暑い心身をクールダウン!夏部屋での涼しい過ごし方

暑い心身をクールダウン!夏部屋での涼しい過ごし方

まだまだ夏も序盤戦。強い日差しと高湿度で、自宅での生活はより過ごしにくく……。冷房だけに頼らず、クールな気分を味わえる夏部屋での過ごし方をお届けします。

編集ナス

2016.07.02

雑貨用品
インテリア
アイテムの選び方

暑い夏の部屋。どうしたら涼しい生活を送れるの?

暑い夏の部屋。どうしたら涼しい生活を送れるの?

誰もがあこがれる夏部屋といえば、オーシャンビューが楽しめる部屋。大きな窓から海風が入り、眼前に広がる爽快な青い景色と潮の香りをかぎながら、ゆったりと過ごす時間は心身に癒やしをもたらしてくれますよね。そう、ここに涼しさを満喫できるポイントが。つまり爽やかな景色を見たり、海の香りをかいだり、自然の風をあびたり、五感で“涼”を感じることにあるのです。そうすれば、ココロもカラダも満足できる、本当の涼しさを感じられるはず。

夏を涼しく過ごす! サマーライフスタイルとアイテム紹介

オーシャンビューへ憧れを抱くものの、そのような部屋での生活は夢のまた夢。現状には海景色や広い空間はなく、だらだらと冷房の下で過ごしがちな日々。人工的な冷気に当たりすぎて体がだるくなってしまうということも多いのでは。そんな方に、冷房だけに頼らず、涼を感じる部屋での過ごし方やインテリアの工夫をお届けします。気持ちの良い素材を取り入れたり、爽やかな香りを漂わせたり、涼しさあふれるものをたくさん目に入れたり。夏部屋でのサマーライフを満喫しませんか。

朝から青を目にしよう

暑い夏は起きるのもだるく、朝からやる気を出すのにひと苦労。そんな時は朝、必ず手にするものや目にするものに「青」を取り入れてみてください。「青」には色彩心理学的に冷感効果があるため、暑苦しい嫌な気分を抑え、落ち着きを与えます。部屋全体とまでいかなくても、少しの青を目にすれば朝から気持ちが涼しくなるはず! 細々したものでも部屋の一角に集めておけば、より青さが強調されて良いかもしれませんね。

起床後、朝一番の水分補給。手にするマグカップに青を取り入れて、涼しさを味わいましょう。爽やかなブルーのマーブル柄が印象的なマグカップは、中に入っている飲み物も少し冷たく見えてきます。

だんだんと朝シャンが欠かせなくなる暑い朝になってきますね。使用頻度が高くなるタオルを青にすることで、シャワー後、すっきりとした気分に。視覚効果で汗が出にくくなるのでは!? 高品質で有名な今治産のタオルは、消臭効果や抗菌防臭もあり、夏におすすめな一枚です。

きれいなミント色で、毎朝の目覚めをすがすがしく。高水準の遮熱機能をもつため、昼間の暑い日差しをシャットアウト。室内に暑い空気がこもりにくいのも魅力的です。洗濯機で洗うことが可能なので、清潔感も保てます。

気持ちの良いラグを敷いてゴロゴロ

お昼寝するにも、布団やソファーに横たわるだけでじんわりと汗ばみ嫌な寝心地……。熱気がこもりがちな、厚みのある布団やソファーはやめて、床にラグを敷いてみませんか。冷気は下にたまるので部屋の中でも床に近いところが涼しく過ごせます。優れた通気性や肌触りをもつ、いぐさ、コットン、レーヨン生地が夏に適しおすすめです。普段使いは無地が多いと思うので、気持ちをあげてくれる柄があるものを選びました。ラグを敷いて存分にゴロゴロ涼みましょう!

日本人が愛するたたみのラグ。ゴロゴロするたびに香る爽やかな芳香は、森林浴をしている気分にさせてくれます。いぐさの和の雰囲気と個性的な幾何学柄は敷いているだけでも部屋をセンスアップしてくれる一枚です。

リゾート気分を漂わせ、部屋のイメージをいっきに夏仕様に変えてくれるラウンド型のマット。素材は肌触りが抜群に気持ち良い綿100%です。こちらも「青」なので見ているだけでも涼しさを感じますね。クッションも同じ柄で揃えることができます。

落ち着きのある色合いをもち、アジアンテイストなチマヨ柄は男部屋にぴったりな一枚。両端についているフリンジもおしゃれですね。素材は主に肌触りの良い綿とレーヨンでできているため気持ち良く昼寝ができそうです。

植物観賞をして気分をリフレッシュ

植物観賞をして気分をリフレッシュ

最近人気が出てきている多肉植物やエアプランツなどの観葉植物。緑があるだけで部屋の中はリフレッシュされます。せっかく部屋に置くのであれば、観賞用にひと工夫。ポイントは目線近くにもってくること。上からつるしたり、壁にかけたりしてみてください。幅もとらず、小さいものでも目に入りやすいため、涼しい気分を味わうことができますよ。

今お持ちの植物をさっと飾ることができる手軽なポット。ガラス素材と麻ひもがより夏らしさを感じさせます。床に置いておくとかさばる植木鉢も上からつるすハンキング仕様のものであれば、いくつも集めたくなりますね。

自然あふれる国ニュージーランドのデザイナー、パトリック・モリス氏によるプランター。足元に置かれる植物を真っ逆さまにして頭上にあげ、まったく新しい視点で植物観賞を楽しむことができます。自動で水を供給するため、水やりが面倒な方や忙しい方にもうれしいですね。

つるすことが難しい方は植物をボードに貼り、壁にかけてみるのもおすすめ。ナチュラルな色みのボードは涼しげでどんな部屋にも合わせやすいです。生きている植物を絵画のように飾れ、おしゃれなインテリアに。

部屋でプチキャンプをする

部屋でプチキャンプをする

夏のイベントの1つ“キャンプ”。たくさんの緑に囲まれて過ごせば、自然の涼しさを存分に感じることができますね。しかしなかなか行く暇がないという方! 部屋をキャンプ仕様にカスタマイズしてみませんか? キャンプでやりたいことを部屋でやってみましょう。ハンモックで読書、テントをはってみる、満天の星空を見る……。キャンプ気分に浸りながら楽しく涼みませんか?

キャンプといえばテント。通常のテントだとポールを伸ばして、地面にくぎをうって……と室内では不可能ですが、「ポップアップテント」であれば細かな作業は一切ナシ! 部屋の中に簡単にテントを組み立てることができます。お子様がいる方も大喜び!

木々にハンモックを結んでゆったりと過ごす時間は最高のひと時。『トイモック』のハンモックは、自立式なので部屋の中でも優雅な気分を味わえます。ソファー代わりにハンモックにゆられてキャンプ気分を楽しみましょう。

アウトドア感全開に感じさせてくれるランプ。レトロなランタンは自然の中にいる雰囲気を出してくれます。LEDランプ搭載で低発熱なため、暑い部屋にぴったり。飾っておくだけでおしゃれなインテリアにもなりますね。

キャンプの夜、夜空を見上げると満天の星。星空を見ると心がスーッとした澄んだ気持ちになりませんか? 残念ながら都会の星空はそうもいきません。そんな時は部屋でプラネタリウム。部屋中に安らぎをもたらし深い眠りにつけそうです。プラネタリウム・クリエイター製作により、リアルな星空を届けます。

夏風や光を生かして風流を感じる

夏風や光を生かして風流を感じる

じめじめと暑い夏は耐えきれなくなり、冷房に頼りがち。気持ちは十分わかりますが、四季がある日本ならではの季節感を味わってみてはいかがですか? こんもり暑い夏風やまぶしい日差しも生かし、五感を使って涼やかな大人な夏を過ごしてみましょう。そうすれば窓をあけ、冷房を使いすぎずに自然に涼め、人工的な冷気により体調を崩すこともなくなります。

湿度が高い日本の夏に最適な、調湿機能が優れた珪藻土を素材とした蚊取り線香立て。湿度で蚊取り線香がしける心配なし。ぬくもりあふれるグレーの色みとざらっとした質感が落ち着きをもたらします。風にふかれて香る線香のにおいが夏の風情を描いてくれますね。

日本の夏の風物詩、風鈴。真鍮で作られた古風なフォルムは懐かしさも感じさせます。こだわりはデザインだけでなく音にも。真鍮製の風鈴は「スーン」という透明感ある音色で心が洗われるようなすがすがしい気持ちに。アート好きな男性にもおすすめしたい風鈴。ぜひ今年の夏は風鈴にもこだわってみては。

昔からある夏のれんに涼を求めてみましょう。通気性に優れた麻と涼しさを感じさせる藍染めを施したのれんは、爽やかに風を運び、夏部屋を涼しく演出してくれます。光に透けた青色のグラデーションも魅力的。

リゾート気分を味わえるアロハシャツを着る

南国の青い海と青い空、ゆったりとした時間を連想させるアロハシャツ。普段着で着るのに抵抗がある方は、部屋着にしてしまいましょう! 雰囲気の出るアロハシャツを着れば、リゾート地にいるようでリラックス気分に。家族や彼女さん、家中全員で着てみるのも南国な雰囲気がより目に入り、楽しそうですね。夏のファッションである浴衣や甚平などよりも手軽に取り入れやすいですよ!

素材はレーヨン100%と、柔らかく、さらっとした肌触りなので涼しさも着心地も抜群。大柄のプリントですが、オールド感を感じさせる色合いは落ち着きを感じ、ゆったりした時間を過ごせそうです。

こちらもレーヨン素材で軽やかに着られるアロハシャツです。南国っぽさが存分に出た色鮮やかな一枚は、気持ちをあげてくれこと間違いなし。壁にかけておくだけでも夏の気分を味わえますね。

ヴィンテージアロハシャツブランド『デューク・カハナモク』の復刻品。全米にハワイアンファッションブームを引き起こしたアロハシャツです。多色使いの鮮やかなアロハシャツに少し抵抗を感じる方はシンプルなデザインのこちらがおすすめ。ネイビー×ホワイトと日常使いの色みであれば、普段着でも違和感なく着れそうです。

むっとした夏の湿気を香りでカバー

むっとした夏の湿気を香りでカバー

世界の中でも湿度がとくに高く、じめじめする日本の夏。部屋の中には熱気がこもり、汗のにおいがどうしても気になってしまうことがあると思います。そんな時はアロマやフレグランスを使って気分を爽快にさせましょう。爽やかな香りは、花の香りよりも、シトラスやオレンジなどの柑橘系、石けんの香りなどがベター。良い香りで寝付きにくい夜も少しは改善されるはず!

コンパクトで長時間部屋に良い香りを漂わせてくれるディフューザー。机の上にも置きやすく、部屋になじみやすい色みです。透明感のある爽やかな石けんの香りでむっとした室内にリフレッシュさを与えてくれます。

すぐに部屋に香りを広げたいのであればエアミストがおすすめ。消臭、抗菌作用にくわえ、良い香りをさせながらも防虫効果もある、優れたリフレッシュウォーターです。香りは6種類から選べますが、おすすめはヒノキの香り。部屋で森林浴を味わえます。

香水感覚で楽しめるフレグランス・ボディーシャンプーです。グレープフルーツ、ジャスミンなどを調合したグリーンの香りは洗い上がっても残り、部屋中にも爽やかな香りが広がります。1本で髪から体まで使える、メンズにうれしいボディーシャンプーです。

明るい照明をオフにした夏の夜ふかし

夏は夜になっても、なんだかまだまだ元気、つい夜ふかししたくなる方も多いのでは? しかし暑苦しい熱帯夜の夜ふかしは、温度を上げる元となる電気はなるべくライトダウンしたいもの。温かみのあるイメージの照明も、光の色や影に少し意識をしてみることで涼しい気分が味わえます! 光を減らせば虫もあまりよらなくなりますね。

先ほどの香りシリーズに追随してアロマランプ。ランプの上部にアロマオイルを垂らすだけで、ゆっくりと部屋中に香りが広がります。良い香りと、フィラメントが揺れるどこか懐かしい灯りも楽しめ、まさにこれこそリラックス空間。

砂浜に落ちているビーチグラスのようなランプ。海をイメージさせてくれます。光も影も青く、部屋に涼しさが広がるので、長時間の夜ふかしになってしまいそうです。

夏にぴったりなアジアンテイストのランプ。本物のヤシの実のようなデザインは、昼間でも南国さあふれるインテリアに。ほんのりとした光の影がとても神秘的でうっとり眺めたくなります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK