自分に似合うおしゃれなメガネの選び方と“買い”の12本

自分に似合うおしゃれなメガネの選び方と“買い”の12本

近年、ファッションと密接にリンクしたおしゃれなメガネが続々と登場しています。メガネを選ぶポイントと、押さえておきたいおしゃれな人気ブランドを紹介します。

2022.05.09
SHARE
記事をお気に入り
山崎 サトシ

執筆者

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物! 記事一覧を見る
...続きを読む

メガネ選びで気をつけるべきポイントは3つ

メガネといっても、フレームの形も素材もさまざま。何を選べばいいかわからない……という方のために、メガネ選びの3つのポイントを紹介します。

▼ポイント1:顔型に合わせて選びましょう

▼ポイント1:顔型に合わせて選びましょう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メガネは顔の形によって相性が大きく変わります。重要となるのは顔の形とフレームのバランス。たとえば、面長の顔の人は天地幅がありつつ曲線的で角のあるフレームのもの、丸顔の人は直線的でシャープな縁(リム)のもの、四角顔の人は縦幅が広い太フレームタイプのオーバル型などが好相性です。そんなバランス感を念頭において選びましょう。以下では、顔型別におすすめの一例をご紹介します。

おすすめ1

丸顔さんは、直線的でシャープなリムのものを

丸顔さんは、直線的でシャープなリムのものを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

丸顔さんの場合、直線的なラインのフレームを選ぶと効果的です。またぽってりしたフレームだと丸顔の印象を強めるので、細めのモノだとよりおすすめ。

おすすめ2

面長さんには、天地幅をとりながら角のあるフレームが◎

面長さんには、天地幅をとりながら角のあるフレームが◎

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

面長な印象をやわらげたい方は、メガネの天地幅を広くとるよう意識すると、相対的に顔の立て幅を抑えて見せることができます。また、フォックス型やウェリントン型で少し角の要素を足してあげると、引き締まった印象にまとまるでしょう。

おすすめ3

四角顔さんは、太フレームタイプの丸型がおすすめ

四角顔さんは、太フレームタイプの丸型がおすすめ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

四角顔の印象をやわらげたい人は、角のとれたオーバルやボストン型のメガネを選ぶといいでしょう。このタイプは同時に顔の大きさに悩んでいる方も多いでしょうから、天地幅を広くとり、メガネを大きめに見せることをおすすめします。

おすすめ4

逆三角さんは、丸みのある細めフレームで印象をやわらげるべし

逆三角さんは、丸みのある細めフレームで印象をやわらげるべし

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

すっととがった顎がシャープな印象を与える三角顔さん。キツめの印象に悩んでいるなら、スクエアやウェリントンなどの四角型フレームで角を強調するのはマイナス効果です。細めのオーバルやボストンなどで丸みを足してあげるといいでしょう。

▼ポイント2:素材による違いも押さえましょう

▼ポイント2:素材による違いも押さえましょう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メガネの素材には、大きく分けるとプラスチックとメタルの2種類あります。一般的にプラスチックはカジュアルな印象が強く、一方メタルはオフィシャルできちんとした印象があります。また両者を組み合わせたコンビネーションフレームは、どこかクラシカルで貫禄のある印象となります。

素材1

プラスチック

プラスチック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

プラスチックフレームは一般的にカジュアルなメガネに多く採用されています。太めに作られているモノも多く、コーデのアクセントとなってくれるでしょう。素材の特性上、カラフルなモデルも選べるので選択肢が豊富です。

素材2

メタル

メタル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上品でかっちりとした印象のメタルフレーム。フレームは細いモノがほとんどで、顔回りの印象を繊細に見せてくれることから女性にも好まれやすいのが特徴です。太めのプラスチックフレームと比較し、印象を大きく左右することがないので初心者にもおすすめ。

知的でおしゃれ。メタルフレームのメガネが人気再燃している理由を探る

バッグ・ファッション小物

知的でおしゃれ。メタルフレームのメガネが人気再燃している理由を探る

ひと昔前はマイナスイメージがあったメタルフレームのメガネが、最近はおしゃれアイテムとして注目されています。その魅力からおすすめ品、コーデ例まで深堀りしてお届け!

近間 恭子

2021.07.19

素材3

コンビ

コンビ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

プラスチックの個性とメタルの上品さを併せ持つコンビフレームは、素材の切り替えによる絶妙な立体感と高級感が魅力。大人の男の着こなしをワンランクもツーランクもアップグレードしてくれるでしょう。

▼ポイント3:普段の着こなしを想定して選びましょう

▼ポイント3:普段の着こなしを想定して選びましょう

WEAR

WEAR

お気に入り追加

メガネを選ぶ際は、服との相性も重要になります。とくに気をつけたいのが、自分が普段メインとしている着こなしテイストと合うかどうか。メガネそのものの良し悪しを見るのも大切ですが、自分がよく着る服に合わせたらどうなるかというのもきちんとイメージしてから買うようにしましょう。

メガネの予算は? 高ければいいの?

フレームもレンズも、基本的にクオリティと値段は比例します。財布に優しい価格帯のモノもいいですが、耐久性やフィット性に乏しいモノがあるので、おしゃれメガネを探しているのであれば、素材やデザインで納得のいくモノが揃う3万円くらいを予算の目安にするのがいいでしょう。疲れや頭痛、耳痛、肩こりの原因を作ってしまっては本末転倒ですから、好きなモノを長く快適に使えるようにセレクトしたいですね。

おしゃれな大人に学ぶ。コーデ別に考えるメガネの合わせ方

コーデ1

トラッド目線の装いにはボストンがマッチ

トラッド目線の装いにはボストンがマッチ

TASCLAP

TASCLAP

お気に入り追加

ニットベストやスラックスなど、トラッドなアイテムを軸にした品良いカジュアルスタイル。その持ち味をクラシカルな顔立ちのボストンメガネで効果的にアシストしています。フレーム幅は多少太くてもOKですが、これくらい細身だとより上品さが際立ちます。

コーデ2

爽やかなマリンコーデに黒縁でアクセント付け!

爽やかなマリンコーデに黒縁でアクセント付け!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボーダーバスクシャツを軸とした、夏らしい色合いのマリンテイストコーデ。それだけでも十分に好印象ですが、主張ある黒縁メガネをプラスすれば、メリハリ感が強まってよりこなれた印象に。また、全体的に薄色なスタイリングだからこそ、メガネが引き締め役として上手く機能しています。

コーデ3

メガネで大人っぽさを注入したアメカジスタイル

メガネで大人っぽさを注入したアメカジスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

イイ感じに色落ちしたGジャンを羽織り、足元には軽快なフットワークを演出する『ヴァンズ』をチョイス。まさにアメカジのド真ん中をいくスタイルですが、アイウェアをプラスすれば大人っぽさも同時に欲張れます。落ち着いた色合いのニットも、メガネとともにあか抜け感アップに貢献!

コーデ4

旬なクリアフレームがリラックス感を呼び込む!

旬なクリアフレームがリラックス感を呼び込む!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今季らしいゆるっとルーズなコーディネートに合わせたのは、春夏トレンドのクリアフレーム。通常の色付きフレームよりも軽やかな顔立ちのメガネなので、着こなしのリラックス感を高めるにはうってつけです。全体的に淡い色味にまとめているのも、季節感があってGOOD。

コーデ5

シンプルセットアップをウェリントンで味付け

シンプルセットアップをウェリントンで味付け

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップス&パンツが揃いとなったミニマルなセットアップスタイルは、小物でのキャラ出しが重要なカギとなります。こちらの着こなしでは、肉厚なセルロイド素材で仕立てた存在感たっぷりなウェリントンをスタイルアクセントとして活用。大人感を担保しつつ、個性を描き出しています。

男性におすすめ! おしゃれで人気のメガネ12選

今おしゃれな人に支持されているブランドとは? それぞれのおすすめモデルと合わせて、ぜひチェックしてみてください。

アイテム1

『オリバーピープルズ』マスロン

『オリバーピープルズ』マスロン

OBLIGE【オブリージュ】

OBLIGE【オブリージュ】

お気に入り追加

1986年にラリー・レイト氏、弟のデニス・レイト氏、そしてラリーの友人であるケニー・シュワルツ氏の3人によって発足。米国のヴィンテージスタイルを今風に絶妙アレンジしたアイウェアは、世界中で人気を博しています。紹介の1本は、天地幅をやや抑えめにしたスマートなウェリントンシェイプを特徴とする「マスロン」。細身のフレームなので、顔馴染みの良さも抜群です。

アイテム2

『レイバン』クラブマスター

『レイバン』クラブマスター

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

光学機器メーカーの『ボシュロム』が1937年にアメリカで創設。ウェリントン型の「ウェイファーラー」が代表作としてあまりにも有名ですが、サーモント型の「クラブマスター」も個人的におすすめしたいアイテムです。そのデザインは、古き良き1950’sのモデルからインスパイア。レトロかつ知的な印象を醸し出すフレームですから、着こなしを一段と大人っぽく彩ってくれます。

アイテム3

『ユナイテッドアローズ バイ 金子眼鏡』ミカエル

『ユナイテッドアローズ バイ 金子眼鏡』ミカエル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

国産メガネの聖地である福井・鯖江を代表する『金子眼鏡』と、ご存じ『ユナイテッドアローズ』によるコラボレーションアイウェアライン。トレンドのクリアフレームが使われた1本は涼しげな風貌で、夏のコーディネートと相性良好です。また、フレームに色が入っていない分、どんな服装とも違和感なくマッチしてくれます。

アイテム4

『ボストンクラブ』ウォルトン

『ボストンクラブ』ウォルトン

GOOD DEAL

GOOD DEAL

お気に入り追加

ブランド自体は2013年始動と新しい『ボストンクラブ』ですが、メガネメーカーとしては1984年に誕生。実力派ファクトリーとして、これまでに多くのメガネを手掛けてきました。そんな背景を持つ同ブランドは1980年代の金型・図面を基盤に、現代的要素も落とし込んだモダンクラシックなモデルを発信しています。その中からピックしたのは、真円に近いラウンドシェイプが印象的な「ウォルトン」。高めに配置されたブリッジやメタル部分の彫金など、センスあるディテールが光ります。

アイテム5

『A.D.S.R.(エーディーエスアール)』エヴァンス

『A.D.S.R.(エーディーエスアール)』エヴァンス

ウーマンリミックス

ウーマンリミックス

お気に入り追加

『シュプリーム』や『アー・ペー・セー』で研鑽を積んだデザイナーの児島 充氏が2010年に立ち上げたアイウェアブランド。日本人の骨格に合わせた設計と、安定のジャパンクオリティでファッショニスタから支持を集めています。こちらのラウンド型モデル「エヴァンス」は、昨今人気のセル巻きデザインを採用。洒落感溢れるルックスで、シンプルな着こなしに華やぎを与えてくれます。

オリバーピープルズのアイウェアがおしゃれな大人から支持される理由

バッグ・ファッション小物

オリバーピープルズのアイウェアがおしゃれな大人から支持される理由

メガネをおしゃれなアイウェアとして浸透させた『オリバーピープルズ』。ファッション性の高さに触れつつ、同ブランドのメガネが支持される理由を探ります。

宮嶋 将良

2019.04.28

アイテム6

『モスコット』ミルゼン

『モスコット』ミルゼン

SPARKS ONLINE STORE

SPARKS ONLINE STORE

お気に入り追加

1915年にニューヨークで創業した、米国屈指の老舗アイウェアブランドが『モスコット』。設立から100年以上が経つ今も、ファッションシーンの第一線で躍動しています。同ブランドのコレクションの中でも、大人世代に人気なのがボストンタイプの「ミルゼン」です。1930年代に登場したこのモデルは、アンディ・ウォーホル氏やジョン・レノン氏といった名だたる著名人も愛用。そして現在も不動の定番モデルとして君臨しています。

半世紀の歴史から生み出される、アイヴァンのメガネから目が離せない

バッグ・ファッション小物

半世紀の歴史から生み出される、アイヴァンのメガネから目が離せない

日本が誇るべきファッション産業の1つといえる福井県鯖江のメガネ作り。そのMADE IN SABAEの名を世界に知らしめた立て役者的存在である『アイヴァン』の魅力に迫ります。

那珂川廣太

2021.06.08

アイテム7

『泰八郎謹製』プレミア9

『泰八郎謹製』プレミア9

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

製作を手掛けるのは、50年以上にわたりセルロイドメガネをハンドメイドで作り続ける山本泰八郎氏。テンプルに金属芯を使用しない伝統的な“ノー芯製法”にこだわっているのも『泰八郎謹製』ならではの特性です。セルロイド製のメガネは柔軟なうえに耐久性が高いので、長く愛用していくことが可能。この1本はシルバー925のカシメ飾りが小気味良いスパイスとなっています。

アイテム8

『シュロン』ロンサー

『シュロン』ロンサー

レミネンス 楽天市場店

レミネンス 楽天市場店

お気に入り追加

「ロンサー」は、1865年に設立された由緒正しき米国アイウェアブランド『シュロン』のベストセラー。登場したのは1947年のことで、世界初のブローラインフレームとして当時の副社長であったジャック・ロールバッハ氏によって考案されました。そして、誕生当時から現在に至るまで、ほぼ姿を変えることなく愛され続けています。キリッと凛々しい雰囲気を放つフレームは、大人にこそマッチ!

アイテム9

『エフェクター』ファズ

『エフェクター』ファズ

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

アイウェアセレクトショップ「オプティカルテーラー クレイドル」のオリジナルブランドとして、2004年にスタートした『エフェクター』。ガツンと顔まわりにインパクトを与えてくれる、骨太なフレームデザインが同ブランド最大の特徴です。特に人気モデルとなっているのが、この定番ウェリントン「ファズ」。8mmの厚さを誇る骨太なセルロイドフレームは、まさに映え度満点です!

アイテム10

『ゾフ』ゾフ クラシック ボストン型めがね

『ゾフ』ゾフ クラシック ボストン型めがね

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

低価格&高品質なアイウェアを発信する『ゾフ』。その中でも、ファッション性に特化したシリーズが「ゾフ クラシック」です。ヴィンテージを感じさせるハイセンスなデザインは、世代問わず支持を集めています。このボストンメガネはライトウェイトなメタルフレームで、着けているのを忘れているような掛け心地。最小限にボリュームをそぎ落とした、ナローなシルエットも◎です。

アイテム11

『サン・ローラン』SL313

『サン・ローラン』SL313

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

お気に入り追加

『サン・ローラン』といえば、誰もが知るフランスのトップメゾン。そのアイウェアコレクションにも、ココらしい洗練された雰囲気が息づいています。例えば、このスクエア型メタルモデル「SL313」は余計な装飾性を徹底的に排除することでスマートな雰囲気を描出。テンプルヘッド裏にさりげなく配したブランドロゴも実に小粋です。

アイテム12

『ニュー』ロムニー

『ニュー』ロムニー

O.L.D. オーエルディー

O.L.D. オーエルディー

お気に入り追加

1950年代の古き良きアメリカンヴィンテージを背景に、現代的エッセンスも融合した高感度なアイウェアを展開する『ニュー』より登場。オーセンティックなボストン型が基盤となった1本ですが、リム上部にべっこう柄のセルロイドを巻き付けることにより、他に類を見ない独自性のあるデザインに仕上げています。

メガネの人気ブランド13選。大人好みのアイウェアを選りすぐり

バッグ・ファッション小物

メガネの人気ブランド13選。大人好みのアイウェアを選りすぐり

道具としての用途以上に、ファッション小物として存在感を強めるメガネ。数多のブランドがひしめきあう中、大人が手にするうえでふさわしい1本を改めて考えてみたい。

菊地 亮

2022.02.22

メガネ×コーデのグッドサンプル。手軽におしゃれを叶える方法、教えます

バッグ・ファッション小物

メガネ×コーデのグッドサンプル。手軽におしゃれを叶える方法、教えます

着こなしのおしゃれ度アップに有効なアイテムであるメガネ。自分の顔型にはどんなデザインが似合っておしゃれに見えるのか。おすすめのコーデ例とともにご紹介します。

近間 恭子

2021.07.06

グラスコードはおしゃれ小物の注目株。意外と簡単な取り入れ方と選び方

バッグ・ファッション小物

グラスコードはおしゃれ小物の注目株。意外と簡単な取り入れ方と選び方

今やおしゃれな小物の新定番として認知されているグラスコード。愛用しているアイウェアの存在感を高め、さりげなく着こなしのこなれ感アップを狙える名脇役なんです。

山崎 サトシ

2022.06.16

おしゃれ心を犠牲にしない! 花粉症対策メガネはルックス◎な1本を

バッグ・ファッション小物

おしゃれ心を犠牲にしない! 花粉症対策メガネはルックス◎な1本を

花粉症対策としてメガネを活用するのは有効な手段。最近はおしゃれなデザインのものが増えていて、取り入れやすくなっています。3つのタイプ別におすすめを披露!

平 格彦

2022.03.28

似合うサングラスの選び方。形・色・機能を押さえて最良の1本に出会おう

バッグ・ファッション小物

似合うサングラスの選び方。形・色・機能を押さえて最良の1本に出会おう

自分にぴったりのサングラスを選ぶのは、ポイントを押さえれば意外と簡単。形やレンズの色・機能について、それぞれの選び方を解説するので、納得の1本を見つけましょう!

平 格彦

2021.09.25

この記事の掲載アイテム一覧(全12商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『オリバーピープルズ』マスロン
    『オリバーピープルズ』 マスロン
  • 『レイバン』クラブマスター
    『レイバン』 クラブマスター
  • 『ユナイテッドアローズ バイ 金子眼鏡』ミカエル
    『ユナイテッドアローズ バイ 金子眼鏡』 ミカエル
  • 『ボストンクラブ』ウォルトン
    『ボストンクラブ』 ウォルトン
  • 『A.D.S.R.(エーディーエスアール)』エヴァンス
    『A.D.S.R.(エーディーエスアール)』 エヴァンス
  • 『モスコット』ミルゼン
    『モスコット』 ミルゼン
  • 『泰八郎謹製』プレミア9
    『泰八郎謹製』 プレミア9
  • 『シュロン』ロンサー
    『シュロン』 ロンサー
  • 『エフェクター』ファズ
    『エフェクター』 ファズ
  • 『ゾフ』ゾフ クラシック ボストン型めがね
    『ゾフ』 ゾフ クラシック ボストン型めがね
  • 『サン・ローラン』SL313
    『サン・ローラン』 SL313
  • 『ニュー』ロムニー
    『ニュー』 ロムニー

掲載アイテムをもっと見る(0商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP