黒スニーカーのおすすめと大人のコーディネート集

黒スニーカーのおすすめと大人のコーディネート集

スニーカーはもはやブームではなく、より幅広いスタイルに侵食し、そのポジションを確立しています。だからこそ、大人な印象の黒スニーカーが必須。その魅力に迫ります。

平 格彦

2018.04.12

スニーカー
春の着こなし・コーデ

黒スニーカーの魅力とは?

ブラックのスニーカーが異色の存在とも言えるほど、多様な魅力を備えています。大まかに言えば、スポーティでカジュアルなのに、落ち着きも兼備。つまり、オールマイティーなのです。主な特徴をくわしく解説しましょう!

特徴1クールかつモードな面持ちが大人向き

ブラックのシューズといえば、ドレスなスタイルの王道。そんなイメージも手伝ってか、黒スニーカーは大人にふさわしい品格を感じさせます。もちろん、ブラックという色の特徴であるクールやモードといった魅力も兼備。都会的な大人の着こなしの必需品といえます。

今季注目のコーデ“アスレジャー”を、より大人らしく仕上げる手段としても黒スニーカーは有用です。パンツとスニーカーをともにダークトーンで構成すれば、さらにシックなムードを楽しむことさえできるのです。

特徴2合わせるパンツやスタイルを選ばない

さまざまなテイストをあわせ持つ黒スニーカーなので、あらゆるテイストのスタイルによく合います。ネルシャツにジーンズを合わせたアメカジ系から、スラックスを用いるきれいめまで難なくマッチ。たいていのパンツに似合いますので、万能といえる汎用性の高さです。

股下のレングスが短いアンクルカットなどのパンツにも、黒スニーカーはマッチします。暑い夏場は写真のように素足を見せてもOK。肌寒い日には、白のソックスと合わせるのもおしゃれです。

特徴3それでもやっぱりスポーティな面持ち

モード調やドレッシーな側面を備え、オールマイティにはき回せる黒スニーカーですが、やっぱりスニーカーはスニーカー。スポーティなムードも宿しています。

その軽快感やリラックス感は今の時代の象徴。毎日はく必要はありませんが、大人のワードローブには欠かせない存在です。

セレクトに迷ったら頼りたい、おすすめの黒スニーカー

ブラックが基調のスニーカーといってもデザインは多種多様です。細かいデザインは好み次第ですが、黒の魅力を引き出すなら少なくともアッパーはオールブラックが条件。そんなアイテムを厳選して紹介します!

“トリブルブラック”という通称を持つオールブラックのエア ハラチはかなりクール。1991年にデビューしたモデルで、ハイテク感のあるデザインが特徴的です。快適なはき心地はもちろん、コーディネートにスポーティな要素をミックスする際に重宝します。

スニーカーの王道モデルのひとつであるオールスターを、シューレースを省いたスリッポンタイプにアレンジ。着脱が簡単なので、普段使いにも便利です。持ち前のレトロなルックスはそのままですので、どんなスタイリングにも抵抗なく合わせられます。

1989年に登場した名作のZX800をベースにしながら、高い機能性と都会的なデザインでモダナイズ。アイコン的なトルションバーなどの仕様は残しつつ、トゥのオーバーレイやマットガードといった補強パーツをできるかぎり省略し、スタイリッシュに仕上げています。

1000番台の品番ではM1300に次ぐ2番目ながら、当時の技術力の関係で量産を断念。結局、M1500の後にリリースされた待望の人気モデル。ソフトでフィットするはき心地に魅了される人が多く、ランナーはもちろん、立ち仕事の多い人にも支持されました。色はグレーが定番ですが、クールな黒で差をつけるのがおすすめ!

むだを削ぎ落としたフォルムが人気のローシ ワンは、瞑想や禅のコンセプトから着想を得て誕生した名モデルです。さらにこれはアッパーがメッシュ生地のバージョン。軽量性と通気性に富んでいるため、暑いシーズンに持ってこいの仕上がりです。

90年代のイタリア軍のトレーナーシューズを現代風にアレンジ。シュータンの中央部にゴムが付いたユニークなデザインながら、厚手のコーデュラナイロンにテフロン加工を施したアッパーは撥水性・防汚性ともに抜群。ミリタリーアイテムらしい機能美は健在です。

ご存知インスタポンプフューリーがさらにスタイリッシュにアップデートされました。ジグザグ状に配置されたポンプがフィット感を高めるとともに、無駄のない近未来的なフォルムを実現。過度なハイテク感が抑えられたデザインは、スポーティな装いを品よくまとめてくれそうです。

ジョン・レノンでおなじみの『スプリングコート』といえば、アウトソールに配置された空気穴が最大の特徴。靴内部のムレを抑えた構造で暑い季節でもミッドカットのモダンなシルエットが楽しめます。厚いインソールによる、ブランド名のとおりの飛び跳ねるような履き心地も軽快です。

ブランドを代表するスタンダードモデルであるメキシコ66がアップグレードして再登場。サイドのストライプやヒールフラップなどのアイコニックなデザインはそのままに、新たに搭載した高機能ソールで履き心地をぐっと向上させています。とくに総ガラスレザー仕上げのラグジュアリーな1足は、スペシャル感もひとしお。

1979年デビューの人気テニスコートモデルCT300に軽量性・クッション性にすぐれたソールを融合したCRT300から、ベルクロモデルが登場。デビュー当時のレトロなコートスタイルを受け継ぎながら、オールレザーとパンチングのロゴで上品なルックスに仕上げました。

黒スニーカーをおしゃれに。サンプルに学ぶ着こなしのヒント

黒のスニーカーだけが持つ魅力や、ターゲットにすべきアイテムが把握できたら、さっそくコーディネートしたくなるでしょう。ここで挙げるいずれかのポイントを意識して、こなれた夏の装いに導きましょう!

ホワイトのトップスを選んで清潔感を演出

黒スニーカーは大人な落ち着きありますが、ダークトーンでクールにまとまり過ぎることも。それでは夏らしさに欠けるので、白いトップスで軽快感と清潔感をプラスするとバランスが整います。そもそも今季はホワイトが旬色のひとつなので、この組み合わせを実践しない手はありません!

旬な薄色デニムとの相性のよさに頼る

ブラックのスニーカーは適度に落ち着きがあって比較的ヘビーな雰囲気。一方、トレンドの薄いデニムは思い切りラフで軽やかなムード。正反対の特徴を持つ両者ですが、スニーカーとジーンズなので相性が悪いわけはありません。お互いの短所を消し合い、好バランスな大人カジュアルを導いてくれます。

黒×アースカラーで、こなれ感を生み出す

黒スニーカーの落ち着きあるムードを活用しつつ、適度なカジュアル感と軽快感を加味するなら、アースカラーやコロニアルカラーと呼ばれる土っぽい色みを合わせるのが得策。全身をモノトーンでまとめるより、脱力した無造作感が演出でき、今季らしいエフォートレスな印象に仕上がります。

ブラックの一体感で脚長効果を狙う!

シューズとパンツを同系色にして一体化すると、脚が長く見えるといわれています。したがって、黒スニーカーに黒パンツを合わせる着こなしもおすすめ。全体的にダークでヘビーな印象にならないよう、トップには明るいトーンのアイテムを合わせるのが定石です。

ショートパンツを合わせて軽快感を醸出

ブラックのスニーカーは落ち着きがある半面、ヘビーな印象になりがち。夏はそんなイメージを緩和したいので、軽快な印象のショーツを合わせるのがおすすめです。足元が黒スニーカーなのでカジュアルになり過ぎることがなく、大人な夏スタイルが築けます。

もっと知りたい。黒スニーカーを使ったコーディネート

暑い夏は開放的になって着こなしがラフになりがち。大人な印象をキープするのが難しいところです。そこで、すでに紹介したヒントをベースにしながら、より夏らしいコーディネート例を紹介します!

白いトップスにくわえて、ショートパンツもボンディング素材のホワイトをチョイス。かなり夏らしい爽快な着こなしを築いています。スニーカーやほかの小物を黒で揃えて引き締めているのもポイント。

ホワイトのトップスとして白いシャツを選び、上品なイメージを演出。ショートパンツを合わせてもラフには見えません。もちろん、黒スニーカーも絶妙な引き締め役として機能しています。

アースカラーのひとつであるカーキ系のショーツがリラックス感を放出。スニーカーを含めたほかのアイテムはブラックなので、適度に落ち着きがある大人な装いに仕上がっています。

スニーカーとスキニーパンツをブラックで一体化。脚長効果を狙いつつ、トップスは軽快なパネルボーダー柄を選んで爽やかにまとめています。オーバーサイズのTシャツでリラックス感も演出!

黒スニーカーの重厚感をショートパンツで軽やかに中和。パンツとジャケットがセットアップなので、大人っぽい印象を放っています。インナーのボーダー柄でさわやかなイメージもプラス。

かっちりしたテーラードジャケットを、クロップド丈のワイドパンツとスニーカーでカジュアルダウン。ジャケットとスニーカーを黒でそろえ、異なるテイストのアイテム同士を見事に調和させました。

ビッグシルエットTとイージーパンツのリラックス感を、帽子とスニーカーのブラックで適度に緩和。ゆったりしつつも要所を引き締めて、モード感あふれる雰囲気に仕上げました。

ジージャン×チノパンの大人の定番きれいめスタイル。白いさし色のぬけ感と黒スニーカーの適度なスポーティ感がうまく作用して、全体を軽やかな印象にまとめました。

全体を潔くモノトーンでまとめ、ワイドテーパードパンツのゆったりしたシルエットをスタイリッシュに演出。黒スニーカーに白をさすことで下半身が重くなりすぎるのを回避しました。

ショートパンツとスニーカーの軽快な合わせを、プレーンな白シャツで大人っぽくアップデート。黒スニーカーは上品なトップスとの相性も抜群です。眼鏡でさり気なく知的な印象もプラス。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK