旬モノです。ペインターパンツの人気ブランドと最新コーデ術

旬モノです。ペインターパンツの人気ブランドと最新コーデ術

ストリート系全盛の'90年代に流行ったペインターパンツが今、復権を果たしています。チェックすべきブランド&コーデサンプルを押さえ、主役として大いに活用しましょう。

山崎 サトシ

2020.04.23

ボトムス
ワークパンツ

そもそもペインターパンツとは?

ペインターパンツは、もともと塗装職人や絵描きが作業時に着用していたワークパンツです。ハンマーを吊るすためのループや、スパナなどの工具を収容するためのツールポケットが配されているのが大きな特徴。また、作業しやすいようにシルエットはゆったりめに設定され、素材にはデニムやヒッコリー、チノクロスといった頑丈なものが主に使用されます。

ペインターパンツはこんな大人におすすめ

動きやすいオーバーシルエットと破れに強いタフな素材感を備えていることから、'90年代にスケーターやHIP-HOPアーティストの間で大流行していたペインターパンツ。そして、昨今の90年代リバイバルを受けて、今再びシーンのビッグトレンドとして台頭しています。有力セレクトショップもこぞってリリースするなど、その注目度はうなぎのぼり。

'90sテイスト満点なペインターパンツは、ストリート系コーデが好きな大人と相思相愛なアイテム。当時を彷彿とさせるルーズなスタイルを簡単に作り出せるので重宝します。また、ゆるさが持ち味のアイテムですから着こなしにリラックス感を出したいときにも活躍! きれいめよりもカジュアル派、という大人ならば1本は持っておくべきでしょう。

迷ったらここから選びたい。ペインターパンツのおすすめ10選

リリースラッシュが続くペインターパンツですが、その流れは当分継続しそうな予感。ここからはセレクトショップ~アパレルブランドまで、おすすめモデルを幅広くレコメンしていきます。“間違いない一本”が欲しいなら、この中からチョイスを!

アイテム1『ビームス』×『リー』イージーペインターパンツ

『リー』の定番アイテムであるペインターパンツを、ウエストゴムのイージー仕様にアレンジした別注作。さらに、膝下を絞ったテーパード型に変更することでより今っぽさを格上げしています。生地は適度な起毛感があってウールライク。

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

『リー』といえば、デニム業界に燦然と輝く名門中の名門。改めてこの老舗ブランドを解剖し、魅力や定番、おすすめモデルまで余すところなくご紹介します。

山崎 サトシ

アイテム2『アーバンリサーチ サニーレーベル』ワークペインターパンツ

履き慣れたユーズドのペインターパンツをイメージし、製品洗いでフィニッシュ。最初から洒脱な“ヤレ感”を存分に堪能できます。シルエットは武骨なワイドストレートとなっており、ラフな装いにはおあつらえ向き。春らしく着用するなら軽く裾をまくっても良いでしょう。

アイテム3『シップス』×『スミスアメリカン』デニム ペインターパンツ

ブルックリンの老舗ワークブランドと『シップス』によるコラボデニム。背面に付くブランドタグをコンパクトサイズに変更したり、デニム地に馴染む落ち着いたカラーのステッチを採用したりと、大人っぽいアプローチが光ります。同素材のカバーオールも展開しているので、セットアップでの着用もアリ。

アイテム4『カウデン』TCツイル プリーツペインターパンツ

ワークパンツ定番のT/Cクロスで仕立てられた質実剛健な1本。しかも、クリーンなホワイトカラーなので、春コーデを爽やかに彩ってくれます。ウエストのタック×膝下テーパードという今っぽい形状も大人の好みにフィット。

アイテム5『オアスロウ』ペインターパンツ

1950年代~60年代ごろのオーセンティックなペインターパンツから着想。ベルトループに沿うよう配置されたコインポケットや、高強度なトリプルステッチなど当時を思わせる仕様を取り入れています。おまけに、生地もオリジナルで製作するほどのこだわりぶり!

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

山崎 サトシ

アイテム6『オムニゴッド』10オンスリネンデニム イージーペインターパンツ

リネン100%のシャリッと肌離れの良いデニム生地のため、着用感は非常に涼やか。綿製デニムとは一味違った独特の“ヨレ感”を楽しめるのもリネンならではのポイントです。ドローコード式のウエストで締め付け知らずなのもありがたい限り。

アイテム7『アーバンリサーチ』×『マスターアンドコー』ペインターパンツ

『マスターアンドコー』が得意とする製品染め加工のストレートチノを、ワーク感たっぷりなペインターデザインにチェンジ。色とりどりのペイントによるにぎやかなデザインも別注ならではといったところです。さっぱりコーデの味付けには適任!

アイテム8『ゴースローキャラバン』ストライプペインターパンツ

クライミングパンツをベースに、ペインターパンツのポケット仕様をMIXしたハイブリッドなヒッコリーパンツ。ヒップポケットとツールポケットを無地の別布で切り替えているのもユニークです。生地はやや薄手で暑い時期にも対応。

アイテム9『グラム』ライトオンスリラックスデニム

はき味の軽いライトオンス生地で仕立てた国産ペインターデニム。特筆すべきはその加工感で、ウォッシュやクラッシュ、リペアといった多彩な技法を駆使してリアルヴィンテージさながらに仕立てられています。カタチは今季的なワイドテーパードで、ワンタックが入るためウエスト周りが楽ちん!

アイテム10『エクストララージ』ワークイージーパンツ

丈夫なコットンツイルを使ったモデルゆえに、タウンからアクティブシーンまでフィールドをまたいで活躍。シックな色合いだから大人っぽい着こなしとも高い親和性を発揮します。右バックポケットの上にはブランドロゴ、後面の左身頃には“Don’t Front”のメッセージを刺繍。

おしゃれに着こなすには? ペンターパンツの最新コーデ術

トレンド指数高めなストリート系コーデから抜け感の漂うリラックスコーデまで、街行く洒落者たちのスタイルサンプルをチェック! 共通しているのは、ペインターパンツ特有のワイドシルエットを生かして気負わない着こなしを実践しているという点です。その絶妙なコーデテクニックは必ずや参考になるはず!

コーデ1明暗差で主役のペインターパンツを程良く主張

ペインターパンツにデニムジャケット、パーカーなど90sストリート感溢れるアイテムを中心にスタイルメイク。全体的にトーンを抑えることにより、淡い色味のボトムスを引き立てているのもカギです。インナーにシャツを忍ばせて大人感にもさりげなく訴求!

コーデ2ペインターパンツで難なくストリートMIX

ペインターデニム×ベースボールキャップによってストリートなムードを打ち出しつつ、オイルドジャケットやニットで引き締めたストリートMIXスタイル。各所のグリーン挿しでワントーンコーデに遊び心を加え、こなれ感を一層促進しました。

コーデ3ペインターパンツでさり気なくAラインシルエットを構築

ジャストサイズなポケット付きカットソーに、ゆるっとしたペインターパンツを合わせたAラインコーデ。無地同士のいたってシンプルな装いながら、シルエットの妙であか抜け感を生み出しています。リラックス感強めなぶん、足元には品のあるローファーを持ってきてバランスを調整。

コーデ4ちょっと骨太なスポーツMIXをペインターパンツで確立

コーチジャケットとのマッチングならスポーティなムードに帰結。この着こなしのようにペインターデニム、ジャケットともクリーンな色味を選択すれば、軽快感だけでなくスマートさも演出できます。パーカーのフードを覗かせてシルエットに変化を出しているのもナイステク!

コーデ5やわらかな色味で良い塩梅の脱力系コーデを楽しむ

本来は骨太な印象が強いペインターパンツも、ライトべージュならどこかやさしげ。モコモコとしたフリースのノーカラージャケットとともに、肩肘張らない雰囲気を描き出してくれます。ラフにまとめた着こなしですが、アースカラー基調なので子供っぽさを感じさせません。

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

山崎 サトシ

さっと羽織ればタフな着こなしに。カバーオールが便利でおすすめ

さっと羽織ればタフな着こなしに。カバーオールが便利でおすすめ

ワークカジュアルの定番アウターであるカバーオールは、タフで男らしい雰囲気が魅力です。大人におすすめしたいアイテムから、おしゃれな着こなしまで一挙ご紹介します。

Hiroshi Watanabe

オーバーオールが人気拡大中。大人のためのアイテム選びとコーデ術

オーバーオールが人気拡大中。大人のためのアイテム選びとコーデ術

レディースやキッズで定番のオーバーオールがメンズでも注目を浴びています。大人が着こなすためのおすすめアイテムやコーデ法を紹介するので、ぜひ挑戦してみてください!

平 格彦

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    深澤 正太郎

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK