楽でおしゃれ。スウェットパンツの狙い目ブランド15選

楽でおしゃれ。スウェットパンツの狙い目ブランド15選

今や大人の定番として市民権を得たスウェットパンツだが、クセのあるアイテムなのでセレクトには注意が必要。間違いのないスウェットパンツを厳選してお届けしよう。

松山 裕輔

2020.02.27

ボトムス
スウェットパンツ

実は合わせるものを選ばない。スウェットパンツこそが大人の休日着に最適

ワンマイルウェアとして脚光を浴びて以来、定番ボトムスの一翼を担う存在となったスウェットパンツ。はいていて楽なのは言わずもがな、カジュアルなスタイルだけでなく、ジャケットやレザーシューズなどを合わせたシックなコーディネートのハズしとしてもハマるため、大人の休日着として万能なのだ。ワンマイルだけではもったいない。

大人が選びたいスウェットパンツはこんな1本

“シンプルなデザイン”、“シックなカラー”、“タイトなシルエット”が選ぶべきスウェットパンツの三大条件。これさえ守れば大きく外すことはない。とはいえ、素材や仕様にもしっかりこだわるのが大人というもの。コットン100%か機能素材、リブを用いた裾のディテールが、着こなしに差をつけるポイントとなる。

大人におすすめしたいスウェットパンツ15選

先述した大人にふさわしいポイントを踏まえて、王道のスポーツブランドから話題のカジュアルブランド、セレクトショップのオリジナルまで、幅広いブランドからピックアップ。自らのスタイルに合った1本が必ずや見つかるはずだ。

アイテム1『チャンピオン』

スウェットといえば、外せないのが『チャンピオン』。これは“キング・オブ・スウェット”との呼び声も高いリバースウィーブを採用した、ブランドの代表的なモデルである。11.5オンスの生地はタフさとしなやかさを併せ持ち、着心地は保証付き。タイトなシルエットで、幅広いスタイリングに取り入れやすい点も見逃せない。

アイテム2『ザ・ノース・フェイス』

『ザ・ノース・フェイス』からリリースされたスウェットパンツは、アウトドアブランドらしい機能性に富んだ作りが特徴。軽量性、吸汗速乾性、保温性に優れたポリエステル100%の生地を使用し、膝まわりに立体裁断を施すことで高い可動性をキープする。静電ケアシステムにより静電気の発生も抑えられるという優れモノだ。

アイテム3『ワイスリー』

『アディダス』とファッションデザイナー山本耀司氏のタッグによるスポーツファッションブランド『ワイスリー』。本作はスタイリッシュな見た目でありながら、コットン100%素材のやわらかな肌触りが魅力。ジップ仕様のポケットやラバープリントであしらわれたブランドロゴなど、細部へのこだわりも見逃せない。

アイテム4『ナイキ』

スウッシュのマークでお馴染み、『ナイキ』のスウェットパンツ。高い保温性を持つTHERMA-FIT(サーマ フィット)を使用し、風や寒さから体を守ってくれるというありがたいモデルである。それでいて、はき心地は軽やか、裾のジップによって着脱も容易なので、冬場のワードローブのローテーション入りは確実だ。

アイテム5『ラブレス』

国内外の高感度なアイテムを揃えるセレクトショップ『ラブレス』からは、ブロッキングのデザインが個性的な1本をご紹介。生地の裏表を使い分け立体感を出しつつも、同色でまとめることで悪目立ちを回避している。Tシャツなどリラックス感のあるアイテムはもちろん、レザージャケットなどのハード系とも好相性。

アイテム6『アディダス』

スポーツブランド『アディダス』の1本は、カーブを描くサイドの切り返しが特徴的。よく見ると裾のリブは後ろ側にだけ施されており、正面とバックスタイルとで印象に変化が出るのが面白い。さらに、ポケットとウエスト部分には本体と同色の異素材をMIX。ただのシンプルで終わらせない、随所に光るアクセントが秀逸だ。

アイテム7『ディーゼル』

イタリアで生まれたプレミアムカジュアルブランド『ディーゼル』によるスウェットパンツ。左足のリブにブランドロゴ、ウエストバンドのバックにブランドのスローガン「FOR SUCCESSFUL LIVING」をあしらったデザインが目を引く。ワッフル素材を使用しているため、着心地も申し分なし。

アイテム8『ストーンアイランド』

ここ数年でますます注目されている『ストーンアイランド』は、スウェットパンツをも上品にアレンジ。上質なテキスタイル、細身のフィット、左足にのみ配された膝上のポケット、また、ブラックのほか、 ブルーイエロー というカラーバリエーションが、美意識の高いイタリアから出てきたブランドであることを思い出させてくれる。

アイテム9『オークリー』

確かな機能性のサングラスで名を馳せる『オークリー』だが、実はウェアも展開しており、こちらも機能派。本作は内側に凹凸のある高機能素材を採用しているため、汗をかいてもすばやく拡散され快適な着心地をキープ。さらにUVカット機能も備えており、夏場の使用に最適な仕上がりとなっている。それでいてスタイリッシュな見た目なので、スポーツシーンに限らず日常使いでも活躍しそうだ。

アイテム10『グッドオン』

ブラックやグレーなどのベーシックカラー以外がほしい、でも奇抜なものは避けたい……そんな方には『グッドオン』のこちらがおすすめ。ヴィンテージライクな質感がこなれた印象で、日々のスタイリングにも馴染みやすい。写真のグリーンのほか、ボルドーやブラウンなどカラバリも豊富なので、好みに合わせて複数本揃えるのも良案だ。

アイテム11『AKM コンテンポラリー』×『ナノ・ユニバース』

『AKM コンテンポラリー』は、“至高のリアルクローズ”を標ぼうする日本のブランド。こちらのスウェットパンツは、『ナノ・ユニバース』が別注したコラボアイテム。遠目には無地に見えるが、左足前面には本体と同系色のブランドロゴが大胆にあしらわれている。写真のネイビーはロゴが同化して特にシンプルな印象だが、ブラックやグレーはまた違った印象が楽しめるのでぜひチェックしてほしい。

アイテム12『ジースターロゥ』

ヨーロピアンデニムブランドの『ジースターロゥ』からは、インディゴカラーのスウェットパンツが登場。ジーンズのような色落ちが特徴で、デニムブランドならではの風合い豊かな仕上がりとなっている。スマホ用のジップポケット装備で機能面に配慮しつつ、オーガニックコットン100%と素材の選定にもこだわりが見られる。

アイテム13『ルーカ』

カリフォルニアをルーツとするライフスタイルブランドの『ルーカ』からは、フロントとバックの両面にブランドロゴをプリントした、スポーティなモデルをチョイス。とはいえ、シルエットは絶妙なタイトさで、野暮ったさはみじんも感じさせない。トレンドのロゴを大人っぽく取り入れたいなら、間違いなくこれは“アリ”だ。

アイテム14『MXP』

最新のテクノロジーを導入したアイテムで、話題を呼ぶ『MXP』。「ライト/ウォームスウェット」シリーズのパンツは、裏面にサーモライト(R)光電子(R)マキシフレッシュプラス(R)を採用し、保温性と消臭性に優れたモデルである。デザインはいたってシンプル、なのに高機能。大人の男の物欲をそそるアイテムだ。

アイテム15『ベースコントロール』

コーディネートのベースとなるアイテムを展開する『ベースコントロール』の1本。ボディには適度なハリとやわらかさを併せ持つダンボールニットを使用し、止水ファスナーやエラスティックコードといった細部の素材選びまで一切の抜かりなし。膝の切り返しデザインがスポーティな印象を演出している点もポイント。

部屋着に見せない。スウェットパンツをおしゃれに見せるコーデの法則

部屋着に見せない。スウェットパンツをおしゃれに見せるコーデの法則

定番ボトムスとして定着したスウェットパンツ。リラックスできる快適な着用感が魅力ですが、部屋着っぽく見せないコーディネートが必須です。ここでその攻略法をご紹介!

平 格彦

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

スポーティでスマート。リブパンツのコーデ法とおすすめブランド

スポーティでスマート。リブパンツのコーデ法とおすすめブランド

動きやすいうえ、自然に形成されるテーパードラインがスマートさを促すリブパンツ。何かと好都合な頼れる1本のコーデ法を復習しつつ、今手にしたいアイテムを提案しよう。

菊地 亮

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

TASCLAP編集部

エディター/ライター。出版社、広告代理店を経てフリーランスとなる。現在は主にファッション系、たまに音楽系やカルチャー系の雑誌、ムック、ウェブメディアで活動中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK