARWEAR

ボーダーTと首に巻いたバンダナで、クライミングパンツをマリン風にアレンジ。全体にトーンが淡いですが、太ボーダーでメリハリを出せばコーデが締まって見えます。

ヒント3▼全体をタイトめにする

アウトドアアイテムをそのままゆるっと着てしまうのは、ラフになりすぎるのでNG。上下ともに程良くタイトめなサイジングを意識するとスマートに着こなせます。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 7枚目の画像

WEARWEAR

細身のサイジングとモノトーンのカラーリングでまとめると、クライミングパンツもシュッとした印象に。コーデがシンプルなので、バッグのロゴがいいアクセントになります。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 8枚目の画像

WEARWEAR

カモフラ柄のクライミングパンツを白のナイロンパーカーと合わせて爽やかなコーデに。パンツのサイジングがタイトだから、総柄パンツもくどくならずいいアクセントになっています。

クライミングパンツのコーデをセンスよく見せるためのヒント集 9枚目の画像

WEARWEAR

チェックの柄とクライミングパンツの色をブルー系で統一。全体がタイトめかつワントーンで統一されているので、野暮ったさは皆無。白スニーカーが爽やかに映えています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

    ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

    今や大人カジュアルの必需品、ハーフパンツ。今夏も大活躍してくれること間違いなしです。定番とはひと味違う、こだわり満載の別注アイテムも続々登場しています!

    TASCLAP編集部

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

    平 格彦

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK