水陸両用のボードショーツ15選。海でも街でも頼りきり!

水陸両用のボードショーツ15選。海でも街でも頼りきり!

マリンスポーツに、タウンユースにと、これからのシーズンに大活躍する水陸両用のボードショーツ 。その選び方とおすすめアイテムをお届けします。

ai sato

ai sato

SHARE
記事をお気に入り
2021.07.21

レジャーにタウンユースに活躍するボードショーツ。水着との違いは?

レジャーにタウンユースに活躍するボードショーツ。水着との違いは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボードショーツって水着でしょ? という認識の方も多いかと思いますが、いわゆる泳ぐための水着とは似て非なるもの。ボードショーツは、水着+ショートパンツというイメージで水陸両用での着用が可能です。水着とは異なり、速乾性に優れ、見た目にもショートパンツのようなデザインで、ポケット付きなどのディテールもポイント。ここ数年でボードショーツをタウンユースするスタイルも浸透しています。

レジャーにタウンユースに活躍するボードショーツ。水着との違いは? 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボードショーツをはく際、なんとなく気になるのがインナーの存在。水中での使用が目的のスイムスーツは、透けやズレを防止するためのメッシュインナー付きが主流です。一方ボードショーツは、インナー付きもあれば、最近では付いていないものも増えています。街履きならそのままインナーなしで、海やプールではく際はボクサーショーツタイプの水着用インナーを下にはくのがおすすめ。

ボードショーツを選ぶとき、意識したい2つのポイント

今シーズンもさまざまなブランドから、バリエーション豊富なボードショーツが登場! 数ある中から自分にぴったりのものを選ぶポイントとなるのが、丈感と素材です。ライフスタイルや普段の着こなしへの合わせやすさを意識しながらチェックしてみてください。

ポイント1

自分のスタイルに合う丈をセレクト

自分のスタイルに合う丈をセレクト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボートショーツを選ぶ際、迷うのが丈感。ここ数年流行りの短丈から、落ち着いた大人好みの長めまで、さまざまなタイプが揃っています。最近の主流は、こちらの3タイプ。

■16~17インチのショート(太もも丈):レイドバック感とトレンド感が演出できるとして人気上昇中。

■18~19インチの膝上丈:動きやすさ重視したいアクティブ派なら、膝上丈がベスト。スポーティで若々しいムードも漂います。

■20~21インチの膝丈:膝を出すのに抵抗があり、大人っぽさや落ち着いた雰囲気が欲しいなら、膝丈を選ぶのが正解です。

ポイント2

着用シーンを意識した素材選びも大切

着用シーンを意識した素材選びも大切

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

機能性が問われるボードショーツだけに、その素材も多種多様。海でのマリンスポーツでガシガシはきたいアクティブ派には、水切れが良く軽量、さらにストレッチ性も備えたポリエステルやポリウレタンを使った素材が◎。ビーチサイドで過ごすときやレジャーシーンでの着用には、スポーティな表情とはき心地の良さが自慢のナイロン素材のものを。コットンやポリエステル混なら、さらに風合いやストレッチ性が増します。街履きメインなら、コットンをメインに使用した水着っぽさを感じさせないタイプがおすすめです。

3つのタイプ別に厳選。ボードショーツのおすすめ15ブランド

豊富に揃うラインアップの中から、大人におすすめしたいボードショーツをピックアップ! 人気のサーフブランドにアウトドアブランド、街履きにぴったりなアパレルブランドの3つのタイプ別に紹介します。

▼タイプ1:海男ならサーフブランドをチョイス!

サーフィンやSUP(スタンドアップパドルボード)を楽しむ海男には、やっぱりサーフブランドのボードショーツがお似合い。リラックス感のある西海岸テイストは、マリンスポーツをやらずともビーチサイドでの着こなしにしっくり馴染みます。

ブランド1

『ハーレー』

『ハーレー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

サーフボードシェイパーのボブ・ハーレー氏の手により、サーフボードブランドとして南カリフォルニアで誕生した『ハーレー』。現在ではサーフと音楽やアートなどの融合したライフスタイルブランドとして人気を集めています。こちらのシンプルなボードショーツは、落ち着いたオリーブカラーで街着にも難なくマッチ。サイドポケットとベルクロ付きの背面ポケットもうれしいポイントです。

ブランド2

『クイックシルバー』

『クイックシルバー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーストラリア発の『クイックシルバー』は、パフォーマンス性とファッション性を両立させたボードショーツに定評あり。高品質かつ斬新なデザインは世界中で人気です。こちらのアイテムは、南国テイストの総柄が気分を盛り上げ、程良くゆとりのあるシルエットではき心地も快適。さらに動きやすい膝上丈、ウエストにはサイズ調整可能なドロストコード付きでサーフィンのパフォーマンスを上げてくれる機能性の高さも自慢です。

ブランド3

『ヴィスラ』

『ヴィスラ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ヴィスラ』は南アフリカの元プロサーファーが、サーファーの意見や考えをプロダクトに落とし込むというコンセプトのもと、展開しているサーフアパレルブランド。アロハシャツを思わせるボタニカル柄のボードショーツは、キャッチーなプリントだけでなく素材にこだわりが見られます。ココナッツ繊維で作られた4WAYストレッチ素材を使用。動きやすさとサラりとした清涼感ある着心地が楽しめます。丈は20インチ。

ブランド4

『バンクス』

『バンクス』

Our.s

Our.s

お気に入り追加

アメリカ、オーストラリア、日本のサーファーやアーティストが、自分たちのクラフトマンシップと創造性を追求しようと生まれた『バンクス』。機能性とサステナビリティを両立させたウェアを信条とし、ボードショーツにもリサイクル素材を使うなど地球にやさしいアイテムを提供しています。モノトーンのリーフ柄は、爽やかさとクールな雰囲気を併せ持った大人好みの1着。すっきりとしたショート丈も夏らしく軽快な印象です。

ブランド5

『TCSS』

『TCSS』

s.s shop

s.s shop

お気に入り追加

アートをベースにしてデザインされたサーフウェアを提案する『TCSS』。1950~60年代のカリフォルニアやオーストラリアのスタイルマスターたちからインスピレーションを受けた、モダンなカットワークとレトロなデザインが特徴です。グレー地にグラフィカルな花柄をあしらったボードショーツは、短めの今っぽいフォルムでありながらどこかレイドバックした雰囲気が◎。バックのボタン付きフラップポケットが、さりげなく洒落感をUPさせています。

▼タイプ2:陸でのレジャーでも活用したいアクティブ派なら、アウトドアブランドがおすすめ

キャンプやフェスなど、アウトドアシーンでもボードショーツが活躍。アクティブに動くシーンには、やはり機能性に特化したアウトドアブランドがイチ押し。水辺や山、天候の変化にも対応しやすいものが多く揃います。

ブランド6

『グラミチ』

『グラミチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ロッククライミング界をけん引してきたロッククライマー、マイク・グラハム氏が独自の手法で機能性の高いウェア作りを始めたことにより誕生した『グラミチ』。その『グラミチ』に『シップス』が別注したボードショーツは、毎年完売必至の人気アイテム。アウトドアにもタウンユースにもOKな定番人気のショーツをベースに、撥水効果の高いナイロン素材やインナー付きで水着としての機能性を盛り込んでいます。もちろん、『グラミチ』ならではの180度開脚可能なガゼットクロッチで足運びの良さも抜群!

グラミチのショートパンツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

ウェア・コーデ

グラミチのショートパンツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショートパンツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しくご紹介するとともに、おすすめのモデルをお届けします。

山崎 サトシ

2021.04.27

ブランド7

『ワイルドシングス』

『ワイルドシングス』

MIDLAND SHIP

MIDLAND SHIP

お気に入り追加

アメリカを代表する登山家2人によって設立された『ワイルドシングス』。彼らの経験から、プロダクトはタフで軽くなければならないというコンセプトのもとで作られるアイテムは、機能素材を使用した逸品揃いです。こちらのボードショーツは、日本のファブリックメーカーが開発した「Pliantex(プライアンテックス)」という素材を採用。防風性や伸縮性、耐水性などの機能性を誇りながら着心地の良さも楽しめます。軽くシワになりにくいので、旅のお供としても最適。

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

ウェア・コーデ

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

山崎 サトシ

2020.11.24

ブランド8

『パタゴニア』

『パタゴニア』

Neo Globe

Neo Globe

お気に入り追加

クライミングギアを作る小さな会社からスタートしたアウトドアブランド『パタゴニア』。徹底的にこだわり抜かれた品質の高さと、環境に配慮したモノ作りで今やアウトドアシーンをリードする存在です。ブランドを代表するリサイクルナイロンを使用した水陸両用のボードショーツは、ミニマルなデザインと速乾性の良さでアウトドアからタウンユースまで大活躍! メッシュインナー付きなので水中でのはき心地も申し分なし。

パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

ウェア・コーデ

パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

ショーツが主役の季節が到来! 一口にショーツといっても選択肢は多彩ですが、なかでも推奨したいショーツが、『パタゴニア』の1本です。

山崎 サトシ

2020.06.08

ブランド9

『ザ・ノース・フェイス』

『ザ・ノース・フェイス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1968年、アメリカのバークレーでスタートした老舗アウトドアブランド。高品質のダウンやウインドブレーカーで知られ、機能性を追求したこだわりはもちろんボードショーツにも見られます。速乾性に優れたナイロン素材を使用しているので、汗や水で濡れてもドライな質感をキープ。メッシュのブリーフライナー付きなので、川遊びやマリンスポーツにもおすすめです。

ブランド10

『ヘリーハンセン』

『ヘリーハンセン』

スポーツゴリラ

スポーツゴリラ

お気に入り追加

ノルウェーで防水着メーカーとして創業した『ヘリーハンセン』。現在では、セーリングやトレッキングなどさまざまなアクティブシーンをサポートする製品を作り出しています。こちらは、太ピッチのボーダーで爽やかなマリンテイスト溢れる1本。ハリと光沢のあるナイロンタッサー素材は、速乾性があり強度も高いのでアウトドアでタフにはくにはもってこい!

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

ウェア・コーデ

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

海を感じさせるアウトドアブランドとして独自の地位を築いている『ヘリーハンセン』。機能性だけでなく、北欧由来のデザインも大きな魅力です。

平 格彦

2018.06.06

▼タイプ3:街履きメインで、コーデに馴染む1本が欲しいならアパレルブランドをチェック

ボードショーツにもトレンド感や、スタイリッシュな表情が欲しいという人には、アパレルブランドの旬なタイプがベスト。デザインのバリエーションも豊富です。

ブランド11

『コロニー クロージング』

『コロニー クロージング』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンガポールにあるラグジュアリーリゾートスタイルを提案する、セレクトショップ「コロニー クロージング」と「エストネーション」が、タッグを組んだ本作。ウール見えするポリエステル、レーヨンを使用した高級感あるルックスは、タウンユースに最適です。もちろん、レジャーからマリンスポーツまで着用可能。裏地にはメッシュインナーが付いています。

ブランド12

『ダントン』

『ダントン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フランス生まれのワークウェアブランド『ダントン』らしい、シンプルでシックなボードショーツをピックアップ。ナイロンタフタを使用した本作は、マットな質感で落ち着きのある面持ちが他にはないポイントです。大きめのポケットやゆったりとしたシルエットなど、同ブランドらしいワーク感が残るデザインに仕上がっています。

ブランド13

『サージュ デ クレ』

『サージュ デ クレ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトドアウェアから着想を得たという『サージュ デ クレ』×『ビームスプラス』のボードショーツ。シンプルなデザインながら、特徴的なフロントポケットがさりげないアクセントになっています。ポケットのマチには水抜き用の菊穴が備えられ、スイムウェアとしての機能も搭載。生地にはサプレックス(R)ナイロンスパンリップストップを採用し、軽さと強度も備えています。

ブランド14

『カンビオ』

『カンビオ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スタイリッシュなデザインが目を引く『カンビオ』の1本は、タウン使いにうってつけ。幾何学柄ながらも落ち着いたトーンで大人っぽく着られます。トレンドのショート丈(太もも丈)で着こなしの鮮度アップも叶います。

ブランド15

『コーエン』

『コーエン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

程良いトレンドアイテムがお手頃価格で手に入る『コーエン』より、コスパ抜群のボードショーツをピックアップ。ベーシックなカラーの他、ビビッドカラーや柄モノといった豊富なラインアップも魅力です。撥水加工を施したナイロン素材を採用した本アイテムは、ドライな質感でさらりとしたはき心地。耐久性にも優れているのでタウンユース以外でもガシガシ使えます。

サーフパンツはこの人気15ブランドから。海でも街でもはける1本を狙おう

ウェア・コーデ

サーフパンツはこの人気15ブランドから。海でも街でもはける1本を狙おう

海ではもちろん、街ばきとしても活躍するサーフパンツは夏スタイルの強い味方。大人が選ぶべきサーフパンツのポイントからおすすめ品までをご紹介します。買うなら今です!

近間 恭子

2021.06.17

ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき20ブランド

ウェア・コーデ

ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき20ブランド

夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

TASCLAP編集部

2021.07.12

人気銘柄を網羅。サーフブランドのTシャツ10選

ウェア・コーデ

人気銘柄を網羅。サーフブランドのTシャツ10選

海をバックボーンとするサーフブランドのTシャツは、夏らしさを演出すうえでの最適解の1つ。持っておきたい有力ブランドの今季作を一挙にお披露目します!

山崎 サトシ

2020.05.30

メンズ水着の人気ブランド26選。ビーチでプールで、いつもおしゃれに【2021年】

ウェア・コーデ

メンズ水着の人気ブランド26選。ビーチでプールで、いつもおしゃれに【2021年】

夏のレジャーに欠かせない水着。ブランド別に厳選したメンズのおすすめスイムウェアをご紹介します。海やプールでも、ぜひおしゃれなコーディネートを楽しんでください!

平 格彦

2021.07.09

海遊びからアウトドアまで。ラッシュガードは夏のアクティビティに必須

ウェア・コーデ

海遊びからアウトドアまで。ラッシュガードは夏のアクティビティに必須

海に川に、そしてプールに――。夏ならではのアクティビティは安全に、そしておしゃれに楽しみたいですよね。そんなときに活躍するラッシュガードにフィーチャー。

近間 恭子

2021.07.04

注目編集者
ai sato

インテリアやアウトドア記事をメインに担当

ai sato
サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事