楽でおしゃれ。スウェットパンツの狙い目ブランド10選

楽でおしゃれ。スウェットパンツの狙い目ブランド10選

今や大人の定番として市民権を得たスウェットパンツだが、クセのあるアイテムなのでセレクトには注意が必要。間違いのないスウェットパンツを厳選してお届けしよう。

TASCLAP編集部

TASCLAP編集部

SHARE
記事をお気に入り
2021.01.19

実は合わせるものを選ばない。スウェットパンツこそが大人の休日着に最適

実は合わせるものを選ばない。スウェットパンツこそが大人の休日着に最適

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワンマイルウェアとして脚光を浴びて以来、定番ボトムスの一翼を担う存在となったスウェットパンツ。はいていて楽なのは言わずもがな、カジュアルなスタイルだけでなく、ジャケットやレザーシューズなどを合わせたシックなコーディネートのハズしとしてもハマるため、大人の休日着として万能なのだ。ワンマイルだけではもったいない。

大人が選びたいスウェットパンツはこんな1本

大人が選びたいスウェットパンツはこんな1本

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“シンプルなデザイン”、そして“シックなカラー”。この二大条件は街着としてのスウェットパンツを選ぶうえで押さえたい要素。シルエットに関してはスリムなほうがベターだが、ゆとりのある1本もトレンドとしてチェックしたい。裾のディテールに関しては、リブを採用したもののほうがスポーティ。リブがない写真のようなタイプは、いつものボトムス感覚ではくことができる。

大人におすすめしたいスウェットパンツ10選

先述した大人にふさわしいポイントを踏まえて、王道のスポーツブランドから話題のカジュアルブランド、セレクトショップのオリジナルまで、幅広いブランドからピックアップ。自らのスタイルに合った1本が必ずや見つかるはずだ。

ブランド1

『チャンピオン』×『ナノ・ユニバース』

『チャンピオン』×『ナノ・ユニバース』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットパンツの王道に、大人のスタイルを得意とする『ナノ・ユニバース』がスペシャルオーダー。通気性とストレッチ性、保温性を備えた“ラップエア”と呼ばれる三層構造のスウェット素材に加え、パターンは細めのものを採用。サイドラインに沿ったポケットや、ほどよくフィットするリブも相まって、クリーンかつ都会的なルックスを生み出している。

街着としても超優秀。チャンピオンのスウェットパンツ、今買いの10本

ウェア・コーデ

街着としても超優秀。チャンピオンのスウェットパンツ、今買いの10本

部屋着からタウンユースまで、幅広いシーンで活躍するスウェットパンツ。選ぶなら、まずは王者の『チャンピオン』から。その魅力から着こなし術、おすすめ品まで徹底解説!

平 格彦

2021.08.24

ブランド2

『ゴールドウイン』×『ビューティ&ユース』

『ゴールドウイン』×『ビューティ&ユース』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本物を知り、品質にこだわる大人たちから支持を集める『ゴールドウィン』では、機能素材“光電子(R)”を採用した「リポーズ」に注目。遠赤外線の輻射によって体温に近い暖かさをキープし、質の良い睡眠や充実したリラックスタイムを提供する同シリーズ。清潔感と抜け感を両備したホワイトとチャコールの2色は、ともに『ビューティ&ユース』のみでの展開。

ブランド3

『スーパーサンクス』

『スーパーサンクス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

東京発のブランド『スーパーサンクス』のスウェットパンツは、左ポケットにブランドネームを同色で刺繍。バックスタイルは膝下部分のダブルステッチが、後ろ姿に変化をもたらす。また裾リブに重なるようにしたスリットを入れることで、シューズに合わせて程よく裾が広がり、シルエットを美しくキープ。スポサンからボリューミーなバッシュまでどんとこい。

ブランド4

『ディスカス アスレチック』×『スティーブン・アラン』

『ディスカス アスレチック』×『スティーブン・アラン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1990年代にアメリカ国内のみならず、日本でも支持を集めていたスポーツウェアブランド『ディスカス アスレチック』に別注。裾のリブを排したことで、だらしなく見えないスッキリとしたシルエットを構築し、当時を彷彿させるTC50/50素材特有の膨らみや、股下のガゼットクロッチも特徴的。これなら部屋着と街着の両方にシームレスで使えること請け合い。

ブランド5

『ウノピゥウノウグァーレトレ リラックス』×『ロウライフ』

『ウノピゥウノウグァーレトレ リラックス』×『ロウライフ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

膝部分の立体的な切り替えに加え、モモ部分にジップも配した、ブランドの定番人気モデル「バイカースウェットパンツ」をベースに別注。ジップなどの付属パーツをボディと同系色に変更し、さらに全体をシャープなシルエットへと修正。穿き心地抜群で柔らかく上質な生地が生み出す軽快なムードと、ロックテイスト漂うデザインが織りなす一体感が楽しめる。

ブランド6

『カルバン・クライン アンダーウェア』

『カルバン・クライン アンダーウェア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カルバン・クライン』発のアンダーウェアブランドからチョイスしたのは、シンプルで使いやすい1本。裾に向かってテーパードするリラックスしたシルエットと、左フロントにプリントされた絶妙な大きさの“CK1ロゴ”のケレン味が見事にマッチし、相乗効果を発揮する。春先はこれと同素材を使用したトップスを取り入れたセットアップにも挑戦してみたい。

ブランド7

『ジースターロゥ』

『ジースターロゥ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

素材や加工、裁断に定評のあるオランダ発のデニムブランドから、スリムフィットで仕上げられたスウェットパンツが到着。最大の特徴は、サイドシームをブランドネーム入りの織りテープでカバーしたデザインにあり。柔らかなスウェット生地には、地球環境にも配慮されたコットンとリサイクルポリエステルを使用するなど、時代のニーズにも合致した1本だ。

ブランド8

『ナンバーナイン』×『インスタントファンク』

『ナンバーナイン』×『インスタントファンク』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

韓国の有名スタイリスト、キム・ジヘが手掛けるブランドと《ナンバーナイン》によるコラボが実現。ヘビーオンスの生地に、双方が得意とするロゴワークを同系色で刺繍。さらに昨今の潮流であるビッグシルエットのトップスにも合わせやすいスッキリしたシルエットが特徴だ。スリムに見えつつも程よくゆとりがあり、ラフな普段履きとして活躍してくれる。

ブランド9

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボディには、動きやすく快適で、シーズンを問わず使える中肉厚のスウェット生地を使用。そこにリメイクが施されたヴィンテージ古着をイメージし、ブランドの設立年である“84”のナンバリングなどのカレッジプリントを配置。さらにシルエットにもこだわって、スキニーフィットで仕上げることによって、スポーティな印象を強めながらも洒脱さは忘れない。

ブランド10

『5351 プール オム』

『5351 プール オム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

表側をポリエステル形状記憶糸で、そして内側をモール糸で編むことで洗濯時の形崩れを防ぎつつ、保温性を高めることに成功。一見シンプルだが、よく見ればサイドと裾口に地柄が同色でデザインされており、さりげないアクセントとなっている。まさに洗練された大人の男性に向けて、モード感のあるウェアを展開し続ける同ブランドらしい1作といえよう。

部屋着に見せない。スウェットパンツをおしゃれに見せるコーデの法則

ウェア・コーデ

部屋着に見せない。スウェットパンツをおしゃれに見せるコーデの法則

定番ボトムスとして定着したスウェットパンツ。リラックスできる快適な着用感が魅力ですが、部屋着っぽく見せないコーディネートが必須です。ここでその攻略法をご紹介!

平 格彦

2018.12.27

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

ウェア・コーデ

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2021.09.22

スポーティでスマート。リブパンツのコーデ法とおすすめブランド

ウェア・コーデ

スポーティでスマート。リブパンツのコーデ法とおすすめブランド

動きやすいうえ、自然に形成されるテーパードラインがスマートさを促すリブパンツ。何かと好都合な頼れる1本のコーデ法を復習しつつ、今手にしたいアイテムを提案しよう。

菊地 亮

2021.05.05

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

ウェア・コーデ

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

TASCLAP編集部

2021.03.03

一度はいたらもう虜。スウェットデニムはジーンズの見た目ではき心地抜群

ウェア・コーデ

一度はいたらもう虜。スウェットデニムはジーンズの見た目ではき心地抜群

ジーンズとスウェットパンツのいいとこ取りをしたスウェットデニムが人気です。オールマイティに着回せて、はき心地抜群の優れモノ。おすすめ品を厳選してご紹介します!

平 格彦

2021.04.11

注目編集者
TASCLAP編集部

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

持つたび、溢れる高揚感。働くことを楽しめる土屋鞄製造所のバックパック&トート

働き方の変化に合わせてバッグを新調したい。とはいえ周囲を見渡しても似たり寄ったりなモノばかり。そこで輝きを放つのが『土屋鞄製造所』のバックパック&トートです。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

計算されたオーバーサイズ。チャムスのスウェット、今年はひと味違うってよ

“ちょうど良い日常着”として、この時期欠かせないスウェット。よりトレンド感ある装いを目指すなら、今季アップデートされた『チャムス』の新作群をおすすめします。

SPONSORED by チャムス

続きを読む

異彩を放つ限定色も登場。なぜ土屋鞄製造所のコードバンシリーズはこんなにも魅力的なのか

半世紀以上にわたり上質な革製品を作り続けてきた『土屋鞄製造所』。そのモノ作りの真髄ともいえるコードバンシリーズを深掘りし、多くの人に愛される理由を探ります。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事