大人もスタジャンを着よう。コーデのヒントとおすすめブランド厳選12

大人もスタジャンを着よう。コーデのヒントとおすすめブランド厳選12

アメカジスタイルの定番アイテムであるスタジャンの人気が今また再燃中! その歴史&特徴からおすすめの新作、おしゃれなコーデ術まで、まるっとナビゲートしていきます。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2021.12.17

スポーティさがウリ。アメカジの定番アウター、スタジャンが今アツい

スポーティさがウリ。アメカジの定番アウター、スタジャンが今アツい

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

アメカジ好きの大人にとってマストアイテムであるスタジャンが、昨今の’90sトレンドを追い風に再び盛り上がりを見せています。そもそもスタジャンとは、野球選手などが競技場(スタジアム)でユニフォームの上に着ていた防寒用ジャケットのこと。アメカジの定番服ですがもともとはスポーツシーンで愛されていたウェアで、ここ日本では1990年代に一大ムーブメントを巻き起こしました。

スポーティさがウリ。アメカジの定番アウター、スタジャンが今アツい 2枚目の画像

ストリートファッションMIYOSHIYA

ストリートファッションMIYOSHIYA

お気に入り追加

なお、スタジャン(=スタジアムジャンパー)という言葉は、日本のファッションブランドの草分け的存在である『ヴァンジャケット』が考案した和製英語。本家のアメリカではアワードジャケットやバーシティジャケットという名称が一般的です。ちなみにスタジャンの原型が誕生したのは19世紀のことで、アイビーリーグ(米国北東部にある8つの名門私立大学)のユニフォームがルーツとなっています。

前提として知っておきたい、スタジャンの特徴

そのルーツをおさらいしたところで、続いてはスタジャンの主なデザイン特徴にフォーカス。大人にとって好都合なアイテムであることがよくおわかりいただけるはずです。すでにご存じの方も改めて復習しておきましょう!

特徴1

保温性に長けたウールメルトン生地

保温性に長けたウールメルトン生地

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

前述の通り、本来はアスリートがユニフォームの上に着る防寒用アウターであったスタジャン。そのため、ベンチでのインターバルなどで体が冷えないよう、多くのモデルで保温性に秀でたウールメルトンがボディに採用されています。冷たい風もしっかりとシャットアウトしてくれるので、真冬のメインアウターとしても申し分ありません。最近はメルトンの他にサテンやジャージーといった派生素材も多く登場しています。

特徴2

両袖は運動性&耐久性を考慮したレザー素材

両袖は運動性&耐久性を考慮したレザー素材

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かつてはスリーブもボディと同様にメルトン素材が主流でした。しかし、スポーツシーンでの激しい動きを考慮して、1940年代頃から徐々にメルトンよりも耐久性・運動性に優れるレザーが使われることが多くなっていったようです。そういった機能的な美点に加え、メリハリあるデザインを生み出すうえでもこのレザースリーブは一役買っています。

特徴3

ライン入りのリブはデザインのアクセントに有効

ライン入りのリブはデザインのアクセントに有効

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フィット感&肌触りの良いニットリブをネック・袖口・裾に用いるのがスタジャンの基本デザイン。そしてこのリブ部分には1本もしくは2本のラインがあしらわれ、ちょっとしたデザインアクセントとなっています。ただ、最近は“ラインなし”タイプのミニマルなモデルもファッションブランドから多くお目見え。ここに関しては好みで選んでしまって問題ないでしょう。

特徴4

個性を主張するワッペンやレター

個性を主張するワッペンやレター

ビューティーファイブ

ビューティーファイブ

お気に入り追加

個性を主張するワッペンやレター 2枚目の画像

ビューティーファイブ

ビューティーファイブ

お気に入り追加

各所を彩るロゴワッペンやレター刺繍も、スタジャンを語るうえで欠かせない要素。もともとロゴワッペンはチームや学校を見分けるためのもので、レター刺刺繍は戦績・チームスローガンなどを記すためのものでした。左胸にロゴワッペン、右胸や背面にレター刺繍をあしらうのが王道ですが、近年においては無限の組み合わせバリエーションが存在します。また、ワッペンやレターをあえて排除したスマートなモデルも人気です。

今、大人が狙うべきスタジャンはこちら。本格派ブランドの逸品を厳選

ここからは、大人のカジュアルスタイルに取り入れたい本格スタジャンを一挙見せ! コーデの主役に最適な主張あるモデルからシックに着られる大人顔まで多彩にお見せしていくので、好みの1着が必ず見つかるはずです。ソールドアウトしてしまう前に、早めにチェックしておきましょう。

ブランド1

『スクーカム』×『サニーレーベル』アワードジャケット

『スクーカム』×『サニーレーベル』アワードジャケット

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

米国の老舗アウターブランド『スクーカム』への別注品。オーセンティックなスタジャンをモチーフとして、イチから型を作成しています。しかも、胸元に付属する“S”のワッペンも今作のためにオリジナルで製作。クリーンな雰囲気のカラーリングも特徴的で、きれいめの着こなしともマッチング良好です。素材はメルトン×レザーの王道コンビネーション。

ブランド2

『ホワイツビル』カスタムボア スタジアムジャケット

『ホワイツビル』カスタムボア スタジアムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージマニアからも人気の高い、米国生まれのアスレチックウェアブランド。現在は日本のメーカーにより復刻されています。こちらのモデルはモコモコとした表情のボアがボディ素材に使われているのが魅力で、見た目&着心地ともに温もり感満点! さらに、レトロな雰囲気のビッグワッペンがアイキャッチとして作用します。

ブランド3

『アダム エ ロペ』オーバーサイズ アワードジャケット

『アダム エ ロペ』オーバーサイズ アワードジャケット

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

上質なラムウールを原料としたメルトン生地は、たっぷりと空気を含み実に柔らかな質感。加えて、スリーブにソフトタッチな羊革を組み合わせることで、こなれ感を一層高めています。ワッペンやレターといったお馴染みのディテールを排除し、大人っぽく仕上げられているのも見どころの1つ。シルエットはややオーバーサイズに設定され、今っぽいリラクシングなコーデともマッチします。

ブランド4

『アヴィレックス』ヴァーシティージャケット

『アヴィレックス』ヴァーシティージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

袖だけでなく、身頃にまで贅沢に本革を用いた今作。使われているのはしなやかな質感のアンティークラムレザーで、心地良い着心地を堪能できます。愛用するほどに味が深まっていくというのも、オールレザーモデルならではの利点といえそうですね。おまけに、背面にはデカデカとロゴワッペンがあしらわれているので、バックスタイルでも主張できます。

ブランド5

『ユナイテッドアローズアンドサンズ』FLNヴァーシティージャケット

『ユナイテッドアローズアンドサンズ』FLNヴァーシティージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

身頃・袖ともウール素材で統一されているうえに、ワッペン&レターもないのでスポーティ度は控えめ。モダンなアメカジスタイルを狙うなら、こういったミニマルなルックスのモデルに照準を定めるのもアリでしょう。中綿を充填することによって、防寒性を一段と高めているのもこだわり。とはいえシルエットはすっきりしているので、野暮ったさは感じさせません。

ブランド6

『リベーレ』ビッグシルエット レザースリーブ スタジアムジャケット

『リベーレ』ビッグシルエット レザースリーブ スタジアムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘビーウェイトなメルトンボディ+肉厚レザースリーブという、タフな作りが持ち味。ガシガシ着てもへこたれませんから、ヘビーローテーションにはおあつらえ向きです。インナーを着込みやすいビッグシルエット仕様もストロングポイントといえるでしょう。バックにはサイバーフォントロゴのパッチとレター刺繍が入り、フロント左下には取り外しできるリフレクターパッチが付属。

ブランド7

『ドンケア』カジノモチーフロゴスタジャン

『ドンケア』カジノモチーフロゴスタジャン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

冬の着こなしをトーンアップしてくれそうな、ポップなカラーリング。ブラックやネイビーといった定番色をすでに押さえているならば、こういった変化球カラーを選ぶのも手です。左胸に“D”のイニシャルワッペン、右胸にはブランドロゴが入り、背面にはカジノをモチーフとした大型ワッペンがあしらわれています。カラバリではブルーをラインアップ。

ブランド8

『サブサエティ』スタジアムジャケット

『サブサエティ』スタジアムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダークトーンを基調としつつ、ワッペン&ラインの鮮やかなイエローで抑揚を出した1着。ボディはウール90%のヘビーメルトンで、スリーブはキメの細かい良質なカウレザーで切り替えられています。肘部分に切り替えを施して可動性を確保するなど、細かなディテールへの注力ぶりも見逃せません。中綿入りモデルにつき、保温性に関しても◎。

ブランド9

『グリーンレーベル リラクシング』シンサレート アワード ジャケット

『グリーンレーベル リラクシング』シンサレート アワード ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

余計なディテールをそぎ落とし、カラーもワントーンで仕上げられた簡潔な風貌のスタジャン。合わせるインナー&ボトムスを選ばないので、幅広いシーンで躍動してくれます。しかも、3M社が開発した機能中綿・シンサレートを取り入れているので、暖かさも折り紙付き! ワードローブの主力となってくれること間違いナシです。

ブランド10

『オリエンス ジャーナル スタンダード』メルトンアワードジャケット

『オリエンス ジャーナル スタンダード』メルトンアワードジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ガンクラブチェックで身頃を彩ったオリジナリティ溢れるモデル。トラディショナルな顔つきのスタジャンですから、スラックスのような品良いパンツとも好相性を発揮してくれます。中綿入りというのもうれしく、防寒アウターとしても非常に優秀! ワイドシルエット×ショート丈のバランス良いシルエットも美点です。

ブランド11

『ファナティクス』×『ジャーナル スタンダード』別注 サテンジャケット

『ファナティクス』×『ジャーナル スタンダード』別注 サテンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

NFL公式パートナーブランドである『ファナティクス』とのジョイントワーク。通常のウールメルトンではなく光沢感強めのポリエステルサテンが使われた1着のため、一層スポーティな面持ちです。シルエットはややゆったり目の設定で、レイヤードスタイルもお手のもの! バックには大ぶりのナンバリングが入っています。

ブランド12

『シップス』×『ラシャ』コラボ メルトンボア スタジアムブルゾン

『シップス』×『ラシャ』コラボ メルトンボア スタジアムブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナチュラルなデイリーウェアを提案するファクトリーブランド『ラシャ』に『シップス』がスペシャルオーダー。素材にはイタリア・ベランディ社の高品質なメルトンボアを使い、品行方正なニュアンスを描き出しています。素材の持つ雰囲気を最大限に生かすべく、ワッペンなどのディテールは排除。吸湿発熱性・消臭効果・静電性を備える機能中綿によって、快適性にも隙なくアプローチしています。

洒落者に学ぶスタジャンコーデ。きれいめとカジュアル、大人らしい着こなし方とは?

最後は、街のファッショニスタたちの着こなしサンプルを一挙ご紹介。きれいめ&カジュアルの2タイプで、それぞれ模範コーデをお見せしていきます。彼らの着こなしを参考にすれば、ワンランク上のあか抜けたスタジャンスタイルを入手できること請け合い!

▼スタジャン×きれいめコーデ

きれいめなスタイリングに振るのであれば、クリーンなワントーンモデルやワッペンなどでの装飾を省いたシンプル系スタジャンを選ぶのが鉄則! むやみに派手色を取り入れず、落ち着いた色使いで全体をまとめるのもコツです。

着こなし1

モノトーン基調で洗練されたカジュアルスタイルに

モノトーン基調で洗練されたカジュアルスタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

主役であるスタジャンを中心に、ウェアから小物類まですべてモノトーンカラーで同調。スタジャンにクライミングパンツというスポーティな着合わせでありながら、色使いの妙で大人っぽく帰結させています。ストールでのニュアンス出しも上級者らしいアプローチ!

着こなし2

細身のサイジングに徹して都会的なコーデをメイク

細身のサイジングに徹して都会的なコーデをメイク

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャストなサイズバランスによって都会的な雰囲気を創出。ワッペンや刺繍のないプレーンなスタジャンを選んだことも、きれいめ感アップの重要ファクターとなっています。そして、足元には引き締め効果の高いレザーブーツをチョイス。重たくなりすぎないよう、ニット帽でひとさじの抜け感を生み出しているのも◎です。

着こなし3

あえて“緩急をつけない”ことでシックさを加速!

あえて“緩急をつけない”ことでシックさを加速!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワッペンのないさっぱり顔な黒スタジャンを、ブラウンのスラックスと組み合わせてスタイリング。シンプルアイテム同士のマッチングによって、シックな印象を効果的にブーストしています。着こなしの洗練されたムードを損なわないよう、小物なども使わずとことんストイックに!

▼スタジャン×カジュアルコーデ

もともとはスポーツにバックボーンを持つアウターだけに、カジュアルスタイルはお任せ! デニムとのコンビで思いっきりアメカジに振っても良いですし、スポーティなアイテムと組み合わせて軽快に着こなすのも好手です。

着こなし4

チェックシャツ&デニムと合わせればアメカジ感全開!

チェックシャツ&デニムと合わせればアメカジ感全開!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワッペン付きの正統派スタジャンにネルシャツ&デニムを持ってくれば、クラシカルなアメカジスタイルが完成します。アウター&ボトムスをネイビーのワントーンに揃えることにより、チェックシャツでのアクセント効果を際立てているのもGOOD! 大人が真似したい、さりげなく洒脱なアメカジコーデです。

着こなし5

アクティブ感あるアイテムを取り入れながら大人感も保持

アクティブ感あるアイテムを取り入れながら大人感も保持

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『ニューバランス』のランニングシューズやロゴT、ベースボールキャップなどスポーティなアイテムを散りばめた今季らしいコーディネート。軽快さを色濃く打ち出す一方、スタジャン&パンツを無彩色で揃えて都会感を隙なくキープしています。色柄の効いたインナーで“キャラ出し”するテクニックもぜひ参考にしたいところ。

着こなし6

90年代を彷彿とさせるラフなスト系スタイルで勝負!

90年代を彷彿とさせるラフなスト系スタイルで勝負!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大胆にワッペンカスタムされたスタジャンに極太ボトムス、そして足元にはランシューと、かつての’90sストリートスタイルを彷彿とさせる着こなし。アイテム一つひとつにインパクトがあるので、ごちゃごちゃとした重ね着は必要ありません。アウターのフロントボタンを全閉じして、潔く着こなすぐらいが好バランス!

アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

ウェア・コーデ

アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2021.11.01

大人が着たい。レザージャケットのブランドガイドとコーデサンプル

ウェア・コーデ

大人が着たい。レザージャケットのブランドガイドとコーデサンプル

そろそろレザージャケットの出番。羽織るだけで大人っぽさを増幅できるアイテムですから、活用しないのは損! 注目アイテムとコーデ術をきっちり押さえましょう。

山崎 サトシ

2021.10.25

横須賀発祥、世界基準。スカジャンのコーデとブランドを、今こそ知るときだ

ウェア・コーデ

横須賀発祥、世界基準。スカジャンのコーデとブランドを、今こそ知るときだ

日本発のアメカジ服であるスカジャンが人気復活の兆し! 特有のやんちゃさを味方につければ、被りやすいアメカジコーデに一撃で違いをもたらすことが可能なんです。

遠藤 匠

2021.11.12

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP