人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

2018.07.06

スニーカー
スリッポン

なぜ男はスリッポンが好きなのか?

春夏秋冬、スリッポンを見かけない季節はありません。ではなぜ男性の多くがスリッポンを好むのでしょうか? スリッポンの魅力は大きくわけて以下の3つです。

魅力1ひものないシンプルな仕様で、あらゆる着こなしにマッチする

スリッポンは ”Slip-on” のことで、足を滑り込ませて履くことができる靴のことです。ひものない仕様が大きな特徴で、必然的にシンプルな表情となります。つまり、スニーカーソールを用いたカジュアルな作りでも上品なムード。幅広い着こなしで使えます。

魅力2とにかく着脱が簡単! 外出先でもすぐに脱ぎ履きできる

足を滑り込ませるだけで履くことができるスリッポンは、着脱が容易。その仕様には、実は次のような”仕掛け”があるのです。スニーカーソールを用いたカジュアルなタイプはエラスティックと呼ばれるゴムを備えている仕様が多く、着脱はいっそう簡単。飲食店など、外出先で靴を脱ぐ必要があっても苦になりません。

魅力3素材やカラーのバリエーションが豊富で、好みのタイプが見つかる

シンプルなデザインのスリッポンなので、素材やカラーのバリエーションが多様。普段のコーディネートに合う1足が必ず見つかるはずです。

スリッポンを探すなら、このブランドがおすすめ!

スリッポンの魅力が理解できたら、実際にどんなタイプを選ぶべきなのかという疑問が浮かぶはずです。その回答として、価格のバランスも抜群の逸品をピックアップしました。

ブランド1『フランチェスコ』

スペインのエルチェで1974年に創業したサンダルメーカー。高品質ながら低価格を実現した靴も人気があります。ここで選んだのはジュートを巻きつけたソールにメッシュのアッパーが爽やかな1足。シーズンムードたっぷりの素材感で、夏に向けて重宝すること間違いなしです。

ブランド2『ベレベーレ』

スペイン南部のバレンシア州にあるファクトリーブランド。スニーカーやサンダルの生産を得意としています。前述のアイテム同様ソールにジュートを配しつつ、アッパーには落ち着いたムードのパンチングスエードを採用。優れた通気性で、暑い季節も快適な履き心地をキープできます。

ブランド3『トムス』

裸足で生活する子供たちを救いたいとの思いから立ち上げられた『トムス』。そんな『トムス』の代表作であり、定番人気を誇るスリッポンシューズ。キャンバスアッパーのシンプルなデザインで、合わせる服を選ばない汎用性の高さが魅力です。非常に軽く、足運びも楽ちん。

ブランド4『バンズ』

不動の人気を誇るクラシックラインのアイコンは、モデル名も “スリッポン” です。毎回シーズンカラーが注目を集めますが、履き回しやすいのは定番カラー。黒なども人気ですが、これからの季節におすすめなのはクリーンなオールホワイト。ワッフルソールでグリップ性能も抜群。

ブランド5『リビエラ』

スペイン発のレジャーシューズブランド『リビエラ』の定番アイテムといえば、メッシュアッパーのスリッポン。清涼感のある素材使いとスマートなシルエットが上品な印象で、きれいめコーデにもしっかりとハマります。レザーインソールはなんと取り外し可能。豊富なカラー展開も要注目です。

ブランド6『ナイキ SB』

『ナイキ』が手がけるスケートボードラインからは、伝説のプロスケーターにちなんだスリッポンが登場。衝撃吸収システム「ズームエア」に代表される多彩な機能を内蔵し、優れたクッショニング性と高いグリップ力を誇ります。程よくスポーティなスエードのアッパーデザインもGOOD。

ブランド7『ハフ』

”スケートボード・ライフスタイル”をコンセプトに掲げる『ハフ』。プレミアムレザーのアッパーが高級感を漂わせるオールブラックモデルは、大人の着こなしにぴったりの1足です。インソールには通気性や防臭に優れた「ハイドロスナフ」を搭載しているので、気になるムレなども心配無用。

ブランド8『ニューバランス』

スケートラインならではの軽やかなルックスが魅力のAM101。ユニークな甲のステッチや切り替えデザインが目を引きますが、機能面も抜かりありません。とくにクッション性抜群の「FRESH FOAM」ミッドソールは、長時間履いても疲れにくい快適な履き心地を約束してくれます。

ブランド9『Amb』

なめらかなスエード素材が品の良さを香らせる1足。補強のために施された白いパイピングと黒いアッパーのコントラストが実にスタイリッシュです。ライニングにもぜいたくにレザーを使用し、足通りの良さと高級感を両立。クセの無いデザインで季節を問わず活躍してくれるでしょう。

ブランド10『メゾン キツネ』

定番人気のキャンバススリッポン。シンプルでありながら洗練された印象のスマートなフォルムは、さすが『メゾン キツネ』といったところ。甲部分の切り替えデザインがさりげないアクセントとして効いています。インソールとヒールに施されたブランドロゴもポイント。

ブランド11『チャンピオン』

『チャンピオン』が得意とするスウェット素材を、なんとアッパーに使用。ほかには無い独特の風合いが新鮮な印象で、周りと差がつく足元を演出できること請け合いです。着こなしに取り入れやすいシンプルなデザインに、お馴染みのブランドロゴをオン。安心のジャパンメイドです。

ブランド12『アディダス』

『アディダス』スケートボーディングが贈るスリッポンは、スケーター向けの機能が満載の本格派。足にしなやかにフィットするミッドカットに、バルカナイズ仕様のアウトソールが高いグリップ力を発揮します。丈夫さとモダンさを兼ね備えたヌバックレザーのアッパーも好印象。

スリッポンのコーデをセンスよく見せるためのヒント集

お気に入りのスリッポンを手に入れたら、どうやってコーディネートするかが大切。そのポイントとなるヒントを3つ伝授しますので、すぐにでもトライしてみてください。

ヒント1足首をのぞかせることで軽快感を加速!

スリッポンはシンプルな面持ち。ボリュームがないのも特徴です。その軽快感を生かすなら、足首をのぞかせるのが得策。半端丈のパンツか裾をロールアップしましょう!

春らしいライトグレーのセットアップを用いたきれいめカジュアルコーデ。焦点をぼかさないため、足元にはシンプルなブラックのスリッポンを選んでいます。ロールアップで足をのぞかせて軽快感も演出。

白いバンドカラーシャツにブルーのパンツを合わせてさわやかな着こなしを形成。パンツがクロップド丈なので足首の素肌が見え、白いスリッポンとともに清涼感を醸しています。

今季らしいワイドシルエットのクロップドパンツにスリッポンを合わせ、リラックス感のある下半身に。シンプルな白いTシャツを合わせたことで、足元の涼感も際立っています。

ヒント2淡色スリッポンで足元から清潔感を演出

これからの暑い季節は、清潔感を意識することが重要。ホワイトやブルーのアイテムを選ぶのが常道ですが、白やそれに近い淡い色みのスリッポンを選ぶのも有効な手段です。

アースカラーを軸にして、こなれたムードが薫る着こなしに。カーキ系カラーのパンツは男っぽさを感じさせますが、白いスリッポンを合わせることで見事に中和しています。

ブラックジャケットに濃紺デニムを合わせたコーディネートは、少しヘビーな印象。そこで白いスリッポンを合わせ、軽快に見せています。インナーも白にして、清潔感も主張!

スリッポンはオフホワイト。そこに白いクロップドパンツを合わせ、清潔感を最大限に生かしたコーディネートに仕上げています。クリーンなジャケットスタイルのお手本!

ヒント3ショーツスタイルを大人っぽくアレンジ

スリッポンはショートパンツとも好相性。ラフに見えがちなショーツスタイルを適度にクラスアップすることができ、大人なコーディネートへと導くことができます。

上品なジャケットスタイルを総柄のショーツで着崩したコーディネート。足元が革靴だと堅苦しくなりますが、スリッポンなら品格を保ちつつ適度にカジュアルダウンできます。

全体的にブルーという軸を通して爽やかにまとめた大人なスタイリング。足元はデニム素材のスリッポンで、調和を保ちつつ爽快で上品なイメージ作りに貢献しています。

淡いトーンで統一したマイルドでエレガントな着こなし。そのムード作りの締めくくりとしてスリッポンが活躍しています。上品な夏の着こなし作りにスリッポンは欠かせません。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK