整理整頓も簡単! 単体でも使えるバッグインバッグ5傑

最近は、デザイン性にも収納性にも優れるバッグインバッグが出揃ってきました。ランチなど、ちょっとした外出時にも重宝するので、活用しない手はありません。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2015.04.04

落ち着きのあるベーシックカラーを選ぶことで、いつでも単体で使えるように

小用時にそのままサッと持っていけて便利なバッグインバッグ。定番化したクラッチバッグとして使用することを考えて、流行り廃りのない定番カラーを選ぶのがベター。

人気クラッチバッグ15選。男が持ちたいブランドを3タイプからセレクト

バッグ・ファッション小物

人気クラッチバッグ15選。男が持ちたいブランドを3タイプからセレクト

持つだけでこなれ感や洒落感を演出するクラッチバッグは、あらゆるシーンで活躍する優れモノ。ビジネス、フォーマル、カジュアルのタイプ別に選び方とおすすめを紹介!

近間 恭子

2020.02.04

耐久性に優れる頼れるインナーバッグの筆頭と言えば『トゥミ』のこちら

耐久性に優れる頼れるインナーバッグの筆頭と言えば『トゥミ』のこちら

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『トゥミ』の代名詞ともなっている丈夫なバリスティックナイロンだけでなく、伸縮性に優れるスパンデックス素材も組み合わせて使い勝手を追求したビジネスコレクションのタブレットカバー。フロントにはオーガナイザーポケットに加え、もう1つのジップポケットまで備え、非常に整頓しやすい作りになっています。

こちらもバリスティックナイロンで有名! 『ブリーフィング』の2WAYブリーフバッグ

こちらもバリスティックナイロンで有名! 『ブリーフィング』の2WAYブリーフバッグ

BOOTSMAN

BOOTSMAN

お気に入り追加

アメリカ軍の規格に準拠したミルスペックの品質で人気の高い『ブリーフィング』。この2WAYブリーフケースは、B4サイズまで対応するので大きめですが、マチが薄いのでバッグインバッグとしても活用できます。開口部が広いのも特徴的で、取り出しやすさや視認性に優れています。

旅をテーマに掲げる『アノニム』。新コレクションの注目作

旅をテーマに掲げる『アノニム』。新コレクションの注目作

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

"Whatever"(なんでも)+ "Whenever"(いつでも) + "Wherever"(どこでも)を組み合わせた表現のM3をモデル名に冠するドキュメントケース。内側の片面は総メッシュのポケットでA4サイズの書類や雑誌が収納でき、反対側には13インチまでのノートPCやタブレッドが入り、メモパッドやペンなども小分けにすることができます。

『ウルティマトーキョー』のバッグは、3WAYで使用できるシーンを選ばない優等生

『ウルティマトーキョー』のバッグは、3WAYで使用できるシーンを選ばない優等生

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ポーチとしてはもちろん、クラッチ&ショルダーバッグとしても使用できる優れもの。シュリンクしたイタリアンレザーは上質感を湛え、フォーマルな場でも使える面持ちです。普段使いはもちろん、冠婚葬祭用としても重宝するスマートなバッグです。

『リヒトラブ』のこの逸品こそ、バッグインバッグの正統派!

『リヒトラブ』のこの逸品こそ、バッグインバッグの正統派!

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

A5サイズまで対応するメインポケットは、“コ”の字型のダブルジップで取り出しやすさに配慮。クッション材が使用されているため、タブレットなどを収納するのにも適しています。一方、フロントは多用なポケットが充実。スマホや手帳、筆記具といった毎日の必需品が整理できます。

バッグインバッグのおすすめ20選。すっきり仕分けてスマートなビジネスマンに

バッグ・ファッション小物

バッグインバッグのおすすめ20選。すっきり仕分けてスマートなビジネスマンに

ごちゃごちゃしがちなビジネスバッグの中身を、すっきりと仕分けてくれるバッグインバッグ。そのスマートな活用法と、おすすめしたいアイテムを整理しました。

ai sato

2020.02.06

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND