レッド・ウィングがやっぱり好きだ。アメカジの定番が、今こそ気になります

レッド・ウィングがやっぱり好きだ。アメカジの定番が、今こそ気になります

アメリカンワークブーツのスタンダード『レッド・ウィング』。ブランドの歴史や魅力について読み解きつつ、押さえておいて損のない5種類の定番モデルをご紹介します。

那珂川廣太

那珂川廣太

SHARE
記事をお気に入り
2021.11.19

ブーツ&アメカジが復調の現在。改めて『レッド・ウィング』の魅力をおさらい

ブーツ&アメカジが復調の現在。改めて『レッド・ウィング』の魅力をおさらい

アルカヤ靴店(928ウイング)

アルカヤ靴店(928ウイング)

お気に入り追加

ハイブランドとストリートの邂逅によるブームも落ち着きを見せ、ふたたびアメリカンカジュアルが復権しつつあるファッションシーン。加えて、スニーカーに次ぐ足元として、ブーツにも脚光が集まっています。アメリカンカジュアル×ブーツという今の流れは、まさに『レッド・ウィング』にとって追い風とも呼べる状況。今のうちに『レッド・ウィング』の魅力についておさらいしておきましょう。

110年以上を誇る『レッド・ウィング』の歴史を振り返る

110年以上を誇る『レッド・ウィング』の歴史を振り返る

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

1975年に刊行された『Made in USA Catalog』でその存在が広く知られるようになり、80年代のアイビーブーム、そして90年代の渋カジブームにいたるまで、男らしくもタフなアメリカの匂いを日本に届けてきた『レッド・ウィング』。その歴史は1905年、アメリカ中西部のミネソタ州レッドウィングシティで創業者のチャールズ・ベックマン氏と14人の仲間とともに産声を上げたことに始まります。当時のアメリカは西部開拓時代真っ盛りであり、木こりが履くためのロガーブーツをはじめとしたタフなワークブーツの需要が急増中。そんななか、1912年に「チーフライン」と呼ばれるワークブーツをヒットさせたことで、急速にその規模を拡大させていきました。

MADE IN USAへのこだわりこそ『レッド・ウィング』の魅力

MADE IN USAへのこだわりこそ『レッド・ウィング』の魅力

C.POINT

C.POINT

お気に入り追加

そして現在では多くのアメリカンブランドが海外生産へと舵を切る中で、頑なに創業地であるミネソタ州での生産にこだわり抜いているのも『レッド・ウィング』の魅力。創業から現在にいたるまで一族経営を貫いており、親子三代で『レッド・ウィング』の工場に勤める職人がヴィンテージの製造機械を駆使して作るブーツは、いずれもあくまで堅く、重厚感に富んだタフなアメリプロダクトそのもの。創業当時からの歴史を感じさせるモノ作りと、100年を超える時代を経ても古びることのないスタイルは、まさにアメリカンカジュアルの象徴といえます。

MADE IN USAへのこだわりこそ『レッド・ウィング』の魅力 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そして、もう1つの特徴がエス・ビー・フット社というタンナーを子会社に持っている点。つまり『レッド・ウィング』はレザーの生産から製品の仕上げまで自社で一貫して行うことができる、世界的に見ても極めて希少なブーツメーカーなんです。自社でタンナーを所有していることは、ブーツに適した革の入手が年々難しくなる中でも『レッド・ウィング』が比較的リーズナブルに質の高い製品を作れる秘密の1つ。これが、頑なにミズーリ州での生産にこだわっている理由でもあります。

初めてでもこれで安心。『レッド・ウィング』を選ぶときの注意点

『レッド・ウィング』のブーツを表現するために“一生モノ”という言葉がよく使われますが、ハードな環境で長年使用されることを想定しているため、他のブーツとは異なる特徴をいくつか有しています。ここでは『レッド・ウィング』ならではの特徴を説明しつつ、ブーツ選びの際に気をつけたいポイントを掘り下げましょう。

▼ポイント1:迷ったらジャストサイズが鉄則。履き込んだ後も想定した、サイズ選びを

▼ポイント1:迷ったらジャストサイズが鉄則。履き込んだ後も想定した、サイズ選びを

クラウド・シューカンパニー

クラウド・シューカンパニー

お気に入り追加

『レッド・ウィング』の多くはソール交換が可能で、効率的に製造ができるグッドイヤーウェルト製法で生産が行われています。同製法では中底内部に練りコルクを詰め物として充填し、履き込むうちにコルクが足型に合わせて沈み込んでいくのが特徴。その沈み込みが『レッド・ウィング』ならではのフィット感を実現するんです。ブーツの場合はわざとハーフサイズ大きめで履く人も多いでしょうが、『レッド・ウィング』の場合は比較的コルクの沈み込み量が大きいため、履き込むうちにユルくなりすぎることも……。『レッド・ウィング』の場合はジャストサイズを基本にしつつ、大きめのサイズで履きたいのであればインソールを入れたり、分厚めのブーツソックスとともに履いたりなど対策を取るのが良いでしょう。

▼ポイント2:タンナーを有しているがゆえの利点。履く目的に合った素材を知る

▼ポイント2:タンナーを有しているがゆえの利点。履く目的に合った素材を知る

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

前述のように、米軍にも防水レザーを供給しているタンナーを子会社に持つ『レッド・ウィング』では、同社とともにブーツ用の専用レザーの開発を行っています。そのため『レッド・ウィング』では使用される革には1つずつ名前がつけられており、その特徴が詳しく解説されています。その中から、代表的なレザーをいくつかご紹介しましょう。

レザー1

オロ・ラセット

オロ・ラセット

レッドウィング専門alkaya works

レッドウィング専門alkaya works

お気に入り追加

主に「アイリッシュセッター」に使用されている『レッド・ウィング』を代表的するレザー。セコイアのタンニンを使ってなめされたオイルドレザーであり、1950年代の黄色味の強い色から90年代頃の赤に近い茶色まで、バリエーションに富んだカラーを有しています。現在は1950年代当時の黄色味の強いカラーを再現したゴールド・ラセット・セコイア、1990年代半ばの赤みの強いカラーを日本向けに生産するオロラセット・ポーテージ、90年代に80年代ごろの茶系カラーを再現したオロイジナル、生産をするうちに色味が薄くなったオロイジナルを元に戻したオロレガシーと、一口にオロ・ラセットといってもさまざまなバリエーションが存在しています。

レザー2

ホーソーン・アビレーン

ホーソーン・アビレーン

SHOETIME

SHOETIME

お気に入り追加

90年代に渋カジの名店「バックドロップ」がこの革を使用してエンジニアブーツを別注し、大人気を博したことでもお馴染み。一般的なスエードは銀面(革の表側の繊維面)が存在しない薄く漉き込んだ革で作ることが多いのですが、『レッド・ウィング』ではラフアウト(銀面のある革で、表裏を逆に使うこと)仕様でスエードに仕立てており、分厚く毛足も長くワイルドな印象を備えています。

レザー3

ブラック・クロンダイク

ブラック・クロンダイク

アルカヤ靴店(928ウイング)

アルカヤ靴店(928ウイング)

お気に入り追加

「PT83」や「PT91」のエンジニアブーツに見られる“茶芯”(履き込むうちに革内部の茶色が現れてくる黒の革)を現代に再現したタンニンなめしのスムースレザー。日本市場からの強い要望によって、2011年に誕生したレザーです。

レザー4

ブラック・シャパラル

ブラック・シャパラル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

なめしの際にガラスに張り付けることで、表面をフラットに仕上げた加工革。ラッカーで表面を保護することで、美しい光沢を生み出しています。主に「ポストマン」シリーズで多用され、強いツヤ感とイージーなメンテナンス性、雨にも強いといった特徴を備えています。

レザー5

フェザーストーン

フェザーストーン

GMMSTORE

GMMSTORE

お気に入り追加

牛1頭からわずか5%しか取れない最高品質のテキサス産カウハイドを使いつつ、木製ドラムの中でワックスとアニリン染料を染み込ませることでワークとドレスの両方の風格を生み出しています。クロムエクセルレザーのしなやかさを有しつつ、ワークブーツならではのタフネスを実現した革はまさに『レッド・ウィング』らしさ溢れる逸品。2007年誕生と、ブランドの歴史と比較すると新しい素材ですが、オロ・ラセットと並ぶブランドを象徴する素材として位置づけられています。

どれを選ぶ? 『レッド・ウィング』で最初に押さえておきたい定番5モデル

知るほどに「1足は持っておかねば……」と思わされるのが『レッド・ウィング』。さて、ここでは最初の1足に選ぶならコレ! と自信を持っておすすめできる代表的な5つのブーツをご紹介します。

1足目

#877 アイリッシュセッター

#877 アイリッシュセッター

アースマーケット

アースマーケット

お気に入り追加

「アイリッシュセッター」自体はいわずと知れたブランドの代表作ですが、こちらは50年代に誕生した名作「#877」を店舗限定の取り扱いで復刻したもの。当時と同じ犬タグやボックスのデザインはもとより、現行モデルでは使われていない生産機械を使用するために、定年退職した職人をふたたび呼び集めてメンテナンスしたという気合いの入れようです。アッパーのレザーのカラーも、50年代当時のオロ・ラセットを再現したゴールド・ラセット・セコイアを使用しています。玄人向けに見えますが、これから『レッド・ウィング』にどっぷりハマりたい、というあなたにもおすすめしたい1足です。

#877 アイリッシュセッター 2枚目の画像

アースマーケット

アースマーケット

お気に入り追加

ピューリタンミシンで施された2か所縫いの履き口や、2色使いの縫製糸、80年代頃まで採用されていた外羽根のカンヌキ止め補強など、縫製も徹底的に再現しているのはお見事。新品ながらヴィンテージの『レッド・ウィング』と比肩するオーラを放っています。

男の相棒。レッド・ウィングのアイリッシュセッターと、今一度向き合う

スニーカー・シューズ

男の相棒。レッド・ウィングのアイリッシュセッターと、今一度向き合う

ワークブーツの永遠の定番『レッド・ウィング』の「アイリッシュセッター」。あまりにも身近であるが故に見落としがちな名作ブーツの魅力を、今一度おさらいしましょう。

那珂川廣太

2020.04.20

2足目

#9411ベックマン

#9411ベックマン

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

お気に入り追加

創業当時から存在していた、創業者の名前を冠した6インチ丈のレースアップブーツをベースに再現したモデル。上質なフェザーストーンレザーをアッパーに使用し、ワークブーツでありながらドレスの雰囲気も備えた大人の足元に似合う名作として『レッド・ウィング』の中でもトップセラーを記録しているモデルです。

#9411ベックマン 2枚目の画像

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

お気に入り追加

「ベックマン」のソールはこれまでイタリアとメキシコで製造されていましたが、現在は米国内で自社製造されています。製造をアジアなどに移すメーカーも多い中で、思わず「わかっている!」とアメカジファンが膝を打つエピソードでしょう。ソール底面前部の素材には従来品よりも劣化しづらいラバーを採用。合わせて品番も#9016から#9416へ変更となっています。

永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

スニーカー・シューズ

永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

山崎 サトシ

2020.12.16

3足目

#101ポストマン

#101ポストマン

GMMSTORE

GMMSTORE

お気に入り追加

1954年に米国郵政公社の配達人のために作った「#101」ポストマン。芝生を荒らさないように、フラットで長時間の歩行でも疲れにくいクッション性を備えたソールが特長的です。アッパーに使用しているのは、磨かなくてもツヤを保ち、雨の浸入も防ぐブラック・シャパラル。シンプルかつフォーマルさも備わったモデルのため、ジーンズと合わせてきれいめにカジュアルアップしたり、ジャケットスタイルをドレスダウンしたりする際のキーアイテムとしても活躍してくれます。

#101ポストマン 2枚目の画像

GMMSTORE

GMMSTORE

お気に入り追加

なお、シューズ側面に取り付けられている“SR/USA”のタグは、郵便配達員を守るために米国郵政公社が実施している試験に合格した靴にのみ付けることが許されています。言い換えれば、ポストマンを模した革靴は数あれど『レッド・ウィング』こそが本物、といえる証しでもあるんです。

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

スニーカー・シューズ

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

『レッド・ウィング』と聞くと名作「アイリッシュセッター」や「ベックマン」が思い浮かぶ。だが、「ポストマン」シリーズもまたコアなファンを抱え続ける人気銘柄だ。

牟田神 佑介

2020.12.21

4足目

#2268 エンジニア

#2268 エンジニア

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

お気に入り追加

20世紀前半に鉄道機関士向けのワークブーツとして開発された「#2268」エンジニア。機械類に引っかかったり巻き込まれたりしないようにシューレースを廃し、パンツの裾をブーツインするべくシャフトとストラップの設計が行われています。1950年代以降はバイカーたちからも愛され、その男らしいルックスから90年代の渋カジやハードアメカジブームのころはマストハブなブーツであったのもご承知の通りです。

#2268 エンジニア 2枚目の画像

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

MiniMonkey スニーカー&ブーツ

お気に入り追加

ソールはオリジナルパターンのネオプレン・コードソール。その名の通りひも状のナイロンがゴムの中に混ぜ込まれており、それによりオイリーな路面でも高いグリップ性を発揮してくれるソールに仕上がっています。古くは1920年代のグロ・コードソールに由来する由緒あるソールであり、サイドから見たときに覗くナイロン繊維もクラシックさを強調してくれます。

5足目

#8133スーパーソール

#8133スーパーソール

NEXT FOCUS

NEXT FOCUS

お気に入り追加

筆者が個人的にアメカジ復活の狼煙はこのブーツから上がるのではないか、と期待しているのが「スーパーソール」。もともと米国内のワークブーツとして販売するためにグッドイヤーウェルト製法とインジェクション製法を組み合わせたスーパーソール製法で仕立てられたモックトゥブーツで、これは防水性が高く軽量で生産性に優れた製法でした。現在40代の読者諸兄においてはご存じの通り、80年代から90年代にかけて日本で紹介されたころは「これは『レッド・ウィング』じゃない!」という手厳しい声も上がったものです。しかし、今改めて見ると非常に新鮮。むしろストリートやモードなど、トレンド感のあるスタイリングに『レッド・ウィング』を取り入れるなら「スーパーソール」がフィットするのではないでしょうか。

#8133スーパーソール 2枚目の画像

NEXT FOCUS

NEXT FOCUS

お気に入り追加

ウェルトを縫い付けた後で金型に挟み、ソール用樹脂を射出成型して作り上げるのが「スーパーソール」の特徴。アメカジど真ん中のブーツではないがゆえに、さまざまなコーディネートの中にアメリカの風味をプラスするアイテムとして活躍できそうです。ステッチやハトメを除くとオールブラックでまとまっているのも、現代的な洒落感に拍車をかけます。

『レッド・ウィング』は経年変化も魅力。一生モノとして愛するためのお手入れ方法

『レッド・ウィング』は経年変化も魅力。一生モノとして愛するためのお手入れ方法

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

履き込むほどに表情を変え、しかも自分の足の形にフィットして履き心地が改善されていくのも『レッド・ウィング』の魅力。以下では愛するブーツを長く履き続けるために必要なお手入れとグッズについて、簡単にご説明します。

『レッド・ウィング』は経年変化も魅力。一生モノとして愛するためのお手入れ方法 2枚目の画像

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

ブーツの手入れにはオイルやクリーム、ワックスといったコンディショナーが欠かせません。しかし、各社から販売されているそれらのアイテムのうち、どれが良いのか目移りしてしまうこともあるでしょう。幸い『レッド・ウィング』では純正のケア用品がリリースされているため、迷ったときはとりあえず純正品を買っておけばOK。この「オールナチュラル・レザーコンディショナー」は、ミンクオイル(油脂分)に蜜蝋・松ヤニ(ワックス分)といった100%天然素材をブレンドしたメーカー純正の保革オイル。比較的水分少なめで油脂分が多めなので、分厚い『レッド・ウィング』のアッパーにしっかり浸透しつつしなやかさを加えてくれます。

『レッド・ウィング』は経年変化も魅力。一生モノとして愛するためのお手入れ方法 3枚目の画像

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

スムースレザーはもちろん、特に起毛革を長く履き続けたいなら取り入れてほしいのが撥水スプレー。履き下ろす前にブーツにひと吹きしておけば水の浸透を防ぎつつ、汚れも弾いてくれるため、クリーンな状態を長い期間にわたってキープすることが可能です。こちらの「レザープロテクター」は、シリコンやフッ素を使用していないレザーにやさしい撥水・保護スプレー。雨の日に履く前はもちろん、普段からときどきスプレーをかけてあげるのがおすすめです。

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

スニーカー・シューズ

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

牟田神 佑介

2021.01.05

8つの種類別にブーツの名品をレコメンド。“買い”の人気16ブランドはこれだ

スニーカー・シューズ

8つの種類別にブーツの名品をレコメンド。“買い”の人気16ブランドはこれだ

デザインや用途が多種多様なブーツを、エンジニアブーツやチャッカブーツ、サイドゴアブーツなど種類別に整理。それぞれ人気ブランドをピックアップした。

大中 志摩

2021.11.26

改めて、王に触れる。なぜホワイツのブーツが求められるのかを堀り下げる

スニーカー・シューズ

改めて、王に触れる。なぜホワイツのブーツが求められるのかを堀り下げる

名実ともにキング・オブ・ブーツという称号にふさわしい歴史と実績を誇る『ホワイツ』。紛れもない一生モノとして履き続けられる、その職人気質なブーツ作りには脱帽です。

遠藤 匠

2021.02.06

MADE IN USAを履く。チペワのブーツ、大人の足元に威厳を添える全9モデル

スニーカー・シューズ

MADE IN USAを履く。チペワのブーツ、大人の足元に威厳を添える全9モデル

スニーカーブームもひと段落し、徐々にワークブーツに視線が集まりだした昨今。アメリカの老舗ブーツメーカーである『チペワ』について、今一度おさらいしておきましょう。

那珂川廣太

2019.12.05

一生モノにふさわしい。ウエスコのブーツを徹底研究

スニーカー・シューズ

一生モノにふさわしい。ウエスコのブーツを徹底研究

スニーカーと違い10年20年と長く付き合っていけるブーツ。せっかくなら、間違いのない一足を手に入れたいもの。ここでは一生ものにふさわしい『ウエスコ』についてご紹介。

大中 志摩

2017.01.05

男らしい!ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

スニーカー・シューズ

男らしい!ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

自然豊かなポートランドが拠点のブーツメーカー『ダナー』。機能美光る同社のブーツは、山使いのみならず街履きとしても頼れる存在です。人気作をコーデ例とともに紹介!

山崎 サトシ

2019.10.01

ワークブーツの5大人気ブランドを厳選。注目ラインアップを総ざらい

スニーカー・シューズ

ワークブーツの5大人気ブランドを厳選。注目ラインアップを総ざらい

あきれるほど頑強で履き込むほどに表情が変わるワークブーツは、男の物欲をくすぐる一生モノ。5大人気ブランドと有力モデルを把握して、自身の相棒を見つけよう。

NAKAYAMA

2019.01.22

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

スニーカー・シューズ

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

冬。それはブーツが輝きを放つ季節。存在感のある面構えに信頼に足るタフさ。コンフォートシューズばかりがもてはやされる今だからこそ、ブーツを履くことに意味がある。

押条 良太

2021.11.05

注目編集者
那珂川廣太

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP