レザーサンダルで作る、大人メンズのカジュアルコーデ

レザーサンダルで作る、大人メンズのカジュアルコーデ

スポーツサンダルの人気がピークを迎えています。ただ大人ならこっちも一足は持っておきたいところ。それがレザーサンダルです。その魅力をたっぷりお伝えしましょう。

桐田 政隆

2016.06.22

サンダル
夏の着こなし・コーデ

レザーサンダルの魅力とは?

レザーサンダルとは、その名のとおり、アッパーにレザーを使ったサンダルをさします。サンダルのリラックス感にレザーの高級感が加わるので、大人っぽいぜいたくな雰囲気が感じられます。

特徴1高級感がある

やはり端的にいうと一番の魅力は、ほかの一般的なラバー製のビーチサンダルや、スポーティーなサンダルにはない、高級感があるところです。デザイン的にも自然と大人っぽいモデルが多くなります。

サンダルといえばカジュアルな印象が強いですが、レザー素材なら上品さがあり、スタイリッシュな印象に決まります。シックな黒を選べば、コーディネートの締め役にうってつけ!

特徴2履くほどに足になじむ

フットベッドにもレザーを使っているものは、履き込むごとに足の形になじんで、より快適な履き心地に変化していくものが多いです。革靴のような経年変化が楽しめます。

レザーサンダルは履いていくうちに、着用感もレザーの風合いも自分好みに変化していくのが最大の魅力。履き込まれたレザーの風合いがよりコーディネートをこなれたムードに仕上げてくれますよ。

特徴3デザインのバリエーションが幅広い

ビーチサンダルはトング付き、スポーツサンダルはストラップと、これらはある程度デザインが決まっていますが、レザーサンダルはデザインのバリエーションが豊富。スタイリングでも個性を発揮しやすいサンダルです。

シンプルなトング付きから、デザイン性の高いベルトタイプまで幅広いラインアップも魅力です。個性あふれるデザインが多く、コーディネートの主役になるものも揃います。

セレクトに迷ったら頼りたい。このブランドのレザーサンダルなら間違いなし!

ビーチサンダルなら『ハワイアナス』、スポーツサンダルなら『テバ』、『チャコ』といった具合に、レザーサンダルでも間違いのない銘柄があります。どれを買ったらいいかよく見当がつかない、という人はぜひ参考にしてみてください。

ファッションにサンダルを浸透させたといっても過言ではない、ご存じの『ビルケンシュトック』。いろいろと名作はありますが、この2本のベルトデザインのアリゾナは買って間違いのない定番。パンツやソックスとの合わせにも万能です。

トング型なら『アイランドスリッパ』。1946年の創業以来、ハワイ・オアフ島で生産されています。ハワイへ移住した日本人、本永瀧蔵氏が原型を作り、息子のエドワード・タキガワ氏によって工場化され、発展していきました。クッションの効いた履き心地も魅力です。

最近はあまり見かけなくなってきましたが、レザーサンダルといえばの定番です。最大の特徴は土踏まずにフィットするアーチサポート形状のフットベッド。これはサンダルの域を超えた履き心地と称されます。長時間歩いても疲れにくいのでうれしい。

ここのグルカサンダルは、サンダル界一のおしゃれサンダルかも。エレガントなフォルムに高級感のあるクロコダイルを使い、グルカの編み込みのデザインを巧みにラグジュアリー感あふれるデザインです。ダークブランドの落ち着いたトーンによってドレッシーな一足に。

アイテム5『パラブーツ』

『パラブーツ』にはレザーサンダルの良作もあります。個人的にはシンプルなビーチサンダルが好きですが、人気はグルカタイプのパシフィック。リゾートにもタウンユースにも映えるデザインに、自慢のリスレザーとラバーソールが使われており、作りも本格的です。

レザーサンダルを使った着こなし。4つのヒント

ではここからはレザーサンダルを使った、着こなしのヒントを紹介していきます。この4つを意識しながら履くと、おしゃれなコーディネートに活用できる近道です。

ヒント1コーディネートのハズシとして使う

サンダルといえば、ショートパンツやデニムなどカジュアルなボトムと合わせがちですが、今季はスラックス等のきれいめなボトムと合わせてハズすのがおすすめです。おしゃれに砕けた雰囲気と、季節感が加わって好印象です。またベルトと色を合わせると、よりまとまって見えます。

シャツをボトムにタックインしたきちんと感のある着こなしには、普通なら革靴を合わせがちですが、あえてレザーサンダルでハズした好例です。涼しげでしゃれています。

ヒント2ソックス合わせで遊びをプラス

近年人気のサンダル×ソックステク。サンダルって別に、絶対素足で履かなくてもいいんです。コーディネートに遊びやアクセントが欲しい時は、ソックス合わせに挑戦してみては。

一見難易度が高そうなサンダル×ソックスですが、鉄板コンビを押さえておけばOK。ミックスソックスでアウトドアMIX、白ソックスでクリーンに履くのがおすすめ。

ヒント3大人のリゾートスタイルに◎。

レザーサンダルは、大人のリゾートスタイルの足元にうってつけ。服装はカジュアルでも、レザーサンダルを履くと子どもっぽくならず、大人っぽい品のよさがキープできます。街着としても使ってももちろんおしゃれ。

カジュアルなTシャツ&ショートパンツの着こなしも、レザーサンダルをチョイスすれば上品さが加味され、グッと大人っぽく着こなせますよ。

ヒント4スエード素材で差をつける

今季はスエードサンダルが注目されています。おしゃれさんほど、こっちに移行している傾向あり。ヒッピーテイストやミリタリーといったトレンドにマッチすることから、カジュアルに合わせるのが人気のよう。

ミリタリーな軍パンに『ビルケンシュトック』のスエードレザーのチューリッヒの組み合わせは相性抜群。迷ったらこんな感じで履いてみましょう。

もっと知りたい。レザーサンダルを使ったコーディネート

そしてここからは上記の4つのヒントにも当てはまる、レザーサンダルを使ったコーディネートを探してみました。こんな感じで活用すると、レザーサンダルの使い方は間違いないでしょう。

上半身はテーラードジャケットにストール、ハットとキレイめですが、足元はレザーサンダル。このギャップがいわゆるハズシってやつです。ただハットはリゾート感のあるパナマ。このようにてっぺんと足元に統一感を持たせると、着こなしはグンとまとまりよくなります。

半袖スウェットとパンツのカジュアルな着こなしを、サンダル×ソックスで今っぽくスタイリング。アイテム自体はいずれもシンプルですが、肩肘張らないおしゃれな印象のするコーディネートの好例だと思います。

花柄のショーツにレザーサンダルを合わせて大人のリゾートスタイルを構築。Tシャツではなく、上品な白ニットってのもポイントです。ヤンチャになりがちなところですが、大人っぽい品のよさも巧みにキープされています。

グレイッシュベージュのスエード素材のアリゾナに、ソックスを合わせ、ミリタリー風味漂うオリーブのパンツで男らしく仕上げた着こなし。コーディネートの色みを抑えて、足元を際立たせてスエード素材をアピール。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK